マリーゴールドの育て方(栽培)!開花時期や花言葉など14個のポイント!








こんもりとした花姿や名前がとても可愛らしいマリーゴールド。

しかし可愛らしいイメージとはかけ離れた花言葉があったんです。

 

 

育て方はとても簡単!

初めて植える方でも安心して育てられるように、育て方のポイントをこの記事にまとめてみました。

増やし方や種類などもご紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください!

 

今回はマリーゴールドについてのポイント、

①マリーゴールドの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②マリーゴールドの開花時期はいつ頃?
③マリーゴールドの苗の植え方はどうやるの?
④マリーゴールドを鉢植えで育てるポイントは?
⑤マリーゴールドを花壇で育てるポイントは?
⑥マリーゴールドの切り戻しの時期はいつ?
⑦マリーゴールドの寄せ植えのポイントは?
⑧マリーゴールドが枯れる原因はなに?対策はどうする?
⑨マリーゴールドがかかりうる病気と害虫の種類と対策は?
⑩マリーゴールドの増やし方は?
⑪マリーゴールドを挿し木で増やす方法は?
⑫マリーゴールドの摘芯はどうするの?
⑬マリーゴールドの花言葉はなに?
⑭マリーゴールドの種類には何があるの?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはマリーゴールドの育て方からお伝えします!

 

マリーゴールドの育て方(栽培)は?

 

マリーゴールドは花壇や鉢植えで育てることができます。

冬には枯れてしまうので、春~秋にかけて1年草として育てましょう。

 

とても丈夫な花なので環境が整えば、手をかけなくても元気に成長します。

より長く花を楽しむためには、適した環境や水やりを行ってあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、マリーゴールドが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マリーゴールドの育て方!環境はどうする?

 

マリーゴールドを育てる環境ですが、日当たりと風通しのよい場所が適しています。

 

15~20℃くらいが、マリーゴールドが成長しやすい温度です。

真夏の高温(30℃以上)は花が咲かなくなるので、夏は涼しい場所で管理しましょう。

 

 

丈夫な花なので、土壌に関して過剰に心配する必要はありません。

 

ひとつポイントをあげるとすれば、〇〇な土で育てること!

次は、マリーゴールドに適した用土についてお伝えします。

 

マリーゴールドを育てる際の適した用土は何?

 

マリーゴールドは、水はけのよい土で育てましょう。

 

市販の草花用の培養土でよく育ちます。

配合する場合は「赤玉土6:腐葉土3:川砂1」がおすすめの割合です。

 

より元気な花を咲かせるには、有機質な土壌にすることがポイントです!

 

元肥や肥料を施して、きれいな花を長く楽しみましょう。

 

次は、マリーゴールドに必要な肥料についてお伝えします!

 

マリーゴールドの育て方!肥料はどうする?

 

庭土には元肥として、堆肥や腐葉土を混ぜてよく耕しておきましょう。

 

追肥は月に1~2回を目安に、液肥を与えます。

肥料が多すぎると葉が多くなり、花が少なくなってしまうんです。

花の状態を見ながら、回数を調節してあげてくださいね。

 

マリーゴールドの植え付けには、種まきと苗植えがあります。

育苗期に〇〇を与えることで、苗の育ちがよくなりますよ!

 

次はマリーゴールドの種まきの時期とポイントについてお伝えします。

 

マリーゴールドの種まきの時期はいつ?種まきのポイントも!

 

マリーゴールドの種は3~5月にまきます。

寒冷地では気温が15℃以上になったら、種まきの適期です。

 

育苗箱に「赤玉土1:バーミキュライト1」の用土を入れて、種をばらまきます。

薄く覆土したら、たっぷりの水を与え、土が乾燥しないように管理してください。

発芽したら丈夫な芽を残して間引き、日当たりと風通しのよい場所で育てます。

 

本葉が2~3枚になったら、育苗ポットへ移しましょう。

用土は「赤玉土6:腐葉土4」の配合土がおすすめです。

 

ポイントは根を傷つけないこと!

このとき根が傷ついてしまうと、成長不良の原因になってしまうんです。

 

育苗期は水のあげ過ぎに注意して、表土が乾いてきたら水やりを行います。

週に1回「液肥」を与えることで、苗が大きく育ちますよ!

 

苗が小さいうちに花が咲いてしまうと、成長が止まってしまうので、液肥で葉を伸ばしてあげましょう。

草丈が10㎝ほどまで成長したら、花壇や鉢植えに定植してください。

 

水やりは乾燥を防ぐだけでなく、害虫の予防にもなります。

では次は、マリーゴールドの水やりポイントについてお伝えします!

 

マリーゴールドを育てる際の水の量はどうする?

