ボンザマーガレットの育て方!夏越しや花言葉など13個のポイント!








ボンザマーガレットは、花が多く半球状につくのが特徴です。

摘芯しなくてもこんもりとした形になるので、剪定が苦手な方にもおすすめ!

 

 

適した環境条件を整えてあげることで、難しい手入れは必要なく育てやすい品種です。

この記事では、ボンザマーガレットに合った環境や育て方についてお伝えしたいと思います。

ぜひチェックしてみてください!

 

今回はボンザマーガレットについてのポイント、

①ボンザマーガレットの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ボンザマーガレットの剪定(切り戻し)の時期はいつ?やり方は?
③ボンザマーガレットを鉢植えで育てるポイントは?
④ボンザマーガレットを地植えで育てるポイントは?
⑤ボンザマーガレットの植え替えの時期はいつ頃?
⑥ボンザマーガレットの寿命はどのくらい?
⑦ボンザマーガレットの夏越しのポイントは?
⑧ボンザマーガレットの花が咲かない(枯れる)原因はなに?対策はどうする?
⑨ボンザマーガレットの増やし方は?
⑩ボンザマーガレットを挿し木で増やす方法は?
⑪ボンザマーガレットの寄せ植えのポイントは?
⑫ボンザマーガレットの花言葉はなに?
⑬ボンザマーガレットの種類は何がある?

 

以上13個の点についてお伝えします。

まずはボンザマーガレットの育て方からお伝えします!

 

ボンザマーガレットの育て方は?

 

ボンザマーガレットをはじめて育てる方には、秋植えがおすすめです。

 

多年草なので適した環境に置くことで、次のシーズンも花を楽しむことができます。

1年で終わらせないためには、ある季節に注意することがポイントになるんです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ボンザマーガレットが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ボンザマーガレットの育て方!環境はどうする?

 

日当たりと風通しのよい環境を好みます。

午前中はよく日が当たり、午後からは日陰になるような場所が好ましいでしょう。

 

 

冬は霜や雪に当たらないように、0℃以上になる場所で管理してください。

暖地では屋外で越冬することが可能です。

 

ボンザマーガレットを育てるには、土選びが最初の重要なポイント!

〇〇な土に植えることで、枯れや病気を防ぐことができます。

 

次は、ボンザマーガレットに適した用土についてお伝えします!

 

ボンザマーガレットを育てる際の適した用土は何?

 

有機質で水はけのよい土が適しています。

 

市販の草花用培養土でよく育ちます。

元肥の入っているものを選びましょう。

配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:川砂1」に元肥を混ぜたものがおすすめです。

 

では元肥は、どのようなものを使えばよいのでしょうか?

次は、ボンザマーガレットに必要な肥料についてお伝えします!

 

ボンザマーガレットの育て方!肥料はどうする?

 

元肥には緩効性化成肥料を使います。

植え付けのときに、用土によく混ぜ込んでおきましょう。

 

追肥は植え付けの1~2カ月頃から、月に1回を目安に固形肥料を置き肥します。

合わせて液肥を使うと、花をたくさん咲かせてくれますよ。

ボンザマーガレットに水を与えるときは、あげ方に注意しましょう!

では次は、ボンザマーガレットの水やりポイントについてお伝えします。

 

ボンザマーガレットを育てる際の水の量はどうする?

 

一年を通して表土が乾いたら、たっぷり水やりをします。

夏に水をあげ過ぎると、根腐れの原因になるので、土の状態をしっかり確認してから水やりを行うことが大切です。

 

水をあげるときは、花や蕾に水がかからないように注意してください。

水がかかると花はしぼんで、傷みやすくなります。

 

以上で基本的なボンザマーガレットの育て方については終わりです。

次はボンザマーガレットの剪定についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ボンザマーガレットの剪定(切り戻し)の時期はいつ?やり方は?

 

ボンザマーガレットの剪定(切り戻し)は、9月頃が適期です。

 

長く伸びすぎた枝を、葉を3分の2ほど残して切り戻します。

切る位置は、芽がついているところの少し上です。

 

 

切り戻しの時期が遅れると、開花が遅くなることがあるので、9月中に行いましょう。

 

花付きのよいボンザマーガレットは、鉢に植えることで花のボリュームがより目立ちます。

ポイントをチェックして、きれいな鉢植えを維持しましょう!

