ペチュニア(サフィニア)の育て方!花の時期や種類など7つのポイント!








ペチュニアは、ガーデニングやフラワーアレンジメントに大人気の品種です!

種類が豊富にあるので、毎年違う種類を育ててみるなどして、楽しむことができます。

 

 

品種改良が進み現在では、雨にも強く大きく育つのが特徴です。

赤、ピンク、青、紫といった多様なペチュニアの明るい花を見ているだけで、元気が出てきますね!

 

今回はペチュニアについてのポイント、

①ペチュニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ペチュニアの種まきのポイントは?
③ペチュニアの開花時期っていつなの?
④ペチュニアの寄せ植えの方法は?
⑤ペチュニアの冬越しのポイントとは?
⑥ペチュニアの種類って何があるの?
⑦ペチュニアとサフィニアの違いはなに?

 

以上7点についてお伝えします。

それでは、ペチュニアの育て方からお伝えしますね。

 

ペチュニアの育て方は?

 

ペチュニアは種から育てる方法と、苗から育てる方法があります。

 

種まきから育てる場合は4月から5月に種をまきます。

 

ペチュニアの発芽に適した気温が25℃前後と少し高めのため、保温などの管理方法が難しくなります。

ガーデニング初心者の方は、苗から植えて育てる方法をオススメします。

 

まずは、ペチュニアの好む環境についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

ペチュニアの育て方!環境はどうする?

 

ペチュニアは日当たりと風通しのよいで栽培します。

特に風通しには気をつける必要があります。

 

梅雨時期など長雨が続く時期に、株が蒸れてカビが発生したり腐って枯れてしまうことがあるためです。

 

予防策として、ペチュニアのつるを摘心して、枯れた花や葉をこまめに取り除いてあげましょう。

こうすることで風通しも良くなり、カビの発生を抑えることもできます。

 

カットしたところからわき芽が出て、花をたくさんつける株に育つので、伸びてきたらこまめにカットしましょう。

 

次はペチュニアに適した用土についてお伝えします!

 

ペチュニアを育てる際の適した用土は何?

 

ペチュニアを育てる際は、水はけのいい土を選びましょう。

市販の培養土で育ちますが、去年ペチュニアを植えていた土を再利用することはしてはいけません。

ペチュニアはナス科の植物です。

ナスやトマト、ペチュニアなどのナス科の植物は、去年ナス科の植物を植えた土に続けてナス科の植物を植えてしまうと、虫が付きやすくなったり成長が遅くなります。

 

最悪、育たないといった連作障害を起こしてしまいます。

新しい土で植えるか、庭植えの場合は別の植物を一年ごとに交互で植えるなどして連作障害を避けましょう。

 

次は、ペチュニアに必要な肥料についてお伝えします。

 

ペチュニアの育て方!肥料はどうする?

 

ペチュニアは花の時期がとても長いので、開花の時期は肥料を切らさないようにしましょう。

 

肥料が切れてしまうと、花が咲かなくなってしまいますので、目安は「液体肥料を1~2週間に1度」あげます。

 

目安なので、使用している肥料の説明書きに書いてある頻度や量をしっかりと守ってくださいね。

 

次は、ペチュニアの水やりのポイントについてお伝えします。

 

ペチュニアを育てる際の水の量はどうする?

 

ペチュニアの土が乾いてから水やりをたっぷりと行います。

 

土が常に湿っている状態になるのは避けましょう。

梅雨や長雨の時期は、雨を当て続けると土が常に湿っている過湿になってしますので、雨の当たらないところに避難させるように心がけましょう。

 

以上で基本的なペチュニアの育て方については終わりです。

次は、ペチュニアの種まきのポイントについてお伝えします!

 

ペチュニアの種まきのポイントは?

 

ペチュニアは4月から5月に種まきをします。

ペチュニアの種はとても小さいので、1カ所に固まることのないように、円を描くように、まんべんなくまくのがポイントです。

 

種まきから発芽までは通常10日前後ですが、気温が低いと発芽までの日数は長くなります。

気温の低い日や夜は、ビニールを被せるなどをして、発芽に適した25℃前後に保つことが発芽に繋がります。

 

次はペチュニアの開花時期についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

ペチュニアの開花時期はいつ頃?

 

ペチュニアの開花時期は3月〜11月です。

 

 

ある程度花が咲いて、もう咲かないかな?と思ったら、株全体を半分ぐらいまで切りましょう。

更に株が大きくなり、また花が咲きますよ。

 

YouTubeで育て方について説明されている方がいたのでご紹介します。

 

次はペチュニアの寄せ植えの方法についてお伝えします。

 

ペチュニアの寄せ植えの方法は?

