ミニヒマワリの育て方!間引きや花言葉など14個のポイント!








プランターや鉢植えでも、育てやすい大きさのミニヒマワリ。

 

土を選ばずよく育ち、難しい手入れも必要ないので、初心者の方でも安心して育てることができます。

各項目に上手に育てるためのポイントをまとめてみましたので、どうぞ最後までご覧ください!

 

 

今回はミニヒマワリについてのポイント、

①ミニヒマワリの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②ミニヒマワリの開花時期や特徴は?
③ミニヒマワリを植える時期はいつ頃?
➃ミニヒマワリをプランター(植木鉢)で育てるポイントは?
⑤ミニヒマワリを地植え(花壇)で育てるポイントは?
⑥ミニヒマワリを水耕栽培で育てるポイントは?
⑦ミニヒマワリの間引き方法は?
⑧ミニヒマワリを寄せ植えにするポイントは?
⑨ミニヒマワリの植え替え方法は?
⑩ミニヒマワリの花が終わったらどうする?
⑪ミニヒマワリがかかりうる病気や害虫の種類と対策は?
⑫ミニヒマワリが育たない(花が咲かない)原因は?
⑬ミニヒマワリの花言葉はなに?
⑭ミニヒマワリの種類や品種は何がある?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはミニヒマワリの育て方からお伝えします!

 

ミニヒマワリの育て方は?

 

基本的な育て方は、ヒマワリと同じです。

「ヒマワリの育て方」の記事もあるので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

 

ミニヒマワリは丈が低いので、鉢やプランターで栽培しやすい品種です。

室内ではなく、屋外でたくさん日光を当てて育てましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミニヒマワリが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミニヒマワリの育て方!環境はどうする?

 

ミニヒマワリを育てる環境は日当たりがよく、風通しのよい環境が適しています。

 

日光が少ないと株が弱って、病気や害虫の被害を受けやすくなります。

締め切った室内などでは萎れてしまうので、ベランダなどに出してあげるのがよいでしょう。

 

ミニヒマワリは用土に関しては、あまり神経質になる必要はありません。

 

基本的にはどのような土でも育てることができます。

より元気に育てるためには、次のような土に植えてみましょう。

 

次は、ミニヒマワリに適した用土についてお伝えします!

 

ミニヒマワリを育てる際の適した用土は何?

 

水はけのよい有機質な土で育てましょう。

 

配合する場合は「赤玉土7:腐葉土3」に緩効性肥料を混ぜたものがおすすめです。

市販の草花用の培養土を使うと、配合の手間が省けて便利ですよ。

元気なミニヒマワリに育てるためには、元肥をしっかり施すことがポイントです。

次は、ミニヒマワリに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミニヒマワリの育て方!肥料(液体肥料)はどうする?

 

元肥は植え付けのときに、緩効性肥料を施します。

 

生育が悪いときや、葉の色が薄くなってきたときに追肥を施しましょう。

春~夏に、薄めた液体肥料を月2回を目安に与えます。

肥料のあげ過ぎは、徒長の原因になります。

徒長すると茎が折れやすくなってしまうので、過肥に注意してください。

 

ヒマワリに比べて、ミニヒマワリの種は少し小さいのが特徴です。

種の向きをよく見て、まいてみましょう。

 

次はミニヒマワリの種まき時期と種まきのポイントについてお伝えします!

 

ミニヒマワリの種まき時期と種まきのポイントは?

 

種まきの適期は、暖地では4~6月ころ、寒冷地では5~6月ころです。

ミニヒマワリは移植を嫌うので、プランターや鉢に直まきしましょう。

 

 

プランターなどに用土を入れ、水をかけて湿らせておきます。

 

1㎝ほどの植穴をあけて、尖っている方を下向きにして2~3粒ずつ、重ならないようにまいてください。

覆土したらたっぷり水やりを行います。

 

直射日光を避けた半日陰の環境で、土が乾燥しないように管理しましょう。

発芽したら元気のよいものを残して、あとは間引いていきます。

本葉が数枚出るまで育ったら、土が乾いてから水やりをするようにします。

 

ミニヒマワリは強い乾燥に弱い性質があります。

特にあの季節には、水切れを起こさないように注意が必要なんです。

 

では次は、ミニヒマワリの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミニヒマワリを育てる際の水の量はどうする?

 

土が乾いたら、鉢底から出るくらいたっぷり水やりを行います。

 

特に「夏」は水切れを起こしやすいので、1日に2回、朝と夕方に土をチェックすることが大切です。

 

受け皿に溜まった水は、必ず捨ててください。

溜まったままにしておくと、根腐れの原因になってしまいます。

 

以上で基本的なミニヒマワリの育て方については終わりです。

次はミニヒマワリの開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミニヒマワリの開花時期や特徴は?

