フェンネルの育て方!葉や花の効能など11個のポイント!








フェンネルはセリ科の多年草で、葉や種、茎や根などをハーブとして利用することができます。

鮮やかなグリーンの葉と黄色い花が美しく、丈夫で育てやすいので、鉢植えやプランターでも育てることができます。

 

 

この記事では、フェンネルを上手に育てるポイントをお伝えします!

花言葉や品種などもご紹介するので、どうぞ最後までご覧ください。

 

今回はフェンネルについてのポイント、

①フェンネルの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②フェンネルの葉や花の効能や収穫時期はいつ?
③フェンネルの剪定方法は?
④フェンネルを水耕栽培で育てるポイントは?
⑤フェンネルを鉢植え(プランター)で育てるポイントは?
⑥フェンネルが枯れる原因はなに?
⑦フェンネルのかかりうる害虫の種類と対策は?
⑧フェンネルの増やし方は?
⑨フェンネルの株分けのやり方は?
⑩フェンネルの花言葉はなに?
⑪フェンネルの種類は何がある?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはフェンネルの育て方からお伝えします!

 

フェンネルの育て方は?

 

極端な寒さと暑さに注意すれば、日光と適切な水やりでよく育ちます。

 

植え付けする場合は、「根」に注意が必要です。

フェンネルに合った環境と用土に植え付けをして、葉や種を収穫しましょう!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、フェンネルが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

フェンネルの育て方!環境はどうする?

 

 

フェンネルは日当たりがよく風通しのよい環境を好みます。

強い直射日光と猛暑に弱いので、真夏は遮光してあかるい日陰の環境にしてあげましょう。

 

生育に適した温度は10~28℃で、霜に当たると地上部が枯れてしまいます。

しかし春にまた発芽するので、地下根が凍ってしまわないように注意しましょう。

 

寒冷地では株元に腐葉土などを敷いて、防寒対策をすると安心です。

 

フェンネルに適した環境が整ったら、次は用土を準備しましょう。

次は、フェンネルに適した用土についてお伝えします!

 

フェンネルを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく肥沃で、乾燥し過ぎない土が適しています。

 

市販の野菜用培養土またはハーブ用の培養土に、堆肥や緩効性肥料を少量混ぜたものがよいでしょう。

配合する場合は「赤玉土7:腐葉土3」がおすすめです。

フェンネルを植え付けする際は、元肥を施して適した追肥を施しましょう。

次は、フェンネルに必要な肥料についてお伝えします!

 

フェンネルの育て方!肥料はどうする?

 

鉢やプランターに植える場合は、元肥として用土に緩効性肥料を加えて混ぜ込みます。

 

追肥は、よく成長する3~4月と、9~10月の時期に1回ずつ施します。

固形の緩効性肥料を株元から離れたところに置き肥しましょう。液肥を使う場合は、週1回水やりの代わりに施します。

 

庭植えにする場合は、植え付けの1か月前に有機肥料を深く混ぜ込んでおき、2週間前に苦土石灰を加えてよく耕しておきましょう。追肥は必要ありません。

フェンネルの種は収穫して、料理に使うこともできますし、種をまいて育てることもできます!

次はフェンネルの種まき時期と種まきのポイントについてお伝えします。

 

フェンネルの種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

フェンネルは、こぼれ種でもよく増えます。

採取する場合は、秋~冬に茎全体を刈り取って、吊るして乾燥させると種が落ちてきます。

 

移植を嫌うので、直まきにしましょう。

春(4~6月)と、秋(9~10月)に種まきができ、寒冷地では春のみに行えます。

 

発芽に適した温度は20℃前後です。

 

よく育つので間隔は30cm以上とり、用土に指で植穴を開けて、1カ所に4~5粒まきます。

かるく土を被せて、乾燥しないように管理すると5~10日で発芽します。

 

本葉が2~3枚になったら数本間引いて、本葉5~6枚まで育ったら一番元気な芽を残して1本立ちにしましょう。

 

フェンネルと相性の悪い「トマト」「豆類」「コリアンダー」「同じセリ科のディル」などの近くには種をまかない(植え付けしない)ようにしてください。

 

フェンネルは強い乾燥が苦手です。水やりは次のようなポイントに注意しましょう。

次は、フェンネルの水やりポイントについてお伝えします!

