ブルーデイジーの育て方!寄せ植えや花言葉など15個のポイント!








淡いブルーの花びらが特徴のブルーデイジー。

「多年草のはずなのに一年で枯れてしまう」とお困りの方も多いのではないでしょうか?

 

でも安心してください。「あるポイント」に注意すれば、丈夫で大きな株に育てることができるんです。

この記事では、毎年きれいな花を咲かせるためのポイントを、わかりやすくご紹介します!

 

今回はブルーデイジーについてのポイント、

①ブルーデイジーの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ブルーデイジーの画像(写真)!
③ブルーデイジーの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ブルーデイジーの苗の植え付けのポイントは?
⑤ブルーデイジーの鉢植えのポイントは?
⑥ブルーデイジーの地植え(花壇)のポイントは?
⑦ブルーデイジーの植え替えのポイントは?
⑧ブルーデイジーの寄せ植えの仕方!
⑨ブルーデイジーの剪定(切り戻し)のポイントは?
⑩ブルーデイジーの増やし方!
⑪ブルーデイジーの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑫ブルーデイジーの種まき時期と種まきのポイントは?
⑬ブルーデイジーの花が咲かない(枯れる)原因は?
⑭ブルーデイジーの花言葉はなに?
⑮ブルーデイジーにはどんな種類があるの?

 

以上15個の点についてお伝えします。

まずはブルーデイジーの育て方からお伝えします!

 

ブルーデイジーの育て方は?

 

ブルーデイジーを育てる際には管理しやすい「鉢植え」での栽培がおすすめです。

暖地では地植えで育てることもできます。

 

季節に合わせた環境で管理することが、大きなポイントになるので、しっかりチェックしておきましょう!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ブルーデイジーが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブルーデイジーの育て方!環境はどうする?

 

ブルーデイジーは、日当たりと風通しのよい場所が適しています。

多湿が苦手なので、雨が当たらない場所で育てましょう。

 

 

夏は直射日光を避けて涼しい環境をつくり、冬に5℃を下回るときは、室内で管理します。

 

斑入り品種は暑さと寒さに弱いので、管理にはとくに注意してください。

 

ブルーデイジーは根をしっかり育てることが、枯れの予防にもつながります。

そのために適した用土に植えて、丈夫な根を育てましょう。

 

次は、ブルーデイジーに適した用土についてお伝えします!

 

ブルーデイジーを育てる際の適した用土は何?

 

水はけのよい土で育てましょう。

 

市販の「草花用の培養土」でよく育ちます。

配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:川砂1」がおすすめです。

 

庭土には腐葉土を加えてよく混ぜ込み、水はけをよくしておきましょう。

 

これらの用土に元肥を加えて植え付けします。

元肥はどのようなものが、適しているのでしょうか?

 

次は、ブルーデイジーに必要な肥料についてお伝えします!

 

ブルーデイジーの育て方!肥料はどうする?

 

元肥として、緩効性化成肥料を使います。

植え付け前に用土によく混ぜ込んでおきます。

 

追肥は4~6月と9~10月に、緩効性化成肥料を施してください。

液肥を与える場合は、規定の半分量を施しましょう。

 

庭植えへの追肥は必要ありません。

元気がなかったり生育が悪いときは、鉢植えと同じ肥料を与えましょう。

 

肥料は少なめに施すのがポイントになります。

 

多湿が苦手なブルーデイジーは「ある時期」の水の管理が、大事なポイントなります。

では次は、ブルーデイジーの水やりポイントについてお伝えします!

 

ブルーデイジーを育てる際の水の量はどうする?

 

鉢植えの表土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。

梅雨~初秋の時期は、やや乾燥気味に管理しましょう。

 

 

地植えの場合は、降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なブルーデイジーの育て方については終わりです。

次はブルーデイジーの画像(写真)をご紹介します!

スポンサーリンク

 

ブルーデイジーの画像(写真)!

 

 

ブルーデイジーは、キク科ルリヒナギク(フィリシア)属の多年草です。

紫がかった青い花びらが、とてもうつくしいですね。

 

 

生育がよく大株に育ち、草丈は30㎝ほどになります。

 

 

「デイジー」という名前がついていますが、デイジーはヒナギク属の植物で、ブルーデイジーとは属が異なります。

 

そんなブルーデイジーの花が見られるのは、どの季節なのでしょうか?

次は、ブルーデイジーの開花時期や季節についてお伝えします!

 

ブルーデイジーの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ブルーデイジーは春と秋に咲く花で、開花時期は4~6月、9~11月です。

 

 

中心花は黄色で、周りに舌状の花びらがつきます。

花色はブルーのほかにも、ピンクやホワイトもあります。

 

ブルーデイジーの苗は、9㎝ポットで150~200円ほどで販売されています。

苗を購入したら、鉢植えや花壇に植え付けしてみましょう。

 

次は、ブルーデイジーの植え付けについてお伝えします!

 

ブルーデイジーの苗の植え付けのポイントは?

