【フジウツギのまとめ!】育て方や毒性等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、フジウツギについてまとめていきたいと思います。

 

美しい花を咲かせる種類で鑑賞用植物としては「ブッドレア」という方が知られているかもしれません。

秩父で野生種が発見された品種もあり「チチブフジウツギ」という別名も付いたりしています。

 

今回は、フジウツギについてのポイント、

①フジウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②フジウツギの画像(写真)!フジウツギ属フジウツギ科の植物!
③フジウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?
④フジウツギには毒性はあるの?

 

以上4つの点についてお伝えします。

まずはフジウツギの育て方からお伝えします!

 

フジウツギの育て方は?

 

フジウツギは暑さ、寒さに強く育てやすい植物です。

 

花期も長いため庭に植えたりすると長く鮮やかにすることができます。

環境も寄り好みをせず地域を選ばず育てることができますよ!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、フジウツギが好む環境についてお伝えします!

 

フジウツギの育て方!環境はどうする?

 

フジウツギは日当たりのが良く風通しの良い環境を好みます。

 

日の当たる環境に置くのが好ましいですが夏は半日陰に置いたりすると良いでしょう。

やや乾燥を好みますので過保護にする必要もありませんよ!

 

次は、フジウツギに適した用土についてお伝えします!

 

フジウツギを育てる際の適した用土は何?

 

フジウツギを利用する際には用土も基本選ばないで大丈夫でしょう。

水はけの良い土が良く赤玉をベースに腐葉土などを混ぜて土壌を作りましょう!

 

次は、フジウツギに必要な肥料についてお伝えします!

 

フジウツギの育て方!肥料はどうする?

 

肥料は花後に与えましょう。

 

あまりこだわる必要はなく堆肥程度で十分です。

花を咲かせたい場合には6~7月頃に油粕や化成肥料を与えましょう!

 

では次は、フジウツギの水やりポイントについてお伝えします!

 

フジウツギを育てる際の水の量はどうする?

 

フジウツギは先ほど言った通り若干乾燥を好みます。

 

鉢植えでも表土が乾燥したらあげる程度で問題ありません。

庭で育てる場合は雨に任せてしまって大丈夫ですよ!

 

以上で基本的なフジウツギの育て方については終わりです。

次はフジウツギの写真をお見せします!

 

フジウツギの画像(写真)!フジウツギ属フジウツギ科の植物!

 

 

こちらがフジウツギです!

フジウツギはフジウツギ科フジウツギ属に属する植物です。

 

紫色で非常に鮮やかですね!

品種ごとに花の色が違い橙色などもあります。

 

日本でよく見られるのは中国産のフサフジウツギです、冒頭でお話したチチブフジウツギがこれに当たります。

 

次はフジウツギの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします!

 

フジウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

フジウツギの開花時期は5月から11月です。

 

非常に長く楽しめるんですね!

春後から冬まで楽しめる花で長く庭を彩る植物として重宝するでしょう。

 

次はフジウツギには毒性はあるのかについてお伝えします!

 

フジウツギには毒性はあるの?

 

結論から言うとフジウツギには毒性があります。

 

その毒性は強く昔は漁に使われていました!

フジウツギは「サポニン」という毒を多く含みますがこの成分は人間には溶血作用と胃腸障害を含みます。

 

新葉を食べることができるコゴメウツギという植物もありますが間違えて食べないように気を付けてくださいね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

フジウツギのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4つありました。

 

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①フジウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりが良く風通しの良い環境を好みます!

水はけの良い土を好み赤玉ベースで大丈夫!

肥料は花後や花期の6月~7月頃にあたえてください。

水は乾燥が目立ったらあげる程度で大丈夫です!

 

②フジウツギの画像(写真)!フジウツギ属フジウツギ科の植物!

紫色の小さい花をたくさん咲かせます!

橙色の花を咲かせる品種もあります!

 

③フジウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?

開花時期は5月~11月!

 

④フジウツギには毒性はあるの?

フジウツギはサポニンと呼ばれる毒を含んでいます!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)