キセログラフィカの育て方!花の特徴や花言葉など13個のポイント!








キセログラフィカは、くるんと丸まった葉が特徴的な銀葉種のエアプランツです。

大型の品種で多く品種のあるエアプランツの中でも特に人気があります。

 

 

育てやすさも初心者向けなので、はじめてエアプランツを育てる方におすすめです!

いくつかポイントに注意して育てていれば、もしかして花が見れるかも!?

 

はじめての方でもキセログラフィカを上手に育てるポイントをまとめてみました!

すでに育てている方が悩みやすい「枯れる原因」や「葉が丸くならない」などの対策もご紹介しますのでぜひご覧くださいね!

 

今回はキセログラフィカについてのポイント、

①キセログラフィカの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キセログラフィカを鉢植えで育てるポイントは?
③キセログラフィカのおすすめの飾り方や吊るし方は?
④キセログラフィカはどんな花が咲く?
⑤キセログラフィカの花が咲かない原因とは?
⑥キセログラフィカが丸くならないのはどうして?対策方法は?
⑦キセログラフィカが枯れる原因と対策は?
⑧キセログラフィカの増やし方は?
⑨キセログラフィカの株分けのやり方は?
⑩キセログラフィカの冬越しのポイントは?
⑪キセログラフィカの値段や価格はどのくらい?
⑫キセログラフィカの種類や品種は何がある?
⑬キセログラフィカの花言葉はなに?

 

以上13個の点についてお伝えします。

まずはキセログラフィカの育て方からお伝えします!

 

キセログラフィカの育て方は?

 

キセログラフィカを上手に育てるには「水やり」が重要なポイントになります。

エアプランツは以外にも水を好むものが多いのですが、キセログラフィカは特に水を好みます。

水を好むからといって多くあげればいいということでもありません。

 

適切な水やりをすることで、元気に育てることができるので、後ほどポイントをお伝えしますね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キセログラフィカが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キセログラフィカの育て方!環境はどうする?

 

キセログラフィカは遮光した日光のあたる風通しのよい場所を好みます。

直射日光にあたると葉焼けを起こす原因になるので注意しましょう。

 

キセログラフィカは寒さに弱いので、冬は10度以上で管理することをおすすめします。

 

 

生育適温は20~30度と高めです。水を好む品種なので乾燥し過ぎると枯れてしまいます。

蒸れにも弱いので、真夏に閉め切った部屋に長時間置くのは避けましょう。

 

キセログラフィカをはじめとするエアプランツは、土がなくても育つことができます。

 

では土の代わりにどのようなものに、植えればいいのでしょうか?

次は、キセログラフィカの用土についてお伝えします!

 

キセログラフィカを育てる際に用土は必要?

 

そもそもキセログラフィカは植えません。

根を、流木やコルクに「着生」させて育てます。

 

キセログラフィカは根からではなく、葉から水分や栄養を取って育つため土を必要としないのです。

 

 

キセログラフィカを着生させる場合は「軽石」「流木」「コルク」などがおすすめですよ。

キセログラフィカに肥料をあげるとき、土が無いのにどうやってあげればいいのでしょう?

次は、キセログラフィカに必要な肥料についてお伝えします!

 

キセログラフィカの育て方!肥料はどうする?

 

液肥を2,000倍に薄めたものを霧吹きでかけてあげましょう。

春と秋に2週間に1回のペースで与えましょう。

強すぎたり、多すぎる肥料はキセログラフィカが弱ってしまいます。

様子を見て、葉に元気がないなと感じたときにあげるようにしてください。

 

 

葉に肥料が残ったまま日にあたると葉焼けの原因になるので、肥料を与えてすぐに日光にあてるのは控えましょう。

夏と冬は肥料は必要ありません。

 

キセログラフィカを育てるのに最大のポイントでもあるのが次の「水やり」です。

水を好むけど、多くは与えないとはどういうことなのでしょうか?詳しくみていきましょう!

