ハコネウツギ(箱根空木)の育て方!鉢植えや花言葉など7つのポイント!








ハコネウツギは病気や害虫に強く、丈夫な落葉樹です。

生育経過で花の色が変わるので、1本の木から様々な色の花を見ることができますよ!

 

 

ハコネウツギの別名は「サキワケウツギ」「ゲンペイウツギ」「ベニウツギ」です。

「ウツギ」のように幹の中が空洞になります。

 

今回はハコネウツギについてのポイント、

①ハコネウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハコネウツギの鉢植えのポイントとは?
③ハコネウツギの害虫対策はどうする?
④ハコネウツギの増やし方は?
⑤ハコネウツギの挿し木のやり方はどうする?
⑥ハコネウツギの特徴ってなに?
⑦ハコネウツギの花言葉は何があるの?

 

以上4つの点についてお伝えしたいと思います。

まずは、ハコネウツギの育て方の基礎からお伝えしますね!

 

ハコネウツギ(箱根空木)の育て方は?

 

ハコネウツギの開花時期は、5月から6月になります。

 

ハコネウツギは落葉性の植物なので、冬になると葉が落ちてしまいます。

枯れてしまったように見えますが、驚かなくても大丈夫です。

 

ウツギの詳しい剪定方法等については、こちらをご覧ください。

 

それではハコネウツギの好む環境からお伝えします。

 

スポンサーリンク

ハコネウツギ(箱根空木)の育て方!環境はどうする?

 

ハコネウツギは日当たりのよい場所を好みます。

 

ハコネウツギは、寒さ、大気汚染、害虫に強いです。

反対に、暑さと日陰(一日中)が嫌いです。

 

日当たりが好きにも関わらず、開花時期の6月の暑さは苦手のようです。

なので、午前中に日が当たって午後には日陰になるような場所が最適です。

 

鉢植えで外で育てる場合には、大きな木の下に置くとハコネウツギが好きな環境になりそうです。

いずれにしても、葉っぱが焼けてしまうなどの場合には、さらに日の光が弱いところに移動するようにしましょう。

 

次はハコネウツギに適した用土についてお伝えします。

地植えの場合と、鉢植えの場合とそれぞれ書いているので見ていってくださいね。

 

ハコネウツギ(箱根空木)を育てる際の適した用土は何?

 

ハコネウツギを育てる際に使う土は、一般的には庭の土で大丈夫です。

なので、ハコネウツギをそのまま植えてしまっても構いません。

 

ただし、庭の土が痩せている土壌の場合は下記に書いてある肥料を混ぜるようにしましょう。

「赤玉土5:鹿沼土2:腐葉土2:川砂1」で用土を作りましょう。

次は、ハコネウツギに必要な肥料についてお伝えします。

 

ハコネウツギ(箱根空木)の育て方!肥料はどうする?

 

肥料が必要となるのは、主に植え付けの時です。

 

ハコネウツギは、腐葉土や完熟堆肥などの肥沃な土壌を好みます。

植え付けをするときに「堆肥」や「腐葉土」を庭の土と混ぜて植えましょう。

 

植え付け後は、ハコネウツギは丈夫な為、追加で肥料が必要になることはありません。

植える場所の土が痩せている場合は「油かす」や「化成肥料」などの固形肥料をあげるようにしましょう。

次に、ハコネウツギを育てる際の水の量についてお伝えします。

 

ハコネウツギ(箱根空木)を育てる際の水の量はどうする?

 

ハコネウツギは、湿った土を好みます。

 

ただし、地植えの場合にはこれはあまり気にしなくても大丈夫です。

鉢植えの場合ですが、土の表面が乾いてきたなと思ったら水をたっぷりとあげるようにしましょう。

 

次に、ハコネウツギの鉢植え方法についてご紹介します。

ハコネウツギの鉢植えはあまりおススメできないかもしれません、、、

 

スポンサーリンク

ハコネウツギ(箱根空木)の鉢植えのポイントとは?

 

いきなりですが、ハコネウツギは鉢植えに向いていません。

 

なぜなら、ハコネウツギの枝がすぐ伸びてしまって剪定が大変だからです。

※ウツギの剪定方法等はこちらをご覧ください。

 

庭に植える場合も剪定は必要ですが、庭に植えるほうが鉢植えで育てるよりは剪定をする頻度が減ります。

それでも鉢植えで育てる場合には、大きな鉢を使い、苗をゆったり植えることがポイントになります。

 

次は、ハコネウツギの注意するべき害虫の対策方法をお伝えします!

 

ハコネウツギ(箱根空木)の害虫対策はどうする?

