アラマンダの育て方!剪定のやり方や花言葉など10個のポイント!








丈夫でよく育ち、鮮やかな花が特徴のアラマンダ。

花つきをよくするためには、〇〇がポイントになるんです!

 

 

はじめてアラマンダを育てる方にも、ポイントをわかりやすくお伝えします。

適した環境や剪定などの手入れで、美しい花をたくさん咲かせましょう!

 

今回はアラマンダについてのポイント、

①アラマンダの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アラマンダの開花時期は?
③アラマンダの剪定や手入れの仕方は?
④アラマンダの苗の植え付けのポイントは?
⑤アラマンダの植え替えの時期はいつ?
⑥アラマンダが注意すべき害虫は?
⑦アラマンダの増やし方は?
⑧アラマンダの挿し木のやり方は?
⑨アラマンダの花言葉は?
⑩アラマンダの種類や品種は何があるの?

 

以上10個の点についてお伝えします。

まずはアラマンダの育て方からお伝えします!

 

アラマンダの花の育て方は?

 

アラマンダは亜熱帯植物なので、日本の冬に耐えることができません。

 

品種によって耐寒温度は異なりますが、10℃以上は必要と考えておいた方がよいでしょう。

鉢植えにして春~秋は屋外で、冬は室内で管理しましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アラマンダが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アラマンダの育て方!環境はどうする?

 

アラマンダを育てる環境ですが、日当たりと風通しのよい場所が適しています。

花つきをよくするためには、日光が大切なポイントです。

 

 

日照不足になると花つきが悪くなるだけでなく、樹形も乱れる原因になります。

年間を通して、よく日の当たる場所で管理しましょう。

 

適した環境と合わせて、次のような用土に植えることで、丈夫に育てることができます。

次は、アラマンダに適した用土についてお伝えします!

 

アラマンダを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく、有機質な土が適しています。

 

市販の草花用培養土でよく育ちます。

配合する場合は「赤玉土7:腐葉土3」の割合がおすすめです。

適した用土が準備できたら、次は肥料をみてみましょう。

次は、アラマンダに必要な肥料についてお伝えします!

 

アラマンダの育て方!肥料はどうする?

 

春~秋に、錠剤肥料か油かすを、2~3ヵ月に1回を目安に株元へ置き肥します。

開花時期には合わせて液肥を施すのもよいでしょう。

 

アラマンダの成長には水が欠かせません。とくに〇〇の時期は注意が必要です。

では次は、アラマンダの水やりポイントについてお伝えします!

 

アラマンダを育てる際の水の量はどうする?

 

 

春~秋は表土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。

 

真夏は土が乾燥しやすいので、水切れしないように注意しましょう!

冬は水やりを控えめにして、やや乾燥気味に管理してください。

 

以上で基本的なアラマンダの育て方については終わりです。

次はアラマンダの開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アラマンダの開花時期は?

 

アラマンダの開花時期は、6~9月です。

 

伸ばした枝の先端近くに、黄色やピンク色の花が咲きます。

アラマンダは夏の暑い日光にも負けず、鮮やかな花を咲かせてくれるのが特徴です。

 

 

剪定時期を間違えてしまうと、せっかくの花芽を落としてしまうかもしれません!

適した時期の剪定と、正しい手入れ方法で、きれいな花や樹形を維持しましょう。

 

次はアラマンダの剪定や手入れについてお伝えします!

 

アラマンダの剪定や手入れの仕方は?

 

6~9月の間であれば、いつ行っても構いません。

 

こみ合っている所の枝を、枝分かれしている部分から切り落として、風通しをよくしてあげます。

新しい枝の先端には花芽がつくので、全体を刈り込んでしまうと花芽も落としてしまいます。

 

古い枝を数本間引く程度に行いましょう。

 

 

全体を刈り込む場合は、成長期に入る前の4~5月中旬が適しています。

強い剪定は時期を間違えないように注意しましょう。

 

アラマンダの苗を購入したら、次のような時期に植え付けを行います。

次はアラマンダの苗の植え付けについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アラマンダの苗の植え付けのポイントは?

 

アラマンダの植え付けの適期は5~6月です。

 

 

庭植えにしたい場合は、寒くなる前(10月頃)に株を掘り上げて鉢に移し、冬時期は室内で管理します。

 

そうすることで、春~秋は庭植えで楽しむことも可能です。

庭度には腐葉土や堆肥を多めに混ぜこみ、日当たりのよい場所に植え付けしましょう。

 

鉢植えで育てる場合は、定期的な植え替えが必要になります。

次はアラマンダの植え替えの時期についてお伝えします!

 

アラマンダの植え替えの時期はいつ?

