【ディモルフォセカのまとめ!】育て方(寄せ植えや挿し木)と花言葉等12個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ディモルフォセカについてまとめていきたいと思います。

 

ディモルフォセカ属に属するディモルフォセカは様々な種類がありますが、日本に流通しているのは一年草の種類のみとなります。

 

ディモルフォセカの原種であるディモルフォセカ・シヌアタは、切り花として生花店でよく見かけられます。

夜の暗い時間や天気が良くないとディモルフォセカの花は開かない特徴があります。

 

今回は、ディモルフォセカについてのポイント、

①ディモルフォセカの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ディモルフォセカの花の画像(写真)!特徴は?青や白やピンク色の花を咲かせるの?
③ディモルフォセカの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ディモルフォセカの苗の植え付けのやり方は?
⑤ディモルフォセカの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑥ディモルフォセカの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?
⑦ディモルフォセカの種まき時期と種まきのポイントは?
⑧ディモルフォセカの花がら摘みのやり方は?
⑨ディモルフォセカがしおれるけどどうすればいいの?
⑩ディモルフォセカは金運を良くするの?
⑪ディモルフォセカの花言葉はなに?
⑫ディモルフォセカの種類や品種は何があるの?

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずはディモルフォセカの育て方からお伝えします!

 

ディモルフォセカの育て方は?

 

 

ディモルフォセカは春や秋は日当たりの良い環境を好む植物です。

しかし、夏や冬の環境が厳しい時期のことを含めると半日陰での育成がより長く花時期を楽しむことが可能となります。

 

ディモルフォセカは霜に弱い植物となりますので、鉢植えで育成する場合は暖かい時期は日当たりが良い環境で育成しますが、冬の寒い時期は霜よけのために室内で育成してください。

秋まきで一年草の植物となりますので、春時期になると店頭に並ぶ苗を使用することがオススメとなります。

ここからさらに詳しくお伝えします。

 

最初は、ディモルフォセカが好む環境についてお伝えします!

 

ディモルフォセカの育て方!環境はどうする?

 

南アフリカが原産であるディモルフォセカは品種によって一年草や多年草のものがありますが、国内に流通しているものは一年草となります。

 

高温多湿に弱いディモルフォセカは雨にとても弱いので、開花している花に雨がかからないようにしましょう。

雨には弱いディモルフォセカですが、痩せ地ではたくましく育つほど乾燥には強い植物となります。

 

次は、ディモルフォセカに適した用土についてお伝えします!

 

ディモルフォセカを育てる際の適した用土は何?

 

 

ディモフォセルカは水ハケの良い用土を好む植物となります。

 

ディモルフォセカを植え付ける時に市販の用土を使用するのであれば、通常の草花用培養土を使用してください。

自身で用土をつくる場合は、腐葉土を4割と赤玉土の中粒タイプを3割に鹿沼土を3割の割合で良く混ぜたものを使用してあげましょう。

次は、ディモルフォセカに必要な肥料についてお伝えします!

 

ディモルフォセカの育て方!肥料はどうする?

 

肥料は秋時期の9月頃から夏時期の5月頃の期間で定期的に緩効性化成肥料液体肥料を与えてください。

 

ディモルフォセカに緩効性化成肥料を使用するのであれば、リン酸分を多く含んだものを選んであげましょう。

開花時期を終えるまでの期間は2週間に1度の間隔で与えると綺麗な花が開花しやすくなります。

では次は、ディモルフォセカの水やりポイントについてお伝えします!

 

ディモルフォセカを育てる際の水の量はどうする?

 

ディモルフォセカの水やりは鉢植えの場合ですと冬時期以外は用土の表面が乾燥したタイミングでたっぷり与えてください。

 

冬の寒い時期は水やりは控えめにして用土の表面が乾燥しても少量にしてください。

水やりは用土の表面が乾いたら行いますが、湿度が高い環境が続くと根腐れを起こしてしまう原因となりますので注意してください。

 

以上で基本的なディモルフォセカの育て方については終わりです。

次はディモルフォセカの写真をお見せします!