 

次はボンザマーガレットを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

ボンザマーガレットを鉢植えで育てるポイントは?

 

鉢植えで育てる場合は、夏の根腐れに注意が必要です。

 

鉢底には底石を敷いて、水はけをよくします。

適した用土に植えて、剪定や手入れを行い、常に風通しの良い状態を保つようにしましょう。

 

 

室内で育てるよりも、なるべく屋外に出してあげた方が元気に育ちます。

真夏の直射日光は苦手なので、避けて管理してください。

 

定期的な「植え替え」も上手に育てるポイントのひとつです。

植え替えについては、後ほどお伝えしますね。

 

ボンザマーガレットはある程度の寒さにも耐えることができるので、地植えで育てることもできます。

花壇などに植えると、お庭がパッと明るくなること間違いなしです!

 

次はボンザマーガレットを地植えで育てるポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ボンザマーガレットを地植えで育てるポイントは?

 

地植えする場合は、1㎡あたり4~6株が植え付けする数の目安です。

 

 

雨が直接当たる場所は、花や蕾がしぼんでしまいます。

軒下や樹木の下など、雨の当たらない場所に植え付けしましょう。

霜が心配な場合は、ビニールなどで覆うなどの対策を行っておくと安心です。

 

鉢植えにした場合は、定期的に植え替えをして、根詰まりを防ぎましょう!

次はボンザマーガレットの植え替えの時期についてお伝えします!

 

ボンザマーガレットの植え替えの時期はいつ頃?

 

ボンザマーガレッドの植え替えに適した時期は4~5月頃です。

 

枯れた下葉や傷んだ根を取り除いてから、一回り大きな鉢と新しい土に植え替えます。

根詰まりすると鉢内が蒸れて、根腐れの原因になるので、植え替えは毎年行うようにしましょう。

 

ボンザマーガレットは、夏に枯れてしまうことが多いので、1年草として育てられることがあります。

 

しかし生育環境が合っていれば毎年、花を見ることができるんです!

何年くらい花を咲かせることができるのでしょうか?

 

次はボンザマーガレットの寿命についてお伝えします。

 

ボンザマーガレットの寿命はどのくらい?

 

ほとんどの株は約3年で老化します。

ただし生育環境が合っていれば、5~6年残ることも。

 

夏越しが出来ずに、寿命前に枯れてしまうことが多いようなので、夏越しが大きなポイントと言えそうです。

 

最大のポイントである「夏」を上手に乗り切って、翌年もきれいな花を咲かせましょう!

次はボンザマーガレットの夏越しのポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ボンザマーガレットの夏越しのポイントは?

 

高温多湿が苦手なので、風通しがよく明るい日陰の環境で育てましょう。

 

 

梅雨に入る前に枯れた葉を取り除いて、株元をすっきりさせておくことが大事なポイントです!

 

水のあげ過ぎには十分注意が必要ですが、反対に乾燥にも気を付けなければいけません。

夏の水やりは、特に土の状態をよくみて行いましょう。

 

1年目ではたくさん咲いてくれたボンザマーガレットの花が、2~3年目になり咲かなくなってきた。

 

または枯れてきてしまい、お困りの方も多いのではないでしょうか?

花が咲かない(枯れる)のは、これが原因かもしれません。

 

次はボンザマーガレットの花が咲かない(枯れる)原因と対策についてお伝えします!

 

ボンザマーガレットの花が咲かない(枯れる)原因はなに?対策はどうする?

 

ボンザマーガレットの花や蕾は、水に当たるとしぼんでしまいます。

水やりのときや雨が直接花に当たらないように注意しましょう。

 

強すぎる剪定(切り戻し)は、花芽を減らす原因になります。

切り戻し過ぎないように、葉を3分の2残してください。

 

日照不足が続くと花芽がつかないので、花が咲きません。

半日はよく直射日光に当てることが大切です。

 

開花時期に「肥料切れ」してしまったのかもしれません。

エネルギー不足で花を咲かせることが、できなくなってしまいます。

元気のない株には、固形肥料と液肥を併用するのがおすすめです。

 

 

多くは夏に枯れてしまうことがあります。

上記の「夏越しのポイント」に注意して、苦手な夏を乗り切りましょう!

