【カーペットカスミソウのまとめ!】育て方(冬越しや寄せ植え)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、カーペットカスミソウについてまとめていきたいと思います。

 

グランドカバーとして人気の、カスミソウの仲間であるカーペットカスミソウ。

 

「カーペットカスミソウについてもっと知りたい!」「カーペットカスミソウを育ててみたい!」

そんな思いを持つ方々のために、ここではカーペットカスミソウについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、カーペットカスミソウについてのポイント、

①カーペットカスミソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カーペットカスミソウの画像(写真)!特徴は?
③カーペットカスミソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カーペットカスミソウの地植えで育てる際のポイントは?グランドカバーにおすすめ!
⑤カーペットカスミソウの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑥カーペットカスミソウの増やし方のポイントは?
⑦カーペットカスミソウの冬越しの方法は?
⑧カーペットカスミソウの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはカーペットカスミソウの育て方からお伝えします!

 

カーペットカスミソウの育て方は?

 

カーペットカスミソウは耐暑性、耐陰性ともにそこそこの植物のため、極端に繊細というわけではありません。

 

しかし、夏越しなど、栽培の過程で気をつけてあげるべきことはもちろんあります。

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カーペットカスミソウが好む環境についてお伝えします!

 

カーペットカスミソウの育て方!環境はどうする?

 

カーペットカスミソウは日当たりがよく、風通しの良い場所を好みます。

 

しかし高温多湿に弱いため、夏の時期はより風通しの良い半日陰の場所で管理します。

花壇や鉢植えで栽培している場合は比較的容易に移動できますが、地植えだとそうもいきません。

 

地植えにしたいと考えている方は、日当たりと風通しがよく、夏の間はある程度の日陰を確保できる場所があるかしっかりと確認してくださいね。

 

次は、カーペットカスミソウに適した用土についてお伝えします!

 

カーペットカスミソウを育てる際の適した用土は何?

 

カーペットカスミソウは有機質に富み水はけのよい土を好むのに加え、酸性の土を嫌います。

 

用土を選ぶ際は、アルカリ性のものを選ぶようにしましょうね。

赤玉土と腐葉土を8:2の割合で用意し、そこに少量の苦土石灰を混ぜ合わせたものか、市販の山野草培養土などがおすすめです。

 

次は、カーペットカスミソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

カーペットカスミソウの育て方!肥料はどうする?

 

肥料については、まず植え付け時に緩効性肥料を混ぜ込んでおきましょう。

その後は春と秋に液肥を与える程度で構いません。

 

いずれも肥料の量は少なめにしてくださいね。

 

では次は、カーペットカスミソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

カーペットカスミソウを育てる際の水の量はどうする?

 

カーペットカスミソウは多湿を嫌うため、土が乾いているのを確認したら水をやりましょう。

 

特に夏場は気候と相まって蒸れやすくなるため、気をつけてくださいね。

ちなみに、春や秋と比べれば頻度は下がりますが、冬場でも土が乾いていたら水やりが必要です。

 

以上で基本的なカーペットカスミソウの育て方については終わりです。

次はカーペットカスミソウの写真をお見せします!

 

カーペットカスミソウの画像(写真)!特徴は?

 

 

カーペットカスミソウはナデシコ科カスミソウ属の多年草です。

 

カスミソウといえば、多くの人々にとって親しみを感じる植物ですよね。

カーペットカスミソウの場合、マット状に広がって咲くため「カーペット」という名前がつきました。

 

この特性から、グランドカバーに用いられる植物としても人気ですね。

 

別名「オノエマンテマ」とも呼ばれます。

 

白くこじんまりとした花は愛らしさを感じさせますが、それが多数集まって咲き誇る姿は圧巻です。

お庭や花壇のちょっとした余白を埋めたいと考えている方などには、特におすすめできるお花ですよ!

 

次に、カーペットカスミソウの開花時期をお伝えします!

 

カーペットカスミソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カーペットカスミソウの開花期は3〜5月です。

特に4〜5月が花の見頃ですよ!

 

次は、カーペットカスミソウの地植えで育てる際のポイントをお伝えします!

 

カーペットカスミソウの地植えで育てる際のポイントは?グランドカバーにおすすめ!

