【アルメリア(植物)のまとめ!】育て方(寄せ植えや植え替え)や花言葉等18個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、アルメリアについてまとめていきたいと思います。

 

アルメリアは「イソマツ科」「ハマカンザシ属」「多年草」に分類される「山野草」です。

学名はそのまま「Armeria」と言います。

和名は属名にもあるように「ハマカンザシ」「オオハマカンザシ」と呼ばれています。

 

アルメリア」はケルト語で「海に近い」という意味です。

その名のとおり、もともとは海に近い場所で自生していた植物です。

 

アルメリアは寒さや夏の日差しにも強く、丈夫で育てやすいです。

ぜひ挑戦してください!

 

今回は、アルメリアについてのポイント、

①アルメリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アルメリアの花の画像(写真)!
③アルメリアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アルメリアの苗の植え付けのポイントは?
⑤アルメリアの鉢植えや地植え(花壇)で育てる際のポイントは?
⑥アルメリアの植え替えのポイントは?
⑦アルメリアの寄せ植えの仕方!
⑧アルメリアの増やし方!
⑨アルメリアの種まき時期と種まきのポイントは?
⑩アルメリアの株分けのやり方は?
⑪アルメリアの花が咲かない原因は?
⑫アルメリアの花言葉はなに?
⑬アルメリアの種類や品種は何があるの?

 

以上13個の点についてお伝えします。

まずはアルメリアの育て方からお伝えします!

 

アルメリアの育て方は?

 

アルメリアは春に、日当たりの良い場所に植え付けます。

 

アルメリアは土の酸性を嫌うため、地植えならあらかじめ苦土石灰で中和しておきましょう。

梅雨時は雨の当たらない風通しの良い場所で管理して、混み合ってきたところを刈り込むことで風通しを良くします。

そして、2年に1度株分けを兼ねて植え替えを行います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アルメリアが好む環境についてお伝えします!

 

アルメリアの育て方!環境はどうする?日陰でも育つの?

 

アルメリアは日当たりを好みます。

 

日陰で育てると成長が悪くなってしまうため注意しましょう。

夏場は半日陰で育てます。

 

アルメリアは強い日差しや寒さ、潮風にも強いため、痩せている土地や海の近くにある砂地といった環境でも十分に育ちます。

しかしながら、蒸れには弱いため、梅雨時は雨が直接当たらない、風通しのよい場所で管理しましょう。

 

次は、アルメリアに適した用土についてお伝えします!

 

アルメリアを育てる際の適した用土は何?

 

アルメリアは水はけの良い土を好みます。

また、アルメリアは土壌の酸性を嫌います。

 

そのため、「赤玉土」「腐葉土」「苦土石灰」などを混ぜてください!

 

それぞれの割合は赤玉土:2、腐葉土:1くらいがよいです。

苦土石灰は土20Lに対して大さじ1くらいを混ぜましょう。

次は、アルメリアに必要な肥料についてお伝えします!

 

アルメリアの育て方!肥料はどうする?

 

アルメリアは元肥に少量の「緩効性肥料」を与えます。

また、追肥には1000倍に希釈した液肥を与えましょう。

 

では次は、アルメリアの水やりポイントについてお伝えします!

 

アルメリアを育てる際の水の量はどうする?

 

アルメリアは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

 

地植えの場合は、植え付け直後には水やりを行いますが、根付いてからはあまり必要ありません。

鉢植えの場合には、春と開花中は土を乾燥させないように注意しましょう。

 

開花後は、過湿にならないように土が乾燥してからあげましょう。

 

以上で基本的なアルメリアの育て方については終わりです。

次はアルメリアの写真をお見せします!

 

アルメリアの花の画像(写真)!

 

それでは、今回ご紹介したアルメリアの花の画像を見てみましょう!

 

 

アルメリアの鮮やかな桃色は見ごたえがありますね!

 

次に、アルメリアの開花時期をお伝えします!

