【ミツガシワのまとめ!】育て方(適した環境や増やし方)と花言葉等6個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ミツガシワについてまとめていきたいと思います。

 

ミツガシワは、ミツガシワ科の植物になります。

名前は、3枚ある葉の形が「柏の葉」に似ている事が由来とされているようです。

 

葉には苦味成分が含まれ、生薬で睡菜(すいさい)といって江戸時代には健胃薬として用いられていたようです。

 

別名を「水半夏(ミズハンゲ)」といいます。

学名は「Menyanthes trifoliata」と言われています。

 

今回は、ミツガシワについてのポイント、

①ミツガシワの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミツガシワの画像(写真)!花の特徴は?
③ミツガシワの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミツガシワの販売場所は?どこで買える?
⑤ミツガシワの家紋がある!由来と意味は?
⑥ミツガシワの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはミツガシワの育て方からお伝えします!

 

ミツガシワの育て方は?

 

ミツガシワは寒さに強いため、寒冷地以外は屋外でも育てられます。

水生の植物であるため、一年を通して水を切らさないように注意します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミツガシワが好む環境についてお伝えします!

 

ミツガシワの育て方!環境はどうする?

 

ミツガシワは日当たりが良く、風通しの良い場所で管理しましょう。

 

日当たりが悪いと成長が遅く、花付きが悪くなります。

水中の土に植えこむか、鉢を水中に沈めて育てても大丈夫です。

 

次は、ミツガシワに適した用土についてお伝えします!

 

ミツガシワを育てる際の適した用土は何?

 

ミツカシワを育てる際の用土は、一般的な赤玉土で大丈夫です

田んぼの土は特に生育が良いのでオススメです。

 

次は、ミツガシワに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミツガシワの育て方!肥料はどうする?

 

ミツガシワを育てる際に肥料としては、緩効性の化成肥料、発酵済み油粕を使用します。

肥料を与える期間は3~9月の間、5~8週間に1度の頻度で与えます。

 

では次は、ミツガシワの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミツガシワを育てる際の水の量はどうする?

 

ミツガシワは湿地などの適湿な場所を好むため、水が切れないように注意して管理します。

 

庭植えの場合は水位を調節し、深く沈め過ぎないように気をつけます。

鉢植えで育てる場合は鉢ごと水につけ、根元が必ず水につかるようにします。

 

夏場は水温が上がりやすいため、2日に1度は水を入れ換えを実施します。

 

以上で基本的なミツガシワの育て方については終わりです。

次はミツガシワの写真をお見せします!

 

ミツガシワの画像(写真)!花の特徴は?

 

ミツガシワの花              ミツガシワの葉
  

 

ミツガシワは、背丈が30cmほどになり、総状に白色の花をつけます。

 

花弁は5枚で、花冠裂片は中央にひだが伸び、縁に波上のしわがあるのが特徴です。

葉は3枚の小葉からなり、丸みがあります。

 

縁には目立たない鋸歯があり、厚みがあります。

 

次に、ミツガシワの開花時期についてお伝えします!

 

ミツガシワの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

ミツガシワは開花時期は春(4~5月)で、白い花を総状につけます

地下茎を横に伸ばし、広がり湿地や浅い水中に自生しています。

 

続いてミツガシワの販売場所についてお伝えします!

 

ミツガシワの販売場所は?どこで買える?

 

ミツガシワは店舗だけでなく、オンラインショップでも購入することができます。

 

相場は12cmポットで1000円ほどになります。

水生植物であるため、ある程度栽培の準備をしてからの購入を検討してみても良いと思います。

 

では次に、ミツガシワの家紋について説明します!

 

ミツガシワの家紋がある!由来と意味は?

 

柏の葉は神様にお供えする時の食器として使われており、のちに家紋として使用される理由になったといわれています。

柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちないようにできていることから、「次の代まで切れない」という意味があります。 

 

最後に、ミツガシワの花言葉をお伝えします!

 

ミツガシワの花言葉はなに?

 

ミツガシワの花言葉は「私は表現する」になります。

学名の「Menyanthes」がギリシャ語の「menyein(表現する)+ anthos(花)」が語源になったことが由来になっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミツガシワのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミツガシワの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミツガシワは日当たりが良く、風通しの良い場所で管理します。

用土は、一般的な赤玉土を使用します。

肥料としては、緩効性の化成肥料または発酵済み油粕を使用します。

肥料を与える期間は3~9月の間 5~8週間に1度の頻度で与えます。

水やりは、水が切れないように注意して与えます。

 

②ミツガシワの画像(写真)!花の特徴は?

ミツガシワの花弁は5枚で、総状に白色の花をつけます。

葉は3枚の小葉からなり、縁には目立たない鋸歯があり全体的に丸みがあります。

 

③ミツガシワの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミツガシワは開花時期は春(4~5月)です。

 

④ミツガシワの販売場所は?どこで買える?

ミツガシワは店舗だけでなく、オンラインショップでも購入することができます。

相場は12cmポットで1000円ほどになります。

 

⑤ミツガシワの家紋がある!由来と意味は?

柏の葉は神様にお供えする時の食器として使われており、のちに家紋として使用される理由になったといわれています。

家紋は、「次の代まで切れない」という意味があります。 

 

⑥ミツガシワの花言葉はなに?

ミツガシワの花言葉は「私は表現する」になります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)