ローダンセマムの育て方!寄せ植えや花言葉など15個のポイント!








花付きがよく、銀緑色の葉は一年中観賞できるローダンセマム。

 

寒さに強いので、冬の花壇を美しい葉色で彩ってくれます。

 

枯らさずに育てるポイントは「ある季節」にありました。

この季節さえ乗り越えてしまえば、手がかからず育てやすい草花です。

 

育て方のポイントにあわせて、花が咲かない原因や花言葉などもご紹介します!

どうぞ最後までチェックしてみてくださいね。

 

今回はローダンセマムについてのポイント、

①ローダンセマムの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ローダンセマムの画像(写真)!
③ローダンセマムの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ローダンセマムの苗の植え方は?
⑤ローダンセマムの鉢植えのポイントは?
⑥ローダンセマムの地植え(花壇)のポイントは?
⑦ローダンセマムの寄せ植えの相性がよい植物はなに?
⑧ローダンセマムの剪定(切り戻しや花がら摘み)のポイントは?
⑨ローダンセマムの夏越しのやり方は?
⑩ローダンセマムの増やし方は?
⑪ローダンセマムの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑫ローダンセマムの種まき時期と種まきのポイントは?
⑬ローダンセマムの花が咲かない原因は?
⑭ローダンセマムの花言葉はなに?
⑮ローダンセマムの種類や品種は何があるの?

 

以上15個の点についてお伝えします。

まずはローダンセマムの育て方からお伝えします!

 

ローダンセマムの育て方は?

 

ローダンセマムは耐寒性があるので、マイナス5℃でも耐えられます。

寒冷地の冬でも、屋外で育てることができますよ。

 

土が凍ってしまうほど寒い地域では、冬は室内で管理するか、マルチングや寒冷紗で寒害対策をしておきましょう。

 

暑さには弱いので「夏の管理」が栽培のポイントになります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ローダンセマムが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ローダンセマムの育て方!環境はどうする?

 

ローゼンマダムは、日当たりと風通しのよい場所を好みます。

多湿が苦手なので、直接雨の当たらない場所を選びましょう。

 

 

夏は直射日光を避けて、明るい半日陰の状態にします。

 

風通しよくして、涼しい環境をつくることがポイントです。

 

ローダンセマムを植え付けする前に、土壌の準備をしましょう。

好みの土に植えることで、生育がよくなりますよ。

 

次は、ローダンセマムに適した用土についてお伝えします!

 

ローダンセマムを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく肥沃な土が適しています。

 

市販の培養土は「草花用」をつかいましょう。

配合する場合は「赤玉土5:腐葉土3:ピートモス(酸度調整済み)2」がおすすめです。

 

酸性土壌を嫌うので、植え付けの2週間前に、庭土に苦土石灰を加えてよく混ぜ込んでおきます。

さらに腐葉土を加えて、水はけのよい土壌をつくりましょう。

ローダンセマムに肥料をあげる場合は、時期と量にポイントがあります。

次は、ローダンセマムに必要な肥料についてお伝えします!

 

ローダンセマムの育て方!肥料はどうする?

 

鉢植えも地植えも、同じ時期に肥料を施します。

 

3~5月と9~10月の時期、1カ月に1回を目安に、緩効性肥料を与えましょう。

液肥をつかう場合は、10~14日に1回を目安に施します。

 

夏は休眠期なので、肥料はあげません。

過肥になると葉が多くなり、株も弱くなるので、あげ過ぎには注意してください。

 

ローダンセマムは乾燥に強いほうなので、頻繁に水やりをする必要はありません。

では次は、ローダンセマムの水やりポイントについてお伝えします!

 

ローダンセマムを育てる際の水の量はどうする?

 

乾燥に強く、多湿を嫌います。

 

鉢の表土がしっかり乾いてから、たっぷり水やりを行いましょう。

受け皿に流れた水は、必ず捨ててください。

 

地植えでは降雨のみで大丈夫です。

 

花や蕾に水がかかるとしぼんでしまうので、雨や水が当たらないように水をあげてくださいね。

 

以上で基本的なローダンセマムの育て方については終わりです。

次はローダンセマムの画像をお見せします!

スポンサーリンク

 

ローダンセマムの画像(写真)!

 

 

キク科ローダンセマム属の多年草です。

草丈は10~30㎝に成長します。

 

 

常緑性なので、花のない時期もシルバーがかった葉色を、楽しむことができます。

 

 

そんなローダンセマムの花は、どの季節が見ごろなのでしょうか?

