ライスフラワーの育て方!季節や花言葉など12個のポイント!








小さな蕾が可愛らしいライスフラワー。

鉢植えや花壇で育てるほかに、切り花やドライフラワーのアレンジでも人気があります。

 

 

枯らさずに育てるためには、ある時期の管理の仕方にポイントがあります。

ライスフラワーは適した管理をすることで、大きくよく育つ花なんですよ!

 

今回はライスフラワーについてのポイント、

①ライスフラワーの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②ライスフラワーの季節や時期はいつ頃?
③ライスフラワーの剪定(切り戻し)の時期はいつ?やり方は?
④ライスフラワーの苗の植え方は?
⑤ライスフラワーを鉢植えで育てるポイントは?
⑥ライスフラワーを地植えで育てるポイントは?
⑦ライスフラワーの寄せ植えのポイントは?
⑧ライスフラワーが枯れる原因はなに?対策はどうする?
⑨ライスフラワーの増やし方は?
⑩ライスフラワーを挿し木で増やす方法は?
⑪ライスフラワーの花言葉はなに?
⑫ライスフラワーの種類や品種は何があるの?

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずはライスフラワーの育て方からお伝えします!

 

ライスフラワーの育て方は?

 

ライスフラワーは、乾燥した環境に自生する植物なので、夏の高温多湿が少し苦手。

 

冬も霜や雪に当たらないように、冬越しが必要になります。

鉢植えにして夏や冬は軒下や、室内へ入れる方法が一番おすすめです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ライスフラワーが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ライスフラワーの育て方!環境はどうする?

 

強すぎる日差しは、葉焼けの原因になります。

 

夏は風通しのよい半日陰の環境で育てましょう。

午前中はよく日が当たり、午後から日陰になるような場所が適しています。

 

それ以外の季節は、よく日が当たり風通しのよい場所で管理してください。

 

ライスフラワーは市販の培養土を使う場合も一手間加えて、より育ちやすい用土をつくってあげましょう。

次は、ライスフラワーに適した用土についてお伝えします!

 

ライスフラワーを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく通気性のある土が適しています。

 

市販の草花用培養土にパーライトを2割、よく混ぜ込みましょう。

配合する場合は「赤玉土5:腐葉土3:パーライト2」がおすすめです。

 

 

花にとって肥料は花を咲かせるためのエネルギーです。

しかしライスフラワーは「施す量」に注意しないと、逆効果になってしまうんです!

 

次は、ライスフラワーに必要な肥料についてお伝えします!

 

ライスフラワーの育て方!肥料はどうする?

 

生育期である、春(4~6月)と秋(9~10月)に、油かすを置き肥します。

ライスフラワーは肥料が多すぎると、株が弱って生育不良を起こしてしまいます。

肥料のあげ過ぎに注意しましょう。

 

次はライスフラワーの種まきの時期と種まきのポイントについてお伝えします!

 

ライスフラワーの種まきの時期や種まきのポイントは?

 

まずは、用意するものですが、育苗箱と種まき用の用土が必要になります。

 

そして、育苗箱にこの土を入れて、湿らせておきます。

 

ライスフラワーの種を重ならないようにまいたら、かるく覆土してたっぷり水を与えましょう。

明るい日陰の環境で、土が湿らないように管理します。

 

よく根が張るまで育ったら、鉢植えなどに植え付けしましょう。

 

ライスフラワーは乾燥した環境を好みます。

水やりはやや乾燥気味にすることで、元気に育てることができますよ。

 

では次は、ライスフラワーの水やりポイントについてお伝えします!

 

ライスフラワーを育てる際の水の量はどうする?

 

表土が乾いてから2~3日経ったら、たっぷり水やりを行います。

多湿にならないために注意するポイントは、土に湿り気のあるうちは水やりをしないこと。

 

土の中も乾燥していることを確かめてから水をあげましょう。

割りばしや指を土に挿してみると、わかりやすいですよ。

 

以上で基本的なライスフラワーの育て方については終わりです。

次はライスフラワーの季節や時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ライスフラワーの季節や時期はいつ頃?

 

ライスフラワーの開花時期は、3月下旬~6月上旬です。

枝分かれした花茎の先端に、小さな蕾をたくさんつけます。

 

 

この蕾が米粒のように見えることから、「ライスフラワー」という名前が付けられました。

 

ライスフラワーはよく育ちます。放っておくと草丈が3mになることもあるんですよ。

定期的な剪定(切り戻し)をおこない、適度な草丈や樹形を保ちましょう。

 

次はライスフラワーの剪定(切り戻し)の時期とやり方についてお伝えします!

 

ライスフラワーの剪定(切り戻し)の時期はいつ?やり方は?

 

花が終わったころに、草丈の半分くらいの位置で切り戻しをします。

散らずに残ってしまった花も、一緒に切ってしまいましょう。

 

 

切り戻しの時期が遅くなると、樹形の乱れや、下葉が枯れる原因になってしまいます。

はじめてライスフラワーを育てるなら、苗を購入して植え付けするのが一般的です。

次はライスフラワーの苗の植え方についてお伝えします!

