【クワズイモのまとめ!】株分けのやり方や種類など15個のポイント!








 

大きな丸い葉が特徴的な観葉植物のクワズイモ。

 

クワズイモは、サトイモ科クワズイモ属の多年草です。

クワズイモという名前は、根に毒を持っており、食用に向かないことからついたといわれています。

 

クワズイモを育てる上で注意すべきポイントがいくつかあります。

詳しく紹介していますので、隅々まで読んでいただけたらと思います。

 

今回はクワズイモについてのポイント、

①クワズイモの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②クワズイモを植木鉢で育てる方法は?
③クワズイモを地植えで育てるポイントは?
④クワズイモを水耕栽培で育てるポイントは?
⑤クワズイモの剪定方法は?
⑥クワズイモの植え替え時期とポイントは?
⑦クワズイモが根腐れしてしまう原因と対策方法は?
⑧クワズイモがかかりうる病気や害虫は何があるの?
⑨クワズイモを寄せ植えにするポイントは?
⑩クワズイモの増やし方は?
⑪クワズイモの株分けのやり方は?
⑫クワズイモの挿し木の方法は?
⑬クワズイモと風水との関係は?
⑭クワズイモの花言葉はなに?
⑮クワズイモの種類や品種は何がある?

 

以上15個の点についてお伝えします。

まずはクワズイモの育て方からお伝えします!

 

クワズイモの育て方は?

 

クワズイモは、耐陰性があるので、屋内でも育てることができます。

しかし、日の光を好む植物であるためできるだけ日に当たる場所で育てるようにしましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、クワズイモが好む環境についてお伝えします!

 

クワズイモの育て方!環境はどうする?

 

 

クワズイモは日当たりのいい場所で育てましょう。

真夏の日の光では葉焼けを起こすこともあるため、30%ほど遮光することをオススメします。

 

この遮光は、市販されている遮光ネットを使用することによってできますよ。

 

また、気温が40℃を超える場合には日陰となるへと移してあげましょう。

 

次は、クワズイモに適した用土についてお伝えします!

 

クワズイモを育てる際の適した用土は何?

 

クワズイモは、水はけのいい土が適しています。

 

基本的には市販の観葉植物用の土を使用すれば大丈夫ですが、

自分で作る場合、観葉植物用土を2、赤玉土を1、鹿沼土を1の割合で混ぜるとよいでしょう。

また、無機質の土で表面を覆うことにより、コバエ予防にもなります。

 

次は、クワズイモに必要な肥料についてお伝えします!

 

クワズイモの育て方!肥料はどうする?

 

クワズイモが生長する5~10月に肥料を与えましょう。

 

頻度としては10日に1度、水の代わりに液体肥料を与えます。

もしくは、置き肥として化成肥料を与えましょう。

 

次は、クワズイモの水やりポイントについてお伝えします!

 

クワズイモを育てる際の水の量はどうする?

 

クワズイモは、土の表面が乾燥していたらたっぷりと水を与えましょう。

 

秋頃になったら、水やりの必要はほとんどありません。

ただし、葉水を与え、乾燥させすぎないようにしましょう。

 

以上で基本的なクワズイモの育て方については終わりです。

次はクワズイモを植木鉢で育てる方法についてお伝えします!

 

クワズイモを植木鉢で育てる方法は?

 

クワズイモを植木鉢で育てる際には、いくつかの工程を踏む必要があります。

 

まずは、鉢を準備したら、鉢底ネットを敷いて鉢底石を入れましょう。

その後、水はけのいい土を入れてから植えます。

 

気温が15℃以上のときは屋外で、15℃以下のときは室内で管理しましょう。

 

クワズイモは生長が早いため、1年に1度は植え替えましょう。

植え替えをしないと根詰まりなどの原因となり、クワズイモの発育が悪くなる原因となります。

 

次は、クワズイモの地植えについてお伝えします!

 

クワズイモを地植えで育てるポイントは?

