ヒヤシンスの育て方!水耕栽培の方法や花言葉など7つのポイント!








小さな愛らしい花をたくさんつけて春を彩るヒヤシンス。

花色も豊富で、生活に彩りを加えるのにとっても適しています。

 

 

ヒヤシンスは寒さに強く、雪の降る地域でも地植えで育てることができます!

強いヒヤシンスにするには、よく日に当ててあげることが大事です。

このあと詳しくお伝えします!

 

今回はヒヤシンスについてのポイント、

①ヒヤシンスの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒヤシンスの水耕栽培ってどうするの?
③ヒヤシンスを鉢植えで育てるポイントはなに?
④ヒヤシンスが枯れてしまう原因と対策は?
⑤ヒヤシンスの開花時期や季節はいつ頃なの?
⑥ヒヤシンスの花言葉はなに?
⑦ヒヤシンスの種類はなにがあるの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはヒヤシンスの育て方からお伝えします!

 

ヒヤシンスの育て方は?

 

ヒヤシンスの育て方は2通りあります。

1つ目は土に植えて育てる方法、2つ目は水と液体の肥料で育てる方法です。

 

最初は、それぞれの方法で共通している、ヒヤシンスが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ヒヤシンスの育て方!環境はどうする?

 

ヒヤシンスは、低い気温の中で一定の時間育てることが必要です。

 

なぜならヒヤシンスは冬の寒さを乗り越えて、春に花を咲かせるというメカニズムをもっているからです。

ですので、12月くらいまでは室内ではなく、屋外の寒い環境で管理しましょう。

 

次は、ヒヤシンスに適した用土についてお伝えします!

 

ヒヤシンスを育てる際の適した用土は何?

 

一般の草花用培養土で大丈夫です。

ただし、水はけのよいところを好むため、鉢底には大粒の鹿沼土などを入れて水はけをよくしておきましょう。

次は、ヒヤシンスに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒヤシンスの育て方!肥料はどうする?

 

土植えの場合、植えるときに土へ肥料を与えていれば、開花するまで特に追加して与える必要はありません。

しかし花が咲き始めてから、水の代わりに液体肥料を与えましょう。

 

では次は、ヒヤシンスの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒヤシンスを育てる際の水の量はどうする?

 

目安として土植えの場合、土の表面が乾いていたら鉢の底から水が流れ出るくらいたくさん水を与えてください。

葉が枯れるまでこのように水をやり続けますが、5月~6月は休眠期に入ります。

ですので、水を与える感覚を少しずつ長くしていきましょう。

 

以上で基本的なヒヤシンスの育て方については終わりです。

次はヒヤシンスの水耕栽培についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ヒヤシンスの水耕栽培ってどうするの?

 

 

水耕栽培とは水に浸からせて育てる方法です。

 

植え付けは10月~12月が適しています。

注意点としては、水耕栽培用の球根を使うことです。

 

水耕栽培といっても、水やりは必要です。

根が出始めたら、3日に1度、水を替えましょう。

根が長く伸びたら、1週間に1度で十分です。

 

また、水が減り、根が乾いてしまうとヒヤシンスも干上がってしまいます。

気を付けましょう。

 

次は、ヒヤシンスを鉢植えで育てる際のポイントについてお伝えします!

 

ヒヤシンスを鉢植えで育てるポイントはなに?

 

ヒヤシンスの植え付けは10月が適しています。

根が十分に張れるように、球根の頭が土の上に出るくらい浅く植えましょう。

 

次は、ヒヤシンスが枯れてしまう原因と対策についてお伝えします!

 

ヒヤシンスが枯れてしまう原因と対策は?

 

10月~5月までの生育期に十分な水を与えずにいると、根から枯れてしまいます。

対策として、土が乾燥していたらたっぷりと水を与えましょう。

 

次は、ヒヤシンスの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ヒヤシンスの花言葉はなに?

 

ヒヤシンスは花の色ごとに花言葉があります。

 

紫のヒヤシンスは「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」

赤のヒヤシンスは「嫉妬」

ピンクのヒヤシンスは「遊び」「ゲーム」「可憐な愛らしさ」

白のヒヤシンスは「愛らしさ」「心静かな愛」

青のヒヤシンスは「変わらぬ愛」

黄色のヒヤシンスは「あなたとなら幸せ」「勝負」

 

プレゼントするときなど、それぞれの意味に注目してみると良いかもしれませんね。

 

次は、そんな花色も豊富なヒヤシンスの種類についてお伝えします!

 

ヒヤシンスの種類は何があるの?

 

 

一重から八重咲きまであり、色も豊富で園芸品種は30種類にも及びます。

これらを大きく分けると、2つに分類できます。

 

1つ目は日本でよく流通している、ダッチヒヤシンス。

オランダを中心として、改良が施された園芸品種です。

水耕栽培で用いられることが多いです。

 

2つ目はフランスで改良された、ローマンヒヤシンス。

ヒヤシンスの中では育てやすい種類といわれています。

 

  • オススメ記事

アマリリスの育て方等はこちらをご覧ください。

セントポーリアの育て方等はこちらをご覧ください。

アルストロメリアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ヒヤシンスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ヒヤシンスの育て方(環境、土、肥料、水やり)

低い気温の中で一定時間育てましょう。

生育期(10月~5月)は水をたっぷりと与えましょう。

水はけをよくしましょう。

開花後は液体肥料を与えましょう。

 

②ヒヤシンスの水耕栽培ってどうするの?

水耕栽培用の球根を用意しましょう。

根が出始めたら3日1度、根が伸び始めたら1週間に1度、水を替えましょう。

 

③ヒヤシンスを鉢植えで育てるポイントはなに?

植え付けは10月。

根を張れるスペースを確保するように植えましょう。

 

④ヒヤシンスが枯れてしまう原因と対策は?

生育期に乾燥すると枯れてしまいます。

対策として、土が乾いていたら水をたっぷりと与えましょう。

 

⑤ヒヤシンスの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒヤシンスの開花時期は3~4月の早春です。

 

⑥ヒヤシンスの花言葉はなに?

紫のヒヤシンスは「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」

赤のヒヤシンスは「嫉妬」

ピンクのヒヤシンスは「遊び」「ゲーム」「可憐な愛らしさ」

白のヒヤシンスは「愛らしさ」「心静かな愛」

青のヒヤシンスは「変わらぬ愛」

黄色のヒヤシンスは「あなたとなら幸せ」「勝負」

 

⑦ヒヤシンスの種類はなにがあるの?

大きく、ダッチヒヤシンスとローマンヒヤシンスの2つに分かれます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)