 

 

ミニヒマワリの開花時期は、5~8月です。

 

ヒマワリを小さく品種改良されたもので、丈が1m未満のものを「ミニヒマワリ」と呼びます。

鉢植えで育てやすい大きさなので、贈り物や寄せ植えなどにもおすすめですよ!

 

ミニヒマワリを植える際には、重要なポイントがあるんです。

次はミニヒマワリを植える時期についてお伝えします!

 

ミニヒマワリを植える時期はいつ頃?

 

植え付けに適した時期は、4~5月です。

 

植えるときの重要なポイントは、根鉢を崩さずに植えること!

ミニヒマワリの根は「宿根性」といって、根がまっすぐ伸びます。

根が傷ついてしまうと成長できなくなってしまうので、根を傷つけないようにすることが、最も重要なポイントです。

 

小さなミニヒマワリは、プランターや植木鉢で育てるのに適しています。

まずは適したサイズのプランターを選びましょう。

 

次はミニヒマワリをプランター(植木鉢)で育てるポイントについてお伝えします!

 

ミニヒマワリをプランター(植木鉢)で育てるポイントは?

 

ミニヒマワリはヒマワリに比べて、根の張りが浅いという特徴があります。

根がまっすぐ下へ伸びるので、深さのあるプランターや植木鉢が適しています。

 

 

底には必ず軽石や底石などを入れて、水はけをよくすることがポイントです。

置き場所は、よく日の当たる屋外もしくはベランダなどがよいでしょう。

 

もちろんお庭に植えて楽しむこともできます。

地植えする場合は、〇〇に注意が必要です!

 

次はミニヒマワリを地植え(花壇)で育てるポイントについてお伝えします!

 

ミニヒマワリを地植え(花壇)で育てるポイントは?

 

土壌は水はけのよい場所を選びます。

庭土が粘土質な場合は、川砂や軽石を加えて土壌改良してください。

 

日陰が多い場所だと、害虫被害を受けやすくなるので、よく日の当たる場所に植えましょう。

 

 

地植えのポイントは、乾燥させ過ぎないこと!

 

夏は乾燥しやすいので、株元にワラや腐葉土を敷いてあげると、乾燥予防になります。

基本は降雨で育てますが、土が乾燥しているようであれば、水やりを行ってください。

 

朝や夕方の涼しい時間帯に水やりを行いましょう。

 

鉢植えや花壇のほかにも、水耕栽培で育てることもできるんです。

ペットボトルなどご家庭にあるもので、簡単にできますのでぜひチェックしてみてくださいね!

 

次はミニヒマワリを水耕栽培で育てるポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ミニヒマワリを水耕栽培で育てるポイントは?

 

水耕栽培にする場合は、種まきから育てた苗を使いましょう。

 

サイコロ状に切ったスポンジに切り込みを入れて、種を1粒ずつ入れていきます。

スポンジに水をしみ込ませて、常に湿っている状態をキープしてください。

 

ペットボトルで水耕栽培用の容器をつくりましょう。

 

 

ペットボトルの飲み口側を、3分の1あたりで切ります。

切ったら逆さまにして、下部分に乗せてください。

下部分にアルミホイルを巻いたら完成です。

 

ミニヒマワリの苗をスポンジこと、ペットボトルの上部に入れます。

用土を入れて、苗が倒れるのを防ぎましょう。

根の半分が浸るくらいの水を入れて、直射日光を避けた明るい場所で管理してください。

 

水換えは毎日行い、常にきれいな状態を保つようにします。

このときも根に傷がつかないように、十分注意してくださいね。

 

土に種まきをした場合、発芽したら間引き作業が必要になります。

間引きのやり方には、大切なポイントがあるんです。

 

次はミニヒマワリの間引き方法についてお伝えします!

 

ミニヒマワリの間引き方法は?

 

種まきをして本葉が出てくるまで育ったら、元気な芽を残して間引いていきます。

 

間引くときには引っこ抜かずに、ハサミで根元から切ってください。

 

もし土の中で根が絡んでいた場合、引っこ抜いてしまうと根が傷ついてしまうためです。

ミニヒマワリの根は、苗の時期から大切に扱わなければいけません。

 

ミニヒマワリの鮮やかな黄色は、寄せ植えにぴったりです!

花も小ぶりなので、どんな花とも合わせやすいですよ。

 

次はミニヒマワリを寄せ植えにするポイントについてお伝えします!