 

クワズイモは暖かい環境を好むため、15℃を下回る地域では鉢植えで育てることをオススメします。

 

地植えで育てる場合、水はけのいい場所へ植えましょう。

水はけの悪い場所で育てると、根腐れを起こしてしまうことがあります。

 

もしも、クワズイモを育てる場所の土壌が水はけが悪いのであれば、上記でお伝えした植木鉢で育てる際と同じ工程を踏んであげるといいでしょう。

 

次は、クワズイモの水耕栽培についてお伝えします!

 

クワズイモを水耕栽培で育てるポイントは?

 

クワズイモを水耕栽培する場合、ハイドロカルチャーを使用することをオススメします。

 

クワズイモを水耕栽培で育てる際のポイントは水の管理です。

 

水の入れ替えを怠ったり、水の量を間違えてしまうと根腐れを起こしてしまいます。

注意して育てましょう。

 

次は、クワズイモの剪定についてお伝えします!

 

クワズイモの剪定方法は?

 

クワズイモを育てているうちに、黄色くなる葉や垂れ下がってくる葉が出てきます。

そういった葉は剪定していきましょう。

 

 

剪定を行うときの注意すべきことは、クワズイモの樹液です。

 

クワズイモの樹液には、シュウ酸カルシウムという毒成分が含まれています。

 

なので、クワズイモの樹液に触れると、皮膚がかぶれてしまいます。

ですので、園芸用のグローブなどをして剪定を行いましょう。

 

次は、クワズイモの植え替えについてお伝えします!

 

クワズイモの植え替え時期とポイントは?

 

クワズイモの植え替えは、5月に行います。

 

植え替えのやり方としては、鉢から取り出し、根についた土を落としていきます。

 

このとき、根を傷つけないようにしましょう。

また、腐っている根があったら切っておきます。

 

そして、新しい鉢へ移してから水を与えましょう。

 

次は、クワズイモの根腐れについてお伝えします!

 

クワズイモが根腐れしてしまう原因と対策方法は?

 

クワズイモの根腐れは過湿の環境で起きます。

 

対策として、植え替えを行いましょう。

植え替えを行うことで土の通気性がよくなり、根腐れが起きにくくなります。

 

また、鉢の中で根詰まりを起こしてしまっていたのかもしれません。

やはり、クワズイモを鉢植えで育てる際には、植え替えが必要ですね。

 

次は、クワズイモがかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

 

クワズイモがかかりうる病気や害虫は何があるの?

 

クワズイモが注意すべき病気には、軟腐病があります。

 

細菌性の病気で、進行が進むとイモ部分も腐り、枯れてしまいます。

軟腐病にかかってしまった箇所はすぐに取り除きましょう。

 

クワズイモが注意すべき害虫には、ハダニがいます。

ハダニは暖かい時期に発生し、葉を傷つけて弱らせます。

見つけ次第、駆除しましょう。

 

次は、クワズイモの寄せ植えについてお伝えします!

 

クワズイモを寄せ植えにするポイントは?

 

クワズイモは葉が大きく、寄せ植えをする上でポイントとなります。

 

 

また高さもあるため、小さめの植物とともに植えるとよいでしょう。

ぜひ寄せ植えにも挑戦してみてくださいね。

 

次は、クワズイモの増やし方についてお伝えします!

 

クワズイモの増やし方は?

 

クワズイモの増やし方には、株分けと挿し木があります。

 

どちらも、5~7月に行います。

とても簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

次は、クワズイモの株分けについてお伝えします!

 

クワズイモの株分けのやり方は?

 

クワズイモの株分けは5~7月、植え替えと同時に行います。

 

植え替える際に子株を切り取り、別の鉢へと植えます。

その後、10日ほど日陰で管理しましょう。

 

葉が出てきたら、少しずつ日当たりのいい場所へと移していきます。

 

次は、クワズイモの挿し木についてお伝えします!

 

クワズイモの挿し木の方法は?

 

クワズイモの挿し木は、既に述べましたが、5~7月に行います。

 

茶色く固い茎を選び、10cmほどで切り取ります。

 

その茎を1日かけて明るい日陰で管理し、乾燥させます。

そして、赤玉土などの挿し木用の土を入れた鉢に茎を挿しましょう。

 

芽が出て根が十分に生えていることを確認したら、新しい鉢へと植え替えましょう。

 

次は、クワズイモと風水についてお伝えします!

 

クワズイモと風水との関係は?