 

アルメリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アルメリアの開花時期は4~5月です。

したがって、季節はです。

 

次は、アルメリアの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

アルメリアの苗の植え付けのポイントは?

 

アルメリアの植え付け時期は3~4月に行います。

アルメリアは土の酸性を嫌うため、地植えの場合にはあらかじめ苦土石灰で中和しておきましょう。

 

それでは次に、アルメリアの鉢植えや地植え(花壇)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

アルメリアの鉢植えや地植え(花壇)で育てる際のポイントは?

 

アルメリアは寒さと乾燥にはとても強い丈夫な花ですが、蒸れには弱いため、鉢植えの場合には梅雨時は雨が直接当たらない、風通しの良い場所で管理しましょう。

 

また、梅雨時には混み合ってきたところを刈り込んで、風通しをよくします。

アルメリアは寒さにとても強いため、冬は屋外でも十分に越せます。

 

次は、アルメリアの植え替えのポイントをお伝えします!

 

アルメリアの植え替えのポイントは?

 

アルメリアは株分けと合わせて2年に1度は植え替えをするとよいです。

植え替えの際には新しく用意した土で育ててあげましょう。

 

次に、アルメリアの寄せ植えの仕方をお伝えします!

 

アルメリアの寄せ植えの仕方!

 

アルメリアはその性質上、寄せ植えでは使いにくい植物ではありますが、乾燥に強いものと一緒に植えてあげるとよいです。

具体的な例としては、アルメリアを邪魔しない「ミニハボタン」「黒龍(コクリュウ)」「ハツユキカズラ」などがおすすめです。

 

それでは次に、アルメリアの増やし方をお伝えします!

 

アルメリアの増やし方!

 

アルメリアは「種まき」のほかにも「株分け」をすることでも増やすことができます。

植え替えの際に合わせてできる株分けがおすすめです。

 

次は、アルメリアの種まき時期をお伝えします!

 

アルメリアの種まき時期と種まきのポイントは?

 

アルメリアの種まき時期は3~5月10月です。

 

花後に種を採取したら、春もしくは秋にまくことで翌春に開花します。

自分で種を入手する場合には、雨に当たらない場所でまとめていくつか異なる株を植えてあげることで、自家受粉しやすい環境を整えてあげましょう。

次に、アルメリアの株分けのやり方をお伝えします!

 

アルメリアの株分けのやり方は?

 

アルメリアは10~11月に株分けで増やします。

掘り出して、株元を縦に切り裂くようにして株を分けましょう。

 

それでは次に、アルメリアの花が咲かない原因をお伝えします!

 

アルメリアの花が咲かない原因は?

 

アルメリアの花が咲かない原因には、日当たりが悪いことが考えられます。

 

アルメリアは日当たりを好むため、日当たりが悪い環境だと生育が悪くなってしまいます。

あらためて、栽培環境を見直してみましょう。

 

次は、アルメリアの花言葉をお伝えします!

 

アルメリアの花言葉はなに?

 

アルメリアの花言葉は「同情」「思いやり」「共感」です。

 

花言葉の由来はアルメリアの英名が「Thrift」と呼ばれており、この名前は「倹約」「節約」という意味を有しているため、それに「共感」するという意味だと言われています。

アルメリアの花言葉は品と優しさに満ちていますね!

 

最後に、アルメリアの種類をお伝えします!

 

アルメリアの種類や品種は何があるの?

