ノリウツギの育て方!開花時期や花言葉など5つのポイント!








ノリウツギは、北海道から九州まで多くの地域で育てる事が出来る、日本が原産地の庭木です。

基本の栽培方法をしっかり学べば、初心者でも育てる事ができますよ!

 

花の美しさから、日本の庭木として古くから親しまれて来たノリウツギ。

あなたのお庭にも、ノリウツギを咲かせてみませんか?

 

今回はノリウツギについてのポイント、

①ノリウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ノリウツギの開花時期っていつ?
③ノリウツギとミナヅキの違いってなに?
④ノリウツギの花言葉って何があるの?
⑤ノリウツギの名前の由来とは?

 

上記の5つの点についてお伝えします。

まずは、ノリウツギの育て方からお伝えします!

 

ノリウツギの育て方は?

 

ノリウツギはアジサイの仲間です。

開花の時期や、花の形状はアジサイとは少し異なります。

 

ノリウツギのきれいな花を咲かせるには、いくつかポイントがあります。

ポイントをおさえて、美しい庭木を育ててみましょう!

 

ノリウツギの剪定方法等はこちらをご覧ください。

 

まずは、ノリウツギの好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ノリウツギの育て方!環境はどうする?

 

ノリウツギは日当たりのよい場所を好むので、しっかりと日の当たる場所で管理しましょう。

 

日光が強すぎても、葉焼けを起こす可能性があるので注意が必要です。

特に夏場の強い日差しや西日には弱いので、場所を移動させてあげることを心がけて、葉焼けから守ってあげましょう。

 

ノリウツギは、日光不足にもある程度耐える事が出来ます。

1日数時間日光が当たるような日陰でも育ち、開花させる事も可能ですよ。

 

次は、ノリウツギに適した用土についてお伝えします!

 

ノリウツギは間違った土を選んでしまうと、育だちません。

最悪の場合は枯れてしまう事もあるぐらい、土選びはとっても重要なのでしっかりと学んでくださいね。

 

ノリウツギを育てる際の適した用土は何?

 

ノリウツギは、日本の北海道から九州まで分布している日本原産の植物のため、特に土質は選びません。

 

市販の培養土でも十分育ちますが、水はけがよく有機質の多い土が一番よく生育します。

「赤玉土(中粒)2:完熟腐葉土または樹皮堆肥1」の比率で混ぜたものを使うとよいでしょう。

 

ここで完熟腐葉土と、樹皮堆肥について簡単にご説明します。

 

※完熟腐葉土とは、枯れて落ちた樹木の葉っぱや枝が長い年月をかけて、腐らせ土状になったものを、さらに発酵させ完熟させたもの。

 

※樹皮堆肥とは、樹木の皮の部分を発酵させて作った堆肥のことを言います。

次は、ノリウツギに必要な肥料についてお伝えします!

 

ノリウツギの育て方!肥料はどうする?

 

庭植えの場合は、1月に「有機肥料」を株元周辺に埋めます。

鉢植えの場合は、1月に「有機肥料」と3月に「化成肥料」を株元に追肥します。

 

冬の寒い時期には、寒肥を行いましょう。

成長する春に備え、春まで土の中に養分を残すために、冬の間に肥料を与える事を寒肥と呼び、植物にはとても効果的です。

次は、ノリウツギを育てる際の水の量についてお伝えしますね。

 

ノリウツギを育てる際の水の量はどうする?

 

ノリウツギは、夏場には水不足になりがちなので、水を切らさないようにたっぷりと水やりをして下さい。

 

特に、植木鉢に植えた場合は、若い株は水切れに弱いため、水を切らさないように注意が必要です。

秋から冬の間の水やりは、冬は土が完全に乾いてから水をあげましょう。

 

寒い季節に頻繁に水を与え続けると、株が痛む原因になります。

 

もし可能であれば、植木鉢に植え付ける鉢植えよりも、庭に直接植える庭植えの方が夏の水切れには防ぐ事が出来ます。

 

次は、ノリウツギの開花時期についてお伝えします!。

 

スポンサーリンク

ノリウツギの開花時期っていつ?