 

霜や雪に当たると枯れてしまうことがあります。

とくに寒冷地では軒下に植えて株元をマルチングしたり、鉢植えにして冬の時期は移動したりなどの対策が必要です。

 

全体が枯れてきてしまう原因に、根腐れも考えられます。

鉢植えの場合は、定期的に植え替えを行い、根腐れを防止しましょう。

 

枯れてしまった茎や枝はすぐに切らずに、適した環境で様子を見てください。

株元から新芽が出てくるかもしれません。

新芽が育ってきたら、剪定時期に合わせて枯れた茎や枝を切り落としましょう。

 

「剪定で落とした枝や茎、元気なのにもったいないな」と思ったことがありませんか?

その枝茎を使って、ボンザマーガレットを増やすことができるんです!

 

次はボンザマーガレットの増やし方についてお伝えします。

 

ボンザマーガレットの増やし方は?

 

ボンザマーガレットは「挿し木」で増やせます。

9月の剪定時期に合わせると、切った枝や茎を捨てずに利用することができますよ。

 

 

次はボンザマーガレットを挿し木で増やす方法をもう少し詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

 

ボンザマーガレットを挿し木で増やす方法は?

 

挿し木に適した時期は、5月または9月です。

 

先端から10㎝くらいの場所でカットし、上の方の葉を3枚ほど残して、あとは取り除きます。

切り口を2時間ほど水に浸けて、水揚げをしましょう。

 

よく湿らせておいた川砂へ挿していきます。

日陰で乾燥しないように管理してください。

9月に挿した場合は、冬に凍結しないように注意が必要です!

約1カ月ほどで発根するので、しっかりと根が張るまで育てたら、庭や鉢に定植させましょう。

 

ボリュームのあるボンザマーガレットは、主役としてもわき役としても存在感を出してくれます。

 

寄せ植えにすることで一気に華やかになり、ほかの花を惹き立ててくれますよ。

次はボンザマーガレットの寄せ植えのポイントについてお伝えします!

 

ボンザマーガレットの寄せ植えのポイントは?

 

一番のおすすめは、ボンザマーガレットの品種ちがいでの寄せ植えです。

 

管理がしやすく一層ボリュームのある寄せ植えを作ることができます。

 

株同士が詰まり過ぎないように、大きめの鉢や花壇に植えましょう。

株元が蒸れないようにすることが重要なポイントです!

 

花の咲き方や色など、さまざまな種類があるので、ぜひお好みのアレンジを作ってみてくださいね!

 

「ボンザ」はオーストラリアの言葉で「素晴らしい」という意味があります。

 

ボンザマーガレットは「素晴らしいマーガレット」という意味の名前なんです。

では花言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

次はボンザマーガレットの花言葉についてお伝えします!

 

ボンザマーガレットの花言葉はなに?

 

ボンザマーガレットの花言葉は「恋を占う」「貞節」「誠実」「心に秘めた愛」「真実の友情」です。

 

 

「恋を占う」はマーガレットの花言葉でもあります。

花弁を1枚ずつ「スキ、キライ、スキ、キライ…」と取って、恋を占うときに使われる花として、このような花言葉がつけられました。

 

ボンザマーガレットには3種類の咲き方と、それぞれに花色のちがう品種があります。

次はボンザマーガレットの種類についてお伝えします!

 

ボンザマーガレットの種類は何がある?

