スーパーアリッサムの育て方!種まきの時期や花言葉など5つのポイント!








ほんのりとした甘い香りの小花の集まりがかわいく魅力的なアリッサム。

アリッサムは、開花時期が長いだけでなく、育てるのも非常に簡単なんですよ。

 

 

アリッサムは寄せ植えに向いています。

今回は、アリッサムの寄せ植えに特におすすめの品種などもご紹介してますので、最後までご覧くださいね!

 

今回はアリッサムについてのポイント、

①アリッサムの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アリッサムの種まきのポイントとは?
③アリッサムの寄せ植えのポイントは?
④アリッサムの切り戻しはどうやるの?
⑤アリッサムの花言葉はなに?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはアリッサムの育て方からお伝えします!

 

アリッサムの育て方は?

 

アリッサムの開花時期は2月から6月と、とても長い期間花と楽しむことができます。

 

特に、日当たりにさえ注意すれば、初心者でも簡単に育てることが出来る植物です。

 

植え付けの時期は、3月から4月の春、または9月から11月の秋です。

冬の寒さが心配な方や、寒さの厳しい地域では春に植え付けることをオススメします。

 

苗を植え付けする場合は、アリッサムは根が弱く根に傷がつくと、成長不良になったり枯れてしまうこともありますから、根を傷めないように注意して植え付けでください。

 

最初は、アリッサムが好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

アリッサムの育て方!環境はどうする?

 

庭植えで育てる場合は、水はけのよい日なたに植え付けます。

冬の寒さでも凍らない場所に植えつけましょう。

 

鉢植えにする場合は、春と秋は風通しのよい日なたで育てます。

真夏は半日陰に置いて涼しく管理しましょう。

 

 

冬は霜に当てないように防寒したり軒下に取り込むようにします。

次は、アリッサムに適した用土についてお伝えします!

 

アリッサムを育てる際の適した用土は何?

 

赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜた土を使います。

配合が難しいなという方は、市販の花と野菜の土でも十分育ちますよ。

アリッサムは酸性の土が苦手です。

庭植えをする場合は植え付けをする2週間前に石灰を混ぜて中和させておきましょう。

 

次は、アリッサムに必要な肥料についてお伝えします!

 

アリッサムの育て方!肥料はどうする?

 

開花時期は1週間に一回程度液体肥料を与えましょう。

アリッサムは花が多く、開花時期も長いので肥料が切れると花が減ったり、咲かなくなってしまいます。

 

肥料が切れると葉っぱが黄色くなることがありますが、多湿や乾燥が原因で葉が黄色くなってる場合もあります。

土の様子や植物の様子をしっかりと見て肥料は与えすぎないようにしましょう。

 

肥料に記載されている使用方法をしっかりと守ることも大切です。

 

では次は、アリッサムの水やりポイントについてお伝えします!

 

アリッサムを育てる際の水の量はどうする?

 

鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

庭植えは、雨水のみで特に水やりは必要ありませんが、雨が降らない日が続き、土が極端に乾燥しているときだけ水やりをしましょう。

 

アリッサムは土が常に湿っているような湿気の多い環境を嫌うので、乾燥気味に育てましょう。

 

以上で基本的なアリッサムの育て方については終わりです。

次は、アリッサムの種まきのポイントを詳しくお伝えします!

 

アリッサムの種まきのポイントは?

 

秋に花を咲かせるなら2月から4月に。

春に花を咲かせるなら9月から11月に種まきをします。

育苗箱に種をばらまき、本葉が2枚になったら生育のよいものを育成ポット苗に移します。

本葉が5枚になるまで育成ポットで育て、植木鉢か地面に植え替えます。

 

植木鉢、または地面に直接ばらまき、間引きながら育てることもできます。

 

アリッサムは根が弱いので、何度も植え替えが必要な育成箱に種まきするよりも、植木鉢や地面に直接種まきをする方法をオススメします。

 

次はアリッサムの寄せ植えポイントについてお伝えします!

 

スポンサーリンク

アリッサムの寄せ植えのポイントは?