次はローダンセマムの開花時期や季節についてお伝えします!

 

ローダンセマムの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ローダンセマムは春から初夏に咲く花で、開花時期は3~6月です。

 

花色は中心の筒状花が黄色や褐色をしています。

舌状花は白、クリーム、ピンクなどがあり、花姿はマーガレットに似ています。

 

苗を植え付けする時期によって、株の育ち方に違いがでます。

次はローダンセマムの苗の植え方についてお伝えします!

 

ローダンセマムの苗の植え方は?

 

植え付けは、春(2~4月)と秋(9~11月)が適期です。

 

春に植えれば、草丈が高くならないうちに花が咲きます。

株を大きく育てたい場合は、秋に植え付けしましょう。

 

株は横に広がって伸びるので、十分なスペースのある場所に植えてください。

 

春先に出回る苗は、温室育ちなので寒さに慣れていません。

植え付けは気温があたたかくなってから行いましょう。

 

夏が暑すぎたり、冬が寒すぎる地域では、鉢植えで育てるのがおすすめ。

気温にあわせて場所を移動できるので、管理がしやすくなります。

 

次はローダンセマムの鉢植えのポイントについてお伝えします!

 

ローダンセマムの鉢植えのポイントは?

 

ローゼンマダムを鉢植えで育てる場合は、根づまりをしやすくなるので、定期的に植え替えをしましょう。

 

植え替えは、2~3年に1回を目安に行います。

3~5月または9~11月が適期です。

一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。

 

 

「多湿」にも気をつけなければいけません。

通気性のある場所で管理して、水のあげ過ぎに注意してくださいね。

 

関東地域では一年を通して、屋外で育てることができます。

次はローダンセマムの地植え(花壇)のポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ローダンセマムの地植え(花壇)のポイントは?

 

ローゼンマダムを地植えで育てる場合は、「高温多湿」を避けることがポイントです。

 

夏は遮光して涼しい環境をつくります。

雨が直接当たらないように、軒下や樹木の下へ植えるのもよいでしょう。

 

一年を通して葉を楽しむことのできるローダンセマムは、寄せ植えなどのアレンジにも人気があります。

コンテナやハンギングバスケットなど、お好みの鉢で寄せ植えをつくってみましょう。

 

次はローダンセマムの寄せ植えについてお伝えします!

 

ローダンセマムの寄せ植えの相性がよい植物はなに?

 

日当たりや水やりなど、生育環境が似ている植物と一緒に植えましょう。

 

「シルバーレース」「シロタエギク」「クッションブッシュ」などシルバーリーフの植物で、まとめてみるのもおすすめです。

 

(写真はシロタエギク)

 

花を入れたい場合は「カンパニュラ」「カーネーション」「アフリカンデージー」などがおすすめですよ。

 

寄せ植えにするときは、株間を詰めすぎないように植えてください。

下葉を取り除いてあげると、株元の蒸れを防ぐことができます。

 

ローダンセマムは草丈が高くなってくると、樹形が乱れてきます。

定期的に剪定や切り戻しを行い、整えてあげましょう。

 

次はローダンセマムの剪定についてお伝えします!

 

ローダンセマムの剪定(切り戻しや花がら摘みとも)のポイントは?

 

梅雨に入る前(6~7月ごろ)に、根元から5㎝ほどの位置で切り戻します。

こうすることで夏に風通しがよくなり、多湿を防ぐことができるんです。

 

9~10月に切り戻しすると、コンパクトでまとまった樹形にできますよ。

 

咲き終わった花は、花茎の付け根から切り取ってください。

花がら摘みはこまめに行うことで、株の消耗を抑え、病害虫の予防にもなります。

ローダンセマムを育てる際の、もっとも重要なポイントは「夏越し」です。

上手に夏を乗り切って、翌年もキレイな花や葉を楽しみましょう!

 

次はローダンセマムの夏越しのやり方についてお伝えします。

 

ローダンセマムの夏越しのやり方は?

 

 

夏に気温が上がりすぎる地域では、鉢植えにして涼しい場所で管理するのがおすすめです。

 

直射日光は避けて、多湿にならないように注意しましょう。

肥料は与えず、やや乾燥気味に管理することがポイントです。

 

秋に植えて夏に枯れる一年草として、扱われることも多くあります。

夏越しがむずかしいようであれば、一年草として割り切ってしまうのも、ひとつの手段かもしれません。

 

株は数年経つと衰えてきます。

その場合は次のような方法で、株を更新しましょう。

 

次はローダンセマムの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ローダンセマムの増やし方は?

