メラレウカの育て方!庭で育てるポイントや増やし方など15個のポイント!








メラレウカは「香りの樹」と呼ばれ、葉から柑橘系のさわやかな香りがするのが特徴です。

 

むずかしい手入れがいらない育てやすい花木なので、はじめて樹木を育てる方にもおすすめですよ!

それに病気にも強く、害虫もつきにくいんです。

 

メラレウカを枯らさずに育てるためには「あるポイント」に注意すること!

このポイントをおさえれば、ご自宅でさわやかな「香りの樹」を楽しむことができます。

 

花言葉や品種などもご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

今回はメラレウカについてのポイント、

①メラレウカの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②メラレウカの画像(写真)!
③メラレウカの開花時期や季節はいつ頃なの?
④メラレウカの成長速度は早いの??
⑤メラレウカの苗の植え方は?
⑥メラレウカの鉢植えのポイントは?
⑦メラレウカの庭で育てる際のポイントは?
⑧メラレウカの植え替えのポイントは?
⑨メラレウカの寄せ植えの仕方!
⑩メラレウカの剪定のポイントは?
⑪メラレウカの葉が落ちる(枯れる)原因と対策方法は?
⑫メラレウカの増やし方!
⑬メラレウカの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑭メラレウカの花言葉はなに?
⑮メラレウカの種類や品種は何があるの?

 

以上15個の点についてお伝えします。

まずはメラレウカの育て方からお伝えします!

 

メラレウカの育て方は?

 

手入れがしやすく樹高も高すぎないので、庭木として人気があります。

剪定で高さの調整もしやすく、鉢植えで育てるのもおすすめです。

 

寒冷地では屋外での越冬がむずかしいです。

鉢植えにして冬は室内で管理した方がよいでしょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、メラレウカが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

メラレウカの育て方!環境はどうする?

 

メラレウカは日当たりと風通しのよい環境を好みます。

 

幹が細く倒れやすいので、強い寒風が当たらない場所に植えましょう。

若木のころは、とくに注意してください。

 

強い霜に当たると葉が傷むので、霜よけを行います。

株元にはマルチングをして根の凍結を予防しましょう。

 

 

室内では、窓際の日当たりのよい場所で管理します。

 

メラレウカは性質が丈夫なので、痩せ地でもよく育ちます。

好みの土に植え付けしてあげることで、より育てやすくなりますよ。

 

次は、メラレウカに適した用土についてお伝えします!

 

メラレウカを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく、ほどよい保水性のある土を好みます。

 

市販の培養土は「花木用」「庭木用」を選びましょう。

配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:パーライト1」がおすすめです。

庭土には腐葉土を混ぜて、水はけをよくしておきましょう。

 

メラレウカは多くの肥料を必要としません。

肥料をあげるときは、時期と量に注意してくださいね。

 

次は、メラレウカに必要な肥料についてお伝えします!

 

メラレウカの育て方!肥料はどうする?

 

新芽が成長をはじめる、3~7月のあいだに、緩効性化成肥料を施します。

 

株元から少し離れた場所に穴を掘り肥料を埋めます。

幹の周りに数か所、施しましょう。

9月以降は肥料を止めて管理してください。

 

肥料はあまり必要としませんが、水はたくさん必要です。

では次は、メラレウカの水やりポイントについてお伝えします!

 

メラレウカを育てる際の水の量はどうする?

 

土の表土が乾いたら、たっぷり水をあげましょう。

 

強い乾燥を好まないので、鉢植え地植え共に、水切れしないように管理することがポイントです。

とくに幼苗や若木のうちは、耐乾性が低いので注意してください。

 

鉢植えの場合、毎日水やりを行います。

受け皿に溜まった水は、かならず捨てましょう。

 

冬はやや乾燥気味に育てますが、葉がしおれる前に水やりを行ってください。

夕方などは避けて、あたたかい時間帯に水やりをします。

 

地植えの場合は、植え付け後1カ月ほどは、表土が乾いたら水やりを行います。

しっかりと根付いたら、基本は降雨で育て、日照りがつづく場合は水やりを行ってください。

 

以上で基本的なメラレウカの育て方については終わりです。

次はメラレウカの画像をご紹介します!

スポンサーリンク

 

メラレウカの画像(写真)!

