サルスベリ(百日紅)の育て方!剪定方法や花言葉など14個のポイント!








サルスベリは寒さに強く、育てやすい性質から庭木として人気があります。

また種類も豊富で、環境に合った品種を選ぶことができるのも魅了のひとつです。

 

 

サルスベリを育てるためには、いくつか大事なポイントがあるんです!

そのポイントをおさえれば、毎年きれいな花を楽しむ事ができますよ。

 

サルスベリに適した環境や「サルスベリの不吉なウワサ」さまざまな品種もお伝えしますので、どうぞ最後までご覧ください!

 

今回はサルスベリについてのポイント、

①サルスベリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サルスベリ(百日紅)の花の季節や開花時期はいつ頃なの?
③サルスベリ(百日紅)の剪定方法とは?
④サルスベリ(百日紅)の移植(植え替え)をする際の注意点と移植時期は?
⑤サルスベリ(百日紅)を鉢植えで育てるポイントは?
⑥サルスベリ(百日紅)を苗木から育てる際のポイント(植え付け)は?
⑦サルスベリ(百日紅)がかかりうる病気と害虫の種類と対策は?
⑧サルスベリ(百日紅)が咲かない原因と対策方法は?
⑨サルスベリ(百日紅)の増やし方はどうする?
⑩サルスベリ(百日紅)の挿し木の時期とやり方は?
⑪サルスベリ(百日紅)の値段や価格っていくらぐらいなの?
⑫サルスベリ(百日紅)と風水の関係性は?
⑬サルスベリ(百日紅)の花言葉はなに?
⑭サルスベリ(百日紅)の種類や品種は何がある?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはサルスベリ(百日紅)の育て方からお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の育て方は?

 

サルスベリは枝から新梢を伸ばし、先端に花をつけます。

花が咲いた後は、新梢を切り落とす剪定を行うことで翌年にはまた、充実した新梢を出すことができます。

 

鉢植えにする場合と庭植えにする場合では、管理が異なってくるので、それぞれに育て方のポイントがあります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サルスベリが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サルスベリ(百日紅)の育て方!環境はどうする?

 

サルスベリは日当たりがよい環境を好みます。

日当たりが悪い場所だと花つきが悪くなり、病気にもかかりやすくなるので、日陰になる場所は避けましょう。

 

 

花つきがよく病気にかかりにくく育てるには、用土選びも重要なポイントです。

次は、サルスベリ(百日紅)に適した用土についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)を育てる際の適した用土は何?

 

サルスベリに適した用土は、水はけがよく肥沃な用土です。

市販の庭木用の培養土でもよく育ちますが、配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:川砂1」がおすすめですよ。

日当たりの他にもやせた土地は、花つきも悪く病気にかかりやすくなるので、元肥をしっかり施し追肥も行いましょう。

次は、サルスベリ(百日紅)に必要な肥料についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の育て方!肥料はどうする?

 

元肥として堆肥や腐葉土など、有機質を多めに混ぜこんでおきましょう。

追肥は株が充実する9月下旬と休眠期の1~2月の2回、株元に油かすと緩効性肥料を混ぜたものを40~60gを目安に施します。

 

サルスベリの花が咲き終わると種ができます。種を採取して種まきをしてみましょう!

次はサルスベリ(百日紅)の種まき時期と種まきのポイントについてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

11月に剪定を行うので、その際に種を採取しましょう。

種は乾燥に気を付けながら冷暗所で保管します。

 

春になったら種を1時間ほど水に浸し、育苗箱に種まき用の土を入れて種をまきます。

土が乾燥しないように管理すると2~4週間で発芽するので、1か月ほど育てたら、育苗ポットに移しましょう。

更に3~4か月ほど育てて、苗がしっかりしてきたら鉢や庭に定植します。

 

 

時間はかかりますが、種が取れたときはぜひ挑戦してみてくださいね。

では基本の育て方に戻りたいと思います。

次は、サルスベリの水やりポイントについてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)を育てる際の水の量はどうする?

