【クッションブッシュのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、クッションブッシュについてまとめていきたいと思います。

 

クッションブッシュはキク科の植物で、オーストラリアが原産になります。

名前は、ふんわりとクッションのように見えることが由来となっているようです。

 

学名は「Leucophyta brownii」といいます。

 

今回は、クッションブッシュについてのポイント、

①クッションブッシュの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②クッションブッシュの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③クッションブッシュの開花時期や季節はいつ頃なの?
④クッションブッシュの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑤クッションブッシュとプラチーナの違いはなに?
⑥クッションブッシュの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはクッションブッシュの育て方からお伝えします!

 

クッションブッシュの育て方は?

 

クッションブッシュは乾燥には強いですが、湿度に弱いです。

 

そのため蒸れを避けるため、株が込みあってきたら剪定を行い風通しを良くします。

育てる際は、やや乾燥気味に育ててあげると根腐れ等のリスクを避けられます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、クッションブッシュが好む環境についてお伝えします!

 

クッションブッシュの育て方!環境はどうする?

 

クッションブッシュを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

 

また、多湿には弱い植物であるため長雨には当てないように注意が必要です。

霜には弱いため、冬の時期は室内に移動するなど霜を避ける対処が必要です。

 

次は、クッションブッシュに適した用土についてお伝えします!

 

クッションブッシュを育てる際の適した用土は何?

 

クッションブッシュを育てる際は、水はけのよい用土を使用します。

使用する用土としては、多孔質培養土がオススメです。

 

次は、クッションブッシュに必要な肥料についてお伝えします!

 

クッションブッシュの育て方!肥料はどうする?

 

クッションブッシュを育てる際は、肥料は多く必要ありません。

 

肥料が多いと根腐れしやすくなります。

春または秋に緩効性の肥料を与える、または10日に1度液肥を与える程度で大丈夫です。

 

では次は、クッションブッシュの水やりポイントについてお伝えします!

 

クッションブッシュを育てる際の水の量はどうする?

 

クッションブッシュを育てる際は、過湿に弱いため水やりには注意が必要です。

 

土が濡れている期間が長いと根腐れしてしまいます。

水を与える際は、表面の土が乾いたら多めに水を与えます。

 

以上で基本的なクッションブッシュの育て方については終わりです。

次はクッションブッシュの写真をお見せします!

 

クッションブッシュの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

クッションブッシュは、直径1cm程度の小さな花を咲かせます。

花は黄色で、球状をしていますがあまり目立つ花ではありません。

 

茎や葉がグレー色で、雪の結晶のような容姿が特徴です。

茎や葉は柔らかいですが、張りがあり柔軟であるためふんわりとした形を作っています。

 

次に、クッションブッシュの開花時期をお伝えします!

 

クッションブッシュの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

クッションブッシュの開花時期は夏(5~6月)です。

樹高は30cmほどで、あまり目立つ植物ではありませんが、寄せ植えをすることで他の花を際立たせてくれます。

 

次は、クッションブッシュの寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

クッションブッシュの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

クッションブッシュと寄せ植えする植物は、樹高が高い物や明るい花を咲かせるものがオススメです。

 

パンジー”などと寄せ植えすると鮮やかでポップな印象を与えてくれます。

クリスマスの時期は赤色の”ガーベラ”や”シクラメン”などと一緒に植えることで、クリスマスらしい色合いで楽しませてくれます。

 

次に、クッションブッシュとプラチーナの違いをお伝えします!

 

クッションブッシュとプラチーナの違いはなに?

 

クッションブッシュとプラチーナで違いはなく、呼び方の違いだけになります。

クッションブッシュは茎の色がプラチナのように見えることから別名で「プラチーナ」と呼ばれるようになったそうです。

 

それでは最後に、クッションブッシュの花言葉をお伝えします!

 

クッションブッシュの花言葉はなに?

 

クッションブッシュの花言葉は「律儀」です。

 

クッションブッシュは、銀色でピュアなイメージを与えてくれることが由来となっているようです。

他の植物とも自然と馴染み、育てたくなる植物です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

クッションブッシュのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①クッションブッシュの育て方(環境、土、肥料、水やり)

クッションブッシュを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

また、多湿には弱い植物であるため長雨には当てないように注意が必要です。

育てる際の用土は、水はけのよいものを使用します。

育てる際の肥料は多く必要ありません。

肥料が多いと根腐れしてしまうため、春または秋に緩効性の肥料を与える、または10日に1度液肥を与える程度で大丈夫です。

育てる際の水やりは、過湿に弱いため注意が必要です。

水を与える際は、表面の土が乾いたら与えます。

 

②クッションブッシュの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

クッションブッシュは、黄色の小さな花を咲かせますが、あまり目立つ花ではありません。

茎や葉がグレー色で、雪の結晶のような容姿をしているのが特徴です。

 

③クッションブッシュの開花時期や季節はいつ頃なの?

クッションブッシュの開花時期は夏(5~6月)です。

 

④クッションブッシュの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

クッションブッシュは、”パンジー”などと寄せ植えすると鮮やかでポップな印象を与えてくれます。

また、クリスマスの時期は赤色の”ガーベラ”や”シクラメン”などと一緒に植えることで、クリスマスらしい色合いで楽しませてくれます。

 

⑤クッションブッシュとプラチーナの違いはなに?

クッションブッシュとプラチーナで違いはなく、呼び方の違いだけになります。

クッションブッシュは茎の色がプラチナのように見えることから別名で「プラチーナ」と呼ばれるようになったそうです。

 

⑥クッションブッシュの花言葉はなに?

クッションブッシュの花言葉は「律儀」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)