 

ハコネウツギを育てる際には、アブラムシ「ルリコンボウハバチ」の幼虫「ナガチャコガネ」の幼虫に注意が必要です。

鉢の赤ちゃんやコガネムシの赤ちゃんが来ることもあるんですね。

 

コガネムシの幼虫は、↑のようなカブトムシの幼虫の小さい感じです。

 

彼らの場合は、攻撃してこないので、そっと別なところに移動させてあげましょう。

 

アブラムシがたくさん湧いてしまった場合には、アブラムシ用の薬があるので使って駆除しましょう。

次は、ハコネウツギ(箱根空木)の増やし方についてお伝えします。

 

ハコネウツギ(箱根空木)の増やし方はどうする?

 

ハコネウツギは、主に挿し木で増やします。

 

挿し木とは、例えばハコネウツギであればハコネウツギの株から枝を切り取り発根をさせることをいいます。

 

挿し木はハコネウツギのようなタネからは増やしにくい植物でおこなう増やし方です。

次は、ハコネウツギを挿し木で増やすポイントをお伝えします。

 

ハコネウツギ(箱根空木)の挿し木の方法はどうする?

 

まずは、挿し木に使用する枝を親のハコネウツギから切り取ります。

この切り取ったものを「挿し穂」と言います。

 

親のバイカウツギの込み合ってしまっているような部分から剪定も兼ねて使用するのもオススメです。

挿し穂は、15cmから20cmになるようにしましょう。

 

挿し穂を水に1時間ほどつけた後に新しい土に挿します。

この時、新しい清潔な土を使用する事がポイントです。

こうする事で、病気が土にあった場合にはここで防ぐ事ができます。

 

土に挿した後に水をたっぷり与えれば、挿し木は終わりです。

簡単なので、ハコネウツギを増やしたい場合には、挿し木で増やしましょうね。

 

次は、ハコネウツギの特徴についてお伝えします。

ハコネウツギの特徴はなんと言ってもあのキレイな花ですよね!!

 

ハコネウツギ(箱根空木)の特徴って何?

 

ハコネウツギの特徴は、なんと言っても花の白とピンクのキレイなコントラストでしょう。

 

 

しかし、これらの花は咲いてからずっと同じ色をしているわけではないのです。

ハコネウツギの花は、成長過程で色が変わるんです!

 

咲き始めは白い色をしているのですが、段々とピンク色になっていくのです。

 

また、ハコネウツギは潮風に強いという大きな特徴があります。

そのため海岸付近では、防風効果と緑化のために栽培されることも多いのです。

 

また、名前に「ハコネ」とつき、漢字も「箱根」ですが、箱根にはハコネウツギは少ししかないそうです(笑)

 

最後にハコネウツギの花言葉についてお伝えします。

ハコネウツギは複数の花言葉があるのですよ〜。

 

ハコネウツギ(箱根空木)の花言葉は何があるの?

 

ハコネウツギの花言葉は「移り気」「親切」「人の魅力を引き出す」「秘密」です。

「移り気」は、ハコネウツギの花の色が変わるために、このような花言葉がついたようです。

 

ちなみに、ハコネウツギは6月12日の誕生花でもあるんですよ。

もし、お友達や家族に上記の誕生日の方がいればプレゼントしてみてもいいですね。

 

  • オススメ記事

クルクマの育て方等はこちらをご覧ください。

トキワマンサクの育て方等はこちらをご覧ください。

オキザリスの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ハコネウツギ(箱根空木)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4つありました。

1個づつ振り返ってみましょう!

 

①ハコネウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ハコネウツギは日当たりのよい場所を好みます。

開花時期の6月の暑さは苦手なので、午前中に日が当たって午後には日陰になるような場所が最適です。

ハコネウツギを育てる際に使う土は、一般的には庭の土で大丈夫です。

庭の土が痩せている土壌の場合は「堆肥」や「腐葉土」を庭の土と混ぜて植えましょう。

植え付け後は、ハコネウツギは丈夫な為、追加で肥料が必要になることはありません。

地植えの場合には降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いてきたなと思ったら水をたっぷりとあげるようにしましょう。

 

②ハコネウツギの鉢植えのポイントとは?

鉢植えで育てる場合には、大きな鉢を使い、苗をゆったり植えることがポイントになります。

 

③ハコネウツギの特徴ってなに?

ハコネウツギの特徴は、なんと言っても花の白とピンクのキレイなコントラストです。

ハコネウツギの花は、成長過程で色が変わるんです!

咲き始めは白い色をしているのですが、段々とピンク色になっていくのが特徴です。

 

④ハコネウツギの花言葉は何があるの?

ハコネウツギの花言葉は「移り気」「親切」「人の魅力を引き出す」「秘密」です。

 

 

ハコネウツギは、初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、注意するポイントを押さえれば丈夫で育てやすい品種です。

公園などにもよく植えられているので、鑑賞しに赴くのもまた、いいかもしれませんね!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)