 

 

フトモモ科コバノブラシノキ属の常緑低木です。

 

 

オーストラリア東海岸、ニュージーランド、インドネシアなどに自生しています。

原産が亜熱帯地域なので、寒さと強い乾燥は苦手。

 

 

自然界では樹高8mほどまで成長するんですよ。

 

 

葉からとれる精油には抗菌作用、消臭効果、殺菌成分があります。

「ティーツリーオイル」として、アロマテラピーなどにも使われているんですよ。

 

 

副作用が比較的少ないとされていますが、アレルギー反応が出る場合があります。

使用前にアレルギーチェックが必要です。

 

 

またペットの中毒症状なども多く報告されています。

ペットのいるご家庭では、使用を控えた方がいいでしょう。

 

 

メラレウカは主に葉を鑑賞しますが、特徴のある花姿も魅力的です。

次はメラレウカの開花時期と季節についてお伝えします!

 

メラレウカの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

メラレウカの花は春~初夏に咲きます。

開花時期は4月下旬~6月上旬です。

 

 

ピンク、白、紫色のふわふわとした花びらが特徴的で、細い花びらが集合してこのような形になっているんです。

品種によって花の咲き方、葉の形に違いがあります。

 

葉は秋の低温期になると、紅葉を楽しめますよ。

 

庭木や鉢植えで育てるのに、気になるのはどのくらい成長するかですよね。

メラレウカは成長が早いのでしょうか?それとも遅いのでしょうか?

 

次はメラレウカの成長速度についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

メラレウカの成長速度は早いの??

 

種からしっかりとした樹木へ成長するまでは、とても時間がかかります。

 

苗木からの生育は旺盛で、若木のうちはとくに成長が早いです。

しかし大きくなっても樹高は1~3mほど。

 

管理しやすいサイズが、庭木として人気の理由の一つとなっています。

 

メラレウカの苗は春先に出回ります。

苗を購入したら次のような手順で、鉢植えや庭へ植え付けしてみましょう。

 

次はメラレウカの苗の植え方についてお伝えします!

 

メラレウカの苗の植え方は?

 

メラレウカの植え付けは、3月下旬~6月上旬が適期です。

寒冷地では十分にあたたかくなってから、植え付けしましょう。

 

地植えにする場合は、苗の二回りほど大きな植穴を掘り、水をたっぷりしみ込ませます。

苗を植え付けしたら、しっかりと根付くまで水やりを行って管理しましょう。

 

鉢植えは苗よりも二回りほど大きな鉢に植え付けします。

 

苗の植え付けができたら、次は鉢植えと地植え、それぞれの管理のポイントをみてみましょう。

まずはメラレウカの鉢植えのポイントについてお伝えします!

 

メラレウカの鉢植えのポイントは?

 

よく成長するので、最初から大きな鉢に植えてしまいたいと思いますよね。

しかし大きすぎる鉢は、多湿になりやすく、根腐れを起こしてしまう原因になります。

 

成長にあわせて植え替えを行い、徐々に鉢を大きくしていきましょう。

 

 

鉢植えの管理でとくに注意が必要なのは、「水切れ」です。

毎日土の状態をチェックして、水切れを起こさないように、水やりを行ってください。

 

地植えで管理する場合は、次のポイントに注意してくださいね。

次はメラレウカの庭で育てる際のポイントについてお伝えします!

 

メラレウカの庭で育てる際のポイントは?

 

植え付け場所をしっかりと確認しておきましょう。

適した環境と用土に植え付けすることが、元気に育てるポイントになります。

 

庭で育てる場合も、水切れには注意が必要です。

葉が枯れてしまう前に、たっぷり水やりを行いましょう。

 

 

鉢植えで育てる場合は、根づまりを防ぐために定期的な植え替えが必要です。

次はメラレウカの植え替えのポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

メラレウカの植え替えのポイントは?

 

メラレウカの植え替えの時期は、1~2年に1回を目安に行い、4月~6月上旬が適期です。

 

傷んでいる根は取り除いて、一回り大きな鉢と新しい土に植え替えします。

 

注意してほしいポイントは「時期」です。

 

植え替えの時期が遅れると、冬に枯れやすくなります。

適期を守って植え替えを行いましょう。

 

メラレウカはアレンジにも人気があります。

樹高が小さいうちは、コンテナでの寄せ植えがおすすめですよ!

 

次はメラレウカの寄せ植えの仕方についてお伝えします。

 

メラレウカの寄せ植えのポイント!