 

ディモルフォセカの花の画像(写真)!特徴は?青や白やピンク色の花を咲かせるの?

 

ディモルフォセカは花びらが日の光に当たるとキラキラ輝いている明るい植物となります。

 

花色は黄色やオレンジや白色となるものがディモルフォセカとなります。

青やピンク色などの花色のもディモルフォセカが出回っていますが、オステオスペルマムもしくは交配種である場合が多いです。

 

ディモルフォセカの写真はこちらになります。

 

次に、ディモルフォセカの開花時期をお伝えします!

 

ディモルフォセカの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

明るい花色でオシャレな花姿が魅力的な植物であり、どの品種も濃い青に花びらの根元が色づいているのが特徴となります。

 

ディモルフォセカをより美しく花を開花させるためには、日当たりが良い状態を維持することが大切です。

ディモルフォセカの開花時期は早春の2月頃から夏時期の6月頃までとなります。

 

次は、ディモルフォセカの苗の植え付けのやり方をお伝えします!

 

ディモルフォセカの苗の植え付けのやり方は?

 

半耐寒性のあるディモルフォセカは苗からの植え付けがオススメとなります。

 

苗の植え付け時期は春時期の3月から4月頃となります。

 

植え付けを行う時は、根鉢は崩さないように注意してあげましょう。

ディモルフォセカは深植えをしてしまうとうまく育成できない場合がございますので注意してください。

 

それでは次に、ディモルフォセカの寄せ植えに合う植物は何があるのかをお伝えします!

 

ディモルフォセカの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

 

明るい花色と可愛らしい姿が魅力的なディモルフォセカは寄せ植えにピッタリな植物となります。

 

洋風の寄せ植えとの相性がとても良いので、ワイヤープランツやマーガレットなど洋風な花との組み合わせで明るく元気な寄せ植えになります。

落ち着いた雰囲気ではありませんので和風の寄せ植えには合わせくい印象がありますので注意してください。

*マーガレットの育て方や豆知識等はこちらをご覧ください。

 

次は、ディモルフォセカの増やし方をお伝えします!

 

ディモルフォセカの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

 

 

ディモルフォセカを増やすのであれば、挿し木ではなく種まきをして増やす方が簡単でオススメとなります。

 

ただし、種まきでは冬越しをしなければなりませんので、寒冷地で育成する場合では対策を行う必要があります。

一年草である国内のディモルフォセカは挿し木を行うことはできませんが、国外のディモルフォセカの多年草のものは挿し木が可能となります。

 

根がつきやすい植物となりますので、挿し木の枝は葉を5枚程度残していただき植え付けてあげると自然と根付きます。

 

次に、ディモルフォセカの種まき時期をお伝えします!

 

ディモルフォセカの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ディモルフォセカを増やしたい場合は種まきで増やす事が一般的となります。

 

種まきの適時期は秋時期の9月頃から10月頃となります。

覆土は種が隠れる程度にして、ディモルフォセカの本葉が2枚程度出てきたらポットへと移植してあげましょう。

種まきから育成を行う場合は冬時期に降る霜に当たらないように対策をしてあげましょう。

 

それでは次に、ディモルフォセカの花がら摘みのやり方をお伝えします!

 

ディモルフォセカの花がら摘みのやり方は?

 

咲き終わった花を摘んでいくことで長い期間より美しい花を楽しむことが可能となります。

 

ディモルフォセカの花がら摘みは冬時期の2月中旬から夏時期の5月頃の間行ってください。

6月以降になるとディモルフォセカの株は枯れてしまいますので花がら摘みは必要ありません。

 

次は、ディモルフォセカがしおれるときどうすればいいのかをお伝えします!