 

 

庭植えの場合は主に降雨で育て、日照りが続いたときだけ、水やりを行いましょう。

鉢植えの場合は表土が乾き始めたら、たっぷりの水を与えます。

 

夏は乾燥しやすく、下葉が枯れたり害虫がつきやすくなるので、水切れに注意が必要です。

 

以上で基本的なマリーゴールドの育て方については終わりです。

次はマリーゴールドの開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マリーゴールドの開花時期はいつ頃?

 

マリーゴールドの開花時期は5~11月です。

赤や黄、混色の花を咲かせます。

 

 

マリーゴールドといえば、なんといっても橙の美しい花が印象的ではないでしょうか。

 

品種の掛け合わせにより、花の色や咲き方など様々な種類があります。

ぜひお好みのものを、探してみてくださいね!

 

種から育てることもできますが、苗を購入して植えるのが一般的です。

苗を植え付けするときは、次のようなことに注意してください。

 

次はマリーゴールドの苗の植え方についてお伝えします!

 

マリーゴールドの苗の植え方はどうやるの?

 

花壇に植える場合は株元を少し高くして、水が溜まらないようにしてあげましょう。

 

株間を20~30㎝あけて植え付けします。

鉢植えの場合は5号鉢に1~2株が目安です。

 

どちらの場合も、根鉢を崩さないように植え付けすることがポイントになります!

深植えにならないように注意しましょう。

 

気温によって場所を移して管理できるのが、鉢植えのよいところ。

夏に気温が上がり過ぎる地域では、鉢植えにすることで花が萎れるのを防げますよ。

 

次はマリーゴールドを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

マリーゴールドを鉢植えで育てるポイントは?

 

鉢植えにすると、水切れが起きやすくなります。

特に夏時期は水を切らさないように注意しましょう。

 

 

反対に水のあげ過ぎによって、根腐れしてしまう場合もあります。

表土が乾き始めたら、水やりを行うようにしてくださいね。

 

マリーゴールドはある程度の暑さに耐えることができます。

花壇に植えれば初夏から秋のあいだ、ご自宅のお庭を鮮やかに彩ってくれるでしょう。

 

次はマリーゴールドを花壇で育てるポイントについてお伝えします!

 

マリーゴールドを花壇で育てるポイントは?

 

花壇で育てる場合は、夏の直射日光が強く当たらない場所を選びましょう。

もしくは真夏の間は遮光ネットなどを利用するのも、いいかもしれません。

 

植え付けのときに元肥をしっかりと施しておけば、追肥の必要もなくほぼ放任でもよく育ちます。

 

 

マリーゴールドの開花時期を長く楽しむためには、切り戻しも大切な作業のひとつです。

 

ある時期に切り戻しを行うことで、開花時期後半の花つきに違いがでます!

次はマリーゴールドの切り戻しの時期についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

マリーゴールドの切り戻しの時期はいつ?

 

切り戻しは8月中旬~下旬に行います。

 

花が咲かなくなったり、茎が伸びすぎている株は、半分くらいに切りましょう。

すると新芽が出やすくなり、秋にまた花を楽しむことができますよ!

 

マリーゴールドはほかの植物との相性もよく、寄せ植えにも向いているんです。

次はマリーゴールドの寄せ植えのポイントについてお伝えします!

 

マリーゴールドの寄せ植えのポイントは?

 

マリーゴールドには、ほかの植物と助け合って成長する「コンパニオンプランツ」としての役割もあります。

 

マリーゴールドの根の周りにいる菌には、植物に害虫がつくのを防いでくれる効果があるんです。

また花には独自の香りがあり、これにもアブラムシなどを遠ざける作用があります。

 

虫が付きやすい花や植物は、マリーゴールドと寄せ植えにすることで、害虫被害が抑えられるでしょう。

詰め過ぎずに20㎝くらい余裕をもって植え付けするのがポイントです。

 

1年草のマリーゴールド。せっかくなら枯らさずに、期限ぎりぎりまで育てたくはありませんか?

 

マリーゴールドが枯れてしまう原因を知っておけば、予防対策がとれます!

次はマリーゴールドが枯れる原因と対策についてお伝えします!

 

マリーゴールドが枯れる原因はなに?対策はどうする?

 

マリーゴールドが枯れる原因で最も多いのが「水切れ」。

 

下葉が枯れてきたら水切れを起こしている可能性が高いです。

とくに鉢植えの場合は水切れを起こしやすいので、適した水やりを行うようにしましょう。

 

次が高温による「葉焼け」です。

ある程度までの気温には耐えることができますが、30℃以上になると成長が止まってしまいます。

強い日差しを浴び過ぎて葉焼けを起こしてしまうと、枯れる原因になるので、真夏の環境には注意が必要です。

 

 

水をあげ過ぎることで「根腐れ」を起こしているかもしれません。

 

土が乾く前に水を与え続けると、鉢の中が蒸れて根を腐らせてしまうんです。

傷んだ根は取り除いて新しい土へ植え替えし、適した水やりを行いましょう。

 

上記の対策をしても枯れてしまうような場合は、病気や害虫の被害を受けているかもしれません!