 

アラマンダの植え替えに適した時期は、5~6月です。

 

 

鉢植えで育てると根が詰まって、成長の妨げになったり、根腐れの原因にもなります。

1~2年に1回、一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。

 

アラマンダは病気にかかりにくい丈夫な性質をもちます。

 

しかし次のような害虫には注意が必要です。

次はアラマンダが注意すべき害虫についてお伝えします!

 

アラマンダが注意すべき害虫は?

 

アラマンダは「アブラムシ」や「カイガラムシ」に注意が必要です。

見つけ次第すぐに駆除しましょう。

 

日当たりと風通しをよくすることで、害虫を予防することができます。

オーガニック素材の防虫剤での防虫もおすすめです。

 

アラマンダを育てるのに慣れてきたら、次は増やすことに挑戦してみませんか?

次はアラマンダの増やし方についてお伝えします!

 

アラマンダの増やし方は?

 

アラマンダは「挿し木」で増やすことができます。

 

ほかにも、こぼれ種で増えることもあります。

 

挿し木のやり方は簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!

次はアラマンダの挿し木のやり方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アラマンダの挿し木のやり方は?

 

アラマンダの挿し木に適した時期は6~7月です。

 

元気な枝を2節ほどの長さに切って、切り口の白い樹液をよく洗い流します。

挿し木用の土に挿して、半日陰の環境で土が乾かないように管理しましょう。

 

成長に合わせて徐々に日光に当てて慣らしていき、根がしっかり張ったら鉢などに定植してください。

 

アラマンダの和名は「アリアケカズラ」といいます。

 

では花言葉はどのようなものがあるのでしょうか?

次はアラマンダの花言葉についてお伝えします!

 

アラマンダの花言葉は?

 

 

アラマンダの花言葉は「恋に落ちる前」「永遠の美」「隠れた美」「楽しい追憶」です。

夏の強い日差しでも、鮮やかな色の花を咲かせることから「楽しい追憶」がつけられたと言われています。

 

アラマンダには品種によって、寒さに強いものや、小型のものなどがあります。

次はアラマンダの種類や品種についてお伝えします!

 

アラマンダの種類や品種は何があるの?

 

主な品種には次のようなものがあります。

 

 

「ビオラケア」

薄いピンク~紅紫色の花を咲かせるのが特徴です。

和名は「ムラサキアリアケカズラ」といいます。

 

「オオバナアリアケカズラ」

大型の花が咲く品種で、花径は約10cmになります。

丈夫で花つきがよく、日本の気候でも育てやすいのが特徴です。

「アリアケカズラ」の名前で販売されていることがよくあります。

 

「ヒメアリアケカズラ」

丈は1mほどで花径は3~4cmと、アラマンダの中でも小型の品種です。

育てやすく、鉢植えにピッタリのサイズです。

 

  • オススメ記事

ツワブキの育て方等はこちらをご覧下さい。

リシマキアの育て方等はこちらをご覧ください。

リョウブの育て方等はこちらをご覧ください。

 

アラマンダのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①アラマンダの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりと風通しのよい場所が適しています。

水はけがよく、有機質な土で育てましょう。

春~秋に、錠剤肥料か油かすを、2~3ヵ月に1回を目安に株元へ置き肥します。

春~秋は表土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。

冬は水やりを控えめにして、やや乾燥気味に管理してください。

 

②アラマンダの開花時期は?

開花時期は、6~9月です。

伸ばした枝の先端近くに、黄色やピンク色の花が咲きます。

 

③アラマンダの剪定や手入れの仕方は?

6~9月の間であれば、いつ行っても構いません。

こみ合っている所の枝を、枝分かれしている部分から切り落として、風通しをよくしてあげます。

 

④アラマンダの苗の植え付けのポイントは?

植え付けの適期は5~6月です。

庭植えにしたい場合は、寒くなる前(10月頃)に掘り上げて鉢に移し、冬は室内で管理しましょう。

 

⑤アラマンダの植え替えの時期はいつ?

植え替えに適した時期は、5~6月です。

1~2年に1回、一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。

 

⑥アラマンダが注意すべき害虫は?

アラマンダは「アブラムシ」や「カイガラムシ」に注意が必要です。

日当たりと風通しをよくすることで、害虫を予防することができます。

 

⑦アラマンダの増やし方は?

アラマンダは「挿し木」で増やすことができます。

ほかにも、こぼれ種で増えることもあります。

 

⑧アラマンダの挿し木のやり方は?

挿し木に適した時期は6~7月です。

元気な枝を2節ほどの長さに切って、切り口の白い樹液をよく洗い流します。

挿し木用の土に挿して、半日陰の環境で土が乾かないように管理しましょう。

 

⑨アラマンダの花言葉は?

アラマンダの花言葉は「恋に落ちる前」「永遠の美」「隠れた美」「楽しい追憶」です。

 

⑩アラマンダの種類や品種は何があるの?

主な品種には「ビオラケア」「オオバナアリアケカズラ」「ヒメアリアケカズラ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)