ブーゲンビリアの育て方!剪定方法や花言葉など13個のポイント!








鮮やかな包葉の中に小さな花を咲かせるブーゲンビリア。

 

 

オシロイバナ科イカダカズラ属、中央アメリカや南アメリカ原産の低木です。

色のついた苞を多くつけ、日常に彩りを与えてくれます。

 

種類も豊富で、ガーデニング初心者の方も育てやすい植物です。

鉢植えや地植えで育てるポイント増やし方についても詳しく紹介していこうと思います。

 

今回はブーゲンビリアについてのポイント、

①ブーゲンビリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ブーゲンビリアの開花時期や季節はいつ頃なの?
③ブーゲンビリアの剪定方法は?
④ブーゲンビリアを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?
⑤ブーゲンビリアを地植えで育てるポイントは?
⑥ブーゲンビリアの植え替え時期とポイントは?
⑦ブーゲンビリアの冬越しはどうするの?
⑧ブーゲンビリアの花が咲かない原因は?
⑨ブーゲンビリアの増やし方は?
⑩ブーゲンビリアの挿し木のやり方は?
⑪ブーケンビリアは英語で何ていうの?
⑫ブーゲンビリアの花言葉はなに?
⑬ブーゲンビリアの種類や品種は何がある?

 

以上の13個についてお伝えします。

まずはブーゲンビリアの育て方からお伝えします!

 

ブーゲンビリアの育て方は?

 

ブーゲンビリアを育てる上で注意すべきポイントは、水やりと日当たりです。

 

ブーゲンビリアは水の量により、葉や枝と花に及ぼす影響が変わります。

きれいに花をつけたい場合には、乾燥気味に育てるようにしましょう。

 

また、花をたくさん咲かせるためには日当たりも大切です。

 

長い期間楽しむことのできるブーゲンビリア、ぜひ育ててみてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ブーゲンビリアが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブーゲンビリアの育て方!環境はどうする?

 

ブーゲンビリアは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

日陰では花を咲かせないので注意しましょう。

ポイントとして、1日のうち半日ほどは日に当てることです。

 

また、ブーゲンビリアは乾燥気味に育てるとたくさん花をつけてくれます。

 

次は、ブーゲンビリアに適した用土についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアを育てる際の適した用土は何?

 

ブーゲンビリアは水はけのいい土が適しています。

また、肥沃な土壌ではどんどん成長します。

自分で作る場合、赤玉土を4、軽石を2、鹿沼土を1の割合で混ぜます。

6号以上の鉢で育てる場合には、赤玉土は中粒がオススメです。

 

次は、ブーゲンビリアに必要な肥料についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの育て方!肥料はどうする?

 

ブーゲンビリアには、5~9月に肥料を与えていきます。

 

具体的には、開花後と剪定後と芽吹いた後に化成肥料を与えてください。

開花前に肥料を与えてしまうと、花つきが悪くなってしまうので注意しましょう。

また、ブーゲンビリアは長い期間、生長と開花をする植物です。

ですので、即効性の肥料よりも緩効性の肥料が適しています。

 

次は、ブーゲンビリアの水やりポイントについてお伝えします!

 

ブーゲンビリアを育てる際の水の量はどうする?

 

ブーゲンビリアは水を与えると、葉や枝をぐんぐんと生やします。

 

 

ですが、花の芽が生長しにくくなるという性質を持っています。

 

花芽をつけ始める4~10月には、乾燥気味に育てましょう。

乾燥しやすい真夏などは、葉がしおれていたら、たっぷりと水を与えます。

 

11~3月には、水やりの頻度を減らします。

1週間に1度、水を与えましょう。

 

朝や夜に水を与えると根が凍ってしまうこともあるため、晴れの日の午前中に与えてください。

 

以上で基本的なブーゲンビリアの育て方については終わりです。

次はブーゲンビリアの開花時期や季節についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブーゲンビリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ブーゲンビリアの開花時期は4~5月の春や10~11月の秋です。

育て方により開花時期が大きく異なります。

 

水やりや肥料の具合により、年に2~3回開花させてくれます。

 

花は、包葉の中で小さく咲きます。

その姿は可愛らしいので、ぜひチェックしてみてください。

 

次は、ブーゲンビリアの剪定についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの剪定方法は?