 

サルスベリを植えつけてから1年間は表土が乾燥したらたっぷり水やりを行いましょう。

 

1年以上経ってしっかりと根づいたら、庭植えの場合は降雨のみで育てます。

鉢植えの場合は、夏場の土が乾きやすい時期に注意しながら、表土が乾いたら水やりを行うように管理してください。

 

花つき・花もちをよくするには、夏場にす水分不足にならないようにするのがポイントですよ!

 

以上で基本的なサルスベリの育て方については終わりです。

次はサルスベリ(百日紅)の花の季節や開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サルスベリ(百日紅)の花の季節や開花時期はいつ頃なの?

 

サルスベリの開花時期は7〜10月です。

新梢の先にピンクや白などの花を、円錐状に咲かせます。

 

 

枝の育つ早さはそれぞれ違うので、花が咲くタイミングも枝によって違いがあります。

こうして次々と花を咲かせ、開花時期が長いことから「百日紅」という名前がつけられました。

 

サルスベリの花は新梢の先に花序がつくので、毎年丈夫な新梢を作るために、剪定は大切なポイントになります。

次はサルスベリ(百日紅)の剪定方法についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の剪定方法とは?

 

落葉期の11月下旬~3月に剪定を行いましょう。

 

枝から伸びた花が落ちた新梢を、枝近くの根元10cmほどの場所で切り落とします。

切った場所から翌年にまた新梢が伸びるので、毎年新梢を切り落としてください。

 

この剪定作業を3~4年繰り返すと、枝先がコブ状になることがあります。

 

 

このコブを枝から切り落とすと、次にまた新しい新梢が伸び始めます。

 

春~秋は地際から出た細い枝を切ってあげることで、株が弱くなるのを防ぐことができます。

こうして強い新梢を作ることが、たくさん花を咲かせるポイントなので、剪定は毎年しっかり行いましょう。

 

サルスベリは移植を嫌います。庭植えにする場合は、成長後の大きさなども考えて植え付けを行いましょう。

サルスベリがまだそれほど大きくなく、やむを得ず移植する場合は次のようなポイントに注意が必要です。

 

次はサルスベリ(百日紅)の移植(植え替え)をする際の注意点と移植時期についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の移植(植え替え)をする際の注意点と移植時期は?

 

サルスベリを移植する際は、3~4月または10~11月に行いましょう。

鉢植えの場合は、鉢底から根が出ていたり、2年に1回を目安に植え替えを行います。

 

 

サルスベリは根が傷むと、その後の生育に影響が出てしまいます。

根を傷めないように十分に注意しながら、古い土を3分の1ほど落としましょう。

傷んで黒くなっている根は切り落とし、1~2回り大きな鉢と新しい土に植え替えをします。

 

植え付け後は、たっぷりと水やりを与えてください。

 

最初の方でもお伝えしましたが、庭植えを鉢植えでは、管理が多少異なります。

鉢植えで育てる場合には、次のようなことに注意しましょう。

次は、サルスベリ(百日紅)を鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サルスベリ(百日紅)を鉢植えで育てるポイントは?

 

サルスベリを鉢植えで育てる場合は、庭植えよりも土が乾きやすいので「水切れ」に注意が必要です。

植え付け1年後も、表土が乾いたら水やりを行うようにしましょう。

 

肥料も消耗するスピードが早いので、葉や花の状態をみて元気がないときは、生育期の5~8月にも緩効性肥料を施しましょう。

ただし過肥は株を傷める原因になるので、肥料の与え過ぎに注意してくださいね。

 

鉢植えの場合は定期的な植え替えが必要です。上記の植え替え時期に行い、根詰まりを予防しましょう。

 

種から育てることのできるサルスベリですが、一般的には苗から育てることが多いでしょう。

次はサルスベリ(百日紅)を苗木から育てる際のポイント(植え付け)についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)を苗木から育てる際のポイント(植え付け)は?

