ハイノキの育て方!害虫対策や花言葉など6つのポイント!








涼しげな葉の様子が印象的なハイノキ。

お庭のシンボルツリーにしてみませんか?

 

ハイノキを育てる際に一番重要なのは、害虫対策になります!!

ハイノキの天敵は害虫という事を覚えておきましょう!

 

特に「あの」害虫の対策方法をお伝えします!

 

 

今回はハイノキについて6つのポイント、

①ハイノキの育て方(環境、用土、肥料、水やり)
②ハイノキの鉢植えで育てるポイントとは?
③ハイノキの害虫対策はどうする?
④ハイノキの開花時期はいつ頃なの?
⑤ハイノキの花言葉はなに?
⑥ハイノキの価格はどれくらいなの?

 

以上6つの点についてお伝えします!

まずは、ハイノキの育て方からお伝えしますね。

 

ハイノキの育て方は?

 

ハイノキは成長がとても緩やかな樹木で(1年間で20〜30センチ程度)、育ちすぎる心配が少ないため狭い庭でも管理しやすい樹木です。

 

剪定は1年間を通してどの時期に行っても問題ないですが、大掛かりな剪定をしてしまうと、元の姿に戻るまで、かなりの時間を要します。

 

剪定の際は、樹木の成長の遅さを考えて枝先を整える程度にしておきましょう。

大掛かりな剪定の手間もかからない、育てやすい樹木ですね。

 

次は、ハイノキが好む環境についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

ハイノキの育て方!環境はどうする?

 

ハイノキは基本的に日当たりのいい場所を好む樹木です。

ハイノキを育てるポイントは日当たりにあります!

 

夏の強い日差しや、西日に当ててしまうと葉焼けをしたり、葉が落ちてしまうことがありますので注意しましょう。

 

特に西日に当て続けると、弱ってしまうので注意します

 

地植えの際は、西日の当たらない場所を選んで植え付けて下さいね。

個人的には、地植えの植え付け場所に少しでも迷ったらとりあえず鉢植えで育ててから、地植えにすることをおすすめします。

 

次はハイノキに適した用土についてお伝えします。

 

ハイノキを育てる際の適した用土は何?

 

ハイノキはどんな土質でも育ちますが、水はけの悪い場所や土は適していません。

地植えは植え付ける前に、植え付けたい場所の土を掘り起こします。

 

 

土を掘り返した時に常に土が湿っているような場所や、水がにじみ出るような場所に植え付けてはいけません。

このような場所は水はけの悪い場所なので、植え付けても根が腐って枯れてしまいます。

 

水はけがいい場所かをしっかり確認してから植え付けましょう。

 

次にハイノキを育てる際に使う肥料の与え方についてお伝えします。

 

ハイノキの育て方!肥料はどうする?

 

1月〜2月に効果が緩やかにあらわれる「緩効性肥料」や「油かすと骨粉を混ぜたもの」を根から少し離れた場所に与えると生育が良くなるので効果的です。

 

肥料の量は、使用される肥料に記載されている容量をしっかり守りましょうね。

 

 

では次にハイノキの水やりのポイントについてお伝えします。

 

ハイノキを育てる際の水の量はどうする?

 

もし、地植えにすれば、雨が降った時の水だけで育ちます。水やりの必要はありません。

 

しかし、ハイノキは根張りが浅いため乾燥に弱い性質もあります。雨が降らず日照りが続くような時は水を与えましょう。

 

夏は日差しが強くハイノキの根が乾燥しやすいため、ハイノキの根元に腐葉土やワラを敷いて(マルチングといいます。)乾燥を予防してあげます。

マルチングをすると水やりの回数も減らすことができ、より栽培がお手軽になりますね。

 

以上で基本的なハイノキの育て方については終わりです。

次はハイノキを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

スポンサーリンク

ハイノキの鉢植えで育てるポイントは?

 

ハイノキを植え付ける時は、苗よりも1回り大きな鉢に、赤玉土(小粒)・腐葉土=7:3の割合で混ぜた土や、水はけのいい市販の土を選んで植え付けます。

 

植え付けは、4月からで遅くても梅雨入りまでには植え付けるようにしましょう。

小さいハイノキの苗は倒れやすいので、大きく育つまで支柱を立てて支えてあげるといいですよ。

 

ハイノキにつく害虫、害虫を予防する方法や、害虫がついた時の対処方法も覚えておきましょう!