 

ブーゲンビリアの剪定は、6~8月が適期です。

伸びすぎた枝や樹形を乱すものは切り戻していきましょう。

 

剪定を行うときのポイントは、幹に日の光が当たるように切っていくことです。

 

葉が茂りすぎていると感じたら、切っていきましょう。

トゲの多い枝も切るようにします。

 

次は、ブーゲンビリアの鉢植え(プランター)についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

 

ブーゲンビリアを鉢植えで育てる場合にも、日当たりのいい場所で管理します。

 

 

土や肥料、水やりについては既に紹介している通りで構いません。

5~7月に、ある程度の深さをもった鉢へと植え付けます。

 

鉢底には軽石を敷き、その上から土を入れていきます。

苗を植え付ける際には、根を傷つけないように気をつけてください。

 

次は、ブーゲンビリアの地植えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブーゲンビリアを地植えで育てるポイントは?

 

ブーゲンビリアを地植えで育てる場合にも、日当たりのいい場所へと植え付けます。

 

育てるスペースに合わせて、剪定も行うとよいでしょう。

冬越しさせたい場合には、鉢植えがオススメです。

 

また、ほとんどの品種が鉢植え向きです。

地植えで育てたい場合には、種類や品種に気をつけてください。

 

次は、ブーゲンビリアの植え替えについてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの植え替え時期とポイントは?

 

ブーゲンビリアの植え替えは、4~6月が適期です。

 

 

頻度としては2年に1度がオススメです。

 

やり方としてはまず、鉢から土ごと抜き取ります。

次に、古い土を落としていきましょう。

 

このとき、古い根や傷んだ根は切っておきます。

そして、新たな場所へと植え付ければ完了です。

 

次は、ブーゲンビリアの冬越しについてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの冬越しはどうするの?

 

ブーゲンビリアを冬越しさせたい場合、鉢植えで育てます。

気温が10℃以下になる季節に、室内へと取り込みましょう。

 

水やりは1週間に1度で構いません。

暖房などの風が直接当たらない場所で管理してくださいね。

 

次は、ブーゲンビリアの花が咲かない原因についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブーゲンビリアの花が咲かない原因は?

 

ブーゲンビリアは日に当てないと花を咲かせません。

できるだけ日の光に当ててくださいね。

 

具体的には、午前に日を当て、午後には明るい日陰に、夜はライトなどが当たらない場所で管理しましょう。

 

また、水や肥料を与えすぎてしまうと、花を咲かせないこともあります。

ブーゲンビリアは乾かし気味に、肥料は少なめで育てましょう。

 

次は、ブーゲンビリアの増やし方についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの増やし方は?

 

ブーゲンビリアの増やし方には、種まきと挿し木があります。

 

 

ブーゲンビリアの種まきは、5~7月が適期です。

 

種まき用の土へ種をまき、軽く土で覆った後に水を与えます。

発芽するまでは乾燥させないように管理しましょう。

ある程度育ったら、鉢上げしてください。

 

挿し木については次で詳しく紹介します!

 

次は、ブーゲンビリアの挿し木についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの挿し木のやり方は?

 

ブーゲンビリアの挿し木は、6~7月が適期です。

 

枝を10cmほどの長さで切り取ります。

このとき、切り口が斜めになるようにしましょう。

 

次に、葉を5枚ほど残し、他は落としてしまいましょう。

その後、切った枝の切り口を1時間ほど水に浸けます。

 

そして、挿し木用の土へ、枝が2/3くらい埋まるように挿せば完了です。

1ヶ月ほどで鉢上げできます。

次は、ブーケンビリアの英名についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ブーケンビリアは英語で何ていうの?

 

ブーケンビリアは英語で「Bougainvillea」と言います。

 

英語での読み方がそのまま名前になっているようです。

また、学名は「Bougainvillea spp.」です。

 

次は、ブーゲンビリアの花言葉についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの花言葉はなに?

