【ティアレラのまとめ!】育て方(適した環境や増やし方)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ティアレラについてまとめていきたいと思います。

 

特徴的な花姿で、シェードガーデン向きの草花として人気のティアレラ。

 

「ティアレラについてもっと知りたい!」「ティアレラを育ててみたい!」

そんな思いを持つ方々のために、ここではティアレラについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、ティアレラについてのポイント、

①ティアレラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ティアレラの画像(写真)!特徴は?
③ティアレラの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ティアレラの増やし方のポイントは?
⑤ティアレラとヒューケラの違いはなに?
⑥ティアレラの販売場所は?どこで買えるの?
⑦ティアレラの花言葉はなに?
⑧ティアレラの種類や品種は何があるの?スプリングシンフォニーやシルベラード、ピンクスカイロケットなど

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはティアレラの育て方からお伝えします!

 

ティアレラの育て方は?

 

ティアレラはシェードガーデン向きと言われますが、具体的にどのように育てればよいのかなど、わからないことも色々ありますよね。

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ティアレラが好む環境についてお伝えします!

 

ティアレラの育て方!環境はどうする?

 

ティアレラは耐陰性があり、日陰または半日陰の場所でもしっかりと花が咲きます。

 

シェードガーデンに向くというのも納得ですよね。

もちろん日当たりのよい場所でも栽培は可能ですが、夏の時期など日差しが強くなる季節は、葉焼けを起こしやすくなってしまうので注意しましょう。

 

午後から日陰になるような半日蔭や、低木または高木の株元が理想的な環境です。

 

次は、ティアレラに適した用土についてお伝えします!

 

ティアレラを育てる際の適した用土は何?

 

水はけと水もちの良い土が理想です。市販の草花培養土などで全く問題ありませんよ。

 

または赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜたものもおすすめです。

用土に少しだけ日向土などを混ぜ込むと、乾きやすくはなるものの、水はけが格段によくなります。

 

次は、ティアレラに必要な肥料についてお伝えします!

 

ティアレラの育て方!肥料はどうする?

 

地植えの場合、すでに他の草花が育っている肥沃な土地ならば肥料は必要ありません。

鉢植えの場合は、植え付け時に元肥として緩効性肥料を混ぜ込み、その後は春と秋に液肥を与える程度で十分ですよ。

 

では次は、ティアレラの水やりポイントについてお伝えします!

 

ティアレラを育てる際の水の量はどうする?

 

地植えの場合、基本的には雨に任せましょう。

ただし、新しい葉が出てきて育つまでは時折様子を見て、萎れているようなら水やりをしてください。

 

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

 

以上で基本的なティアレラの育て方については終わりです。

次はティアレラの写真をお見せします!

 

ティアレラの画像(写真)!特徴は?

 

 

ティアレラはユキノシタ科ティアレラ属の植物です。

 

耐陰性があることから、シェードガーデンに用いられる植物として人気があります。

草花を育てるというと、どうしても日当たりを大事にしなければいけないというイメージがありますよね。

 

しかし、周りは住宅街で家家に囲まれ、庭はあるもののあまり日当たりが良くないという方も多いのではないかと思われます。

 

このティアレラは、そんな環境でも元気に育ち花を咲かせてくれるというのですから、とても嬉しい植物ですよね!

薄桃色の花が集ってどこかふわふわと柔らかい花姿のティアレラですが、自然を生きる植物としての強かさも感じられます。

 

次に、ティアレラの開花時期をお伝えします!

 

ティアレラの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ティアレラの開花期は4〜5月です。

決して長いとはいえない期間なので、しっかりと目に焼き付けておきたいですね!

 

次は、ティアレラの増やし方のポイントをお伝えします!

 

ティアレラの増やし方のポイントは?

 

ティアレラは株分けで増やすのが一般的です。

 

基本的なやり方は他の植物の株分けと変わりありませんが、とにかく根だけは傷つけないことがポイントです!

根が傷ついてしまうと生育に多大な悪影響が出てしまいますので、十分注意してくださいね。

 

それでは次に、ティアレラとヒューケラの違いをお伝えします!

 

ティアレラとヒューケラの違いはなに?

 

ティアレラは、葉だけの状態を見るとヒューケラという植物にそっくりです。

 

ティアレラはユキノシタ科ティアレラ属、ヒューケラはユキノシタ科ヒューケラ属です。

近しくはありますが、植物学上の分類は異なっています。

 

また、2つの植物の1番の違いは花です。

 

ティアレラの花は多くの花が穂状についているのに対し、ヒューケラの花はツボ状の形なんです。

花期に見比べると断然わかりやすいですよ!