 

ミニヒマワリを寄せ植えにするポイントは?

 

ミニヒマワリと開花時期や生育環境が近い花と、寄せ植えをつくってみましょう。

「ディアスキア」「ディモルフォセカ」などがおすすめです。

 

花がらをこまめに摘んであげることで、長く寄せ植えを楽しむことができます。

 

 

ミニヒマワリは移植を嫌うので、植え替えはなるべく行わないようにします。

しかしどうしても植え替えが必要な場合は、次のポイントに注意してみてください。

 

次はミニヒマワリの植え替え時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミニヒマワリの植え替え方法は?

 

ミニヒマワリの植え替えは6月中旬~7月中旬に行いましょう。

 

植え替えのときは、根を傷めないことが最も重要なポイントです。

なるべく根鉢を崩さずに、新しい土へ植え替えしてください。

 

夏を彩ってくれた花が咲き終わったら、次のシーズンに向けて準備をしましょう。

次はミニヒマワリの花が咲き終わった後の手入れについてお伝えします!

 

ミニヒマワリの花が終わったらどうする?

 

ミニヒマワリはほとんどの品種が1年草です。

花が終わったら、種がとれるまでそのままにしておきます。

 

種を採取したら紙袋などに入れて、冷暗所で保管しましょう。

種を採り終わったら、株は抜いてください。

 

次の年も花を咲かせる品種の場合は、花茎を根元から切って、新しい芽が出るのを待ちましょう。

 

風通しが悪かったり、日光が少ないと害虫被害を受けやすくなります。

では害虫にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

次はミニヒマワリがかかりうる病気や害虫の種類と対策についてお伝えします!

 

ミニヒマワリがかかりうる病気や害虫の種類と対策は?

 

ミニヒマワリがかかりうる病気に「べと病」「黒斑病」「褐斑病」などがあります。

 

共通の発生原因は「多湿」です。

風通しをよくして、株元や葉が蒸れないように注意しましょう。

 

地植えの場合は株元にマルチングをして、泥水のはね返りを防ぐことも、病気の予防につながります。

発症した部分はすぐに取り除いてください。

 

注意が必要な害虫には「ダンゴムシ」「ハダニ」「アブラムシ」「ヨトウムシ」「ナメクジ」などがいます。

害虫は見つけ次第すぐに駆除して、殺虫剤を散布しましょう。

 

風通しをよくすること、日光によく当てることが害虫予防になります。

乾燥させ過ぎないことも大切なポイントです。

 

せっかく植えたミニヒマワリが、すぐ枯れてしまった、花が咲かないとお困りではありませんか?

 

原因は次のようなことが考えられます。

次はミニヒマワリが育たない(花が咲かない)原因についてお伝えします!

 

ミニヒマワリが育たない(花が咲かない)原因は?

 

ミニヒマワリが育たない原因に「日照不足」が考えられます。

 

たくさんの日光を浴びて育つミニヒマワリは、室内にばかり置いていると、うまく育つことができません。

なるべく屋外に出して、育てるようにしましょう。

 

「夏の水切れ」で枯れてしまう場合があります。

夏の時期は1日2回は土が乾いていないか、見てあげてください。

 

 

根に傷がつく」と成長が止まってしまいます。

植え付けのときに根が傷つかないように十分注意して、移植はせずに育てましょう。

 

「肥料のあげ過ぎ」で葉や茎ばかりが伸びて、花が育たなくなります。

肥料は花に元気がないときにだけ、あげるくらいで十分ですよ。

 

ミニヒマワリの花言葉には、ヒマワリと同じ花言葉があります。

次はミニヒマワリの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ミニヒマワリの花言葉はなに?

 

ミニヒマワリの花言葉には「崇拝」「敬慕」「愛慕」「憧れ」「あなたを見つめる」などがあります。

これらはヒマワリと同じ花言葉で、太陽を追って花を咲かせる姿から「あなたを見つめる」という花言葉がつけられました。

 

 

小さなヒマワリには「高貴」という花言葉もあるんです。

贈り物にするなら大きなヒマワリよりも、ミニヒマワリの方がおすすめです。

 

小さな品種のヒマワリにはどのような種類があるのか見てみましょう!

次はミニヒマワリの種類や品種についてお伝えします!

 

ミニヒマワリの種類や品種は何がある?