 

メラレウカは一年を通して、葉を楽しむことができます。

 

一緒に植える草花は、開花時期がずれていても大丈夫です。

生育環境の合ったものを選びましょう。

 

「アジアンタイム」「セラギネラ」「ヘデラ」などのグリーンでの寄せ植えもキレイですね。

花を入れたい場合は、「キンギョソウ」「アゲラタム」などがおすすめです。

 

(写真はキンギョソウ)

 

背の高いメラレウカの位置を最初に決めて、その周りを囲むようにほかの植物を配置すると、全体のバランスがとれますよ。

 

メラレウカは枝もよく伸びますが、剪定などで高さを調整することができます。

剪定のやり方も簡単なので、ぜひ挑戦してみましょう。

 

次はメラレウカの剪定のポイントについてお伝えします!

 

メラレウカの剪定の時期とポイントは?

 

メラレウカの剪定時期は、5~7月が適期です。

 

強い剪定にも耐えることができるので、どの高さで切っても大丈夫です。

混みあっている場所の枝を落として、風通しをよくしましょう。

 

夏に花芽がつくられます。

夏以降に剪定を行うと、翌年花が少なくなってしまうので注意してください。

 

丈夫な性質のメラレウカですが、次のようなことが原因で枯れてしまう場合もあります。

原因や対策方法をチェックして、早めに対処できるようにしておきましょう。

 

次はメラレウカの葉が落ちる(枯れる)原因と対策方法についてお伝えします!

 

メラレウカの葉が落ちる(枯れる)原因と対策方法は?

 

メラレウカが枯れる原因で、もっとも多いのが「水切れ」です。

水切れによって乾燥すると、葉が茶色くなって枝先から枯れていきます。

 

そのままにしておくと、復活させるのはむずかしくなります。

葉が枯れてしまう前に、たっぷり水やりを行いましょう。

 

 

植え替えの時期はしっかりと守ってください。

遅くなりすぎると冬に枯れやすくなります。

 

霜に当たると葉が傷んでしまいます。

暖地でも霜の心配がある場合は、寒冷紗やマルチングを利用して、寒害対策を行ったほうが安心です。

 

剪定した枝がまだ元気だったら、ただ捨てるのはもったいないですよね。

この枝を使ってご自宅のメラレウカを、増やしてみませんか?

 

次はメラレウカの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

メラレウカの増やし方!

 

メラレウカは「挿し木」で増やすことができます。

 

挿し木の時期にあわせて剪定するのもいいですね。

その場合は、7月までに剪定を終わらせましょう。

 

ではメラレウカの挿し木(挿し芽)のやり方について、詳しくみてみましょう。

 

メラレウカの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

メラレウカの挿し木は4~9月に行うことができます。

 

枝を先端から10㎝ほどの長さにカットして、切り口は斜めに切りましょう。

先端の葉を2~3枚残して、残りはずべて取り除きます。

 

切り口を1時間ほど水に浸して、湿らせた赤玉土に挿していきましょう。

明るい日陰で、土が乾燥しないように管理してください。

約1カ月で発根するので、よく根が張るまで育てたら、鉢植えや庭に定植させましょう。

 

メラレウカは「ティーツリー」という名前の方がメジャーかもしれません。

イギリスの探検家キャプテン・クックが、葉をお茶に浮かべて飲んでいたことが、「ティーツリー」という名前の由来になっていす。

 

では花言葉にはどのようなものがあり、由来には何があるのでしょうか?

次はメラレウカの花言葉についてお伝えします!

 

メラレウカの花言葉はなに?

 

 

メラレウカの花言葉は「清潔」「力強い味方」です。

メラレウカの葉からとれる精油には、抗菌消臭効果があることが、花言葉の由来にもなっています。

 

ティーツリーの仲間には、約150種類ほどがあると言われています。

その中でも人気の品種を、いくつかみてみましょう!

 

次はメラレウカの種類や品種についてお伝えします。

 

メラレウカの種類や品種は何があるの?

