【ホワイトレースフラワーのまとめ!】苗の植え方や花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ホワイトレースフラワーについてまとめていきたいと思います。

 

名前の通りレースのように優雅で繊細な花を咲かせる花です。

その華麗さからフラワーアレンジや花束に用いられることの多い花です!

 

今回は、ホワイトレースフラワーについてのポイント、

①ホワイトレースフラワーの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ホワイトレースフラワーの画像(写真)!
③ホワイトレースフラワーの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ホワイトレースフラワーの苗の植え付けのポイントは?
⑤ホワイトレースフラワーの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ホワイトレースフラワーの花言葉はなに?英語でなんていうの?
⑦ホワイトレースフラワーの種類や品種は何があるの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはホワイトレースフラワーの育て方からお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーの育て方は?

 

ホワイトレースフラワーは比較的耐寒性の強い植物です。

 

関東以西であれば冬も対策なしで越すことができます。

基本的なところを押さえておけば初心者でも簡単に育てることができる植物と言えるでしょう!
ここからさらに詳しくお伝えします。

 

最初は、ホワイトレースフラワーの好む環境についてお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーの育て方!環境はどうする?

 

ホワイトレースフラワーは耐寒性はありますが過湿に弱い傾向があります。

 

水はけがよく風通しのいい環境がいいでしょう。

日当たりの良さも重要なポイントですよ!

 

次は、ホワイトレースフラワーに適した用土についてお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーを育てる際の適した用土は何?

 

ホワイトレースフラワーは用土を選ばず育てることができます。

 

ホワイトレースフラワーを庭植えであれば腐葉土を、鉢植えであれば鹿沼土や赤玉土、草花用培養土を用いて水はけの良い土壌を準備してあげてください!

 

次は、ホワイトレースフラワーに必要な肥料についてお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーの育て方!肥料はどうする?

 

レースのような優雅な花と聞くと繊細でストレスに弱いイメージですがホワイトレースフラワーはやせ地でも育つ強い花です。

 

庭植えならば元肥として堆肥や少量の緩効性肥料を与えれば十分です。

 

追肥も必要ないので管理が簡単ですね!

鉢植えで育てる場合は秋、春に液体肥料を規定量の倍程度に薄めて与えましょう。

 

では次は、ホワイトレースフラワーの水やりポイントについてお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーを育てる際の水の量はどうする?

 

水やりもこれといって難しいことはありません。

 

庭植えであったら降雨頼みで大丈夫です。

鉢植えならば表土が乾燥した時に与えれば十分です!

 

先ほど言った通り過湿を嫌うのでどちらかと言ったらあげすぎに注意をしてください!

 

夏や冬は水温が極度に上がったり下がったりする時間を避けてあげるようにしましょう。

 

以上でホワイトレースフラワーの基本的なの育て方については終わりです。

次はホワイトレースフラワーの写真をお見せします!

 

ホワイトレースフラワーの画像(写真)!

 

 

こちらがホワイトレースフラワーです!

名前の通り遠目で見るとレースのようですね。

 

ホワイトレースフラワーはセリ科ドクゼリモドキ属に属する植物です。

属名にドクゼリモドキとありますがドクゼリとは全く別の属に属しています。

 

次は、ホワイトレースフラワーの開花時期をお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ホワイトレースフラワーの開花時期は5~6月です。

季節で言ったら春後ですね!

 

ちょうど過ごしやすい時期で鑑賞にも気持ちいい季節でしょう。

 

次に、ホワイトレースフラワーの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーの苗の植え付けのポイントは?

 

ホワイトレースフラワーの植え付け適期は10~11月ですが寒冷地では春に行うのも可能です。

 

耐寒性が強いとはいえ関東以北の地域では流石に応えてしまいます。

 

比較的暖かい4~5月等が好ましいでしょう!

また、ホワイトレースフラワーは根のダメージに対してデリケートです。

 

植え付けの場合は根を傷つけないように、特に鉢から植え付け、植え替えをする場合は根鉢を崩さないようにしてくださいね!

 

次はホワイトレースフラワーの種まきの適期、ポイントについてお伝えします!

 

ホワイトレースフラワーの種まき時期と種まきのポイントは?

 

種まきの時期も植え付けと同じく寒冷地では春に行います。

 

関東以西なら9~10月、関東以北なら3~4月が好ましいでしょう!

 

オススメは直まきですが直まきをしない場合にはポットにまきましょう。

直まきをお勧めする理由は前述の通り植え付けのダメージに対して繊細だからです。

 

明るい日陰で水を切らさなければ7~10日程で発芽しますが植え替えの際は根鉢を崩さないように注意してくださいね!

 

次に、ホワイトレースフラワーの花言葉をお伝えします。

同時に、ホワイトレースフラワーを英語でなんて言うのかについてもお伝えします。

 

ホワイトレースフラワーの花言葉はなに?英語でなんていうの?

 

ホワイトレースフラワーの花言葉は「細やかな愛情」「可憐な心」です!

 

ホワイトレースフラワーは決して大胆不敵な咲き方はしません。

美しいながら小さく咲く姿が細やかな感情表現のような花言葉の由来です。

 

英名では「Bishop’s weed」(ビショップス ウィード)と言います。

 

意味は直訳で「司教の雑草」と言います。

この名前で呼ばれる植物は実はいくつかあります。

 

この他に「Queen Anne’s lace」(クイーンアンネズレース)という英名を持ちますがこれも似たような特徴を持つ植物の総称です。

名前に雑草(Weed)と使われているあたり名前で呼ぶまでもない植物と認知されているのかもしれませんね!

 

最後に、ホワイトレースフラワーの種類や品種をお伝えします。

 

ホワイトレースフラワーの種類や品種は何があるの?

 

ホワイトレースフラワーの品種はここでは2種類ご紹介します。

 

「アミ・ビスナガ」と「アミ・マユス」です。

両者とも園芸品種や選抜品種が広く流通しています!

 

アミ・ビスナガは「イトバドクゼリモドキ」の別名を持ちその名の通り葉が細いのが特徴、背丈は100㎝にもなる種類です。

100㎝にもなるホワイトレースフラワーとなればきっととてもエレガントなのでしょう!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ホワイトレースフラワーのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ホワイトレースフラワーの育て方(環境、土、肥料、水やり)

水はけが良く日当たりのいい環境を好みます。

土も水はけの良いものを好み何より過湿に弱いのが特徴!

肥料は元肥として堆肥や緩効性肥料が好ましく追肥は必要なし!

鉢では適期に液体肥料をあげましょう。

水やりは乾燥しなければ必要もありません!

 

②ホワイトレースフラワーの画像(写真)!

名前の通りレースのようなきれいな花!

 

③ホワイトレースフラワーの開花時期や季節はいつ頃なの?

ホワイトレースフラワーの開花時期は5~6月!

 

④ホワイトレースフラワーの苗の植え付けのポイントは?

適期は10~11月!寒冷地では春に行ってください!

根がとてもデリケートなので根鉢を崩さないように気を付けましょう!

 

⑤ホワイトレースフラワーの種まき時期と種まきのポイントは?

種まきの適期は9~10月!こちらも寒冷地では春に行ってください!

直まきがおすすめ!

 

⑥ホワイトレースフラワーの花言葉はなに?英語でなんていうの?

ホワイトレースフラワーの花言葉は「可憐な心」「細やかな愛情」、英名は「Bishop’s weed」!

 

⑦ホワイトレースフラワーの種類や品種は何があるの?

「アミ・ビスナガ」や「アミ・マユス」といった種類が園芸品種、選抜品種共に流通しています!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)