【辺塚蘭(ヘツカラン)のまとめ!】育て方や販売価格等4個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヘツカランについてまとめていきたいと思います。

 

ヘツカランは、ラン科シュンラン属に属する多年草で、ほかの植物に着生して育ちます。

日本の鹿児島南部以南~台湾、中国南部、東南アジア~インド東北部に分布しています。

 

学名は、「Cymbidium dayanum」です。

 

今回は、ヘツカランについてのポイント、

①ヘツカランの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヘツカランの画像(写真)!特徴は?
③ヘツカランの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヘツカランの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはヘツカランの育て方からお伝えします!

 

ヘツカランの育て方(栽培方法)は?

 

ヘツカランは、寒さに注意すれば簡単に育てることができます。

そのため、基本的には室内で育てましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヘツカランが好む環境についてお伝えします!

 

ヘツカランの育て方!環境はどうする?

 

ヘツカランは、日当たりの良い場所で育てましょう。

 

4月上旬~11月上旬の生育期は、戸外で10~30%遮光(7月上旬~9月上旬は50%遮光)をして育てても良いですが、冬場は必ず室内の日の当たる場所で育てましょう。

 

次は、ヘツカランに適した用土についてお伝えします!

 

ヘツカランを育てる際の適した用土は何?

 

ヘツカランは、水はけの良い用土で育てましょう。

軽石砂や焼赤玉などを混合した土が良いでしょう。

 

次は、ヘツカランに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヘツカランの育て方!肥料はどうする?

 

ヘツカランは、肥沃な土壌を好みます。

 

4月上旬~7月上旬と、9月に7日~10日に1度、1500~2000倍の、ごく薄い液肥を施しましょう。

加えて、4月と10月に小量の固形肥料を置肥すると良いでしょう。

 

では次は、ヘツカランの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヘツカランを育てる際の水の量はどうする?

 

ヘツカランは、生育期には土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

冬場は乾燥気味に育てると良いでしょう。

 

以上で基本的なヘツカランの育て方については終わりです。

次はヘツカランの写真をお見せします!

 

ヘツカランの画像(写真)!特徴は?

 

 

ヘツカランは、草丈30cm~80cmほどになる植物です。

葉は束生し、線形で長さ30cm~50cmほど、幅1cm~1.5cmほどになり、革質で厚く、光沢があります。

 

花は偽鱗茎の基部から出た長さ20cm~30cmほどの花茎の先に疎らに10個~15個付けます。

 

萼片は倒披針形で、白色に暗紅紫色の筋が入っていて、唇弁は直立し、暗紅紫色で3中裂し、中央裂片は反曲していて、表面に短毛があります。

 

果実は紡錘形で長さ3cm~4cmほどですが、開花時にも前年の果実が残るのが特徴です。

 

次に、ヘツカランの開花時期をお伝えします!

 

ヘツカランの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヘツカランの開花時期は、10月~11月です。

また、多年草なので毎年花を見ることができます。

 

それでは最後に、ヘツカランの値段や販売価格をお伝えします!

 

ヘツカランの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ヘツカランは、1株5500円ほどで販売されています。

高価ですが貴重な植物で、環境省レッドデータブックの絶滅危惧1A類にも指定されているため、自生しているのを採取するのはやめましょう。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヘツカランのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヘツカランの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヘツカランは、日当たりの良い場所で育てましょう。

水はけの良い用土で育て、4月上旬~7月上旬と、9月に7日~10日に1度、1500~2000倍の、ごく薄い液肥を施しましょう。

加えて、4月と10月に小量の固形肥料を置肥すると良いでしょう。

また、ヘツカランは、生育期には土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

冬場は乾燥気味に育てると良いでしょう。

 

②ヘツカランの画像(写真)!特徴は?

ヘツカランは、草丈30cm~80cmほどになる植物です。

葉は束生し、線形で長さ30cm~50cmほど、幅1cm~1.5cmほどになり、革質で厚く、光沢があります。

花は偽鱗茎の基部から出た長さ20cm~30cmほどの花茎の先に疎らに10個~15個付けます。

萼片は倒披針形で、白色に暗紅紫色の筋が入っていて、唇弁は直立し、暗紅紫色で3中裂し、中央裂片は反曲していて、表面に短毛があります。

果実は紡錘形で長さ3cm~4cmほどですが、開花時にも前年の果実が残るのが特徴です。

 

③ヘツカランの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヘツカランの開花時期は、10月~11月です。

 

④ヘツカランの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ヘツカランは、1株5500円ほどで販売されています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)