 

ローダンセマムは「挿し木(挿し芽)」「種まき」で増やすことができます。

 

一般的なのは挿し木です。

失敗も少ないのでおすすめですよ。

 

では次はローダンセマムの挿し木(挿し芽)のやり方について詳しくみてみましょう!

 

ローダンセマムの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

ローゼンマダムの挿し木に適した時期は、3~5月または9~10月です。

 

太くて若い茎を挿し穂にしましょう。

先端から5㎝ほどの長さにカットします。

 

先端の葉を数枚残して、あとはすべて取り除いてください。

切り口を10~20分ほど水に浸してから、湿らせた挿し木用の土に挿していきます。

 

半日陰の環境で、土が乾燥しないように管理します。

よく根が張るまで育てたら、鉢や花壇に植え付けしましょう。

 

 

幼苗のうちは凍結しないように、寒い時期は室内で管理したほうが安心です。

 

花がらを摘まずにそのままにしておくと、種を採ることができます。

種を採取したら、種まきをしてみましょう。

 

次はローダンセマムの種まき時期とポイントについてお伝えします!

 

ローダンセマムの種まき時期と種まきのポイントは?

 

開花時期の終わりのほうの花を残しておいて、種を採りましょう。

封筒などの紙袋に種を入れて、冷暗所で保管しておきます。

 

2~3月頃に種まき用の土にまいて、かるく覆土します。

明るい日陰で土が乾燥しないように管理してください。

 

 

本葉が数枚出てきたら、混みあっている場所の芽を間引いてください。

ある程度大きくなるまで、育苗ポットや鉢植えで育てましょう。

 

霜に当てたり土が凍結しないように注意してくださいね。

 

「植え付けしたら花がしおれてしまった」「なかなか花が咲かない」とお困りではありませんか?

それには次のような原因が考えられます。

 

次はローダンセマムの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

ローダンセマムの花が咲かない原因は?

 

花と蕾に、雨や水が当たるとしおれてしまいます。

雨が直接当たらないようにして、水やりは株元にそっと与えましょう。

 

成長して株が衰えると、花付きが悪くなってきます。

挿し木で株を更新しましょう。

切り戻しをして、新しい花芽をつくることもポイントになります。

 

日照不足では花が咲きません。

室内で管理する場合も、よく日の当たる場所で育てましょう。

 

 

ローダンセマム(Rhodanthemum)は、ギリシャ語で「rhodon(バラ)」と「anthemon(花)」という意味があります。

 

なぜ「バラ」なのかは明らかになっていませんが、バラのように美しい花という意味なのかもしれません。

 

では花言葉にはどのような意味が込められているのでしょうか?

次はローダンセマムの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ローダンセマムの花言葉はなに?

 

 

ローダンセマムの花言葉は「誠実」「永遠の愛」「気丈に」です。

花茎をまっすぐに伸ばして咲く姿が、「気丈に」という花言葉の由来ではないかと言われています。

 

ローダンセマム属には約10種類があります。

日本で主に流通しているのは、ガヤヌム種とホスマリエンセ種です。

 

その中からいくつか品種をご紹介したいと思います。

次はローダンセマムの種類や品種についてお伝えします!

 

ローダンセマムの種類や品種は何があるの?

 

ローダンセマムの品種には次のようなものがあります。

 

「アフリカンアイズ」

白い花びらに、茶色の筒状花が特徴の品種です。

花茎がやや長く、草丈は30~40㎝ほどになります。

 

「マウイ」

ピンクの花びらと、赤みがかった茶色の筒状花が特徴です。

一株で薄ピンクと濃いピンクのグラデーションを楽しめます。

 

「サニーサイドアップ」

白の花びらと黄色の筒状花が特徴で、「目玉焼き」という愛称があります。

花はやや大きく、草丈は15~25㎝ほどです。

 

  • オススメ記事

ルピナスの育て方等はこちらをご覧下さい。

スノードロップの育て方等はこちらをご覧ください。

ハボタンの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ローゼンマダムのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは15個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ローダンセマムの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりと風通しのよい場所を好みます。

水はけがよく肥沃な土で育てましょう。

3~5月と9~10月に、1カ月に1回を目安に、緩効性肥料を与えましょう。

夏は休眠期なので、肥料はあげません。

鉢の表土がしっかり乾いてから、たっぷり水やりを行いましょう。

 

②ローダンセマムの画像(写真)!

