マーガレットの育て方!剪定方法や花言葉など15個のポイント!








シンプルで可憐な花を咲かせるマーガレット。

 

 

キク科モクシュンギク属、カナリア諸島原産の低木です。

マーガレットという名前は、ギリシャ語のマルガリーテス(真珠)が由来となっているそうです。

 

花占いにも使われることのあるマーガレットですが、鉢植えでも地植えでも育てることができます。

冬越しもできるため、長く楽しむことのできる植物です。

他にもマーガレットについて様々な情報を載せているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回はマーガレットについてのポイント、

①マーガレットの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②マーガレットの開花時期はいつ頃?季節は?
③マーガレットの剪定(切り戻し)方法は?時期はいつ?
④マーガレットを鉢植え(プランター)で育てるポイントは?
⑤マーガレットを地植えで育てるポイントは?
⑥マーガレットの植え替え時期とポイントは?
⑦マーガレットの寄せ植えのポイントは?
⑧マーガレットの冬越しはどうするの?
⑨マーガレットのかかりうる病気や害虫は?対策方法も!
⑩マーガレットが枯れる原因はなに?
⑪マーガレットの増やし方は?
⑫マーガレットの挿し木のやり方は?
⑬マーガレットに似た花って何があるの?
⑭マーガレットの花言葉はなに?
⑮マーガレットの種類や品種は何がある?

 

以上の15個についてお伝えします。

まずはマーガレットの育て方からお伝えします!

 

マーガレットの育て方は?

 

知名度があり人気のあるマーガレット。

 

そんなマーガレットを育てる上で注意すべきポイントは、です。

マーガレットは根詰まりを起こしやすかったり、根腐れに注意が必要な植物です。

根に注意して、きれいな花を咲かせていきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、マーガレットが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マーガレットの育て方!環境はどうする?

 

マーガレットは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

日によく当てることで、きれいに花を咲かせてくれます。

 

また、マーガレットは高温多湿を嫌います。

ですので、梅雨の時期には風通しのいい場所へ移してくださいね。

 

次は、マーガレットに適した用土についてお伝えします!

 

マーガレットを育てる際の適した用土は何?

 

マーガレットは水はけのいい土が適しています。

自分で作る場合、赤玉土(小粒)を5、腐葉土を3、ピートモスを2の割合で混ぜるとよいでしょう。

 

また、マーガレットは酸性の土壌を嫌います。

ですので、苦土石灰などを混ぜて中和させましょう。

次は、マーガレットに必要な肥料についてお伝えします!

 

マーガレットの育て方!肥料はどうする?

 

マーガレットは、植え付ける際と夏以外に肥料を与えます。

 

植え付ける際の肥料は、緩効性の化成肥料がオススメです。

 

春や秋も緩効性の化成肥料を置き肥として与えましょう。

秋以降から春までには、液体肥料を与えます。

マーガレットは夏に生育が止まるため、夏には与えないようにしてくださいね。

 

次は、マーガレットの水やりポイントについてお伝えします!

 

マーガレットを育てる際の水の量はどうする?

 

マーガレットは土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えます。

 

 

土が濡れている状態で水を与えると、根腐れを起こしてしまうため、注意しましょう。

 

夏には生育が止まるため、乾燥気味に管理しましょう。

花が咲いている間は、花に水をかけないように、根元から与えてください。

 

以上で基本的なマーガレットの育て方については終わりです。

次はマーガレットの開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マーガレットの開花時期はいつ頃?季節は?

 

マーガレットの開花時期は5~7月や10~11月です。

 

 

種類にもよって、開花する時期が異なります。

 

マーガレットは夏や秋に楽しむことのできる植物です。

シンプルで可愛らしい花を咲かせるので、欠かさずチェックしてくださいね。

 

次は、マーガレットの剪定(切り戻し)についてお伝えします!

 

マーガレットの剪定(切り戻し)方法は?時期はいつ?

