【ノボロギクのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ノボロギクについてまとめていきたいと思います。

 

ノボロギクキク科の1年草で、畑地や道ばたなどで良く見かける雑草の一種です。

 

今回は、ノボロギクについてのポイント、

①ノボロギクの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ノボロギクの画像(写真)!特徴は?
③ノボロギクの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ノボロギクが増えすぎる!おすすめ除草剤は?
⑤ノボロギクに似た花は何がある?
⑥ノボロギクは食用?食べられるの?
⑦ノボロギクの花言葉や名前の由来はなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはノボロギクの育て方からお伝えします!

 

ノボロギクの育て方は?

 

ノボロギクは基本的には、雑草の様に生えるため、庭植えで育てると良いです。

植え付けは、年中発芽するのでいつでも良いのですが、秋に植え付けをして発芽すると春に開花します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ノボロギクが好む環境についてお伝えします!

 

ノボロギクの育て方!環境はどうする?

 

ノボロギクは雑草のため、至る所で育つ事ができます。

 

具体的には、畑地、樹園地、荒地、道ばたなどでしょうか。

寒さや暑さに強いという特徴もあります。

 

次は、ノボロギクに適した用土についてお伝えします!

 

ノボロギクを育てる際の適した用土は何?

 

ノボロギクに適した用土には、肥沃な土が良いとされています。

庭植えする場合は、赤玉土4、腐葉土4、有機用土(ビートモスなど)2を混ぜた土を使うと良いでしょう。

 

次は、ノボロギクに必要な肥料についてお伝えします!

 

ノボロギクの育て方!肥料はどうする?

 

ノボロギクには基本肥料は必要ありませんが、

野菜等と一緒に自生する雑草なため、野菜用の肥料を与えるとみるみる育ちますよ。

 

では次は、ノボロギクの水やりポイントについてお伝えします!

 

ノボロギクを育てる際の水の量はどうする?

 

ノボロギクの水やりは、土の表面が乾いてきたら、午前中に水を与えると良いでしょう。

目で見て、土が湿っているのがわかる位たっぷりと与える事がポイントです。

 

以上で基本的なノボロギクの育て方については終わりです。

次はノボロギクの写真をお見せします!

 

ノボロギクの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがノボロギクの写真です。

 

ノボロギクは、キク科の一年草で30cmほどの草丈があり、茎や葉はシュンギクに似ています。

花は、1本の茎から筒状のつぼみが3つに枝分かれして、筒の先にぼんぼりの様な黄色い花を咲かせます。

 

開花後は、たんぽぽと同じように種子が白い綿毛になる特徴があります。

 

次に、ノボロギクの開花時期をお伝えします!

 

ノボロギクの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

ノボロギクの開花時期は、5月から8月の初夏から夏にかけてが見頃です。

 

また、暖かい地域では1年中花を見ることができますよ。

散歩などで道ばたに咲くノボロギクを探してみるのも良いでしょう。

 

次は、ノボロギクにおすすめの除草剤をお伝えします!

 

ノボロギクが増えすぎる!おすすめ除草剤は?

 

ノボロギクは雑草なため、放っておいたり近くで野菜等を育てていると、どんどん増える性質があります。

 

対策としては、粒状やスプレータイプの除草剤を使い、減らしたい場所に散布するようにしましょう。

枯れてきたら、根ごと抜いて駆除します。

 

それでは次に、ノボロギクに似た花をお伝えします!

 

ノボロギクに似た花は何がある?

 

 

ノボロギクに似た花には、ボロギク、ベニバナボロギク、ダンドボロギク、ヤコブボロギクがあります。

ボロギクは、草丈が1mほどあり川地に自生しています。小さなひまわりのような黄色い花をつけます。

ベニバナボロギクは、茎の色が紅く筒状の先から紅色の花をつけます。

タンドボロギクは、草丈が1mほどあり、筒状の先から黄色味のある白い花が特徴的です。

ヤコブボロギクは、ユーラシア大陸に分布する草丈が2mほどある大きな種です。ひまわりのような花をつけます。また、毒があり有害植物として駆除対象になっています。

 

次は、ノボロギクは食用かどうかについてお伝えします!

 

ノボロギクは食用?食べられるの?

 

ノボロギクは食べることはできません。

 

ノボロギクには、ピロリジジンアルカロイドという有毒成分が含まれており万が一食べてしまうと下痢や吐き気を起こす恐れがあります。

食用には向かない植物なため、誤って食べないように気をつけましょう。

 

それでは最後に、ノボロギクの花言葉や名前の由来をお伝えします!

 

ノボロギクの花言葉や名前の由来はなに?

 

 

ノボロギクの花言葉には、

「相談」

「一致」

「合流」

「遭遇」

という意味があります。

 

どこにでも自生することから、遭遇しやすかったり、相談しやすい印象があるのかもしれませんね。

 

また、ノボロギクの名前の由来には、「野に生えるボロギク」から来ており、開花後の冠毛に覆われた様子をボロ切れに見立て、「野襤褸菊」になったとされています。

ちなみに、襤褸とは使い古しの布切れの事を指します。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ノボロギクのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ノボロギクの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ノボロギクは基本的には、雑草の様に生えるため、庭植えで育てると良いです。植え付けは、秋に植え付けをして発芽すると春に開花します。

ノボロギクは雑草のため、至る所で育つ事ができます。具体的には、畑地、樹園地、荒地、道ばたなどです。

ノボロギクに適した用土には、庭植えする場合は、赤玉土4、腐葉土4、有機用土(ビートモスなど)2を混ぜた土を使うと良いでしょう。

ノボロギクには基本肥料は必要ありません。

ノボロギクの水やりは、土の表面が乾いてきたら、午前中に水を与えると良いでしょう。

 

②ノボロギクの画像(写真)!特徴は?

ノボロギクは、キク科の一年草で30cmほどの草丈があり、花は、1本の茎から筒状のつぼみが3つに枝分かれして、筒の先にぼんぼりの様な黄色い花を咲かせます。

 

③ノボロギクの開花時期や季節はいつ頃なの?

ノボロギクの開花時期は、5月から8月の初夏から夏にかけてが見頃です。

 

④ノボロギクが増えすぎる!おすすめ除草剤は?

ノボロギクが増えすぎた場合の対策としては、粒状やスプレータイプの除草剤を使い、減らしたい場所に散布するようにしましょう。

 

⑤ノボロギクに似た花は何がある?

ノボロギクに似た花には、ボロギク、ベニバナボロギク、ダンドボロギク、ヤコブボロギクがあります。

 

⑥ノボロギクは食用?食べられるの?

ノボロギクは食べることはできません。ノボロギクには、ピロリジジンアルカロイドという有毒成分が含まれており、万が一食べてしまうと下痢や吐き気を起こす恐れがあります。

 

⑦ノボロギクの花言葉や名前の由来はなに?

ノボロギクの花言葉には、「相談」「一致」「合流」「遭遇」という意味があります。

また、ノボロギクの名前の由来には、「野に生えるボロギク」から来ており、開花後の冠毛に覆われた様子をボロ切れに見立て、「野襤褸菊」になったとされています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)