 

ノリウツギは、7月〜9月に、清楚で可愛らしい白い花を咲かせます。

アジサイの開花時期は5月~6月なので、ノリウツギは少し遅く、夏場に花を楽しむことができます。

 

品種改良したノリウツギは「ピラミットアジサイ」と呼ばれ、三角錐の形に花を咲かせます。

自生するノリウツギは、一般のものより花が小さく、可愛らしいのが特徴です。

 

基本の栽培方法を学んだところで、更に詳しくノリウツギについて学んでみませんか?

ここからはノリウツギについて更に詳しく学びましょう。

 

次はノリウツギとミナヅキの違いについてお伝えします!

 

ノリウツギとミナヅキの違いって何?

 

ミナヅキとは、ノリウツギの改良品種のことです。

上記でお話しした、改良品種の「ピラミッドアジサイ」はミナヅキの別名です。

 

ミナヅキの花の色は、咲き始めは白色で、次第にピンク色に変化していきます。

ミナヅキの他にも、ノリウツギはどんどん新しい改良品種が出ています。

 

もう一種類だけ、改良品種の代表種の「ライムライト」をご紹介したいと思います。

ライムライトは、黄色いノリウツギと呼ばれており、花の咲き始めはクリーム色で徐々にライム色に変化して、ミナヅキよりも色合いさわやかな、豪華な花が咲きます。

(ライムライト)

 

ピラミッドアジサイと呼ばれる改良品種も、ノリウツギと同じ栽培方法なので、たくさん育てて花を見比べてみるのも素敵ですね!

次は、ノリウツギの花言葉についてお伝えします!

 

ノリウツギの花言葉って何があるの?

 

ノリウツギの花言葉は「臨機応変」です。

この「臨機応変」とは、ノリウツギの一部品種の花の色が、咲き始めの色から、時間とともに変化していく様子から付けられたと言われています。

 

オフィスなどにノリウツギの花を飾ると、臨機応変に仕事がこなせる…かもしれませんね。

最後は、ノリウツギの名前の由来についてお伝えします。

 

ノリウツギの名前の由来とは?

 

ノリウツギは昔、和紙を作る時に、繊維と繊維を繋ぐ糊としてノリウツギの樹液を使ったことから、「糊空木(ノリウツギ)」と呼ばれるようになりました。

 

ノリウツギの根は、パイプやキセルの材料としても使われていた時期もあり、独特の香りがあり、とても人気があったようです。

 

ノリウツギは花を楽しむだけでなく、生活にも利用されていた便利な木だったんですね。

 

  • オススメ記事

カランコエの育て方等はこちらをご覧ください。

ギンバイカの育て方等はこちらをご覧ください。

ゲラニウムの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ノリウツギのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

1個づつ振り返ってみましょう!

 

①ノリウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ノリウツギは日当たりのよい場所を好むので、しっかりと日の当たる場所で管理しましょう。

日光が強すぎても、葉焼けを起こす可能性があるので注意が必要です。

水はけがよく有機質の多い土が一番よく生育します。

「赤玉土(中粒)2:完熟腐葉土または樹皮堆肥1」の比率で混ぜたものを使うとよいでしょう。

庭植えの場合は、1月に「有機肥料」を株元周辺に埋めます。

鉢植えの場合は、1月に「有機肥料」と3月に「化成肥料」を株元に追肥します。

ノリウツギは、夏場には水不足になりがちなので、水を切らさないようにたっぷりと水やりをして下さい。

 

②ノリウツギの開花時期っていつ?

ノリウツギは、7月〜9月に、清楚で可愛らしい白い花を咲かせます。

 

③ノリウツギとミナヅキの違いってなに?

ミナヅキとは、ノリウツギの改良品種のことです。

別名「ピラミッドアジサイ」と呼ばれています。

ミナヅキの花の色は、咲き始めは白色で、次第にピンク色に変化していきます。

 

④ノリウツギの花言葉って何があるの?

ノリウツギの花言葉は「臨機応変」です。

 

⑤ノリウツギの名前の由来とは?

ノリウツギは昔、和紙を作る時に、繊維と繊維を繋ぐ糊としてノリウツギの樹液を使ったことから、「糊空木(ノリウツギ)」と呼ばれるようになりました。

 

古くから日本で親しまれているノリウツギの花が、自宅の庭で咲いたらとても素敵でしょうね!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)