 

ボンザマーガレットには「八重咲き」「一重咲き」「アネモネ咲き」の種類があります。

それぞれの特徴と品種をご紹介します。

 

・八重咲き

花弁が重なるように咲くタイプです。

品種には「レモンイエロー」「ルビー」「サクラ」などがあります。

 

・一重咲き

花弁が重ならず、一段のみで咲くタイプです。

品種には「チェリー」「ローズピンク」「ホワイト」などがあります。

 

・アネモネ咲き

花の外弁が一重咲きで、中心が盛り上がって咲くタイプです。

品種には「ルージュピンク」「ピンクサンライズ」「イチゴショート」などがあります。

 

  • オススメ記事

エリカの育て方等はこちらをご覧下さい。

ネリネの育て方等はこちらをご覧ください。

ヒヤシンスの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ボンザマーガレットのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ボンザマーガレットの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりと風通しのよい環境を好みます。

有機質で水はけのよい土が適しています。

元肥には緩効性化成肥料を使いましょう。

追肥は植え付けの1~2カ月頃から、月に1回を目安に固形肥料を置き肥します。

一年を通して表土が乾いたら、たっぷり水やりをします。

水はあげ過ぎないように注意しましょう。

 

②ボンザマーガレットの剪定(切り戻し)の時期はいつ?やり方は?

剪定(切り戻し)は、9月頃が適期です。

長く伸びすぎた枝を、葉を3分の2ほど残して切り戻します。

切る位置は、芽がついているところの少し上です。

 

③ボンザマーガレットを鉢植えで育てるポイントは?

鉢植えで育てる場合は、夏の根腐れに注意が必要です。

適した用土に植えて、剪定や手入れを行い、常に風通しの良い状態を保つようにしましょう。

 

➃ボンザマーガレットを地植えで育てるポイントは?

地植えする場合は、1㎡あたり4~6株が植え付けする数の目安です。

軒下や樹木の下など、雨の当たらない場所に植え付けしましょう。

 

⑤ボンザマーガレットの植え替えの時期はいつ頃?

適した時期は年に1回、4~5月頃です。

枯れた下葉や傷んだ根を取り除いてから、一回り大きな鉢と新しい土に植え替えます。

 

⑥ボンザマーガレットの寿命はどのくらい?

ほとんどの株は約3年で老化します。

ただし生育環境が合っていれば、5~6年残ることもあります。

 

⑦ボンザマーガレットの夏越しのポイントは?

高温多湿が苦手なので、風通しがよく、明るい日陰の環境で育てましょう。

梅雨に入る前に枯れた葉を取り除いて、株元をすっきりさせておくことが大事なポイントです!

 

⑧ボンザマーガレットの花が咲かない(枯れる)原因はなに?対策はどうする?

ボンザマーガレットの花や蕾に、水がかからないようにすること。

強すぎる剪定(切り戻し)は、花芽を減らす原因になります。

日照不足が続くと花芽がつかないので、花が咲きません。

開花時期の肥料切れに注意しましょう。

「夏越しのポイント」に注意してみてください。

霜や雪に当たると枯れてしまうことがあります。

水ぼあげ過ぎに注意して、定期的に植え替えなどを行い、根腐れを防止しましょう。

 

⑨ボンザマーガレットの増やし方は?

ボンザマーガレットは「挿し木」で増やすことができます。

 

⑩ボンザマーガレットを挿し木で増やす方法は?

挿し木に適した時期は、5月または9月です。

先端から10㎝くらいの場所でカットし、上の方の葉を3枚ほど残して、あとは取り除きます。

切り口を2時間ほど水に浸けて、水揚げをしましょう。

よく湿らせておいた川砂へ挿していきます。

日陰で乾燥しないように管理してください。

 

⑪ボンザマーガレットの寄せ植えのポイントは?

おすすめは、ボンザマーガレットの品種ちがいでの寄せ植えです。

株同士が詰まり過ぎないように、大きめの鉢や花壇に植えましょう。

蒸れないようにすることが重要なポイントです!

 

⑫ボンザマーガレットの花言葉はなに?

ボンザマーガレットの花言葉は「恋を占う」「貞節」「誠実」「心に秘めた愛」「真実の友情」です。

 

⑬ボンザマーガレットの種類は何がある?

ボンザマーガレットには「八重咲き」「一重咲き」「アネモネ咲き」の種類があります。

品種には「レモンイエロー」「チェリー」「ルージュピンク」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)