 

メラレウカの品種には次のようなものがあります。

 

「レボリューションゴールド」

春~秋にかけて見られる、黄金の葉色が特徴。

寒さに弱い品種なので、とくに幼苗は凍結に注意してください。

花色は白ですが、花が咲きにくいです。

樹高は4~5mほどまで成長します。

 

「レッドジェム」

葉が細く先端が赤色になるのが特徴です。

冬になると葉全体が赤くなります。

寒風が苦手なので、冬は室内での管理がおすすめです。

樹高は3~4mほどになります。

 

「スノーインサマー」

羽毛状のふわふわとした花が特徴の品種です。

花色は白で、甘い香りがあります。

樹高は約5~6mです。

 

「トーテムポールズ」

薄紫色の小さな花が集合して咲きます。

葉は丸く、全体的に可愛らしい印象の品種です。

暑さにやや弱いので、夏は涼しい場所で直射日光を避けて管理します。

樹高は2~3mほどです。

 

「コットンキャンディー」

薄ピンクの細い花びらがまとまって咲くのが特徴です。

開花時期が長く、何度も花を咲かせてくれます。

成長がゆっくりで、樹高は0.5~1mほどです。

 

  • オススメ記事

ダイモンジソウの育て方等はこちらをご覧下さい。

イベリスの育て方等はこちらをご覧ください。

ローダンセマムの育て方等はこちらをご覧ください。

 

メラレウカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは15個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①メラレウカの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりと風通しのよい環境を好みます。

水はけがよく、ほどよい保水性のある土で育てましょう。

肥料は3~7月のあいだに、緩効性化成肥料を施します。

鉢植え地植え共に、水切れしないように管理することがポイントです。

表土が乾いたらたっぷり水やりを行いましょう。

 

②メラレウカの画像(写真)!

メラレウカの画像をご紹介しました。

ぜひチェックしてみてください!

 

③メラレウカの開花時期や季節はいつ頃なの?

メラレウカの花は春~初夏に咲きます。

開花時期は4月下旬~6月上旬です。

 

④メラレウカの成長速度は早いの??

種からしっかりとした樹木へ成長するまでは、とても時間がかかります。

苗木からの生育は旺盛で、若木のうちはとくに成長が早いです。

 

⑤メラレウカの苗の植え方は?

植え付けは、3月下旬~6月上旬が適期です。

寒冷地では十分にあたたかくなってから、植え付けしましょう。

苗の二回りほど大きな植穴を掘り、水をたっぷりしみ込ませてから苗を植えます。

 

⑥メラレウカの鉢植えのポイントは?

鉢植えの管理でとくに注意が必要なのは、「水切れ」です。

毎日土の状態をチェックして、水切れを起こさないように、水やりを行ってください。

 

⑦メラレウカの庭で育てる際のポイントは?

植え付け場所をしっかりと確認しておきましょう。

適した環境と用土の場所に植え付けすることが、元気に育てるポイントになります。

 

⑧メラレウカの植え替えのポイントは?

植え替えの時期は、1~2年に1回を目安に行います。

4月~6月上旬が適期です。

注意してほしいポイントは「時期」です。

植え替えの時期が遅れると、冬に枯れやすくなります。

適期を守って植え替えを行いましょう。

 

⑨メラレウカの寄せ植えの仕方!

背の高いメラレウカの位置を最初に決めて、その周りを囲むようにほかの植物を配置すると、全体のバランスがとれます。

 

⑩メラレウカの剪定のポイントは?

剪定時期は、5~7月が適期です。

強い剪定にも耐えることができるので、どの高さで切っても大丈夫です。

夏以降に剪定を行うと、翌年花が少なくなってしまうので注意してください。

 

⑪メラレウカの葉が落ちる(枯れる)原因と対策方法は?

メラレウカが枯れる原因でもっとも多いのが「水切れ」です。

葉が枯れてしまう前に、たっぷり水やりを行いましょう。

「植え替えの時期」はしっかりと守ってください。

遅くなりすぎると冬に枯れやすくなります。

「霜に当たる」と葉が傷んでしまいます。

暖地でも霜の心配がある場合は、寒冷紗やマルチングを利用して、寒害対策を行ったほうが安心です。

 

⑫メラレウカの増やし方!

メラレウカは「挿し木」で増やすことができます。

 

⑬メラレウカの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

挿し木は4~9月に行うことができます。

枝を先端から10㎝ほどの長さにカットして、切り口は斜めに切りましょう。

先端の葉を2~3枚残して、残りはずべて取り除いてください。

切り口を1時間ほど水に浸して、湿らせた赤玉土に挿していきます。

日陰で土が乾燥しないように管理してください。

 

⑭メラレウカの花言葉はなに?

メラレウカの花言葉は「清潔」「力強い味方」です。

 

⑮メラレウカの種類や品種は何があるの?

メラレウカの品種には「レボリューションゴールド」「レッドジェム」「スノーインサマー」「トーテムポールズ」「コットンキャンディー」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)