 

次は、ティアレラの販売場所をお伝えします!

 

ティアレラの販売場所は?どこで買えるの?

 

ティアレラは楽天市場、各園芸通販店で購入することができます。

直売店でも販売していますが、直接出向く際には事前に電話などで在庫を確認しておきましょう。

 

次に、ティアレラの花言葉をお伝えします!

 

ティアレラの花言葉はなに?

 

ティアレラには現在花言葉がありません。

 

しかし、ティアレラが属するユキノシタ科のユキノシタには、「深い愛情」という花言葉があります。

いつかティアレラにも素敵な花言葉が命名されると良いですね!

 

それでは最後に、ティアレラの種類や品種をお伝えします!

 

ティアレラの種類や品種は何があるの?スプリングシンフォニーやシルベラード、ピンクスカイロケットなど

 

ティアレラにはどんな品種が存在しているのでしょうか?

主なものをまとめてみました!

 

◯スプリングシンフォニー:花色はピンクと白のグラデーション。花付きが抜群に良い。

◯シルベラード:花色はパステル調の白。ライムグリーンの葉が鮮やか。

◯ピンクスカイロケット:花色は淡いピンク。比較的新しい優良種で、観賞価値が高い。

◯シュガーアンドスパイス:花色は少し濃い目のピンク。花も葉も大型で見応えがある。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ティアレラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ティアレラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ティアレラは耐陰性があり、日陰または半日陰の場所でもしっかりと花が咲きます。

午後から日陰になるような半日蔭や、低木または高木の株元が理想的な環境です。

水はけと水もちの良い土が理想です。市販の草花培養土などで全く問題ありませんよ。

または赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜたものもおすすめです。

用土に少しだけ日向土などを混ぜ込むと、乾きやすくはなるものの、水はけが格段によくなります。

地植えの場合、すでに他の草花が育っている肥沃な土地ならば肥料は必要ありません。

鉢植えの場合は、植え付け時に元肥として緩効性肥料を混ぜ込み、その後は春と秋に液肥を与える程度で十分ですよ。

地植えの場合、基本的には雨に任せましょう。ただし、新しい葉が出てきて育つまでは時折様子を見て、萎れているようなら水やりをしてください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

 

②ティアレラの画像(写真)!特徴は?

ティアレラはユキノシタ科ティアレラ属の植物です。

耐陰性があることから、シェードガーデンに用いられる植物として人気があります。

薄桃色の花が集ってどこかふわふわと柔らかい花姿のティアレラですが、自然を生きる植物としての強かさも感じられます。

 

③ティアレラの開花時期や季節はいつ頃なの?

ティアレラの開花期は4〜5月です。

 

④ティアレラの増やし方のポイントは?

ティアレラは株分けで増やすのが一般的です。

基本的なやり方は他の植物の株分けと変わりありませんが、とにかく根だけは傷つけないことがポイントです!

 

⑤ティアレラとヒューケラの違いはなに?

ティアレラはユキノシタ科ティアレラ属、ヒューケラはユキノシタ科ヒューケラ属です。

また、2つの植物の1番の違いは花です。

ティアレラの花は多くの花が穂状についているのに対し、ヒューケラの花はツボ状の形なんです。

 

⑥ティアレラの販売場所は?どこで買えるの?

ティアレラは楽天市場、各園芸通販店で購入することができます。

 

⑦ティアレラの花言葉はなに?

ティアレラには現在花言葉がありません。

しかし、ティアレラが属するユキノシタ科のユキノシタには、「深い愛情」という花言葉があります。

 

⑧ティアレラの種類や品種は何があるの?スプリングシンフォニーやシルベラード、ピンクスカイロケットなど

◯スプリングシンフォニー:花色はピンクと白のグラデーション。花付きが抜群に良い。

◯シルベラード:花色はパステル調の白。ライムグリーンの葉が鮮やか。

◯ピンクスカイロケット:花色は淡いピンク。比較的新しい優良種で、観賞価値が高い。

◯シュガーアンドスパイス:花色は少し濃い目のピンク。花も葉も大型で見応えがある。

 

可愛らしい花姿で見目がよく、シェードガーデン向きの草花として人気を博しているティアレラ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)