【スイセンノウのまとめ!】育て方(苗の植え付けや種まき)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

本日は、スイセンノウについてまとめていきたいと思います。

 

スイセンノウは別名フランネルソウとも呼ばれ、ナデシコ科に属する多年草です。

フランネルソウという名前の通り毛織物のフランネルを連想させる多くの白い綿毛を付けるのが特徴です。

 

今回はスイセンノウについてのポイント、

①スイセンノウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②スイセンノウの画像(写真)!白色のスイセンノウがきれい!?
③スイエンノウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④スイセンノウの苗の植え付けのポイントは?
⑤スイセンノウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥スイセンノウの販売価格っていくらぐらいなの?
⑦スイセンノウの花言葉はなに?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはスイセンノウの育て方からお伝えします!

 

スイセンノウの育て方は?

 

スイセンノウはヨーロッパ原産の多年草です。

道端で雑草のように咲いている姿を見かけることもあるくらい丈夫で育てやすいと言われています。

 

しかし、スイセンノウにも苦手な環境というものはあるので今回はその部分をお伝えしたいと思います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、スイセンノウが好む環境についてお伝えします!

 

スイセンノウの育て方!環境はどうする?

 

スイセンノウは丈夫で育てやすいですが、苦手な環境というのもあります。

特に苦手なのはジメジメとした湿気の多い環境です。

 

特に夏の高温多湿により、枯れてしまうこともあるので注意が必要です。

反対に寒さには強いので特に対策は必要ありません。

 

そんなスイセンノウが好むのは乾燥した環境です。

日当たりの良い場所で育て、水のあげ過ぎには気を付けましょう。

 

次は、スイセンノウに適した用土についてお伝えします!

 

スイセンノウを育てる際の適した用土は何?

 

スイセンノウの敵は過湿です。

 

用土に水が溜まりすぎないようにする必要があります。

赤玉土などを混ぜることによって、水はけの良い用土にしましょう。

 

次は、スイセンノウに必要な肥料についてお伝えします!

 

スイセンノウの育て方!肥料はどうする?

 

スイセンノウをプランターなどで育てる場合には緩効性肥料を少し与える程度で十分です。

庭などに直接植える場合は肥料を与えなくても育ちます。

 

では次は、スイセンノウの水やりポイントについてお伝えします!

 

スイセンノウを育てる際の水の量はどうする?

 

先ほどからお伝えしている通り、スイセンノウの敵は過湿です。

しかし、植物なので水がないと枯れてしまいます。

 

ですので、用土が乾燥したらたっぷりと水を与える程度にし、常に湿った状態にはしないように気を付けましょう。

 

以上で基本的なスイセンノウの育て方については終わりです。

次はスイセンノウの写真をお見せします!

 

スイセンノウの画像(写真)!白色のスイセンノウがきれい!?

 

ヨーロッパ原産のスイセンノウは高さが40~80㎝にもなります。

 

赤やピンクのものを見る機会が多いですが、白い花をつけるものもあります。

どのスイセンノウもきれいですが、白は特に儚げな雰囲気があってとてもきれいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、スイセンノウの開花時期をお伝えします!

 

スイエンノウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

スイセンノウの開花期は春~夏に多く咲きます。

花径2~3㎝で5つの花弁が1枚ずつ開き、先端部分にきれいな花を咲かせます。

 

次は、スイセンノウの苗の植え付けのポイントをお伝えします。

 

スイセンノウの苗の植え付けのポイントは?

 

植え付け直後は数日たっぷり水を与えた方がいいですが、環境がそろえば勝手に路地でも十分に育つので、過度に注意しなくても大丈夫です。

しかし、高温多湿な環境ではすぐに枯れてしまうので、涼しい初春に植え付けをしましょう

 

次は、スイセンノウの種まきについてお伝えします。

 

スイセンノウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

種まきに適しているのは低温な時期にまく春まきと秋まきです。

 

春まき(4~5月)にまくとほぼ翌年の春~夏に咲きますが、秋まき(9~10月)だと十分に苗が育たずに翌々年に咲くことがあります。

翌年に必ず咲かせたいときは、春まきを選びましょう。

 

また、一度咲くとこぼれ種でも増えます。

こぼれ種で成長した苗を植え替えたり、株分けで増やすという方法もあるので、好きな方法で育てるのもいいですね。

 

次は、スイセンノウの販売価格をお伝えします。

 

スイセンノウの販売価格っていくらぐらいなの?

 

スイセンノウの苗の価格は1ポット300円前後です。

種としての販売はあまりないので、苗での植え付けがおすすめです。

 

最後に、スイセンノウの花言葉をお伝えします。

 

スイセンノウの花言葉はなに?

 

スイセンノウの花言葉は「強い気持ち」「私の愛は不変」「好意・好感」などです。

良いイメージの花言葉が多いので、贈り物にはぴったりですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

スイセンノウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①スイセンノウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりの良い、水はけの良い場所で高温多湿を避けましょう。

肥料はほとんど必要なく、水のやりすぎでの過湿には気を付けましょう。

 

②スイセンノウの画像(写真)!白色のスイセンノウがきれい!?

ヨーロッパ原産で高さは40~80㎝にもなります。

赤やピンクのイメージがあるスイセンノウですが、白の花をつけるものもあります。

 

③スイエンノウの開花時期や季節はいつ頃なの?

スイセンノウのほとんどが春~夏に開花します。

花径2~3㎝で5つの花弁が1枚ずつ開き、先端部分にきれいな花を咲かせます。

 

④スイセンノウの苗の植え付けのポイントは?

高温多湿な時期を避け、初春に植え付けましょう。

植え付け直後の数日は水やりをしっかりしましょう。

 

⑤スイセンノウの種まき時期と種まきのポイントは?

低温な時期にまくのがポイントです。

春まき(4~5月)にまくとほぼ翌年の春~夏に咲きますが、秋まき(9~10月)だと十分に苗が育たずに翌々年に咲くことがあります。

 

⑥スイセンノウの販売価格っていくらぐらいなの?

スイセンノウは、1ポット300円前後で販売されています。

 

⑦スイセンノウの花言葉はなに?

スイセンノウの花言葉は「強い気持ち」「私の愛は不変」「好意・好感」などです。

贈り物に良い花言葉が多くあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)