 

ライスフラワーの苗の植え方は?

 

ライスフラワーの植え付けに適した時期は、5月中旬~6月上旬です。

苗よりも2回りほど大きな鉢、または庭に植え付けします。

 

ライスフラワー苗ですが、市場に回ることはあまり多くありません。

もしも見つからない場合は、インターネットで購入しましょう。

 

使用する用土は、上記でお伝えしたものを使用しましょう。

もう一度お伝えすると、用土は「赤玉土5:腐葉土3:パーライト2」を配合したものを使用します。

 

鉢植えと地植え(庭植え)それぞれの育て方のポイントをみてみましょう。

まずはライスフラワーを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

ライスフラワーを鉢植えで育てるポイントは?

 

ライスフラワーの鉢植えの場合は、季節に合わせて置き場所を、移動することができます。

 

夏は直射日光と雨の当たらない場所、冬は霜と凍結が避けられる場所に置きましょう。

 

鉢植えにした場合は、「根腐れ」しやすいので注意してください。

適した水やりを行い、定期的に植え替えをして根腐れを予防しましょう。

 

植え替えの適期は上記の、植え付けの時期と同じです。

1~2回り大きな鉢に植え替えします。

あまり大きく育てたくないときは、鉢を大きくしないで同じ大きさの鉢に、根をほぐしてから植え替えしてください。

 

地植えにする場合は、いくつか注意が必要です。

ポイントをおさえて、お庭でも上手にライスフラワーを育ててみましょう!

 

次はライスフラワーを地植えで育てるポイントについてお伝えします。

 

ライスフラワーを地植えで育てるポイントは?

 

地植えにする場合は、まず植える場所に3つのポイントがあります。

「水はけのよい土」「雨が直接当たらない」「日当たりがよく風通しがよい」このような場所です。

 

 

庭土が粘土質な場合は、川砂や軽石などをよく混ぜ込んで、土壌改良をしてください。

雨が直接当たると、花が枯れる原因になります。

軒下などに植えて、雨が当たらないように注意しましょう。

 

夏は直射日光を避けたいので、遮光ネットなどを使って対策をとります。

 

ライスフラワーの鉢植えと地植えどちらで育てるか迷っている場合には、鉢植えで育てるようにしましょう。

なぜかというと、ライスフラワーは、温度調節がキーポイントになります。

 

鉢植えで育てると、鉢を移動するだけで温度を調節できますよね。

 

ライスフラワーの蕾はどんな花色とも合うので、寄せ植えにするのもおすすめです。

お好みのアレンジを楽しんでみてくださいね!

 

次はライスフラワーの寄せ植えのポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ライスフラワーの寄せ植えのポイントは?

 

ライスフラワーは丈が高いので、寄せ植えの中心として使われます。

ライスフラワーを中心に置いて、周りを囲んでいくように作ると、全体のバランスが取れますよ。

 

寄せ植えの鑑賞期間は、だいたい2~3カ月です。

そのため開花時期の合う花や、水や肥料などの生育環境の近いものと植え付けしましょう。

 

たとえば「カンパニュラ」「アルメリア」「カーネーション」「ブラキカム」「ラベンダー」「ルピナス」などがおすすめです。

 

 

咲き終わった花をこまめに摘むことで、より長い期間きれいな寄せ植えを楽しむことができます。

 

大切に育ててきたライスフラワーが突然枯れてしまったら。

原因はなんだったのか、どうすればよいのか、すぐにはわかりませんよね。

 

いざというときのために、ライスフラワーが枯れてしまう原因を知っておきましょう。

 

早めに対策をすれば、処分せずに済みます!

次はライスフラワーが枯れる原因と対策についてお伝えします。

 

ライスフラワーが枯れる原因はなに?対策はどうする?

 

ライスフラワーが枯れてしまう原因で最も多いのが「多湿」です。

 

土の中も乾いているか確認してから、たっぷり水やりを行いましょう。

葉や花に水がかからないように、あげることも大切です。

 

雨にも弱いので、直接当たらない場所で管理してください。

 

「強い直射日光」は葉焼けの原因になり、やがて枯れてしまいます。

夏は半日陰の環境においてあげてくださいね。

 

「肥料が多すぎる」と株が弱って、蕾がつきにくくなります。

肥料は与え過ぎないことがポイントです。

 

 

「切り戻し過ぎる」と葉が少なくなり、光合成ができずに枯れてきてしまいます。

必ず葉が残るくらいの位置で切り戻します。

剪定時期が遅れてしまうと、枯れる原因になるので、しっかりと時期を守りましょう。

 

切り戻した枝をただ捨ててしまうのは、もったいないです!

その枝を利用して、ご自宅のライスフラワーを増やしてみませんか?

 

次はライスフラワーの増やし方についてお伝えします。

 

ライスフラワーの増やし方は?

 

ライスフラワーは「挿し木」で増やすことができます。

 

挿し木には、増やす以外にも目的があります。

株が枯れてしまいそうなときに、まだ元気な枝を挿し木にすることで、新しい株がつくれるんです。

 

では次はライスフラワーを挿し木で増やす方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ライスフラワーを挿し木で増やす方法は?