では次は、キセログラフィカの水やりポイントについてお伝えします!

 

キセログラフィカを育てる際の水の量はどうする?

 

キセログラフィカの水やりはミスティング(霧吹きで水をかける)ソーキング(バケツに水を入れて浸す)のふたつのやり方で行います。

 

ミスティングは3日に1回、ソーキングは2週間に1回を目安に行いましょう。

 

ミスティングは全体がまんべんなく濡れるようにたっぷりと行います。

ソーキングの後は、余分な水分を落として風通しのよい場所でよく乾燥させましょう。

水分がついたままになっていると、蒸れて腐る原因になってしまうので、必ず乾かしてあげましょうね。

 

 

夏と冬はやや乾燥気味に管理します。

キセログラフィカは葉の間に水分をためることができる「タンクタイプ」のエアプランツです。

そのため水を好むのに、回数が少なめでいいのはこういった性質があるためでした。

 

以上で基本的なキセログラフィカの育て方については終わりです。

次はキセログラフィカを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キセログラフィカを鉢植えで育てるポイントは?

 

鉢植えで育てる場合、やはり用土は必要ありません。

鉢の中に割った発泡スチロールを入れてその上に乗せてもいいですし、軽石やバークチップを入れるのもいいでしょう。

 

 

鉢の中にそれらを入れて、キセログラフィカが高めになるように置きましょう。

 

一番おすすめなのは、吊るして飾る方法です。

次はキセログラフィカのおすすめの飾り方や吊るし方についてお伝えします!

 

キセログラフィカのおすすめの飾り方や吊るし方は?

 

キセログラフィカの特徴といえばカールする葉ですよね。この葉を生かした飾り方がよいでしょう。

 

エアプランツを吊るして飾るための、針金や紐でできた専用のハンガーがあります。

キセログラフィカを乗せて吊るすのが負担が少なく、蒸れも防げるのでおすすめです。

100円ショップなどで材料を用意して、自分で作ることもできますので試してみてくださいね。

 

 

エアプランツ用のスタンドも販売されているので、そちらを使って飾るのも素敵ですよ。

流木との相性は最高です。見た目もカッコよくインテリアにおすすめです。

 

キセログラフィカに花が咲くのをご存知でしたか?

花芽がついた状態で販売されているものもあるんですよ!

次はキセログラフィカの花についてお伝えします!

 

キセログラフィカはどんな花が咲く?

 

大きく成長したキセログラフィカの中心から、まっすぐに花芽を伸ばし、先端に細い紫の花を集合させて咲かせます。

開花すると長く咲き続けるのでうまくいけば数か月、鑑賞することができますよ。

 

 

「キセログラフィカを育てているけど花なんて見たことがない」という方も多いのではないでしょうか?

それもそのはずです。花を見るには長い時間がかかるのです。

次はキセログラフィカの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

キセログラフィカの花が咲かない原因とは?

 

キセログラフィカの花は、とにかく株が大きく成長しないと咲きません。

しかしキセログラフィカの成長はとってもゆっくりなんです。

 

適した環境で育てながら、気長に待ちましょう。

遮光した日光と適した肥料で栄養を与えてあげることが、花を咲かせるポイントです。

 

キセログラフィカの特徴である葉がくるんと丸まった姿にならなくて、お困りではあるませんか?

原因は〇〇にありました!

次はキセログラフィカが丸くならない原因と対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キセログラフィカが丸くならないのはどうして?対策方法は?

 

まず購入する際に、カールが強いものと弱いものがあります。

もともと持ってる性質といいますか、それぞれ丸くなる強さは違うので、好みのタイプを購入するようにしましょう。

 

 

ご自宅にあるキセログラフィカの葉が伸びてしまった場合は、飾り方にポイントがあります。

キセログラフィカは根を守るように葉が丸くなるので、鉢植えなどに入れたり平面の所に置いていると、葉は丸まらずに下へ伸びる傾向があります。

 

くるんと丸めたい場合は、葉を邪魔しないスタンドに乗せたり、吊るして飾ることをおすすめします。

エアプランツを枯らしてしまうという話はよくあることです。

原因は〇〇であることが考えられます!