 

ミニヒマワリの品種には次のようなものがあります。

 

「小夏」

草丈が25㎝の小さな品種で、鉢植えに適しています。

花もちがよいので、開花期間が長いのが特徴です。

 

「ジュニア」

丈は約60㎝になります。

分枝咲きで病気に強く、花もちがよい品種です。

 

「テディーベア」

八重咲き品種で、こんもりとした花姿が特徴的です。

分枝するのでたくさんの花を楽しむことができます。

 

  • オススメ記事

プリムラの育て方等はこちらをご覧下さい。

キンセンカの育て方等はこちらをご覧ください。

ケイトウの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ミニヒマワリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは14個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ミニヒマワリの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)

日当たりがよく、風通しのよい環境が適しています。

水はけのよい有機質な土で育てましょう。

元肥は植え付けのときに、緩効性肥料を施します。

追肥は春~夏に、薄めた液体肥料を月2回を目安に与えます。

種まきの適期は、暖地では4~6月ころ、寒冷地では5~6月ころに直まきで行います。

湿らせた用土に、1㎝ほどの植穴をあけて、尖っている方を下向きにして2~3粒ずつ、重ならないようにまいてください。

覆土したらたっぷり水やりを行い、直射日光を避けた半日陰の環境で、土が乾燥しないように管理しましょう。

水やりは土が乾いたら、鉢底から出るくらいたっぷり水をあげてください。

 

②ミニヒマワリの開花時期や特徴は?

ミニヒマワリの開花時期は、5~8月です。

 

③ミニヒマワリを植える時期はいつ頃?

植え付けに適した時期は、4~5月です。

植えるときの重要なポイントは、根鉢を崩さずに植えることです!

 

➃ミニヒマワリをプランター(植木鉢)で育てるポイントは?

根がまっすぐ下へ伸びるので、深さのあるプランターや植木鉢が適しています。

底には必ず軽石や底石などを入れて、水はけをよくすることがポイントです。

 

⑤ミニヒマワリを地植え(花壇)で育てるポイントは?

土壌は水はけのよい場所を選びます。

日陰が多い場所だと、害虫被害を受けやすくなるので、よく日の当たる場所に植えましょう。

地植えのポイントは、乾燥させ過ぎないことです!

 

⑥ミニヒマワリを水耕栽培で育てるポイントは?

水耕栽培にする場合は、種まきから育てた苗を使いましょう。

ミニヒマワリの苗を、ペットボトルで作った須高栽培用の容器に入れます。

根の半分が浸るくらいの水を入れて、直射日光を避けた、明るい場所で管理してください。

水換えは毎日行い、常にきれいな状態を保つようにすることが大事なポイントです。

 

⑦ミニヒマワリの間引き方法は?

種まきをして本葉が出てくるまで育ったら、元気な芽を残して間引いていきます。

間引くときには引っこ抜かずに、ハサミで根元から切ってください。

 

⑧ミニヒマワリを寄せ植えにするポイントは?

ミニヒマワリと開花時期や生育環境が近い花と、寄せ植えをつくってみましょう。

「ディアスキア」や「ディモルフォセカ」などがおすすめです。

花がらをこまめに摘んであげることで、長く寄せ植えを楽しむことができますよ。

 

⑨ミニヒマワリの植え替え方法は?

6月中旬~7月中旬に行いましょう。

植え替えのときは、根を傷めないことが最も重要なポイントです。

なるべく根鉢を崩さずに、新しい土へ植え替えしてください。

 

⑩ミニヒマワリの花が終わったらどうする?

花が終わったら、種がとれるまでそのままにしておきます。

種を採取したら紙袋などに入れて、冷暗所で保管しましょう。

種を採り終わったら、株は抜いてください。

 

⑪ミニヒマワリがかかりうる病気や害虫の種類と対策は?

ミニヒマワリがかかりうる病気に「べと病」「黒斑病」「褐斑病」などがあります。

共通の発生原因は「多湿」です。

風通しをよくして、株元や葉が蒸れないように注意しましょう。

発症した部分はすぐに取り除いてください。

注意が必要な害虫には「ダンゴムシ」「ハダニ」「アブラムシ」「ヨトウムシ」「ナメクジ」などがいます。

害虫は見つけ次第すぐに駆除して、殺虫剤を散布しましょう。

 

⑫ミニヒマワリが育たない(花が咲かない)原因は?

ミニヒマワリが育たない原因には「日照不足」「夏の水切れ」「根に傷がつく」「肥料のあげ過ぎ」などが考えられます。

 

⑬ミニヒマワリの花言葉はなに?

ミニヒマワリの花言葉には「崇拝」「敬慕」「愛慕」「憧れ」「あなたを見つめる」などがあります。

 

⑭ミニヒマワリの種類や品種は何がある?

ミニヒマワリの品種には「小夏」「ジュニア」「テディーベア」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)