 

フェンネルを育てる際の水の量はどうする?

 

庭植えの場合は降雨で育てて、雨が降らない日が続くときは、水やりを行ってください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりをします。

 

成長期は水を吸うスピードが速いので、水切れに注意が必要です。

 

冬と苗木の時期は、やや乾燥気味に管理することで、丈夫な株に育ちます。

完全に水を切らしてしまうと枯れてしまうので、土が乾いて数日後に水を与える頻度で行いましょう。

 

以上で基本的なフェンネルの育て方については終わりです。

次はフェンネルの葉や花の効能や収穫時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

フェンネルの葉や花の効能や収穫時期はいつ?

 

 

フェンネルの花は6~8月に開花します。

花茎を長く伸ばして、その先に黄色の小花を多数まとめて咲かせます。

 

秋には7mmほどの大きさで、長楕円形の実をつけます。

若い葉や種には甘い香りと苦みがあり、香辛料として食用や薬用に利用されます。

 

 

効能には、「消化促進」「整腸作用」があるので便秘などに効果的です。

 

「利尿・発汗作用」があるため、むくみが取れてダイエットにも効果があると言われています。

「消臭効果」もあるので、魚料理のニオイ消しやアロマなどにも使われます。

 

株元の茎が肥大した部分(鱗茎)は「フィノッキオ」と呼ばれ、野菜として料理に使われます。

 

収穫の時期は、葉は3~11月、種は7~9月です。

葉をサラダなどにして生で食べる場合は、やわらかいうちに収穫します。

 

このように葉をどんどん収穫することは、必要な剪定作業にもつながります。

次はフェンネルの剪定方法についてお伝えします!

 

フェンネルの剪定方法は?

 

葉を収穫することで、風通しがよくなり株が蒸れたり、害虫の被害を防ぐことができます。

 

葉を多く採りたい場合は、花が咲く前に花茎を切り戻すと、わき芽が出て多くの葉を収穫できます。

秋~冬にすべての花が咲き終わったら、株元から切り取って、次の年に備えましょう。

 

フェンネルは水耕栽培でも育てることができます。ポイントなどを詳しくみてみましょう。

次はフェンネルを水耕栽培で育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

フェンネルを水耕栽培で育てるポイントは?

 

水耕栽培用の容器を作りましょう。

2リットルの、ペットボトル上部3分の1を切り離し、逆さまにしてフェンネルを入れ、飲み口の部分から根を出します。

 

太い根が傷つかないように十分注意してください。

 

株元が隠れるように用土を入れて、ペットボトルの下には、根の先が浸るくらいの水を入れ、フェンネルが入った上部をセットします。

 

遮光した窓辺やベランダなど、明るい場所で管理して、水は毎日取り換えるのがポイントです。

 

鉢植えやプランターで育てる場合は、次のようなポイントに注意しましょう!

次はフェンネルを鉢植え(プランター)で育てるポイントについてお伝えします!

 

フェンネルを鉢植え(プランター)で育てるポイントは?

 

 

鉢とプランターのサイズは、大きめで深型のものを使います。

鉢が小さいと大きく育つことができず、トウ立ちしやすくなります。

フェンネルの根はまっすぐ伸びる「直根性」なので、太い根に傷がつくと、うまく育つことができません。

植え付けする際は、苗は小さいうちに土はなるべく落とさず、そっと定植させましょう。

 

草丈が2mほどに成長するので、倒れないように支柱を立てます。

株元の茎が肥大してきたら、土を被せてあげると、白くて柔らかく美味しいフィノッキオに育ちます。

 

大切に育ててきたフェンネルが、収穫前に枯れてしまったらショックですよね。

枯れてしまう原因は〇〇だったんです!

次はフェンネルが枯れる原因についてお伝えします。

 

フェンネルが枯れる原因はなに?