 

次はキセログラフィカが枯れる原因と対策についてお伝えします!

 

キセログラフィカが枯れる原因と対策は?

 

キセログラフィカが枯れる原因で最も多いのが、間違った水やりの仕方です。

 

「エアプランツは水やりがいらない」という話を聞いたことがありませんか?

しかしこれは間違いです。エアプランツもしっかりと水やりを行わないと枯れてしまいます。

 

特にキセログラフィカは水を必要とする品種なので、適切な水やりを行って水分不足になるのを防ぎましょう。

その反対に、水のあげ過ぎによって腐ってしまい、枯れてしまうこともあります。

余分な水分はきって、風通しのよい場所で管理してあげましょう。

 

 

直射日光や強い肥料による、葉焼けも枯れる原因の一つです。

適した環境、適した量の肥料で管理してあげましょうね。

 

大きく育ったキセログラフィカを増やしてみたくはありませんか?

増やし方はとても簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!

 

次はキセログラフィカの増やし方についてお伝えします!

 

キセログラフィカの増やし方は?

 

キセログラフィカは「株分け」で増やすことができます。

増やしたキセログラフィカを別のアレンジで飾るのもいいですし、プレゼントにするのもおすすめですよ。

 

では次は、キセログラフィカの株分けのやり方についてお伝えします!

 

キセログラフィカの株分けのやり方は?

 

大きく育ったキセログラフィカには、いくつか子株ができます。

この子株を優しく切り離して、それぞれを飾りましょう。

 

プレゼントにする場合は、子株を流木やコルクなどに着生させるとオシャレになりますよ。

 

 

キセログラフィカはあたたかい気候を好むので、寒さに強くありません。

 

冬はどのように管理すればよいのでしょうか?

次はキセログラフィカの冬越しのポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キセログラフィカの冬越しのポイントは?

 

キセログラフィカは冬に間は必ず室内で管理しましょう。

できれば室内を10度に保ってあげるのが好ましいです。

 

暖房の風があたる場所は、過度な乾燥の原因になるので置き場所に注意しましょう。

 

これからキセログラフィカを購入する方は園芸店やネット通販などで購入することができます。

価格はどのくらいなのでしょうか?

 

次はキセログラフィカの値段や価格についてお伝えします!

 

キセログラフィカの値段や価格はどのくらい?

 

キセログラフィカは10~12cmくらいのもので、2,000円前後で販売されています。

大きさや葉の状態によって値段が上がります。

 

キセログラフィカが属するチランジアにはとても多くの種類があります。

次はキセログラフィカの種類についてお伝えします!

 

キセログラフィカの種類や品種は何がある?

 

チランジア属には約2,500種類以上あるとされており、そのなかでもキセログラフィカは大型の種類に分けられます。

 

 

キセログラフィカには「ロングリーフ」という品種があり、他にも交配種などが販売されています。

葉の特徴は品種の他に個体差もあるので、好みの形のものを選びましょう。

 

キセログラフィカは葉の大きさに負けない、立派な花茎を伸ばしきれいな花を咲かせます。

その花にはどのような花言葉があるのでしょうか?

 

次はキセログラフィカの花言葉についてお伝えします!

 

キセログラフィカの花言葉はなに?