 

ディモルフォセカがしおれるけどどうすればいいの?

 

 

高温多湿にディモルフォセカは弱い植物となり、花が咲いている時に雨に当たってしまうとしおれてしまいますので軒下に移動してあげましょう。

 

ディモルフォセカ春時期の3月頃から夏時期の6月頃になると灰色かび病になってしまうことがあります。

灰色かび病を発生させないようにこまめに花がらを摘んだり、枯れ葉取り除いてあげましょう。

 

次に、ディモルフォセカは金運を良くするのかをお伝えします!

 

ディモルフォセカは金運を良くするの?

 

南アフリカが原産でキク科の一年草となるディモルフォセカは、日本名でアフリカキンセンカと呼ばれています。

 

富や幸福を表す花であるディモルフォセカは、金運アップの効果が高い植物となります。

花を育成するのはもちろんですが、携帯の待ち受けにしても金運が上がると言われている程となります。

 

それでは次に、ディモルフォセカの花言葉をお伝えします!

 

ディモルフォセカの花言葉はなに?

 

 

英語ではCape marigoldと呼ばれているディモルフォセカは、ギリシア語でdimorhos(2つの形)とtheca(箱)という語源となり、2種類の異なる種があることが由来となります。

ディモルフォセカは南アフリカ原産であるキンセンカと似ているので和名でアフリカキンセンカとつけられています。

 

ディモルフォセカの花言葉は富や豊富となりますが、光沢がある花が金貨を連想することが由来となっています。

 

最後に、ディモルフォセカの種類をお伝えします!

 

ディモルフォセカの種類や品種は何があるの?

 

 

ディモルフォセカは花色が品種によって様々ありますが、中にはオステオスペルマムと交雑種であるもあります。

 

ディモルフォセカとオステオスペルマムの区別は、多年草の品種やピンクや赤色などの花色はオステオスペルマム、

黄色やオレンジの花色はディモルフォセカとすることもあります。

 

またディモルフォセカはオステオスペルマムと比べて茎が細く小さいことが特徴となります。

*オステオスペルマムの育て方や豆知識等はこちらをご覧ください。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ディモルフォセカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ディモルフォセカの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ィモルフォセカは春や秋は日当たりの良い環境を好む植物ですが、夏や冬の環境が厳しい時期のことを含めると半日陰での育成がより長く花時期を楽しむことが可能となります。

ディモルフォセカは霜に弱い植物となりますので、鉢植えで育成する場合は暖かい時期は日当たりが良い環境で育成しますが、冬の寒い時期は霜よけのために室内で育成してください。

秋まきで一年草の植物となりますので、春時期になると店頭に並ぶ苗を使用することがオススメとなります。

 

②ディモルフォセカの花の画像(写真)!特徴は?青や白やピンク色の花を咲かせるの?

ディモルフォセカは花びらが日の光に当たるとキラキラ輝いている明るい植物となります。

花色は黄色やオレンジや白色となるものがディモルフォセカとなります。

青やピンク色などの花色のもディモルフォセカが出回っていますが、オステオスペルマムもしくは交配種である場合が多いです。

 

③ディモルフォセカの開花時期や季節はいつ頃なの?

明るい花色でオシャレな花姿が魅力的な植物であり、どの品種も濃い青に花びらの根元が色づいているのが特徴となります。

ディモルフォセカをより美しく花を開花させるためには、日当たりが良い状態を維持することが大切です。

ディモルフォセカの開花時期は早春の2月頃から夏時期の6月頃までとなります。

 

④ディモルフォセカの苗の植え付けのやり方は?