 

ブルーデイジーの植え付けは4~5月が適期です。

 

地植えにする場合は高畝にして、株間を20~30㎝あけましょう。

鉢植えは5~6号鉢に1株が目安になります。

 

根を傷めると枯れてしまうので、根鉢を崩さずに植え付けしてください。

 

鉢植えで管理する場合は、次のようなポイントに注意してみましょう。

次は、ブルーデイジーの鉢植えのポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブルーデイジーの鉢植えのポイントは?

 

鉢植えは季節に合った場所へ移動させて、管理することがポイントになります。

 

春と秋は日当たりのよい場所で育てます。

夏は半日陰の涼しい場所で管理しましょう。

冬は室内の明るい場所が適しています。

 

 

多湿を嫌うので、受け皿に溜まった水は毎回捨ててください。

生育不良の原因となる、根腐れや根づまりを予防するためには、定期的な植え替えも必要です。

 

花壇で育てたいという方は、「ある季節」の環境に注目してみましょう。

次は、ブルーデイジーの地植えのポイントについてお伝えします!

 

ブルーデイジーの地植え(花壇)のポイントは?

 

地植えにする場合、冬は最低でも0℃以上の環境が必要です。

凍結を予防するために、株元に腐葉土やワラを敷いて防寒しましょう。

 

高温多湿に弱く、雨が当たる場所では、葉や花が傷みやすくなります。

夏の直射日光で枯れてしまうこともあるんです。

 

 

強い直射日光と雨を避けられる場所に、植え付けすることがポイントになります。

 

鉢植えで管理していると、日が経つにつれ、土の栄養分がうすくなってきます。

植え替えは元気な株に育てるために必要な作業です。

 

次は、ブルーデイジーの植え替えのポイントについてお伝えします!

 

ブルーデイジーの植え替えのポイントは?

 

ブルーデイジーの植え替えは9~10月頃が適期です。

よく生長して根が伸びるので、年に1回を目安に行いましょう。

 

一回り大きな鉢と新しい土に植え替えします。

根鉢を崩さずに植え替えすることがポイントです。

 

ブルーデイジーの青い花は、ほかの色の花とのコントラストがよく、寄せ植えにも適しています。

次は、ブルーデイジーの寄せ植えの仕方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブルーデイジーの寄せ植えの仕方!

 

ブルーデイジーで寄せ植えをつくる場合は、小型の矮性品種を選びましょう。

一緒に植える植物は「クモマグサ」「シャスタデージー」「マリーゴールド」「ジニア」などがおすすめです。

 

(写真はジニア)

*ジニアの育て方や花言葉等はこちらをご覧ください!

 

(写真はマリーゴールド)

*マリーゴールドの育て方や花言葉等はこちらをご覧ください!

 

株間を詰めすぎずに通気性をよくすることが、寄せ植えを長持ちさせるポイントです。

 

ブルーデイジーはジメジメとした環境が苦手です。

定期的に剪定をして、風通しのよい状態を保つようにしましょう。

 

次は、ブルーデイジーの剪定(切り戻し)のポイントについてお伝えします!

 

ブルーデイジーの剪定(切り戻し)のポイントは?

 

咲き終わった花がらは、こまめに摘み取りましょう。

 

春の花が咲き終わったら、全体の1/3くらいで切り戻します。

風通しをよくして、秋の開花に備えましょう。

 

植え替えの時期に、地上部を1/2ほど切り戻してください。

 

年数が経った株は、だんだん樹形が乱れて株も衰えてきます。

次のような方法で株を増やして更新しましょう。

 

次は、ブルーデイジーの増やし方についてお伝えします!

 

ブルーデイジーの増やし方!

 

ブルーデイジーは「挿し木(挿し芽)」「種まき」で増やすことができます。

 

 

種まきは品種によって、種の採れる量がちがいがあります。

苗を購入するときに、品種を確認しておきましょう。

 

挿し木はどの品種でも行うことができます。

 

ではそれぞれのやり方を、もっと詳しくみてみましょう。

まずは、ブルーデイジーの挿し木(挿し芽)のやり方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブルーデイジーの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

ブルーデイジーの挿し木(挿し芽)は4~5月頃が適期です。

 

茎を先端から5㎝ほどの長さにカットして、下葉を取り除きます。

切り口を30分~1時間ほど水に浸してから、挿し木専用土へ挿していきましょう。

 

明るい日陰で、土が乾燥しないように管理します。

根が張ってきたら鉢に植え替えをして育ててください。

 

次は、ブルーデイジーの種まきのポイントについてお伝えします!

 

ブルーデイジーの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ブルーデイジーの種まきは9~10月頃が適期です。

 

花後に種を採取して、種まき専用土にまきましょう。

かるく土をかぶせて、明るい日陰で土が乾燥しないように管理します。

 

発芽したら混みあっているところの芽を間引いて、本葉が数枚になったら1本ずつ育苗ポットに移します。

 

生育のよいブルーデイジーですが、「花がなかなか咲かない」とお困りの方も多いのではないでしょうか?

