キンセンカ(カレンデュラ)の育て方(栽培)!種まきの時期や花言葉など6つのポイント!








黄色やオレンジ色のかわいい花を咲かせるキンセンカ。

 

寒さにも強く、とても丈夫なキンセンカですが上手に育てられないという方。

もしかすると、〇〇な土を使っていませんか!?

 

土の状態は、キンセンカの成長に大きく影響します。

 

 

キンセンカに合った土で、元気あふれる色のきれいな花を咲かせてみませんか?

キンセンカが咲いているだけで、お庭やベランダが明るく、華やかになりそうですね。

 

上手にキンセンカを育てていく方法と、さらに知識を深めたい方のためにキンセンカに関する情報をお伝えします。

 

今回はキンセンカについてのポイント、

①キンセンカの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キンセンカの種まきのポイントは?
③キンセンカの開花時期っていつ頃?
④キンセンカの花言葉は何があるの?
⑤キンセンカの種類は?
⑥キンセンカは食べられるの?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずは、キンセンカの育て方についてお伝えします!

 

キンセンカ(カレンデュラ)の育て方(栽培)は?

 

開花時期が長いキンセンカ。

一日でも長く花を咲かせたいですよね?

 

 

難しい品種ではないので、基本の育て方をしっかり学びましょう。

 

最初は、キンセンカの好む環境についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

キンセンカ(カレンデュラ)の栽培の仕方!環境はどうする?

 

キンセンカは、日当たりが良く、風通しの良い場所で育てましょう。

日当たりが悪いと、花があまりつきません。

 

 

耐寒性はあるので、霜に当てなければ、しっかりと育ちます。

しっかり日に当てる事が、たくさんの開花につながります。

 

次は、キンセンカを栽培する際の適した土についてお伝えします。

 

植物にも人間と同様に、土の好き嫌いがあるので、土の選択を間違うと育たない….なんてこともあるので、しっかりお伝えしますね。

 

キンセンカ(カレンデュラ)を栽培する際の適した土は何?

 

キンセンカは、水はけ、水もちの良い土を好みます。

市販されている「草木用」や「野菜の培養土」を選ぶといいでしょう。

 

土にもこだわりたい!という方は、キンセンカは酸性の土を嫌い、石灰質の土を好む植物なので、アルカリ性の苦土(マグネシウム)石灰を混ぜても良いでしょう。

 

間違っても、酸性の土を混ぜないようにしましょう!!

 

次は、キンセンカが必要とする肥料についてお伝えします。

肥料を使う時期によって肥料のタイプも違うので、注意しましょう。

 

キンセンカ(カレンデュラ)の栽培の仕方!肥料はどうする?

 

植え付け時に、ゆっくりと効くタイプの肥料を土に混ぜ込みます。

 

開花時期や、葉の色が悪いときや生長が悪いときは、薄めた液体肥料を10日に一回くらい与えてもいいでしょう。

土に栄養を与えすぎると、花つきが悪くなったり、病気にかかりやすくなるので、選んだ肥料の用法用量はしっかりと守ることが大切です。

 

キンセンカを育てる際の水の量はどうすればいいのでしょうか?

水のあげすぎ、乾燥すぎは特に要注意ですよ。

 

次は、キンセンカに与える水やりのポイントについてお伝えしますね。

 

キンセンカ(カレンデュラ)を栽培する際の水の量はどうする?

 

土の表面が乾いたらしっかりとお水をあげましょう。

キンセンカの夏の時期は、特に土が乾燥しやすいので注意しましょう。

 

乾燥させすぎや、水のあげすぎは、枯らす原因、病気の原因になるので注意が必要です。

 

次は、種まきのポイントについてお伝えします!

 

キンセンカ(カレンデュラ)の種まきのやり方のポイントは何?

 

一般的には、キンセンカは秋に種まきをします。

 

方法としては、2つあります。

 

1つ目は、プランターや、植木鉢にまいて育てる方法。

2つ目は、一度苗を作ってから植え付ける方法です。

 

開花時期は変わりますが、寒さの厳しい地域では春先からまくという方法も有効ですよ。

次は、キンセンカの開花時期についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

キンセンカ(カレンデュラ)の開花時期っていつ頃?

 

キンセンカの開花時期は、3月〜6月です。

早春から初夏に黄色や、橙色の花を次々と咲かせます。

 

 

開花時期が長いので、枯れた花には順々に種がつき始めます。

そのままにしておくとタネに栄養がいき、花が咲かなくなってしまうので枯れた花はとりましょう。

 

キンセンカは花が終わると枯れてしまう一年草なので、タネを残して次の年に植えるのもいいかもしれませんね。

また、種をまく季節や環境を工夫すると、一年中キンセンカの花を咲かせるのも可能です。

 

ここまでが育て方、管理方法など基本的な栽培方法です。

 

YouTubeでキンセンカの育て方について説明されている方がいたので、ご紹介しておきます。

 

せっかく植えたキンセンカの事もう少し知りたくないですか?