 

 

フェンネルが枯れる原因で一番多いのが「水切れ」です。

とくに成長期には水切れを起こしやすいので、土と葉の状態をよく観察して水やりを行いましょう。

 

次に多いのが「日照不足」です。

強すぎる直射日光は避けて、明るく日当たりのよい場所で育てましょう。

剪定や収穫を行い、葉を茂らせ過ぎないことと、株間を詰め過ぎないことがポイントになります。

 

「根を傷つけてしまう」のも枯れる原因の一つです。

なるべく移植は避けて、植え替えする場合は、太い根を傷つけないように十分に注意しましょう。

 

冬には地上部が枯れますが、根の凍結に注意し水やりを行うことで、翌年も芽を出すので心配いりません。

 

上記の他にも「害虫被害」によって枯れてしまう場合があります。

害虫の種類を把握しておき、被害が出る前に予防しましょう!

 

次はフェンネルのかかりうる害虫の種類と対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

フェンネルのかかりうる害虫の種類と対策は?

 

注意が必要な害虫に「アオムシ」「カメムシ」「アブラムシ」があります。

 

アオムシは卵のうちに駆除するのが一番よいです。

カメムシ、アブラムシも、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

 

風通しのよい環境と状態を維持することで、害虫予防につながります。

 

フェンネルは次のような方法で増やすことができます。

次はフェンネルの増やし方についてお伝えします!

 

フェンネルの増やし方は?

 

 

フェンネルは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。

 

おすすめなのは「種まき」です。根を傷つける心配もなく、種の発芽率も高いためです。

種まきのやり方は「種まきのポイント」をご覧くださいね!

 

フェンネルは、株もよく成長するので、大きくなった株を分けて増やすことも可能です。

その場合は次のようなポイントに注意しましょう。

 

次はフェンネルの株分けのやり方についてお伝えします!

 

フェンネルの株分けのやり方は?

 

秋~冬に種の収穫後に、切り戻した株の根元から新芽が出ているか確認しましょう。

株が大きく育ち新芽が出ていたら、株分けして新しい土へ植え付けします。

 

このときも太い根に傷がつかないように、親株と子株を丁寧に分けることがポイントです。

 

フェンネルには別名「茴香(ウイキョウ)」「小茴香(ショウウイキョウ)」「フヌイユ」などがあります。

 

では花言葉にはどのようなものが、あるのでしょうか?

次はフェンネルの花言葉についてお伝えします!

 

フェンネルの花言葉はなに?

 

 

フェンネルの花言葉は「賞賛」「力量」「背伸びした恋」「愛情に値する」などがあります。

 

茎を長く伸ばしてその先に花をつけることから、「背伸びした恋」という花言葉がつけられたと言われています。

 

フェンネルには茎を食べるもの、葉を食べるものなど、さまざまな種類があります。

主なものを一部ご紹介したいと思います!

 

次はフェンネルの種類についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

フェンネルの種類は何がある?

 

 

フェンネルの種類には次のようなものがあります。

 

「フローレンスフェンネル」

株元の茎が肥大する品種です。株元は土をかけて、白く柔らかく育てて、野菜と同じように食べることができます。

 

「スイートフェンネル」

フェンネルの中でも万能な品種で、葉や種、根を料理やアロマなどに使うことができます。

 

「ブロンズフェンネル」

葉の色がブロンズ色になる品種で、鑑賞用として育てられます。

 

用途に合わせた種類を選んで、育ててみてくださいね!

 

  • オススメ記事

アラマンダの育て方等はこちらをご覧下さい。

ビオラの育て方等はこちらをご覧ください。

ギンバイカの育て方等はこちらをご覧ください。

 

フェンネルのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①フェンネルの育て方(環境、土、肥料、水やり)

フェンネルは日当たりがよく風通しのよい環境を好みます。

強い直射日光と猛暑に弱いので、真夏は遮光してあかるい日陰の環境にしてあげましょう。

 

水はけがよく肥沃な土を好み、乾燥し過ぎない場所が適しています。

市販の野菜用培養土またはハーブ用の培養土に、堆肥や緩効性肥料を少量混ぜたものがよいでしょう。

配合する場合は「赤玉土7:腐葉土3」がおすすめです。

 

元肥として用土に緩効性肥料を加えて混ぜ込みます。

追肥は、よく成長する3~4月と、9~10月の時期に1回ずつ、固形の緩効性肥料を株元から離れたところに置き肥しましょう。

液肥を使う場合は、週1回水やりの代わりに施します。

 

移植を嫌うので、直まきにしましょう。

春(4~6月)と、秋(9~10月)に種まきができ、寒冷地では春のみに行えます。

発芽に適した温度は20℃前後です。

よく育つので間隔は30cm以上あけます。用土に指で植穴を開けて、1カ所に4~5粒まきましょう。

かるく土を被せて、乾燥しないように管理すると、5~10で発芽します。

庭植えの場合は降雨で育てて、雨が降らない日が続くときは、水やりを行ってください。

 

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりをします。

成長期は水を吸うスピードが速いので、水切れに注意が必要です。

 

②フェンネルの葉や花の効能や収穫時期はいつ?