花が咲かない原因には、次のようなことが考えられます。

 

次は、ブルーデイジーの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

ブルーデイジーの花が咲かない(枯れる)原因は?

 

30℃以上の気温がつづくと花芽が減って、枯れてしまうこともあります。

夏は半日陰で、風通しをよくしてあげることが、花を咲かせるポイントです。

 

 

反対に気温が低すぎても枯れてしまいます。

冬は5℃以上、最低でも0℃以上の環境で管理しましょう。

 

数年経った株は、だんだん花芽が減ってきます。

挿し木で株を更新するのがおすすめです。

 

特徴であるブルーの花色と、見た目がデイジーに似ていることから、「ブルーデイジー」と名づけられました。

では花言葉には、どのような意味が込められているのでしょうか?

 

次は、ブルーデイジーの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブルーデイジーの花言葉はなに?

 

ブルーデイジーの花言葉は「純粋」「幸福」「無邪気」「恵まれている」「協力」です。

 

 

学名の「Felicia(フェリシア)」の語源である「felix(フェリックス)」には、ラテン語で「恵まれている」という意味があります。

このことが花言葉の由来になっているといわれています。

 

ブルーデイジーには、ブルー以外の花色もあるのをご存知でしょうか?

次は、ブルーデイジーの種類についてお伝えします!

 

ブルーデイジーにはどんな種類があるの?

 

ブルーデイジーには、葉にライトグリーンの模様が入る「斑入り品種」があります。

きれいな斑模様を維持するためには、ほかの品種よりも、暑さと寒さに注意が必要です。

 

白い花を咲かせる「ペガサス」「ピンク花の品種」もあります。

「矮性品種」は草丈が15~20㎝ほどなので、寄せ植えや小さな鉢植えにもおすすめです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

  • オススメ記事

ツルニチニチソウの育て方等はこちらをご覧下さい。

ニオイバンマツリの育て方等はこちらをご覧ください。

アゲラタムの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ブルーデイジーのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは15個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ブルーデイジーの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりと風通しのよい場所が適しています。

水はけのよい土で育てましょう。

元肥として、緩効性化成肥料を使います。

追肥は4~6月と9~10月に、緩効性化成肥料を施してください。

鉢植えの表土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。

 

②ブルーデイジーの画像(写真)!

ブルーデイジーの画像をご紹介しました。

淡くうつくしいブルーの花びらを、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

③ブルーデイジーの開花時期や季節はいつ頃なの?

春と秋に咲く花で、開花時期は4~6月、9~11月です。

 

④ブルーデイジーの苗の植え付けのポイントは?

植え付けは4~5月が適期です。

地植えにする場合は高畝にして、株間を20~30㎝あけましょう。

鉢植えは5~6号鉢に1株が目安になります。

 

⑤ブルーデイジーの鉢植えのポイントは?

春と秋は日当たりのよい場所で育てます。

夏は半日陰の涼しい場所で管理しましょう。

冬は室内の明るい場所が適しています。

 

⑥ブルーデイジーの地植え(花壇)のポイントは?

地植えにする場合、冬は最低でも0℃以上の環境が必要です。

強い直射日光と雨を避けられる場所に、植え付けすることがポイントになります。

 

⑦ブルーデイジーの植え替えのポイントは?

植え替えは9~10月頃が適期で、年に1回を目安に行いましょう。

根鉢を崩さずに植え替えすることがポイントです。

 

⑧ブルーデイジーの寄せ植えの仕方!

株間を詰めすぎずに通気性をよくすることが、寄せ植えを長持ちさせるポイントです。

 

⑨ブルーデイジーの剪定(切り戻し)のポイントは?

春の花が咲き終わったら、全体の1/3くらいで切り戻します。

植え替えの時期に、地上部を1/2ほど切り戻してください。

 

⑩ブルーデイジーの増やし方!

ブルーデイジーは「挿し木(挿し芽)」「種まき」で増やすことができます。

 

⑪ブルーデイジーの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

挿し木(挿し芽)は4~5月頃が適期です。

茎を先端から5㎝ほどの長さにカットして、挿し木専用土へ挿していきましょう。

明るい日陰で、土が乾燥しないように管理します。

 

⑫ブルーデイジーの種まき時期と種まきのポイントは?

種まきは9~10月頃が適期です。

花後に種を採取して、種まき専用土にまきましょう。

かるく土をかぶせて、明るい日陰で土が乾燥しないように管理します。

 

⑬ブルーデイジーの花が咲かない(枯れる)原因は?

花が咲かない原因には次のことが考えられます。

・気温が高すぎる(30℃以上)

・気温が低すぎる(5℃以下)

・株が衰えている

 

⑭ブルーデイジーの花言葉はなに?

ブルーデイジーの花言葉は「純粋」「幸福」「無邪気」「恵まれている」「協力」です。

 

⑮ブルーデイジーにはどんな種類があるの?

ブルーデイジーには「斑入り品種」白花の「ペガサス」や、「ピンク花の品種」「矮性品種」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)