【シルバーレースのまとめ!】育て方(挿し木や寄せ植え)と花言葉等14個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、シルバーレースについてまとめていきたいと思います。

 

シルバーレースはキク科タナケツム属の多年草です。

原産地はカナリヤ諸島です。

 

葉が雪の結晶のような形をしている植物です。

学名は「Tanacetum ptarmiciflorum」です。

 

今回は、シルバーレースについてのポイント、

①シルバーレースの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シルバーレースの画像(写真)!花の特徴は?
③シルバーレースの開花時期や季節はいつ頃なの?
④シルバーレースの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤シルバーレースの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥シルバーレースの花壇(地植えや庭植えとも)で育てる際のポイントは?
⑦シルバーレースの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?シロタエギクがおすすめなの?
⑧シルバーレースの剪定(切り戻し)のやり方は?
⑨シルバーレースの増やし方!挿し木や株分けのやり方はどうするの?
⑩シルバーレースの種まき時期と種まきのポイントは?
⑪シルバーレースが枯れる(枯れた)原因と対策方法は?
⑫シルバーレースが伸びすぎる際の対策方法は?
⑬シルバーレースの夏越しのやり方はどうするの?
⑭シルバーレースの花言葉はなに?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはシルバーレースの育て方からお伝えします!

 

シルバーレースの育て方は?耐寒性はあるの?

 

シルバーレースは暖かい地域に自生をしています。

日当たりが良く、少し乾燥した風通しの良い場所を好みます。

 

また、耐寒性はありますが、霜に当たると弱ってしまいます。

寒冷地では霜よけの対策をしてください。関東より西であれば屋外で育てられますが、

寒波が来たときは軒下などに避難させましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シルバーレースが好む環境についてお伝えします!

 

シルバーレースの育て方!環境はどうする?日陰でも育つの?

 

シルバーレースは比較的強い植物ですので、日陰で育ててもすぐ枯れはしません。

ですが、葉色が銀色から緑になって、せっかくの美しい姿が台無しになってしまいます。

 

また、日光不足になると徒長してしまうこともあります。

 

ですので、たっぷりと太陽の光に当てて育てましょう。

しっかりと生育できます。

 

次は、シルバーレースに適した用土についてお伝えします!

 

シルバーレースを育てる際の適した用土は何?

 

シルバーレースは水はけのよい用土を好みます。

市販されている培養土を使用するか、赤玉土6:腐葉土4の割合で配合した土で育てましょう。

 

庭植えする場合で水はけが悪い場合は、腐葉土を混ぜ込んで下さい。

 

次は、シルバーレースに必要な肥料についてお伝えします!

 

シルバーレースの育て方!肥料はどうする?

 

シルバーレースは少ない肥料で育ちます。

春と秋に緩効性肥料を少しあげてください。

 

肥料をあげすぎると根を傷めて枯れてしまうことがありますので、

注意してください。

 

では次は、シルバーレースの水やりポイントについてお伝えします!

 

シルバーレースを育てる際の水の量はどうする?

 

シルバーレースは乾燥気味を好みます。

 

庭植の場合は降雨でOKです。

鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりとお水を上げてください。

 

過湿が続いてしまうと、根腐りしてしまうので注意が必要です。

 

以上で基本的なシルバーレースの育て方については終わりです。

次はシルバーレースの写真をお見せします!

 

シルバーレースの画像(写真)!花の特徴は?

 

 

シルバーレースの草丈は20~60㎝です。

 

葉は羽状複葉で細かい切れ込みがあります。

色は名の通り銀色をしています。

 

葉茎には短い毛が密生していて、柔らかい手触りです。

 

花は白くきれいな花を咲かせますが、花が咲くと株が弱ってしまいます。

一般的には花を咲かせず、つぼみが付いたら切り取ります。

 

次に、シルバーレースの開花時期をお伝えします!

 

シルバーレースの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

シルバーレースの開花時期は5~6月です。

初夏に花を咲かせます。

 

ですが、シルバーレースは花よりも葉がメインとなりますので、

花を咲かせることなく、つぼみを切り取ります。

 

次は、シルバーレースの値段や販売価格をお伝えします!

