ロベリアの育て方!開花時期や花言葉など5つのポイント!








爽やかな色で花壇を彩るロベリアは、種類が豊富にあります。

 

一年草の種類は、耐寒・耐暑ともにあまりなく、育てるにはちょっとコツのいる品種です。

宿根草の種類は育てやすく、水辺に植えるとよりよく育ちます。

 

 

環境にあった種類を選んで、可憐な花を咲かせてみましょう!

お庭いっぱいに咲くとかわいいですよね。

 

今回はロベリアについてのポイント、

①ロベリアの栽培方法(環境、土、肥料、水やり)
②ロベリアの開花時期っていつ頃?
③ロベリアの寄せ植えのポイントは?
④ロベリアの花言葉はなに?
⑤ロベリアの種類は何があるの?

 

以上5つの点についてお伝えします!

まずは、ロベリアの育て方からお伝えしますね!

 

ロベリアの育て方は?

 

ロベリアの一般的な種まきの時期は、秋まきという9~10月の秋に種まきをします。

寒さの厳しい地域は、秋に種をまくと小さい苗の時期に冬を越す事になり、育つ事が難しいので4月〜5月に種まきをします。

ロベリアの種はとても小さいので重ならないように注意しながら種まきをしましょう。

寒さが厳しい地域ではない方も、冬の寒さが心配。という方は、春まきの3月~4月に種まきをすると冬の寒さの心配がなくなりますよ。

 

次はロベリアの好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ロベリアの育て方!環境はどうする?

 

ロベリアは、日当たりのよい場所で育てると、花をたくさんつける株に成長します。

 

 

ロベリアは高温、多湿が苦手な植物なので、夏は風通しのよい少し日陰になるように注意してあげましょう。

 

次は、ロベリアに適した用土についてお伝えします!

 

ロベリアを育てる際の適した用土は何?

 

ロベリアは、水はけのよい土を好みます。

水はけがよければ、市販の土で十分育ちますよ。

 

土を配合される方は、「赤玉土(小粒)7:腐葉土3」の割合で混ぜた土を使いましょう。

次はロベリアに必要な肥料についてお伝えします。

 

ロベリアの育て方!肥料はどうする?

 

ロベリアは春~花が咲き終わる頃まで、液体肥料を10日に1回のペースで与えます。

ロベリアの根は細く、肥料焼けすることがあるので与えすぎには注意しましょう。

 

次はロベリアを育てる際の水の量についてお伝えします!

 

ロベリアを育てる際の水の量はどうする?

 

ロベリアは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

ロベリアは水切れに弱い傾向があります。乾燥させすぎには注意しましょう。

 

次はロベリアの開花時期についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

ロベリアの開花時期はいつ頃?

 

秋に種をまいたロベリアは4月中旬~6月頃に開花します。

春に種をまいた場合の開花時期は、少し遅れ、6月〜7月になります。

 

次はロベリアの寄せ植えのポイントについてお伝えします。

 

ロベリアの寄せ植えのポイントは?

 

寄せ植えをする際には、植え替えをする事になります。

植え替えによるダメージで植物を弱らせないために元気に育っている株を選びましょう。

 

寄せ植えは色々な植物を同じプランターに植えるので、害虫がついている植物を一つでも選んでしまうと他の植物も害虫被害に遭ってしまう事になります。

植え替えに使う植物全てに害虫がついていないか、一つ一つしっかりと確認をする事が大切です。

 

どの植物と一緒に植えるか迷った時は、水やりがロベリアと同じようなペースで出来る植物を選ぶといいでしょう。

 

特にペチュニア(サフィニア)がオススメですよ。

※ペチュニア(サフィニア)の育て方や特徴等はこちらをご覧ください。

 

(写真は、パンジーとロベリア)

 

栽培方法から、寄せ植えまでお伝えした次は、ロベリアの花言葉についてお伝えしますね。

 

ロベリアの花言葉はなに?

 

ロベリアの花言葉は「謙遜」「いつも愛らしい」です。

ロベリアの花の見た目にぴったりの花言葉ですね。

 

その反面、「悪意」「敵意」の花言葉もついています。

 

 

薬と毒の、どちらにでもなる「アルカロイド」という成分がロベリアの根に含まれる事から、このような花言葉が付けられました。

 

次は、ロベリアの種類についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ロベリアの種類は何があるの?

 

ロベリアの仲間には約400種があります。

 

日本で園芸用として一般的に親しまれている品種は「ロベリア・エリヌス」です。

より育てやすいロベリアを探しているという方は、育てやすいように品種改良された「宿根ロベリア」と書かれいるものを選ぶといいでしょう。

 

  • オススメ記事はこちら

シランの育て方等はこちらをご覧ください。

ニワゼキショウ(シシリンチウム)の育て方等はこちらをご覧ください。

グレコマの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ロベリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

1個づつ振り返ってみましょう!

 

①ロベリアの栽培方法(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのよい場所で育てると、花をたくさんつける株に成長します。

水はけのよい土を好みます。

土を配合される方は、「赤玉土(小粒)7:腐葉土3」の割合で混ぜた土を使いましょう。

春~花が咲き終わる頃まで、液体肥料を10日に1回のペースで与えます。

ロベリアの根は細く、肥料焼けすることがあるので与えすぎには注意しましょう。

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

水切れに弱い傾向があります。乾燥させすぎには注意しましょう。

 

②ロベリアの開花時期っていつ頃?

秋に種をまいたロベリアは4月中旬~6月頃に開花します。

 

③ロベリアの寄せ植えのポイントは?

寄せ植えをする際には、植え替えをする事になります。

植え替えによるダメージで植物を弱らせないために元気に育っている株を選びましょう。

どの植物と一緒に植えるか迷った時は、水やりがロベリアと同じようなペースで出来る植物を選ぶといいでしょう。

 

④ロベリアの花言葉はなに?

ロベリアの花言葉は、「謙遜」「いつも愛らしい」です。

「悪意」「敵意」の花言葉もついています。

 

⑤ロベリアの種類は何があるの?

日本で園芸用として一般的に親しまれている品種は「ロベリア・エリヌス」です。

より育てやすいロベリアを探しているという方は、育てやすいように品種改良された「宿根ロベリア」と書かれいるものを選ぶといいでしょう。

 

春にはお庭いっぱいのロベリアがあなたのお庭に咲いていますように祈ります!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)