半耐寒性のあるディモルフォセカは苗からの植え付けがオススメとなります。

苗の植え付け時期は春時期の3月から4月頃となります。

植え付けを行う時は、根鉢は崩さないように注意してあげましょう。

ディモルフォセカは深植えをしてしまうとうまく育成できない場合がございますので注意してください。

 

⑤ディモルフォセカの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

明るい花色と可愛らしい姿が魅力的なディモルフォセカは寄せ植えにピッタリな植物となります。

洋風の寄せ植えとの相性がとても良いので、ワイヤープランツやマーガレットなど洋風な花との組み合わせで明るく元気な寄せ植えになります。

落ち着いた雰囲気ではありませんので和風の寄せ植えには合わせくい印象がありますので注意してください。

 

⑥ディモルフォセカの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

ディモルフォセカを増やすのであれば、挿し木ではなく種まきをして増やす方が簡単でオススメとなります。

ただし、種まきでは冬越しをしなければなりませんので、寒冷地で育成する場合では対策を行う必要があります。

一年草である国内のディモルフォセカは挿し木を行うことはできませんが、国外のディモルフォセカの多年草のものは挿し木が可能となります。

根がつきやすい植物となりますので、挿し木の枝は葉を5枚程度残していただき植え付けてあげると自然と根付きます。

 

⑦ディモルフォセカの種まき時期と種まきのポイントは?

ディモルフォセカを増やしたい場合は種まきで増やす事が一般的となります。

種まきの適時期は秋時期の9月頃から10月頃となります。

覆土は種が隠れる程度にして、ディモルフォセカの本葉が2枚程度出てきたらポットへと移植してあげましょう。

種まきから育成を行う場合は冬時期に降る霜に当たらないように対策をしてあげましょう。

 

⑧ディモルフォセカの花がら摘みのやり方は?

咲き終わった花を摘んでいくことで長い期間より美しい花を楽しむことが可能となります。

ディモルフォセカの花がら摘みは冬時期の2月中旬から夏時期の5月頃の間行ってください。

6月以降になるとディモルフォセカの株は枯れてしまいますので花がら摘みは必要ありません。

 

⑨ディモルフォセカがしおれるけどどうすればいいの?

高温多湿にディモルフォセカは弱い植物となり、花が咲いている時に雨に当たってしまうとしおれてしまいますので軒下に移動してあげましょう。

ディモルフォセカ春時期の3月頃から夏時期の6月頃になると灰色かび病になってしまうことがあります。

灰色かび病を発生させないようにこまめに花がらを摘んだり、枯れ葉取り除いてあげましょう。

 

⑩ディモルフォセカは金運を良くするの?

南アフリカが原産でキク科の一年草となるディモルフォセカは、日本名でアフリカキンセンカと呼ばれています。

富や幸福を表す花であるディモルフォセカは、金運アップの効果が高い植物となります。

花を育成するのはもちろんですが、携帯の待ち受けにしても金運が上がると言われている程となります。

 

⑪ディモルフォセカの花言葉はなに?

英語ではCape marigoldと呼ばれているディモルフォセカは、ギリシア語でdimorhos(2つの形)とtheca(箱)という語源となり、2種類の異なる種があることが由来となります。

ディモルフォセカは南アフリカ原産であるキンセンカと似ているので和名でアフリカキンセンカとつけられています。

ディモルフォセカの花言葉は富や豊富となりますが、光沢がある花が金貨を連想することが由来となっています。

 

⑫ディモルフォセカの種類や品種は何があるの?

ディモルフォセカは花色が品種によって様々ありますが、中にはオステオスペルマムと交雑種であるもあります。

ディモルフォセカとオステオスペルマムの区別は、多年草の品種やピンクや赤色などの花色はオステオスペルマム、黄色やオレンジの花色はディモルフォセカとすることもあります。

またディモルフォセカはオステオスペルマムと比べて茎が細く小さいことが特徴となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

1 個のコメント

  • 現在は、交配が進んで多年草タイプは流通してますよ。現に我が家のディモルフォセカは3年目で現在開花中です。
    こちらの最初に載ってるラベンダー寄りの紫の花色です。小さな鉢植のまま通年、青天井の屋上テラスに置いてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)