 

サルスベリの植え付けに適した時期は、4~5月または9~10月です。

あたたかい気候で根がよく育つので、寒い時期の植え付けは避けましょう。

 

元肥をしっかりと施し、水はけのよい土を用意することがポイントです。

 

サルスベリは混植を嫌うので他の木が植えられていない場所に、独立樹として植えましょう。

将来どのくらいの大きさになる品種なのかをしっかりと確認し、移植しなくてもいい場所を選んで植え付けをします。

 

 

サルスベリの剪定には花つきをよくする効果のほかにも、病気や害虫を予防する効果もあるんですよ。

サルスベリの病気や害虫とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

次はサルスベリ(百日紅)がかかりうる病気と害虫の種類と対策についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)がかかりうる病気と害虫の種類と対策は?

 

サルスベリがかかりうる病気に「うどんこ病」「すす病」があります。

 

うどんこ病は、葉に白い粉のようなカビがついて、やがて葉が枯れてしまうこともあります。

枝がこみ合っている場合は剪定を行い風通しをよくすることと、よく日に当てること、乾燥させ過ぎないことで予防することができます。

 

すす病は、葉に黒い病斑が出て、範囲が広がると光合成ができなくなり、やがて枯れてしまうこともある病気です。

アブラムシ、カイガラムシを防虫することで予防することができます。

 

害虫には「サルスベリフクロカイガラムシ」があります。

幼虫の時期は薬剤が効くので、幼虫のうちに薬剤散布で駆除しましょう。

成虫になると薬剤が効きづらくなります。ブラシなどを使いそぎ落として駆除し、薬剤で消毒しましょう。

風通しをよくすることで防虫できます。

 

このように剪定は病気・害虫ともに予防できるので、しっかりと行いましょうね。

 

まとまって咲くサルスベリの花はとても美しいですよね。しかし「花が咲かない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

サルスベリの花が咲かないのには、アレが関係しているかもしれません。

 

次はサルスベリ(百日紅)が咲かない原因と対策方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サルスベリ(百日紅)が咲かない原因と対策方法は?

 

花が咲かない原因に多いのは「剪定の仕方」があります。

ずっと剪定を行っていないと、枝が細く弱くなり、花をつけにくくなるのです。

 

 

また、花がついていた先端だけを切り落としていませんか?

それでは新梢自体はそのままなので、花つきはどんどん悪くなってしまいます。

切る位置は枝近くの新梢の根元付近から、切り落としましょう。

 

他にも花が咲かない理由には、日照不足、水分不足、過肥などが考えられます。

適した環境と育て方で管理しましょう。

 

サルスベリの育て方がわかってきたら、次はサルスベリを増やしてみることに挑戦してみませんか?

大切に育てたサルスベリが上手に増やせたときは、家族が増えたように嬉しい気持ちになりますよ!

次はサルスベリ(百日紅)の増やし方についてお伝えします。

 

サルスベリ(百日紅)の増やし方はどうする?

 

サルスベリは「種まき」と「挿し木」で増やすことができます。

種まきで増やす場合は「種まきのポイント」の項目をご覧くださいね。

 

 

次では、サルスベリ(百日紅)の挿し木の時期とやり方について詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク

 

サルスベリ(百日紅)の挿し木の時期とやり方は?

 

サルスベリの挿し木に適した時期は3~4月です。

 

新しく元気な枝を選び、15~20cmほどに切ります。

上の方の葉を数枚残し、後は全部落としてください。

枝の切り口をV字に切り、1~2時間水に浸し水あげを行います。

 

挿し木用の土に挿して、明るい日陰で土が乾燥しないように管理しましょう。

根がしっかりと張ったら、1本ずつ鉢に植えて徐々に日に当てていきながら育てます。

 

サルスベリの苗木は購入するといくらぐらいなのでしょうか?

次はサルスベリ(百日紅)の値段や価格についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の値段や価格っていくらぐらいなの?

 

サルスベリの苗木は、30cmのポット苗で300円から販売されています。

 

株立ちしているものは、1mほどの大きさで6千円前後です。

樹丈が大きくなるにつれて値段も上がります。

きれいな花が咲くことと、育てやすさから庭木として人気のあるサルスベリですが「サルスベリは庭木にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか?

どうしてそのようなことが言われているのでしょうか?

それはサルスベリと風水との関係にありました。

 

次はサルスベリ(百日紅)と風水の関係性についてお伝えします。

 

サルスベリ(百日紅)と風水の関係性は?