 

ライスフラワーの挿し木は切り戻しの時期に合わせて行いましょう。

 

先端から5~7㎝の長さに切り、上の方の葉を数枚残して、残りは取り除いてください。

切り口を2時間ほど水に浸してから、挿し木用の土に挿します。

土が乾かないように、明るい日陰で管理しましょう。

よく根が張るまで育ったら、植え付けします。

 

ライスフラワーは英語でも「Rice flower」といいます。

 

花弁よりも名前の由来にもなっている、蕾を楽しみます。

花言葉もこの蕾に関係があるんです。

 

次はライスフラワーの花言葉についてお伝えします!

 

ライスフラワーの花言葉はなに?

 

ライスフラワーの花言葉は「豊かな実り」や「豊かさ」などがあります。

米がたくたん実っているような花姿から、この花言葉が付けられました。

 

 

挙式のときに米をかけるのは、夫婦に「子宝に恵まれますように」「食べ物に困りませんように」という願いが込められているためです。

これがライスフラワーにもあてはまり、「豊かな実り」がありますように、という願いも花言葉に込められています。

 

それでは最後に、ライスフラワーの種類や品種をお伝えします!

 

ライスフラワーの種類や品種は何があるの?

 

ライスフラワーは、キク科オゾタムヌス属に分類される植物です。

ライスフラワーの種類としては、ホワイト系、ゴールド系、ピンク(ロイヤルピンク)系、ブラウン系に分けることができます。

 

ホワイト系

ライスフラワー・クックスパールホワイト

 

ゴールド系

ライスフラワー・ゴールド

 

ピンク(ロイヤルピンク)系

クックストールピンク

 

ブラウン系

サックスシルバー

 

以上のように分類することができます。

それでは、今回お伝えしたことを最後にまとめたいと思います!

 

  • オススメ記事

ローダンセマムの育て方等はこちらをご覧下さい。

レモンマートルの育て方等はこちらをご覧ください。

アストランティアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ライスフラワーのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ライスフラワーの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)

よく日が当たり風通しのよい場所で管理してください。

水はけがよく通気性のある土が適しています。

生育期である、春(4~6月)と秋(9~10月)に、油かすを置き肥します。

ライスフラワーの種を重ならないようにまいたら、かるく覆土してたっぷり水を与えましょう。

明るい日陰の環境で、土が湿らないように管理します。

表土が乾いてから2~3日経ったら、たっぷりの水を与えましょう。

やや乾燥気味に育てることがポイントです。

 

②ライスフラワーの季節や時期はいつ頃?

ライスフラワーの開花時期は、3月下旬~6月上旬です。

 

③ライスフラワーの剪定(切り戻し)の時期はいつ?やり方は?

花が終わったころに、草丈の半分くらいの位置で切り戻しをします。

時期が遅れないように注意しましょう。

 

④ライスフラワーの苗の植え方は?

ライスフラワーの植え付けに適した時期は、5月中旬~6月上旬です。

苗よりも2回りほど大きな鉢、または庭に植え付けします。

 

⑤ライスフラワーを鉢植えで育てるポイントは?

鉢植えの場合は、季節に合わせて置き場所を、移動することができます。

夏は直射日光と雨の当たらない場所、冬は霜と凍結が避けられる場所に置きましょう。

鉢植えにした場合は、「根腐れ」しやすいので注意してください。

定期的な植え替えも大切なポイントです。

 

⑥ライスフラワーを地植えで育てるポイントは?

地植えで育てる場合は「水はけのよい土」「雨が直接当たらない」「日当たりがよく風通しがよい」の3つのポイントに注意してください。

 

⑦ライスフラワーの寄せ植えのポイントは?

ライスフラワーを中心に置いて、周りを囲んでいくように作ると、全体のバランスが取れますよ。

開花時期の合う花や、水や肥料などの生育環境の近いものと植え付けしましょう。

 

⑧ライスフラワーが枯れる原因はなに?対策はどうする?

ライスフラワーが枯れてしまう原因には「多湿」「強い直射日光」「肥料が多すぎる」「切り戻し過ぎる」があります。

土の中が乾いているか確認してから、たっぷり水やりを行いましょう。

夏は半日陰の環境においてあげてくださいね。

肥料は与え過ぎないことがポイントです。

必ず葉が残るくらいの位置で切り戻しましょう。

 

⑨ライスフラワーの増やし方は?

ライスフラワーは「挿し木」で増やすことができます。

 

⑩ライスフラワーを挿し木で増やす方法は?

切り戻しの時期に合わせて行いましょう。

先端から5~7㎝の長さに切り、上の方の葉を数枚残して、残りは取り除いてください。

切り口を2時間ほど水に浸してから、挿し木用の土に挿します。

 

⑪ライスフラワーの花言葉はなに?

ライスフラワーの花言葉は「豊かな実り」です。

 

⑫ライスフラワーの種類や品種は何があるの?

ライスフラワーの種類は、ホワイト系、ゴールド系、ピンク(ロイヤルピンク)系、ブラウン系に分けることができます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)