次はハイノキの害虫対策についてお伝えします。

 

ハイノキの害虫対策はどうする?

 

ハイノキは害虫被害の少ない樹木ですが、風通しの悪い場所では「アブラムシ」や「カイガラムシ」がつくことがあります。

 

害虫は樹液を吸って生きるので、ハイノキがどんどん弱ってやがて枯れてしまいます。

密集している枝を切り落として風通しをよくし害虫が発生しにくい環境を作ることが予防方法です。

 

もし害虫がついてしまったら、とにかく早く駆除をすることです!

 

特に、カイガラムシの成虫は硬い殻に覆われているため、成虫には殺虫剤の効果が薄くとても厄介な害虫です。

殺虫剤の効果があまりあらわれない場合は、害虫がついてしまった枝は切り落としましょう。

 

次はハイノキの開花時期についてお伝えします。

 

ハイノキの開花時期はいつ頃なの?

 

ハイノキは4月〜5月にいい匂いのする白い花を咲かせます。

夏には細長い実をつけ、秋には黒紫色に熟します。

 

次はハイノキの花言葉についてお伝えします。

 

ハイノキの花言葉はなに?

 

ハイノキの花言葉は「誕生花」です。

この花言葉から、家を新築した時に植えられることがあります。

 

 

もしよかったら、知人が新築の家を建てた記念に送ってはいかがでしょうか?

そこで気になるのが価格ですよね。

 

次にハイノキの価格についてお伝えします。

 

ハイノキの価格はどれぐらいなの?

 

高さが1〜2メートル前後のハイノキは、安くて1万円〜2万円します。

なんと、2メートルを超すと5万円〜10万円以上の価格になる場合もあります!!

成長が遅いハイノキなので、小さい苗から出荷できる大きさに育てるまでの時間が長くなるので、どうしても高額になってしまうのです。

 

ハイノキを育てて販売する方の事を考えたら仕方がなさそうですね。。。

 

  • オススメ記事

アオダモの育て方等はこちらをご覧ください。

ツリバナの育て方等はこちらをご覧ください。

アオハダの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ハイノキのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ハイノキの育て方(環境、用土、肥料、水やり)

ハイノキは基本的に日当たりのいい場所を好む樹木です。

ハイノキを育てるポイントは日当たりにあります!

夏の強い日差しや、西日に当ててしまうと葉焼けをしたり、葉が落ちてしまうことがありますので注意しましょう。

 

ハイノキはどんな土質でも育ちますが、水はけの悪い場所や土は適していません。

水はけがいい場所かをしっかり確認してから植え付けましょう。

肥料は、1月〜2月に効果が緩やかにあらわれる「緩効性肥料」や「油かすと骨粉を混ぜたもの」を根から少し離れた場所に与えると生育が良くなるので効果的です。

地植えにすれば、雨が降った時の水だけで育ちます。水やりの必要はありません。

しかし、ハイノキは根張りが浅いため乾燥に弱い性質もあります。

 

②ハイノキの鉢植えで育てるポイントとは?

ハイノキを植え付ける時は、苗よりも1回り大きな鉢に植えましょう。

「赤玉土(小粒)・腐葉土=7:3」の割合で混ぜた土や、水はけのいい市販の土がオススメです。

植え付けは、4月からで遅くても梅雨入りまでには植え付けるようにしましょう。

 

③ハイノキの害虫対策はどうする?

風通しの悪い場所では「アブラムシ」や「カイガラムシ」がつくことがあります。

密集している枝を切り落として風通しをよくし害虫が発生しにくい環境を作ることが予防方法です。

もし害虫がついてしまったら、とにかく早く駆除をすることが重要です!

 

④ハイノキの開花時期はいつ頃なの?

ハイノキは4月〜5月にいい匂いのする白い花を咲かせます。

 

⑤ハイノキの花言葉はなに?

ハイノキの花言葉は、「誕生花」です。

 

⑥ハイノキの価格はどれくらいなの?

高さが1〜2メートル前後のハイノキは、安くて1万円〜2万円します。

なんと、2メートルを超すと5万円〜10万円以上の価格になる場合もあります!!

 

 

ゆっくり育つハイノキですが、長い年月をかけ大きく育ちお庭の立派なシンボルツリーになりますように!

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)