秋には7mmほどの大きさで、長楕円形の実をつけます。

若い葉や種には甘い香りと苦みがあり、香辛料として食用や薬用に利用されます。

効能には、「消化促進」や「整腸作用」があるので便秘などに効果的です。

「利尿・発汗作用」があるため、むくみが取れてダイエットにも効果があると言われています。

「消臭効果」もあるので、魚料理のニオイ消しやアロマなどにも使われます。

株元の茎が肥大した部分(鱗茎)は「フィノッキオ」と呼ばれ、野菜として料理に使われます。

収穫の時期は、葉は3~11月、種は7~9月です。

 

③フェンネルの剪定方法は?

葉を多く採りたい場合は、花が咲く前に花茎を切り戻すと、わき芽が出て多くの葉を収穫できます。

秋~冬にすべての花が咲き終わったら、株元から切り取って、次の年に備えます。

 

④フェンネルを水耕栽培で育てるポイントは?

2リットルの、ペットボトル上部3分の1を切り離し、逆さまにしてフェンネルを入れ、飲み口の部分から根を出します。

太い根が傷つかないように十分注意してください。

株元が隠れるように用土を入れて、ペットボトルの下には、根の先が浸るくらいの水を入れ、フェンネルが入った上部をセットします。

遮光した窓辺やベランダなど、明るい場所で管理して、水は毎日取り換えるのがポイントです。

 

⑤フェンネルを鉢植え(プランター)で育てるポイントは?

鉢とプランターのサイズは、大きめで深型のものを使います。

鉢が小さいと大きく育つことができず、トウ立ちしやすくなります。

フェンネルの根は、まっすぐ伸びる直根性なので、太い根が傷むとうまく育つことができません。

植え付けする際は、苗は小さいうちに土はなるべく落とさず、そっと定植させましょう。

草丈が2mほどに成長するので、倒れないように支柱を立てます。

 

⑥フェンネルが枯れる原因はなに?

フェンネルが枯れる原因で一番多いのが「水切れ」です。

とくに成長期には水切れを起こしやすいので、土と葉の状態をよく観察して水やりを行いましょう。

次に多いのが「日照不足」です。

強すぎる直射日光は避けて、明るく日当たりのよい場所で育てましょう。

剪定や収穫を行い、葉を茂らせ過ぎないことと、株間を詰め過ぎないことがポイントになります。

「根を傷つけてしまう」のも枯れる原因の一つです。

なるべく移植は避けて、植え替えする場合は、太い根を傷つけないように十分に注意しましょう。

 

⑦フェンネルのかかりうる害虫の種類と対策は?

注意が必要な害虫に「アオムシ」「カメムシ」「アブラムシ」があります。

アオムシは卵のうちに駆除するのが一番よいです。

カメムシ、アブラムシも、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

風通しのよい環境と状態を維持することで、害虫予防につながります。

 

⑧フェンネルの増やし方は?

フェンネルは「種まき」と「株分け」で増やすことができます。

おすすめなのは「種まき」です。根を傷つける心配もなく、種の発芽率も高いためです。

 

⑨フェンネルの株分けのやり方は?

秋~冬に種の収穫後に、切り戻した株の根元から新芽が出ているか確認しましょう。

株が大きく育ち新芽が出ていたら、株分けして新しい土へ植え付けします。

このときも太い根に傷がつかないように、親株と子株を丁寧に分けることがポイントです。

 

⑩フェンネルの花言葉はなに?

フェンネルの花言葉は「賞賛」「力量」「背伸びした恋」「愛情に値する」などがあります。

 

⑪フェンネルの種類は何がある?

フェンネルの種類には「フローレンスフェンネル」「スイートフェンネル」「ブロンズフェンネル」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)