 

アリッサムはとても寄せ植え向いている植物です。

 

草丈が低く、花も小さく控えめでとても丈夫な植物なので、合わせる植物を特に選びません。

様々な寄せ植えを楽しむことができますよ。

 

寄せ植えのコツは、花色を同系色や反対色でまとめるようにしましょう。

同系色で揃えると落ち着きのある寄せ植えを作ることができ、反対色でまとめるととても華やかな寄せ植えになりますよ。

 

「パンジー」と「アリッサム」の寄せ植えの相性はとてもいいです。

開花の期間がとても長く、開花時期もアリッサムと同じ時期のパンジー。

 

そしてパンジーは草丈も低く、白、ピンク、青、黄色、赤色など花色もとても豊富です。

 

 

1つの植木鉢やプランターに複数の植物を植える寄せ植えは、育てる環境が似ている植物を組み合わせることがとても大切です。

 

例えば、日当たりを好む植物と日陰を好む植えてしまった場合、置き場所をどちらに合わせて置くと必ずどちらかが枯れてしまいますね。

過湿を嫌い、日当たりと水はけの良い土を好むパンジーはアリッサムと同じ環境で育てることができますね。

 

育てる環境、開花時期、草丈、全てにおいてパンジーとアリッサムの寄せ植えは相性がいいといえます。

アリッサム、パンジーどちらも手に入りやすい植物ですので、是非寄せ植えにしてみてはいかかでしょうか。

 

次はアリッサムの切り戻しのポイントについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

アリッサムの切り戻しはどうやるの?

 

植物は切り戻しをせずに育てると、脇芽を伸ばさず上へ上へと伸びていきます。

脇芽がないと花が先端に咲くだけで花が少なくなってしまうので、切り戻しをして脇芽を増やし花数を増やします。

 

切り戻しをすることで、株全体の風通しがよくなります。

夏の蒸れを防ぐことができ、暑い夏を乗り越えやすくなります。

脇芽がたくさん出て、株の半分ぐらいを切り落としてもまた育ち、増えた脇芽を入れると切り戻し前の2倍ぐらいまで大きくなります。

 

まだ咲いている花があったり、つぼみまで切り落としてしまうことになりかわいそうな気もしますが、しっかり切り落とす方が方が大きく育ちます。

なので、株の半分ぐらいまでバッサリ切り戻しましょう。

 

 

アリッサムは梅雨前に切り戻すと、風通しがよくなり、蒸れにくくなります。

9月から10月に伸びすぎた茎を短く切り戻すと、新芽が出て大きな株に育ちます。

 

また梅雨前に切り戻した茎を3センチぐらいに切り、土に挿すと挿し木として増やすこともできますよ。

 

次はアリッサムの花言葉についてお伝えします。

 

アリッサムの花言葉はなに?

 

アリッサムの花言葉は「美しさを超えた価値」「奥ゆかしい美しさ」「飛躍」です。

 

 

どれもアリッサムの小さな花色や形、香りをイメージした素敵な花言葉ですね。

 

  • オススメ記事

ゼラニウムの育て方等はこちらをご覧ください。

チャイブの育て方等はこちらをご覧ください。

クルクマの育て方等はこちらをご覧ください。

 

アリッサムのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①アリッサムの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アリッサムを庭植えで育てる場合は、冬の寒さでも凍らない水はけのよい日なたに植え付けしましょう。

鉢植えは、風通しのよい日なたで育てます。

庭植えは、植え付けの2週間前に石灰を混ぜて中和させておきましょう。

鉢植えは市販の土、または赤玉土と腐葉土を7:3の配合土を使います。

鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

庭植えは、雨水のみ。雨が降らない日が続いた時だけ水やりをしましょう。

 

②アルッサムの種まきのポイントとは?

アリッサムの種まきの時期は2月から4月または、9月から11月です。

アリッサムは根が弱いので、何度も植え替えが必要な育成箱に種まきするよりも、植木鉢や地面に直接種まきをする方法をオススメします。

 

③アリッサムの寄せ植えのポイントは?

アリッサムはとても寄せ植え向いています。

特に、育てる環境と開花時期が同じパンジーとの寄せ植えが相性がいいのでオススメです!。

 

④アリッサムの切り戻しはどうやるの?

梅雨前と、秋に伸びすぎた茎を短く切り戻します。

梅雨前に切り戻した茎を使い、挿し木で増やすことができます。

 

⑤アリッサムの花言葉はなに?

アリッサムの花言葉は、美しさを超えた価値・奥ゆかしい美しさ・飛躍です。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)