 

シルバーレースの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

シルバーレースは種でネット販売しています。

1袋約30個入っていて、385円です。

 

また、フリマアプリで苗が販売している時もあります。

興味のある方はこちらを確認してもいいでしょう。

 

それでは次に、シルバーレースの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

シルバーレースの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

シルバーレースの植え付けは真夏真冬は避けましょう。

それ以外であればいつでも可能です。

 

シルバーレースの植え替えは春は4月ごろ、秋は9~11月に行いましょう。

 

鉢植えをしていて、根詰まりを起こしているのであればすぐに植え替えます。

新しい新鮮な用土を使用し、根鉢を崩してください。

 

庭植えの場合は、植え替えは必要ありません。

 

次は、シルバーレースの花壇(地植えや庭植えとも)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

シルバーレースの花壇(地植えや庭植えとも)で育てる際のポイントは?

 

シルバーレースを花壇で育てるときのポイントは、「日当たり」「水はけ」「風通し」です。

日当たりが良く、水はけのよい土で、風通しの良い場所で育ててください。

 

また、シルバーレースは良く育ちますので、放っておくとどんどん広がっていきますので、

手入れはこまめにしっかりとしましょう。

 

次に、シルバーレースの寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

シルバーレースの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?シロタエギクがおすすめなの?

 

シルバーレースは寄せ植えの時にアクセントとして使われることが多いです。

 

シロタエギクシルバーレースとよく似ている植物ですので、同じく寄せ植えの時に花壇や鉢のアクセントとして使わることが多いです。

【シロタエギクのまとめ!】育て方(剪定や寄せ植え)と花言葉等15個のポイント!

ですので、ビオラなどかわいい花と寄せ植えするといいでしょう。

【ビオラのまとめ!】種まきの時期や花言葉など13個のポイント!

次は、シルバーレースの剪定(切り戻し)のやり方をお伝えします!

 

シルバーレースの剪定(切り戻し)のやり方は?

 

シルバーレースの草丈が伸びすぎた場合は、剪定をしましょう。

 

シルバーレースは生育が早く、大株になると葉色が悪くなります。

剪定を行うことで、きれいな姿を保つ事が出来ます。

 

こまめに剪定することが美しい姿を保つコツです。

 

それでは次に、シルバーレースの増やし方をお伝えします!

 

シルバーレースの増やし方!挿し木や株分けのやり方はどうするの?

 

シルバーレースは挿し木で増やします。

挿し木に適切な時期は4~6月、9~10月です。

 

茎の先端を10㎝くらい切って、用土に刺します。

剪定したもので挿し木をすることもできます。

 

株分も可能です。植え替えするときに行いましょう。

その時は必ず新しく新鮮な土で鉢植えしてください。

 

次は、シルバーレースの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

シルバーレースの種まき時期と種まきのポイントは?

 

シルバーレースの種まきは春まきであれば3~4月、秋まきであれば9~10月に蒔きます。

春まきであれば6月ごろ、秋まきであれば12月ごろに定植しましょう。

 

日当たりが良く、風通しのいい場所で、水はけのよい土に植えてください。

 

次に、シルバーレースが枯れる(枯れた)原因と対策方法をお伝えします!

 

シルバーレースが枯れる(枯れた)原因と対策方法は?

 

シルバーレースが枯れる原因は「水のあげすぎ」です。

 

シルバーレースは過湿が苦手で、過湿が続くと根腐れしてしまいます。

土が乾いたら水を上げるようしましょう。

 

また、「根詰まり」も原因として考えらえます。

 

鉢底から根が出ていたら、根詰まりの合図です。

その場合は植え替えをしてください。

 

次は、シルバーレースが伸びすぎる際の対策方法をお伝えします!

 

シルバーレースが伸びすぎる際の対策方法は?