 

お庭の外観などを華やかに彩るグランドカバーとして人気のカーペットカスミソウ。

 

花壇の小さな面積ではなく、お庭に直接植えてより壮観にしたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

カーペットカスミソウを地植えにする際のポイントは、庭の環境です。

 

カーペットカスミソウは高温多湿に弱く、特に日本の暑い夏を越すには、この弱点をどう補ってあげるかが鍵になってきます。

 

そのため、移動も容易でない地植えの場合、元の場所が半日陰であるか、風通しは良いかなど、最低限の環境が保証されていることが重要です。

グランドカバーとして利用できるほどよく育つ土地であるかどうか、しっかり確認しましょう。

 

それでは次に、カーペットカスミソウの寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

カーペットカスミソウの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

カーペットカスミソウはグランドカバーとして用いることが多いです。

 

そのため、主役として目立つ花を組み合わせてあげると、引き立て役としてより映えるでしょう。

春先に植える主役の花としては、ゼラニウムペチュニアなどが有名どころです。

 

4〜5月と花盛りの時期が被っているチューリップなどもおすすめです。

 

主役の花には花色が豊富なものを選ぶと、白を基調としたカーペットカスミソウによく合いますよ!

 

次は、カーペットカスミソウの増やし方のポイントをお伝えします!

 

カーペットカスミソウの増やし方のポイントは?

 

カーペットカスミソウは、主に株分け、挿し芽、種まきで増やすことができます。

 

しかし、そのいずれも特にカーペットカスミソウ特有のやり方などはありません。

根や種や芽を傷つけないようにするという最低限のことに気をつけて、自身の望むやり方でチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

次に、カーペットカスミソウの冬越しの方法をお伝えします!

 

カーペットカスミソウの冬越しの方法は?

 

カーペットカスミソウは、ある程度寒さに当たらなければ花が咲きません。

 

正確には、翌年の花芽が出なくなってしまうんですね。

そのため、軒下や日陰などにおいて霜に当てないよう管理しつつ、室内などの暖かい場所で冬越しさせることは避けましょう。

 

また、冬の間でも土が乾いていたらたっぷりと水をやってくださいね。

 

それでは最後に、カーペットカスミソウの花言葉をお伝えします!

 

カーペットカスミソウの花言葉はなに?

 

カーペットカスミソウ固有の花言葉はありません。

 

しかし、仲間のカスミソウには「無邪気」「清い心」などの花言葉があります。

打算なく精一杯に咲き誇る、小柄ながらも凛とした花姿にぴったりの言葉ですね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カーペットカスミソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カーペットカスミソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

カーペットカスミソウは日当たりがよく、風通しの良い場所を好みます。

しかし高温多湿に弱いため、夏の時期はより風通しの良い半日陰の場所で管理します。

 

カーペットカスミソウは有機質に富み水はけのよい土を好むのに加え、酸性の土を嫌います。

赤玉土と腐葉土を8:2の割合で用意し、そこに少量の苦土石灰を混ぜ合わせたものか、市販の山野草培養土などがおすすめです。

 

肥料については、まず植え付け時に緩効性肥料を混ぜ込んでおきましょう。

その後は春と秋に液肥を与える程度で構いません。

いずれも肥料の量は少なめにしてくださいね。

 

カーペットカスミソウは多湿を嫌うため、土が乾いているのを確認したら水をやりましょう。

ちなみに、春や秋と比べれば頻度は下がりますが、冬場でも土が乾いていたら水やりが必要です。

 

②カーペットカスミソウの画像(写真)!特徴は?

カーペットカスミソウはナデシコ科カスミソウ属の多年草です。

グランドカバーに用いられる植物としても人気ですね。

白くこじんまりとした花は愛らしさを感じさせますが、それが多数集まって咲き誇る姿は圧巻です。

 

③カーペットカスミソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

カーペットカスミソウの開花期は3〜5月です。

 

④カーペットカスミソウの地植えで育てる際のポイントは?グランドカバーにおすすめ!

カーペットカスミソウを地植えにする際のポイントは、庭の環境です。

移動も容易でない地植えの場合、元の場所が半日陰であるか、風通しは良いかなど、最低限の環境が保証されていることが重要です。

 

⑤カーペットカスミソウの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

主役として目立つ花を組み合わせてあげると、引き立て役としてより映えるでしょう。

春先に植える主役の花としては、ゼラニウムやペチュニアなどが有名どころです。

4〜5月と花盛りの時期が被っているチューリップなどもおすすめです。

 

⑥カーペットカスミソウの増やし方のポイントは?

カーペットカスミソウは、主に株分け、挿し芽、種まきで増やすことができます。

根や種や芽を傷つけないようにするという最低限のことに気をつけて、自身の望むやり方でチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

⑦カーペットカスミソウの冬越しの方法は?

カーペットカスミソウは、ある程度寒さに当たらなければ花が咲きません。

そのため、軒下や日陰などにおいて霜に当てないよう管理しつつ、室内などの暖かい場所で冬越しさせることは避けましょう。

 

⑧カーペットカスミソウの花言葉はなに?

カーペットカスミソウ固有の花言葉はありません。

しかし、仲間のカスミソウには「無邪気」「清い心」などの花言葉があります。

 

愛らしい花姿や、群生する習性からグランドカバーとして人気を誇るカーペットカスミソウ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)