 

ペチュニアは花色が豊富で、開花時期も長く、寄せ植えにとても適してた植物です。

合わせる植物でオススメなのが「ロベリア」「ベゴニア」です。

 

ロベリアは、日当たりと風通しのよい場所を好むのでペチュニアと同じ場所で育てることができます。

 

※ロベリアの育て方や特徴等は、こちらをご覧ください。

ロベリアの花色は、白、ピンク、青など黄色系以外、多様に揃っています。

ペチュニアの花色に合わせたロベリアと植えるだけで、可愛らしい寄せ植えに仕上がりますよ!

 

ベゴニアは、高温多湿などにとても強い植物なので、ペチュニアと寄せ植えにしても問題なく元気に育ちます。

また、種類や花色も豊富なので、ペチュニアにも合わせやすいですよ。

 

もちろん、花色の違うペチュニア数株を寄せ植えにするのもいいでしょう。

 

こちらも数えきれないぐらい花が咲いて、素敵な寄せ植えになりそうですね!

植物合わせに迷ったら、ペチュニア同士の寄せ植えからはじめてみませんか?

 

次はペチュニアの冬越しのポイントについてお伝えします。

 

ペチュニアの冬越しのポイントとは?

 

ペチュニアは、冬越しの際、霜が当たらないように管理します。

10℃以下になるようであれば室内窓際で管理しましょう。

 

次はペチュニアの種類についてお伝えします。

 

ペチュニアの種類って何があるの?

 

ペチュニアは、500以上の品種や、改良品種が出回っています。

 

代表的な品種に「バカラ」「カーペット」「マンボ」「カリブラコア」などがあります。

花色・模様・花の大きさなど、たくさんの品種がありますので、是非お好みのペチュニアを見つけてください。

 

次はペチュニアとサフィニアの違いについてお伝えします。

 

ペチュニアとサフィニアの違いはなに?

 

サフィニアはペチュニアの改良品種です。

一株で1000花咲かすと言われるほど、ペチュニアよりも花数が多く雨に強い品種です。

 

上記の写真はサフィニアです。

 

ペチュニアとサフィニアどちらも毎年、新色や新品種が売り出されるほど品種が多いので、なかなか見た目で見分けるのは難しいと思います。

 

サフィニアは特定のメーカーが売り出してる品種なので、園芸店では必ず「サフィニアのタグ」がついています。

サフィニアのタグがついていないものはペチュニアです。

 

植物に付いているタグを確認して、区別をしてください。

 

  • オススメ記事

ギョリュウバイの育て方等はこちらをご覧ください。

フクシアの育て方等はこちらをご覧ください。

シャクナゲの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ペチュニアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返ってみましょう!

 

①ペチュニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ペチュニアは日当たりと風通しのよいで栽培します。

特に風通しには気をつけて管理しましょう。

ペチュニアを育てる際は、水はけのいい土を選びましょう。

また、ペチュニアはナス科なので連作障害を起こしやすいです。

新しい土で植えるか、庭植えの場合は別の植物を一年ごとに交互で植えるなどして、連作障害を避けましょう。

ペチュニアは花の時期がとても長いので、開花の時期は肥料を切らさないようにしましょう。

目安は「液体肥料を1~2週間に1度」あげます。

ペチュニアの土が乾いてから水やりをたっぷりと行います。

土が常に湿っている状態になるのは避けましょう。

 

②ペチュニアの種まきのポイントは?

ペチュニアは4月から5月に種まきをします。

ペチュニアの種はとても小さいので、1カ所に固まることのないように、円を描くように、まんべんなくまくのがポイントです。

 

③ペチュニアの開花時期っていつなの?

ペチュニアの開花時期は3月〜11月です。

 

④ペチュニアの寄せ植えの方法は?

ペチュニアと同じ環境で育てることができる品種を選びましょう。

合わせる植物でオススメなのが「ロベリア」と「ベゴニア」です。

 

⑤ペチュニアの冬越しのポイントとは?

ペチュニアは、冬越しの際、霜が当たらないように管理します。

10℃以下になるようであれば室内窓際で管理しましょう。

 

⑥ペチュニアの種類って何があるの?

代表的な品種に「バカラ」「カーペット」「マンボ」「カリブラコア」などがあります。

 

⑦ペチュニアとサフィニアの違いはなに?

サフィニアは特定のメーカーが売り出してる品種なので、園芸店では必ず「サフィニアのタグ」がついています。

サフィニアのタグがついていないものはペチュニアです。

 

水さえあげれば育つ!と言われているぐらいお手軽な花壇の女王ペチュニア。

お気に入りの種類を見つけて、育ててみてくださいね。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)