次は マリーゴールドがかかりうる病気と害虫の種類と対策についてお伝えします。

 

マリーゴールドがかかりうる病気と害虫の種類と対策は?

 

マリーゴールドがかかりうる病気に「灰色カビ病」があります。

 

雨に当たり過ぎたり、多湿の状態がつづくと花や葉にカビが生える病気です。

発症部分はすぐに取り除きましょう。

 

風通しをよくしてあげることで病気を予防できます。

 

害虫には「アブラムシ」「ハダニ」「ヨトウムシ」などがいます。

害虫は見つけ次第すぐに駆除しましょう。

定期的に摘芯などの手入れを行い、風通しをよくすることで予防できます。

乾燥のし過ぎを防ぐことも、害虫予防につながりますよ。

 

マリーゴールドの根の周りにいる菌は「ネコブセンチュウ」などの防虫駆除に役立ちます。

ネコブセンチュウの被害を受けて困っている植物の近くに、マリーゴールドを植えることをおすすめします。

 

「マリーゴールドは1年草だから増やせない」と思いますか?

じつは生育中の枝を使って増やすことができちゃうんです!

 

次はマリーゴールドの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マリーゴールドの増やし方は?

 

マリーゴールドは「種まき」と「挿し木」で増やすことができます。

 

花壇に植えていると、こぼれ種で増えることもあるんですよ。

種まきのやり方は「種まきのポイント」をご覧ください。

 

 

混みあった葉をすくついでに、切り落とした枝を使って挿し木をしてみましょう!

次はマリーゴールドを挿し木で増やす方法についてお伝えします。

 

マリーゴールドを挿し木で増やす方法は?

 

生育中の元気な枝を使います。

先端から10㎝くらいに切り、先端以外の葉をすべて落とします。

 

枝の切り口を2~3時間水につけてから、植え付けのときと同じ土に挿していきましょう。

日陰で土を乾かさないように管理してください。

根がしっかりと張り、本葉が2~3枚出てきたら花壇や鉢植えに定植させます。

 

マリーゴールドの手入れ作業には、切り戻しのほかにも「摘芯」があります。

この作業を行うことで、たくさんの花をつけることができるので、やり方をぜひチェックしてみてくださいね!

 

次はマリーゴールドの摘芯についてお伝えします。

 

マリーゴールドの摘芯はどうするの?

 

本葉が10枚程度まで育った株は、茎の2節目あたりで切ります。

こうすることでわき芽が増えて、花芽も多くなるんです。

 

秋にも花が咲くように、8月には切り戻しも行いましょう。

このほかにも咲き終わった花を摘み取る「花がら摘み」をすることで病害虫の予防になります。

 

花が萎れてはじめたら、早めに花茎のもとから切り取ってしまいましょう。

早めに摘んであげることで、株の消費も抑えることができます。

 

マリーゴールドは、聖母マリアを表す「バージンマリー」が名前の由来になっています。

「聖母マリアの黄金の花」という意味があるんです。

 

属名も女神に由来しており、とても神々しい名前のマリーゴールドですが、花言葉にはこんな意味がありました!

 

次はマリーゴールドの花言葉についてお伝えします!

 

マリーゴールドの花言葉はなに?

 

 

マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」「生命の輝き」「健康」「変わらぬ愛」などがあります。

 

色別では、黄色は「下品な心」「可憐な愛情」「健康」など。

オレンジ色には「真心」「予言」などがあります。

 

明るさと暗さの両面をもつマリーゴールドは、贈り物には向いていないようです。

 

マリーゴールドにはメインとなる種類と、それらを掛け合わせてつくられた交配品種があります。

次はマリーゴールドの種類についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

マリーゴールドの種類には何があるの?

 

マリーゴールドは主に3つの種類に分けられます。種類によって草丈や花の形が違うので、ご紹介したいと思います。

 

 

「フレンチ種」

草丈が低いタイプで枝分かれが多く、花をたくさん咲かせてくれます。

花も小ぶりで、鉢植えや寄せ植え向きの種類です。

別名「孔雀草」と呼ばれています。

 

「アフリカン種」

草丈が高く花が大きい種類です。よく成長して、ボリュームある花を咲かせます。

別名には「万寿菊」「千寿菊」などがあります。

 

「メキシカン種」

細い葉と小さな花がこの種の特徴です。株が横へ広がり、カーペット状になります。

暑さに弱い品種が多いので、寒冷地の方におすすめの種類です。

 