キンセンカの花言葉や、種類、食用について、詳しく学びましょう。

 

まず最初に、キンセンカの花言葉についてご紹介します。

 

キンセンカ(カレンデュラ)の花言葉はなにがある?

 

キンセンカの花言葉は「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」などがあります。

見た目の華やかさとは真逆の悲しい花言葉が多くあります。

 

悲しい花言葉の由来は、ギリシャ神話にあります。

叶わなかった恋に嘆き悲しみ、キンセンカに姿を変えた。というお話です。

 

この事から、悲しい花言葉が多いようですね。

悲しい花言葉が多いので、プレゼントする時は、注意が必要かもしれません。

 

次は、キンセンカの種類についてお伝えします。

よく聞く名前のあの花も実はキンセンカだったのです。

気になる方は次も見ていってください!

 

スポンサーリンク

キンセンカ(カレンデュラ)の種類はどんなのがある?

 

キンセンカというのは、英名「ポットマリーゴールド」の和名です。

キンセンカには、トウキンセンカ、冬咲きキンセンカ、フユシラズなど数多く品種があります。

 

英名のポットマリーゴールドから、正しくは別種なのですが、マリーゴールドもキンセンカとして、売られてる場合があります。

(マリーゴールド)

冬に強い品種や、花の大きな品種。

さまざまな品種が、売られているので、自宅での観賞用キンセンカを育てるなら、花の大きさや、色など好みの品種を選んでみてはいかがでしょうか。

 

最後に、キンセンカは食用なの?というお話をします。

 

先にお伝えすると、全部のキンセンカが食べられるわけではないのです。

間違ってもキンセンカをむやみに食べるのは避けましょう。

 

キンセンカ(カレンデュラ)って食用なの?

 

キンセンカは食べれます。

正確にいうと「食べれる品種がある」です。

 

植物にはそれぞれ学名というものがあります。

キンセンカの場合、食用できる品種の学名は「Calendula officinalis」で、オフィキナリスは薬用のという意味で、つまり薬用のカレンデュラ。

食用できるのは、このカレンデュラ オフィキナリスのみです。

 

食用できる植物の学名にはオフィキナリスがついている事が多いのでこれから食用植物をたくさん育てたい。

という方には覚えておくと便利な単語です。

 

キンセンカは一応食べることができますが、園芸店で売られているのはほとんどが観賞用で、食べることができる品種と見た目がよく似た品種も多いので、しっかりと学名で選ぶことが大切です。

 

  • オススメ記事

キンレンカの育て方等はこちらからご覧ください。

アンスリウムの育て方等はこちらをご覧ください。

ネモフィラの育て方等はこちらをご覧ください。

 

キンセンカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返ってみましょう!

 

①キンセンカの育て方(環境、土、肥料、水やり)

キンセンカは、日当たりが良く、風通しの良い場所で育てましょう。

しっかり日に当てる事が、たくさんの開花につながります。

キンセンカは、水はけ、水もちの良い土を好みます。

市販されている「草木用」や「野菜の培養土」を選ぶといいでしょう。

植え付け時に、ゆっくりと効くタイプの肥料を土に混ぜ込みます。

開花時期や、葉の色が悪いときや生長が悪いときは、薄めた液体肥料を10日に一回くらい与えてもいいでしょう 。

土の表面が乾いたらしっかりとお水をあげましょう。

キンセンカの夏の時期は、特に土が乾燥しやすいので注意しましょう。

 

②キンセンカの種まきのポイントは?

一般的には、キンセンカは秋に種まきをします。

寒さの厳しい地域では春先からまくこともあります。

 

③キンセンカの開花時期っていつ頃?

キンセンカの開花時期は、3月〜6月です。

種をまく季節や環境を工夫すると、一年中キンセンカの花を咲かせるのも可能です。

 

④キンセンカの花言葉は何があるの?

キンセンカの花言葉は、「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」などがあります。

 

⑤キンセンカの種類は?

キンセンカには、トウキンセンカ、冬咲きキンセンカ、フユシラズ、など数多く品種があります。

 

⑥キンセンカは食べられるの?

キンセンカの場合、食用できる品種の学名は「Calendula officinalis」で、オフィキナリスは薬用のという意味で、つまり薬用のカレンデュラ。

食用できるのは、このカレンデュラ オフィキナリスのみです。

 

今回は以上でキンセンカの育て方や花言葉などについての記事は終わりです。

お庭がキンセンカで満開になる事を祈っています!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)