 

アルメリアの品種には「アルメリア・マリチマ」「アルメリア・シュードアルメリア」「アルメリア・ジュニペリフォリア」「エンゼル・ボール」などがあります。

 

「アルメリア・マリチマ」は多くの系統があり、花色の濃淡や大きさの違いがあるものや、白花種、斑入り葉、銅葉などのバリエーション豊富に販売されています。

 

「アルメリア・シュードアルメリア」は葉の幅が大きい、大型の品種です。

花色などの個体差が大きいのが特徴です。

 

「アルメリア・ジュニペリフォリア」は小さく針の形状をした葉が密集して生えています。

この品種は山野草として育てられる場合が多いです。

 

「エンゼル・ボール」は交配種であり、花色は濃い桃色です。

中型種で、草丈は30cmくらいになります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アルメリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アルメリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アルメリアは日当たりを好みます。

日陰で育てると成長が悪くなってしまうため注意しましょう。

夏場は半日陰で育てます。

 

アルメリアは水はけの良い土を好みます。

また、アルメリアは土壌の酸性を嫌います。

そのため、「赤玉土」「腐葉土」「苦土石灰」などを混ぜてください!

 

アルメリアは元肥に少量の「緩効性肥料」を与えます。

また、追肥には1000倍に希釈した液肥を与えましょう。

 

アルメリアは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

地植えの場合は、植え付け直後には水やりを行いますが、根付いてからはあまり必要ありません。

鉢植えの場合には、春と開花中は土を乾燥させないように注意しましょう。

開花後は、過湿にならないように土が乾燥してからあげましょう。

 

②アルメリアの花の画像(写真)!

それでは、改めて今回ご紹介したアルメリアの画像を見てみましょう!

 

 

アルメリアは花色が豊富なところも魅力ですね!

 

③アルメリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

アルメリアの開花時期は4~5月です。

したがって、季節はです。

 

④アルメリアの苗の植え付けのポイントは?

アルメリアの植え付け時期は3~4月に行います。

アルメリアは土の酸性を嫌うため、地植えの場合にはあらかじめ苦土石灰で中和しておきましょう。

 

⑤アルメリアの鉢植えや地植え(花壇)で育てる際のポイントは?

アルメリアは寒さと乾燥にはとても強い丈夫な花ですが、蒸れには弱いため、鉢植えの場合には梅雨時は雨が直接当たらない、風通しの良い場所で管理しましょう。

また、梅雨時には混み合ってきたところを刈り込んで、風通しをよくします。

アルメリアは寒さにとても強いため、冬は屋外でも十分に越せます。

 

⑥アルメリアの植え替えのポイントは?

アルメリアは株分けと合わせて2年に1度は植え替えをするとよいです。

植え替えの際には新しく用意した土で育ててあげましょう。

 

⑦アルメリアの寄せ植えの仕方!

アルメリアはその性質上、寄せ植えでは使いにくい植物ではありますが、乾燥に強いものと一緒に植えてあげるとよいです。

具体的な例としては、アルメリアを邪魔しない「ミニミニハボタン」「黒龍」「初雪カズラ」などがおすすめです。

 

⑧アルメリアの増やし方!

アルメリアは「」のほかにも「株分け」をすることでも増やすことができます。

 

⑨アルメリアの種まき時期と種まきのポイントは?

アルメリアの種まき時期は3~5月10月です。

花後に種を採取したら、春もしくは秋にまくことで翌春に開花します。

自分で種を入手する場合には、雨に当たらない場所でまとめていくつか異なる株を植えてあげることで、自家受粉しやすい環境を整えてあげましょう。

 

⑩アルメリアの株分けのやり方は?

アルメリアは10~11月に株分けで増やします。

掘り出して、株元を縦に切り裂くようにして株を分けましょう。

 

⑪アルメリアの花が咲かない原因は?

アルメリアの花が咲かない原因には、日当たりが悪いことが考えられます。

アルメリアは日当たりを好むため、日当たりが悪い環境だと生育が悪くなってしまいます。

あらためて、栽培環境を見直してみましょう。

 

⑫アルメリアの花言葉はなに?

アルメリアの花言葉は「同情」「思いやり」「共感」です。

 

⑬アルメリアの種類や品種は何があるの?

アルメリアの品種には「アルメリア・マリチマ」「アルメリア・シュードアルメリア」「アルメリア・ジュニペリフォリア」「エンゼル・ボール」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)