  • オススメ記事

ポットマムの育て方等はこちらをご覧下さい。

ケイトウの育て方等はこちらをご覧ください。

ランタナの育て方等はこちらをご覧ください。

 

マリーゴールドのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは14個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①マリーゴールドの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)

日当たりと風通しのよい場所が適しています。

水はけのよい土で育てましょう。

元肥として、堆肥や腐葉土を混ぜてよく耕しておきます。

追肥は月に1~2回を目安に、液肥を与えてください。

マリーゴールドの種は3~5月にまきます。

育苗箱に「赤玉土1:バーミキュライト1」の用土を入れて、種をばらまきます。

薄く覆土したら、たっぷりの水を与え、土が乾燥しないように管理してください。

庭植えの場合は主に降雨で育て、日照りが続いたときだけ、水やりを行いましょう。

鉢植えの場合は表土が乾き始めたら、たっぷりの水を与えます。

 

②マリーゴールドの開花時期はいつ頃?

マリーゴールドの開花時期は5~11月です。

赤や黄、混色の花を咲かせます。

 

③マリーゴールドの苗の植え方はどうやるの?

花壇に植える場合は株元を少し高くして、水が溜まらないようにしてあげましょう。

株間を20~30㎝あけて植え付けします。

鉢植えの場合は5号鉢に1~2株が目安です。

どちらの場合も、根鉢を崩さないように植え付けすることがポイントになります!

 

④マリーゴールドを鉢植えで育てるポイントは?

鉢植えにすると、水切れが起きやすくなります。

特に夏時期は水を切らさないように注意しましょう。

 

⑤マリーゴールドを花壇で育てるポイントは?

花壇で育てる場合は、夏の直射日光が強く当たらない場所を選びましょう。

もしくは真夏の間は遮光ネットなどを利用するのも、いいかもしれません。

 

⑥マリーゴールドの切り戻しの時期はいつ?

切り戻しは8月中旬~下旬に行います。

新芽ができるのを促すために、半分くらいまで切り戻ししましょう。

 

⑦マリーゴールドの寄せ植えのポイントは?

マリーゴールドの根の周りにいる菌には、植物に害虫がつくのを防いでくれる効果があるんです。

また花には独自の香りがあり、これにもアブラムシなどを遠ざける作用があります。

虫が付きやすい花や植物は、マリーゴールドと寄せ植えにすることで、害虫被害が抑えられるでしょう。

詰め過ぎないで植えることが、寄せ植えのポイントになります。

 

⑧マリーゴールドが枯れる原因はなに?対策はどうする?

マリーゴールドが枯れる原因で最も多いのが「水切れ」。

適した水やりを行うようにしましょう。

高温による「葉焼け」も原因のひとつです。

真夏の環境には注意が必要です。

水をあげ過ぎることで「根腐れ」を起こしているかもしれません。

傷んだ根は取り除いて新しい土へ植え替えし、適した水やりを行い予防しましょう。

 

⑨ マリーゴールドがかかりうる病気と害虫の種類と対策は?

マリーゴールドがかかりうる病気に「灰色カビ病」があります。

発症部分はすぐに取り除きましょう。

風通しをよくしてあげることで病気を予防できます。

害虫には「アブラムシ」「ハダニ」「ヨトウムシ」などがいます。

害虫は見つけ次第すぐに駆除しましょう。

定期的に摘芯などの手入れを行い、風通しをよくすることで予防できます。

乾燥のし過ぎを防ぐことも、害虫予防につながりますよ。

マリーゴールドの根の周りの菌は「ネコブセンチュウ」などの防虫駆除に役立ちます。

ネコブセンチュウの被害を受けて困っている植物の近くに、マリーゴールドを植えることをおすすめします。

 

⑩マリーゴールドの増やし方は?

マリーゴールドは「種まき」と「挿し木」で増やすことができます。

 

⑪マリーゴールドを挿し木で増やす方法は?

生育中の元気な枝を使います。

先端から10㎝くらいに切り、先端以外の葉をすべて落とします。

枝の切り口を2~3時間水につけてから、植え付けのときと同じ土に挿していきましょう。

日陰で土を乾かさないように管理してください。

 

⑫マリーゴールドの摘芯はどうするの?

本葉が10枚程度まで育った株は、茎の2節目あたりで切ります。

こうすることでわき芽が増えて、花芽も多くなりますよ。

 

⑬マリーゴールドの花言葉はなに?

マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」「生命の輝き」「健康」「変わらぬ愛」などがあります。

色別では、黄色は「下品な心」「可憐な愛情」「健康」など。

オレンジ色には「真心」「予言」などがあります。

 

⑭マリーゴールドの種類には何があるの?

マリーゴールドは次の3つの種類に分けられます。

「フレンチ種」「アフリカン種」「メキシカン種」

草丈や花の形が違うので、お好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)