 

マーガレットは剪定として、切り戻しを行います。

 

具体的には、3~6月と9~10月が適期です。

生き生きとした緑の葉を残しつつ、切り戻していきます。

 

葉を残さないと最悪の場合、枯れてしまうこともあるため、注意してくださいね。

 

次は、マーガレットの鉢植え(プランター)についてお伝えします!

 

マーガレットを鉢植え(プランター)で育てるポイントは?

 

マーガレットを鉢植えで育てる場合、日当たりのいい場所で管理します。

 

 

梅雨には雨が当たりすぎない、風通しのいい場所へ移してくださいね。

梅雨が明けた頃から9月に入るまでは、半日陰で育てましょう。

 

冬には室内へ取り込むことで、冬越しさせることもできます。

 

次は、マーガレットの地植えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マーガレットを地植えで育てるポイントは?

 

マーガレットを地植えで育てる場合、日当たりのいい場所へ植え付けましょう。

南向きの場所が適しているでしょう。

 

多湿を嫌うため、水はけが悪い場合には腐葉土などをすき込んでおきましょう。

冬には霜よけ対策をしてくださいね。

 

次は、マーガレットの植え替えについてお伝えします!

 

マーガレットの植え替え時期とポイントは?

 

マーガレットは3~6月か9~10月に植え替えます。

頻度としては、1年に1度行います。

 

1回りほど大きな鉢へと植え替えましょう。

そうすることで、根詰まりを防ぐことができます。

 

次は、マーガレットの寄せ植えについてお伝えします!

 

マーガレットの寄せ植えのポイントは?

 

マーガレットはシンプルでインパクトもあるため、メインとして植えると映えるでしょう。

 

寄せ植えをする際のポイントは、生育環境が似ている植物同士を植えることです。

ですので、マーガレットにはハーブ類がピッタリでしょう。

参考にしてみてくださいね。

 

次は、マーガレットの冬越しについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マーガレットの冬越しはどうするの?

 

マーガレットは室内へ取り込むことで冬越しさせることができます。

 

 

室内の、日の当たる場所で管理しましょう。

このとき、暖房などの風が直接当たらないように注意してくださいね。

 

また、霜よけを施すことで、屋外でも冬越しさせることができます。

 

次は、マーガレットのかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

 

マーガレットのかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

 

マーガレットのかかりうる病気には、立枯病があります。

気温が30℃を上回る日が続くと、発生しやすいです。

対策としては、乾燥気味に育てることです。

 

マーガレットの注意すべき害虫は、ヨトウムシやアブラムシです。

ヨトウムシは春~秋に、アブラムシは若い葉に発生しやすいです。

見つけ次第、防除していきましょう。

次は、マーガレットが枯れる原因についてお伝えします!

 

マーガレットが枯れる原因はなに?

 

マーガレットが枯れる原因として、根詰まりや根腐れが考えられます。

 

マーガレットは根詰まりを起こしやすい植物です。

毎年植え替えることで、予防することができます。

 

また、多湿を嫌う植物なため、水を与えすぎてしまうと根腐れを起こします。

土が乾燥しているのをしっかりと確認してから、水を与えましょう。

 

次は、マーガレットの増やし方についてお伝えします!

 

マーガレットの増やし方は?

 

マーガレットの増やし方には、挿し木があります。

 

 

挿し木で簡単に増やすことが出来ます。

難しい知識も不要なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

次は、マーガレットの挿し木についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マーガレットの挿し木のやり方は?

 

マーガレットの挿し木は、5~6月と9~10月が適期です。

 

まず、先端部分を7cmほどで切り取ります。

その枝を、バーミキュライトを入れたポットなどに挿せば完了です。

 

根が張るまでは乾燥させないように管理しましょう。

 

次は、マーガレットに似た花についてお伝えします!

 

マーガレットに似た花って何があるの?

 

マーガレットに似た花には、フランスギクという花があります。

マーガレットとフランスギクは非常に区別がつきにくいです。

 

見分ける方法としては、葉の形を見ることです。

マーガレットの葉は細め、フランスギクの葉は広めです。

ぜひチェックしてみてください。

 

次は、マーガレットの花言葉についてお伝えします!