 

キセログラフィカの花言葉は「不屈」です。

これはエアプランツの花言葉でもあります。

 

土のない環境でも元気に育ち花をつける姿からこの花言葉がつけられました。

 

それでは、最後に今回お伝えした事をまとめたいと思います。

 

キセログラフィカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①キセログラフィカの育て方(環境、土、肥料、水やり)

遮光した日光のあたる風通しのよい場所を好みます。

直射日光にあたると葉焼けを起こす原因になるので注意しましょう。

キセログラフィカは根からではなく、葉から水分や栄養を取って育つため土を必要としないのです。

液肥を2,000倍に薄めたものを霧吹きでかけてあげましょう。

春と秋に2週間に1回のペースで与えましょう。

 

ミスティングは3日に1回、ソーキングは2週間に1回を目安に行いましょう。

ミスティングは全体がまんべんなく濡れるようにたっぷりと行います。

ソーキングの後は、余分な水分を落として風通しのよい場所でよく乾燥させましょう。

 

②キセログラフィカを鉢植えで育てるポイントは?

鉢の中に割った発泡スチロールや、軽石やバークチップを入れます。

キセログラフィカが高めになるように置きましょう。

 

③キセログラフィカのおすすめの飾り方や吊るし方は?

一番のおすすめは吊るして飾る方法です。

エアプランツを吊るして飾るための、針金や紐でできた専用のハンガーがあります。

それにキセログラフィカを乗せて吊るすのが負担が少なく、蒸れも防げるのでおすすめです。

エアプランツ用のスタンドも販売されているので、そちらを使って飾るのも素敵ですよ。

流木との相性は最高です。見た目もカッコよくインテリアにおすすめです。

 

④キセログラフィカはどんな花が咲く?

大きく成長したキセログラフィカの中心から、まっすぐに花芽を伸ばし、先端に細い紫の花を集合させて咲かせます。

 

⑤キセログラフィカの花が咲かない原因とは?

キセログラフィカの花は、とにかく株が大きく成長しないと咲きません。

しかしキセログラフィカの成長はとってもゆっくりなんです。

適した環境で育てながら、気長に待ちましょう。

 

⑥キセログラフィカが丸くならないのはどうして?対策方法は?

キセログラフィカは根を守るように葉が丸くなるので、鉢植えなどに入れたり平面の所に置いていると、葉は丸まらずに下へ伸びる傾向があります。

くるんと丸めたい場合は、葉を邪魔しないスタンドに乗せたり、吊るして飾ることをおすすめします。

 

⑦キセログラフィカが枯れる原因と対策は?

キセログラフィカが枯れる原因で最も多いのが、間違った水やりの仕方です。

適切な水やりを行って水分不足になるのを防ぎましょう。

その反対に、水のあげ過ぎによって腐ってしまい、枯れてしまうこともあります。

余分な水分はきって、風通しのよい場所で管理してあげましょう。

直射日光や強い肥料による、葉焼けも枯れる原因の一つです。

適した環境、適した量の肥料で管理してあげましょうね。

 

⑧キセログラフィカの増やし方は?

キセログラフィカは「株分け」で増やすことができます。

 

⑨キセログラフィカの株分けのやり方は?

大きく育ったキセログラフィカには、いくつか子株ができます。

この子株を優しく切り離して、それぞれを飾りましょう。

 

⑩キセログラフィカの冬越しのポイントは?

キセログラフィカは冬に間は必ず室内で管理しましょう。

できれば室内を10度に保ってあげるのが好ましいです。

暖房の風があたる場所は、過度な乾燥の原因になるので置き場所に注意しましょう。

 

⑪キセログラフィカの値段や価格はどのくらい?

キセログラフィカは10~12cmくらいのもので、2,000円前後で販売されています。

大きさや葉の状態によって値段が上がります。

 

⑫キセログラフィカの種類や品種は何がある?

チランジア属には約2,500種類以上あるとされており、そのなかでもキセログラフィカは大型の種類に分けられます。

キセログラフィカには「ロングリーフ」という品種があり、他にも交配種などが販売されています。

 

⑬キセログラフィカの花言葉はなに?

キセログラフィカの花言葉は「不屈」です。

これはエアプランツの花言葉でもあります。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)