 

サルスベリ(猿滑り)はその名前から「滑る」「落ちる(下る)」という言葉を連想させ、運気を下げてしまうと言われています。

そのため庭木にすると悪いことが起きるという話があるのです。

とくに「北」「西」の方角はよくありません。

 

サルスベリを植える場合は「東」「東南」の方角に植えるとよいとされています。

この方角に植える場合は、低木で花色が白ではない品種を選びましょう。

 

 

サルスベリは「百日紅」のほかに上記のように「猿滑り」という字もあてられます。

それはサルスベリの樹皮がつるつるとしていて、木登り上手な猿でも滑って登れないという意味があります。

では花言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

次はサルスベリ(百日紅)の花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

サルスベリ(百日紅)の花言葉はなに?

 

 

サルスベリの花言葉は「愛嬌」「雄弁」「不用意」「活動」「世話好き」「あなたを信じる」です。

 

「雄弁」は花や葉が揺れると賑やかに話しているように見えることから、この花言葉がついたと言われています。

 

サルスベリには、花色や樹木の高さなどさまざまな種類があるのをご存知でしたか?

次はサルスベリ(百日紅)の種類や品種についてお伝えします!

 

サルスベリ(百日紅)の種類や品種は何がある?

 

サルスベリの種類には「イッサイサルスベリ」「シマサルスベリ」「オオバナサルスベリ」などがあります。

サルスベリがかかりやすい「うどんこ病」に強い品種をいくつかご紹介します。

 

「タスカローラ」

高木性で赤桃色の大きな花びらが人気の品種です。

 

「マスコギー」

高木性で葉は大きく、薄紫の大きな花を咲かせます。

 

「チカソー」

矮性で小さいサイズの品種です。

花色はピンクで、マイナス20度まで耐えることができるので、寒冷地でも問題なく地植えすることができます。

 

「涼風」

低木性で薄紫色の花を咲かせます。

 

ご自宅に合った品種を選んで、育ててみてくださいね!

 

  • オススメ記事

ベンジャミンの育て方等はこちらをご覧下さい。

クサギの育て方等はこちらをご覧ください。

ナンキンハゼの育て方等はこちらをご覧ください。

 

サルスベリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは14個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①サルスベリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サルスベリは日当たりがよい環境を好みます。

日当たりが悪い場所だと花つきが悪くなり、病気にもかかりやすくなるので、日陰になる場所は避けましょう。

サルスベリに適した用土は、水はけがよく肥沃な用土です。

市販の庭木用の培養土でもよく育ちますが、配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:川砂1」がおすすめです。

元肥として堆肥や腐葉土など、有機質を多めに混ぜこんでおきましょう。

追肥は株が充実する9月下旬と休眠期の1~2月の2回、株元に油かすと緩効性肥料を混ぜたものを40~60gを目安に施します。

11月に剪定を行うので、その際に種を採取しましょう。

種は乾燥に気を付けながら冷暗所で保管します。

春になったら種を1時間ほど水に浸し、育苗箱に種まき用の土を入れて種をまきます。

土が乾燥しないように管理すると2~4週間で発芽するので、1か月ほど育てたら、育苗ポットに移しましょう。

サルスベリを植えつけてから1年間は表土が乾燥したらたっぷり水やりを行いましょう。

1年以上経ってしっかりと根づいたら、庭植えの場合は降雨のみで育てます。

鉢植えの場合は、夏場の土が乾きやすい時期に注意しながら、表土が乾いたら水やりを行うように管理してください。

 

②サルスベリ(百日紅)の花の季節や開花時期はいつ頃なの?

サルスベリの開花時期は7~10月です。

新梢の先にピンクや白などの花を、円錐状に咲かせます。

 

③サルスベリ(百日紅)の剪定方法とは?

落葉期の11月下旬~3月に剪定を行いましょう。

枝から伸びた花が落ちた新梢を、枝近くの根元10cmほどの場所で切り落とします。

切った場所から翌年にまた新梢が伸びるので、毎年新梢を切り落としてください。

 

④サルスベリ(百日紅)の移植(植え替え)をする際の注意点と移植時期は?

