ガザニアの育て方!寄せ植えや花言葉等6つのポイント!








今回は南アフリカを中心に40種類以上の品種が分布している、ガザニアについてです!

ガザニアの花はまるで、母なる大地を照らす太陽のようで、夏の季節にぴったりですね。

 

 

ガザニアは〇〇な土を好むので、水の与え方には注意が必要なんです!

「初めてガザニアを育てる」という方のために、いくつかポイントをまとめました!

 

今回はガザニアについてのポイント、

①ガザニアの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②ガザニアを地植えや寄せ植えにするポイントは?
③ガザニア切り戻しポイントは?
④ガザニアの花言葉はなに?
⑤ガザニアの種類や品種は?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはガザニアの育て方からお伝えします!

 

ガザニアの育て方は?

 

ガザニアは、花が成熟すると種ができます。

 

種をそのままにすると栄養が取られ、花が枯れてしまいます。

枯れた花を見つけたら、早めに花茎の付け根から切り取るようにしましょう。

 

 

また、病気や害虫にも注意が必要です。

病気は、「うどんこ病」「葉腐病」にかかりやすいですね。

 

「うどんこ病」は、葉の表面に白い胞子が付着し、段々と葉の表面に広がっていきます。

放置するとそのまま枯れてしまいますので見つけたら、胞子がついてる葉を切ってください。

 

「葉腐病」は、根元に近い葉に黒い斑点のようなものができ、全体に広がります。

 

どちらの病気も湿気が少なく、風通しが良い場所に置けば防げますので、意識してみてください。

風通しが良いところに置くと、次は害虫の問題に悩まされます。

 

害虫は、スリップス」ハマキムシ」が発生することがあるので、しっかりと対策しましょう。

「スリップス」が発生すると、株や花弁がが小さくなったり、葉の色が落ちたりします。

「ハマキムシ」は葉の裏側で、葉を食べます。

 

どちらも見つけ次第、駆除しましょう。

 

次は、ガザニアが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ガザニアの育て方!環境はどうする?

 

ガザニアは、日当たりが良いところを好みます。

ベランダや屋外で育てると発育が良く、綺麗な花を咲かせるでしょう。

 

真夏などは、湿気に弱いので風当たりが良い場所に置かないと、枯れてしまう恐れがあります。

 

ひまわりも夏に咲いているとうれしくなりますが、ガザニアも同様に夏を象徴とする花になりそうです。

 

 

次は、ガザニアに適した用土についてお伝えします!

 

ガザニアを育てる際の適した用土は何?

 

ガザニアに適した土は、水はけの良い土です。

 

鉢で植える場合、赤玉土、腐葉土、川砂を5:3:2の割合で混ぜ合わせて植えると良いでしょう。

次は、ガザニアに必要な肥料についてお伝えします!

 

ガザニアの育て方!肥料はどうする?

 

ガザニアに肥料を与える場合は、植える前にあらかじめ土に「緩効性化成肥料」を混ぜ込んでおくと育ちやすいです。

 

花が咲き始めてからは、10日に1回、液体肥料をあげましょう。

冬は、肥料を与える必要はありません。

 

ガザニアは、花が咲き始めてからが肥料を与えるポイントです。

10日に一回ですから、忘れないようにあげて下さい。

 

では次は、ガザニアの種まき時期とポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ガザニアの種まきの時期とポイントは?

 

ガザニアの種まきの適期は、春は4~5月と秋は9月です。

種を蒔く時期は、春と秋の2通りですね。

 

春に植える場合は、霜で枯れる心配はありませんが、大きく育ちません。

逆に秋に植えると花が大きくなりますが、霜の対策が必要となります。

 

霜は、腐葉土や敷物などをして対策しましょう。

 

種は日の光に当てると育ちにくくなりますので、必ず土をかぶせておきましょう。

 

1週間ほどで発芽します。

本葉が2~3枚まで育ったら、庭や鉢に移し替えて、本格的に育てます。

 

世話をする手間を省いて、小さなガザニアを育てるか、手間をかけて大きなガザニアを育てるかのどちらにするか自分のライフスタイルに合わせて育てると良いでしょう。

 

 

次は、ガザニアを育てる際の水の量についてお伝えします。

 

ガザニアを育てる際の水の量はどうする?