 

クワズイモは葉が上向きにつくため、陽の気を持っているといわれています。

 

また、葉が丸みを帯びているため、気持ちを落ち着かせる効果もあるそうです。

ですので、自室やリビングに置くとよいでしょう。

 

次は、クワズイモの花言葉についてお伝えします!

 

クワズイモの花言葉はなに?

 

クワズイモの花言葉には「復縁」「仲直り」などがあります。

 

 

これらは、葉がハートの形をしていることが由来しているといわれています。

 

次は、クワズイモの種類や品種についてお伝えします!

 

クワズイモの種類や品種は何がある?

 

クワズイモは世界で65種ほど自生していることが確認されています。

 

最もポピュラーな品種はアロカシア・オドラで、沖縄で自生しています。

他には緑色の葉に白い斑が入っている白斑クワズイモなどがあります。

 

それでは、最後に今回お伝えした事をまとめたいと思います。

 

  • オススメ記事

ネオレゲリアの育て方等はこちらをご覧下さい。

チランジアの育て方等はこちらをご覧ください。

ウスネオイデスの育て方等はこちらをご覧ください。

 

クワズイモのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは15個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①クワズイモの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所で育てましょう。

土は、水はけのいいものが適しています。

肥料は、生長する5~10月に与えましょう。

水は、土の表面が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

 

②クワズイモを植木鉢で育てる方法は?

鉢を準備したら鉢底ネットを敷いて鉢底石を入れ、その後に水はけのいい土を入れてから植えます。

気温が15℃以上のときは屋外で、15℃以下のときは室内で管理しましょう。

 

③クワズイモを地植えで育てるポイントは?

15℃を下回る地域では鉢植えで育てることをオススメします。

地植えで育てる場合、水はけのいい場所へ植えましょう。

 

④クワズイモを水耕栽培で育てるポイントは?

クワズイモを水耕栽培する場合、ハイドロカルチャーがオススメです。

水の管理に注意しましょう。

 

⑤クワズイモの剪定方法は?

黄色くなる葉や垂れ下がってくる葉は剪定しましょう。

剪定を行うときの注意すべきことは、クワズイモの樹液です。

樹液に触れると皮膚がかぶれてしまうため、園芸用のグローブなどをして剪定を行いましょう。

 

⑥クワズイモの植え替え時期とポイントは?

クワズイモの植え替えは、5月に行います。

鉢から取り出して根についた土を落とし、新しい鉢へ移してから水を与えましょう。

 

⑦クワズイモが根腐れしてしまう原因と対策方法は?

根腐れは過湿の環境で起きます。

対策として、植え替えを行いましょう。

 

⑧クワズイモがかかりうる病気や害虫は何があるの?

クワズイモが注意すべき病気には、軟腐病があります。

軟腐病にかかってしまった箇所はすぐに取り除きましょう。

クワズイモが注意すべき害虫には、ハダニがいます。

見つけ次第、駆除しましょう。

 

⑨クワズイモを寄せ植えにするポイントは?

クワズイモは葉が大きく高さもあるため、小さめの植物とともに植えるとよいでしょう。

 

⑩クワズイモの増やし方は?

クワズイモの増やし方には、株分けと挿し木があります。

 

⑪クワズイモの株分けのやり方は?

クワズイモの株分けは5~7月、植え替えと同時に行います。

植え替える際に子株を切り取り、別の鉢へと植えます。

 

⑫クワズイモの挿し木の方法は?

クワズイモの挿し木は、5~7月に行います。

茶色く固い茎を選び、10cmほどで切り取ります。

その茎を1日かけて明るい日陰で管理して乾燥させ、赤玉土などの挿し木用の土を入れた鉢に茎を挿しましょう。

 

⑬クワズイモと風水との関係は?

クワズイモは葉が上向きにつくため、陽の気を持っているといわれています。

自室やリビングに置くとよいでしょう。

 

⑭クワズイモの花言葉はなに?

クワズイモの花言葉には「復縁」「仲直り」などがあります。

 

⑮クワズイモの種類や品種は何がある?

クワズイモは世界で65種ほど自生していることが確認されています。

最もポピュラーな品種はアロカシア・オドラです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)