サルスベリは移植を嫌います。庭植えにする場合は、成長後の大きさなども考えて植え付けしましょう。

サルスベリを移植する際は、3~4月または10~11月に行いましょう。

鉢植えの場合は、鉢底から根が出ていたり、2年に1回を目安に植え替えをします。

サルスベリは根が傷むと、その後の生育に影響が出てしまいます。

根を傷めないように十分に注意が必要です。

 

⑤サルスベリ(百日紅)を鉢植えで育てるポイントは?

サルスベリを鉢植えで育てる場合は、庭植えよりも土が乾きやすいので「水切れ」に注意が必要です。

植え付け1年後も、表土が乾いたら水やりを行うようにしましょう。

肥料も消耗するスピードが早いので、葉や花の状態をみて元気がないときは、生育期の5~8月にも緩効性肥料を施しましょう。

 

⑥サルスベリ(百日紅)を苗木から育てる際のポイント(植え付け)は?

植え付けに適した時期は、4~5月または9~10月です。

あたたかい気候で根がよく育つので、寒い時期の植え付けは避けましょう。

元肥をしっかりと施し、水はけのよい土を用意することがポイントです。

サルスベリは混植を嫌うので他の木が植えられていない場所に、独立樹として植えましょう。

 

⑦サルスベリ(百日紅)がかかりうる病気と害虫の種類と対策は?

サルスベリがかかりうる病気に「うどんこ病」「すす病」があります。

うどんこ病は、枝がこみ合っている場合は剪定を行い風通しをよくすることと、よく日に当てること、乾燥させ過ぎないことで予防することができます。

すす病は、アブラムシ・カイガラムシを防虫することで予防することができます。

害虫には「サルスベリフクロカイガラムシ」があります。

風通しをよくすることで防虫できます。

 

⑧サルスベリ(百日紅)が咲かない原因と対策方法は?

花が咲かない原因に多いのは「剪定の仕方」があります。

ずっと剪定を行っていないと、枝が細く弱くなり、花をつけにくくなるのです。

また、花がついていた先端だけを切り落としていませんか?

それでは新梢自体はそのままなので、花つきはどんどん悪くなってしまいます。

切る位置は枝近くの新梢の根元付近から、切り落としましょう。

他にも花が咲かない理由には、日照不足、水分不足、過肥などが考えられます。

適した環境と育て方で管理しましょう。

 

⑨サルスベリ(百日紅)の増やし方はどうする?

サルスベリは「種まき」と「挿し木」で増やすことができます。

 

⑩サルスベリ(百日紅)の挿し木の時期とやり方は?

挿し木に適した時期は3~4月です。

新しく元気な枝を選び、15~20cmほどに切ります。

上の方の葉を数枚残し、後は全部落としてください。

枝の切り口をV字に切り、1~2時間水に浸し水あげを行います。

挿し木用の土に挿して、明るい日陰で土が乾燥しないように管理しましょう。

 

⑪サルスベリ(百日紅)の値段や価格っていくらぐらいなの?

サルスベリの苗木は、30cmのポット苗で300円から販売されています。

株立ちしているものは、1mほどのい大きさで6千円前後です。

 

⑫サルスベリ(百日紅)と風水の関係性は?

サルスベリ(猿滑り)はその名前から「滑る」「落ちる(下る)」という言葉を連想させ、運気を下げてしまうと言われています。

「北」「西」の方角はよくありません。

サルスベリを植える場合は「東」「東南」の方角に植えるとよいとされています。

この方角に植える場合は、低木で花色が白ではない品種を選びましょう。

 

⑬サルスベリ(百日紅)の花言葉はなに?

サルスベリの花言葉は「愛嬌」「雄弁」「不用意」「活動」「世話好き」「あなたを信じる」です。

 

⑭サルスベリ(百日紅)の種類や品種は何がある?

サルスベリの種類には「イッサイサルスベリ」「シマサルスベリ」「オオバナサルスベリ」などがあります。

サルスベリがかかりやすい「うどんこ病」に強い品種に、「タスカローラ」「マスコギー」「チカソー」「涼風」などがあります。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)