 

ガザニアは乾燥した土を好みますので、水のあげすぎは良くありません。

 

春、秋は土が乾いたら適量あげましょう。

冬は育ちにくいので2日に一回、土が乾いたら水をあげるようにしてください。

 

YouTubeで育て方について説明されている方がいたのでご紹介します。

 

以上で基本的なガザニアの育て方については終わりです。

次はガザニアの地植えや寄せ植えにするポイントについてお伝えします!

 

ガザニアを地植えや寄せ植えにするポイントは?

 

ガザニアを地植えにするポイントは、ほとんどは上でご紹介した通りで問題ありません。

 

用土に関しては、「軽石とパーライト」を土に混ぜて、水はけがよくなるようにすると良いです。

高温多湿に弱いので風通しが良いところで育てれば、美しい花を咲かせてくれることでしょう。

 

ガザニアは花が大きめなので、他の花が引き立たたない為、寄せ植えには向いていません。

残念な事に寄せ植えに向いていませんが、ガザニア自体がとても印象の強い花なので、愛情を込めて育てて、ガザニアの大きな花を楽しみましょう!

 

次は、ガザニアの切り戻しポイントについてお伝えします。

 

ガザニアの切り戻しのポイントは?

 

ガザニアの葉が絡み合っている場合は、通気性をよくする為に切り戻しが必要です。

 

それに葉が絡んでいると見栄えが悪くなり、綺麗に咲いた花が台無しなので、水やりや肥料をあげる時など様子を見てあげて下さい。

 

次は、ガザニアの花言葉についてお伝えします。

 

ガザニアの花言葉はなに?

 

ガザニアの花言葉は、「身近な愛」「あなたを誇りに思う」「きらびやか」「笑顔で答える」です。

 

どれも素敵な言葉ばかりですね。

太陽の光に似合うガザニアにぴったりです。

 

育てている時にこれらの言葉を思い出しながら育ててあげると、きっと愛着が湧いてきて可愛らしい花がもっと可愛くなるはずです。

 

次は、ガザニアの種類や品種についてお伝えします。

 

ガザニアの種類や品種は何があるの?

 

冒頭でも紹介した通り、ガザニアの種類は多く約40種類、存在します。

今回は、この中でも代表的な3種類ご紹介します。

 

「ニューデイ」

花柄が大きく、がっしりとした印象のガザニア。花は8cmと大きく見栄えがする。

 

「ソレロ」

耐寒性、大暑性があり、長く楽しめる品種。

 

「タレントミックス」

草丈が長く、花も大きい。多湿に弱いが適所で育てれば、長く咲き続ける品種。

 

<スポンサーリンク>


 

それでは、最後に今回お伝えした事をまとめていきます。

 

  • オススメ記事はこちら

アグロステンマの育て方等はこちらをご覧ください。

イベリスの育て方等はこちらをご覧ください。

ヒメシャラの育て方等はこちらをご覧ください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ガザニアの育て方は?

ガザニアの花が成熟したら、栄養を取られないようにする為に付け根から切ります。

環境は日当たりが良いところに置き、湿気を好まないので風通しが良い場所を選んで下さい。

用土は、赤玉土、腐葉土、川砂を5:3:2の割合で混ぜ合わせて植えると良いです。

肥料は、植える時に粒状の肥料をまいておく、花が咲いたら10日に一回液体肥料を使います。

種まきの適期は、春の4月、5月と秋の9月です。

種は、日に当たらないように土をかぶせて下さい。

乾燥した土を好むので水はやりすぎないようにしましょう。

春、秋には適量やり、冬は育ちが良くないので、2日に一回が目安です。

 

②ガザニアの地植えや寄せ植えにするポイントは?

水はけが良い土にする為に軽石やパーライトを混ぜておくと良いです。

寄せ植えは向いていないので、やめましょう。

 

③ガザニアの切り戻しポイントは?

葉が絡んだら、風通しを良くするのに絡んだ葉を切るようにします。

 

④ガザニアの花言葉はなに?

ガザニアの花言葉は、「身近な愛」「あなたを誇りに思う」「きらびやか」「笑顔で答える」です。

 

⑤ガザニアの種類や品種は何があるの?

・ニューデイ

・ソレロ

・タレントミックス

などがあります。

 

今回、ご紹介したガザニアいかがでしたか?

大きく立派な花にするには少し手が掛かりますが、手が掛かった分とても美しい花を咲かせてくれるはずです。

是非、育ててみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)