 

ブーゲンビリアの花言葉は、「情熱」「あなたしか見えない」「熱心」などがあります。

 

 

「情熱」や「あなたしか見えない」は、ブーゲンビリアの葉色が由来となっているそうです。

 

また、ブーゲンビリアは7月26日の誕生花です。

恋人へのプレゼントにいかがですか?

 

次は、ブーゲンビリアの種類や品種についてお伝えします!

 

ブーゲンビリアの種類や品種は何がある?

 

ブーゲンビリアは品種によって、葉色や花の大きさ、咲き方など様々です。

 

いくつか詳しく紹介していきます。

 

まずは、赤く染まるミセスバット

ミセスバットは、自然雑種であり、地植えに向いています。

 

次に、母の日に活躍するピンクレディー

ピンクのグラデーションが愛らしい品種です。

 

最後に、耐暑性のあるサンデリアナホワイト

沖縄では「サンゴ礁」と呼ばれ、園芸家から人気があります。

 

  • オススメ記事

カワラナデシコの育て方等はこちらをご覧下さい。

ミソハギの育て方等はこちらをご覧ください。

ササユリの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ブーケンビリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ブーゲンビリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所が適しています。

土は、水はけのいいものが適しています。

肥料は、5~9月の開花後と剪定後と芽吹いた後に化成肥料を与えてください。

水は、乾燥しやすい真夏などは、葉がしおれていたらたっぷりと与えます。

11~3月に水やりの頻度を減らし、1週間に1度与えましょう。

 

②ブーゲンビリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

ブーゲンビリアの開花時期は4~5月の春や10~11月の秋です。

 

③ブーゲンビリアの剪定方法は?

ブーゲンビリアの剪定は、6~8月が適期です。

伸びすぎた枝や樹形を乱すものは切り戻していきましょう。

 

④ブーゲンビリアを鉢植え(プランター)で育てる際のポイントは?

ブーゲンビリアを鉢植えで育てる場合にも、日当たりのいい場所で管理します。

5~7月に、ある程度の深さをもった鉢へと植え付けます。

鉢底には軽石を敷き、その上から土を入れていきます。

苗を植え付ける際には、根を傷つけないように気をつけてください。

 

⑤ブーゲンビリアを地植えで育てるポイントは?

ブーゲンビリアを地植えで育てる場合にも、日当たりのいい場所へと植え付けます。

ほとんどの品種が鉢植え向きなので、地植えで育てたい場合には種類や品種に気をつけてください。

 

⑥ブーゲンビリアの植え替え時期とポイントは?

ブーゲンビリアの植え替えは、4~6月が適期です。

鉢から土ごと抜き取り、古い土を落としていきましょう。

古い根や傷んだ根は切り、新たな場所へと植え付ければ完了です。

 

⑦ブーゲンビリアの冬越しはどうするの?

ブーゲンビリアを冬越しさせたい場合、鉢植えで育てます。

気温が10℃以下になる季節に、室内へと取り込みましょう。

 

⑧ブーゲンビリアの花が咲かない原因は?

ブーゲンビリアは日に当てないと花を咲かせません。

できるだけ日の光に当ててくださいね。

 

⑨ブーゲンビリアの増やし方は?

ブーゲンビリアの増やし方には、種まきと挿し木があります。

 

⑩ブーゲンビリアの挿し木のやり方は?

ブーゲンビリアの挿し木は、6~7月が適期です。

枝を10cmほどの長さで、切り口が斜めになるように切り取ります。

葉を5枚ほど残して他は落とし、切った枝の切り口を1時間ほど水に浸けます。

そして、挿し木用の土へ、枝が2/3くらい埋まるように挿せば完了です。

 

⑪ブーケンビリアは英語で何ていうの?

ブーケンビリアは英語で「Bougainvillea」と言います。

 

⑫ブーゲンビリアの花言葉はなに?

ブーゲンビリアの花言葉は、「情熱」「あなたしか見えない」「熱心」などがあります。

 

⑬ブーゲンビリアの種類や品種は何がある?

ブーゲンビリアは品種によって、葉色や花の大きさ、咲き方など様々です。

品種にはミセスバットやピンクレディー、サンデリアナホワイトなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)