ローダンセマムの画像をご紹介しました。

ぜひチェックしてみてください!

 

③ローダンセマムの開花時期や季節はいつ頃なの?

ローダンセマムは春から初夏に咲く花で、開花時期は3~6月です。

 

④ローダンセマムの苗の植え方は?

植え付けは、春(2~4月)と秋(9~11月)が適期です。

春に植えれば、草丈が高くならないうちに花が咲きます。

株を大きく育てたい場合は、秋に植え付けしましょう。

株は横に広がって伸びるので、十分なスペースのある場所に植えてください。

 

⑤ローダンセマムの鉢植えのポイントは?

鉢植えで育てる場合は、根づまりをしやすくなるので、定期的に植え替えをしましょう。

植え替えは、2~3年に1回を目安に行います。

3~5月または9~11月が適期です。

通気性のある場所で管理して、水のあげ過ぎに注意してください。

 

⑥ローダンセマムの地植え(花壇)のポイントは?

地植えで育てる場合は、「高温多湿」を避けましょう。

夏は遮光して涼しい環境をつくります。

雨が直接当たらないようにすることも、花や蕾を守るポイントになります。

 

⑦ローダンセマムの寄せ植えの相性がよい植物はなに?

日当たりや水やりなど、生育環境が似ている植物と一緒に植えましょう。

「シルバーレース」「シロタエギク」「クッションブッシュ」などシルバーリーフの植物で、まとめてみるのもおすすめです。

花を入れたい場合は「カンパニュラ」「カーネーション」「アフリカンデージー」などがおすすめですよ。

 

⑧ローダンセマムの剪定(切り戻しや花がら摘み)のポイントは?

梅雨に入る前(6~7月ごろ)に、根元から5㎝ほどの位置で切り戻します。

夏に風通しがよくなり、多湿を防ぐことができるんです。

9~10月に切り戻しすると、コンパクトでまとまった樹形にできますよ。

咲き終わった花は、花茎の付け根から切り取ってください。

花がら摘みはこまめに行うことで、株の消耗を抑え、病害虫の予防にもなります。

 

⑨ローダンセマムの夏越しのやり方は?

夏に気温が上がりすぎる地域では、鉢植えにして涼しい場所で管理するのがおすすめです。

直射日光は避けて、多湿にならないように注意しましょう。

肥料は与えず、やや乾燥気味に管理することがポイントです。

 

⑩ローダンセマムの増やし方は?

ローダンセマムは「挿し木(挿し芽)」「種まき」で増やすことができます。

 

⑪ローダンセマムの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

挿し木に適した時期は、3~5月または9~10月です。

太くて若い茎を挿し穂にして、先端から5㎝ほどにカットします。

先端の葉を数枚残して、あとはすべて取り除いてください。

切り口を10~20分ほど水に浸してから、湿らせた挿し木用の土に挿していきます。

半日陰の環境で、土が乾燥しないように管理します。

よく根が張るまで育てたら、鉢や花壇に植え付けしましょう。

幼苗のうちは凍結しないように注意してくださいね。

 

⑫ローダンセマムの種まき時期と種まきのポイントは?

2~3月頃に種まき用の土にまいて、かるく覆土します。

明るい日陰で土が乾燥しないように管理してください。

本葉が数枚出てきたら、混みあっている場所の芽を間引きます。

ある程度大きくなるまで、育苗ポットや鉢植えで育てましょう。

 

⑬ローダンセマムの花が咲かない原因は?

花と蕾に、雨や水が当たるとしおれてしまいます。

雨が直接当たらないようにして、水やりは株元にそっと与えましょう。

成長して株が衰えると、花付きが悪くなってきます。

挿し木で株を更新しましょう。

切り戻しをして、新しい花芽をつくることもポイントになります。

日照不足では花が咲きません。

室内で管理する場合も、よく日の当たる場所で育てましょう。

 

⑭ローダンセマムの花言葉はなに?

ローダンセマムの花言葉は「誠実」「永遠の愛」「気丈に」です。

 

⑮ローダンセマムの種類や品種は何があるの?

ローダンセマムの品種には「アフリカンアイズ」「マウイ」「サニーサイドアップ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)