 

シルバーレースが伸びすぎてしまったら、好みの位置で剪定しましょう。

キレイな姿を保つには、剪定が必要です。

 

長く育てて、大きく育つと下葉が枯れます。

その場合は根元から5~6cmほど残して、切ってしまいます。

すると株元から新しい枝が出てきますので、株を更新させてください。

 

次に、シルバーレースの夏越しのやり方をお伝えします!

 

シルバーレースの夏越しのやり方はどうするの?

 

シルバーレースは花が咲くと株が弱まります。

花を咲かせてしまうと夏越しが出来ません。

 

ですので、つぼみを見つけたら切り落としましょう。

 

それでは最後に、シルバーレースの花言葉をお伝えします!

 

シルバーレースの花言葉はなに?

 

シルバーレースの花言葉は「あなたを支える」です。

シロタエギクと同じ花言葉です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

シルバーレースのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは14個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①シルバーレースの育て方(環境、土、肥料、水やり)

シルバーレースは日当たりが良く、少し乾燥した風通しの良い場所を好みます。

日陰で育ててもすぐ枯れはしません。

ですが、葉色が悪くなり、徒長します。

水はけのよい用土を好みます。

少ない肥料で育ちます。

庭植の場合は降雨でOKです。

鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりとお水を上げてください。

 

②シルバーレースの画像(写真)!花の特徴は?

シルバーレースの草丈は20~60㎝です。

葉は羽状複葉で細かい切れ込みがあります。

葉茎には短い毛が密生していて、柔らかい手触りです。

花は白くきれいな花を咲かせますが、花が咲くと株が弱ってしまいます。

一般的には花を咲かせず、つぼみが付いたら切り取ります。

 

③シルバーレースの開花時期や季節はいつ頃なの?

シルバーレースの開花時期は5~6月です。

花よりも葉がメインとなりますので、花を咲かせることなく、つぼみを切り取ります。

 

④シルバーレースの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

シルバーレースは種でネット販売しています。

1袋約30個入っていて、385円です。

 

⑤シルバーレースの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

シルバーレースの植え付けは真夏と真冬は避けましょう。

植え替えは春は4月ごろ、秋は9~11月に行いましょう。

 

⑥シルバーレースの花壇(地植えや庭植えとも)で育てる際のポイントは?

シルバーレースを花壇で育てるときのポイントは日当たりが良く、水はけのよい土で、風通しの良い場所で育ててください。

 

⑦シルバーレースの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?シロタエギクがおすすめなの?

シルバーレースは寄せ植えの時にアクセントとして使われることが多いです。

ビオラなどかわいい花と寄せ植えするといいでしょう。

 

⑧シルバーレースの剪定(切り戻し)のやり方は?

シルバーレースの草丈が伸びすぎた場合は、剪定をしましょう。

剪定を行うことで、きれいな姿を保つ事が出来ます。

 

⑨シルバーレースの増やし方!挿し木や株分けのやり方はどうするの?

シルバーレースは挿し木で増やします。

挿し木に適切な時期は4~6月、9~10月です。

 

⑩シルバーレースの種まき時期と種まきのポイントは?

シルバーレースの種まきは春まきであれば3~4月、秋まきであれば9~10月に蒔きます。

日当たりが良く、風通しのいい場所で、水はけのよい土に植えてください。

 

⑪シルバーレースが枯れる(枯れた)原因と対策方法は?

シルバーレースが枯れる原因は「水のあげすぎ」です。

また、「根詰まり」も原因として考えらえます。

 

⑫シルバーレースが伸びすぎる際の対策方法は?

シルバーレースが伸びすぎてしまったら、好みの位置で剪定しましょう。

長く育てたシルバーレースは下葉が枯れます。

その場合は株元から5~6cmほど残して、切ってしまいます。

すると株元から新しい枝が出てきますので、株を更新させてください。

 

⑬シルバーレースの夏越しのやり方はどうするの?

シルバーレースは花が咲くと株が弱まります。

つぼみを見つけたら切り落としましょう。

 

⑭シルバーレースの花言葉はなに?

シルバーレースの花言葉は「あなたを支える」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)