 

マーガレットの花言葉はなに?

 

マーガレットの花言葉には「恋占い」「真実の愛」などがあります。

 

 

マーガレットは恋占いに使われることが多いため、そのまま花言葉にもなっています。

「真実の愛」は、マーガレットは神話に登場する守護神アルテミスに捧げる花であることからついたそうです。

 

また、マーガレットは1月17日、2月1日、4月1日、9月3日、11月22日の誕生花です。

 

次は、マーガレットの種類や品種についてお伝えします!

 

マーガレットの種類や品種は何がある?

 

植物の中でも知名度の高いマーガレット。

品種改良も行われており、種類も非常に豊富です。

 

一重咲きのものや八重咲きのものもあります。

ピンク色で八重咲き品種のサマーメロディーや暑さに強いサンデーリップルなどがあります。

 

  • オススメ記事

ガウラの育て方等はこちらをご覧下さい。

ハルジオンの育て方等はこちらをご覧ください。

ライラックの育て方等はこちらをご覧ください。

 

マーガレットのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは15個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①マーガレットの育て方(環境、土、肥料、水やり)

環境、日当たりのいい場所が適しています。

土は、水はけのいいものが適しています。

肥料は、植え付ける際と夏以外に与えます。

水は、土の表面が乾燥したらたっぷりと与えます。

 

②マーガレットの開花時期はいつ頃?季節は?

マーガレットの開花時期は5~7月や10~11月です。

マーガレットは夏や秋に楽しむことのできる植物です。

 

③マーガレットの剪定(切り戻し)方法は?時期はいつ?

マーガレットは剪定として、切り戻しを行います。

具体的には、3~6月と9~10月が適期です。

生き生きとした緑の葉を残しつつ、切り戻していきます。

 

④マーガレットを鉢植え(プランター)で育てるポイントは?

マーガレットを鉢植えで育てる場合、日当たりのいい場所で管理します。

梅雨には雨が当たりすぎない、風通しのいい場所へ移してくださいね。

 

⑤マーガレットを地植えで育てるポイントは?

マーガレットを地植えで育てる場合、日当たりのいい場所へ植え付けましょう。

多湿を嫌うため、水はけが悪い場合には腐葉土などをすき込んでおきましょう。

 

⑥マーガレットの植え替え時期とポイントは?

マーガレットは3~6月か9~10月に植え替えます。

頻度としては、1年に1度行います。

 

⑦マーガレットの寄せ植えのポイントは?

マーガレットはシンプルでインパクトもあるため、メインとして植えると映えるでしょう。

 

⑧マーガレットの冬越しはどうするの?

マーガレットは室内へ取り込むことで冬越しさせることができます。

室内の、日の当たる場所で管理しましょう。

 

⑨マーガレットのかかりうる病気や害虫は?対策方法も!

マーガレットのかかりうる病気には、立枯病があります。

対策としては、乾燥気味に育てることです。

マーガレットの注意すべき害虫は、ヨトウムシやアブラムシです。

見つけ次第、防除していきましょう。

 

⑩マーガレットが枯れる原因はなに?

マーガレットが枯れる原因として、根詰まりや根腐れが考えられます。

 

⑪マーガレットの増やし方は?

マーガレットの増やし方には、挿し木があります。

 

⑫マーガレットの挿し木のやり方は?

マーガレットの挿し木は、5~6月と9~10月が適期です。

まず、先端部分を7cmほどで切り取ります。

その枝を、バーミキュライトを入れたポットなどに挿せば完了です。

 

⑬マーガレットに似た花って何があるの?

マーガレットに似た花には、フランスギクという花があります。

 

⑭マーガレットの花言葉はなに?

マーガレットの花言葉には「恋占い」「真実の愛」などがあります。

 

⑮マーガレットの種類や品種は何がある?

品種改良も行われており、種類も非常に豊富です。

ピンク色で八重咲き品種のサマーメロディーや暑さに強いサンデーリップルなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)