ハオルチアの育て方!植え替えの時期や花言葉など9つのポイント!








ハオルチアは、葉に特徴があります。

ハオルチアの葉は、半透明に透き通り、光を涼やかに通します。

その葉を通った光を吸収して成長するのですよ。

 

 

ハオルチアは品種によって、耐寒・耐暑性が違います。

しかしどの種類も、比較的育てやすいです。

庭植えには向かないので、鉢植えで育てましょう!

 

このあと詳しくお伝えします!

 

今回はハオルチアについてのポイント、

①ハオルチアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハオルチアの水耕栽培のやり方
③ハオルチアの植え替えポイント
④ハオルチアの根腐れを防ぐには
⑤ハオルチアの増やし方
⑥ハオルチアの寄せ植えポイント
⑦ハオルチアの値段
⑧ハオルチアの花言葉
⑨ハオルチアの種類や品種

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはハオルチアの育て方からお伝えします!

 

ハオルチアの育て方は?

 

ハオルチアは、大変丈夫な品種です。

初心者にもお勧めです。

 

 

最初は、ハオルチアが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハオルチアの育て方!環境はどうする?

 

15℃~20℃が成長に適した温度です。

 

 

夏はなるべく涼しいところに置きましょう。

冬は5℃以下になる場合は室内で管理します。

成長期の春と秋は、午前中日光が当たる所が適しています。

 

次は、ハオルチアに適した用土についてお伝えします!

 

ハオルチアを育てる際の適した用土は何?

 

ハオルチアは、水はけの良い土を好みます。

そんなに気を使う必要はないようです。

 

もし買うのであれば、「赤玉土(中粒)3.5:日向土2:鹿沼土2:腐葉土1:堆肥1:燻炭0.5」の割合で混ぜるとよいでしょう。

次は、ハオルチアに必要な肥料についてお伝えします!

 

ハオルチアの育て方!肥料はどうする?

 

ハオルチアは一般に、肥料を必要としません。

 

光と水さえあれば生長できます。

もし生育が悪いと思われたときは、薄めた液肥を水やりの代わりに与えてみてください。

 

では次は、ハオルチアの水やりポイントについてお伝えします!

 

ハオルチアを育てる際の水の量はどうする?

 

ハオルチアは、乾燥に強い植物なので少し水やりを忘れたぐらいでは全然平気です。

しかし、水やりのしすぎには要注意です。

 

一般的には、生長期の春と秋は週1回ほど。

 

夏は蒸し暑さが苦手なので、2週から1か月に1回。

冬は鉢全体に水が軽くいきわたる程度、月に1回。

 

以上で基本的なハオルチアの育て方については終わりです。

次はハオルチアの水耕栽培のやり方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハオルチアの水耕栽培のやり方は?

 

まずは、用意するものからお伝えしますね。

 

用意するもの

・ハオルチアのサイズに合った瓶(紐や金網などを使って落ちないように引っ掛かりを作るのもよいでしょう。)
・水栽培用液体肥料
・水
・園芸用ハサミ

①ハオルチアを鉢から取り出し、土を落とします。
②根の土を落とすため、水洗いをします。優しく流しましょう。
③水洗いの後は乾かします。きちんと乾かしましょう。
④根腐れした株でも根元が元気の場合は元気に再生できる可能性があります。消毒したハサミで根をカットします。切る場所は、根元に少し根を残します。
⑤その後、水につけます。水は根元がつかるくらいにしましょう。

 

水に液肥の使い方を参考にして規定量いれるとよいでしょう。

 

次はハオルチアの植え替えポイントについてお伝えします!

 

ハオルチアの植え替えポイントは?

 

2~3年に1回、春か秋に植え替えをしましょう。

 

 

次はハオルチアの根腐れを防ぐにはどうするかについてお伝えします!

 

ハオルチアの根腐れを防ぐにはどうする?

 

ハオルチアの根腐れを防ぐには、適切な水やりが大切です。

 

特に夏の水のやりすぎには注意が必要です。

ちゃんと水やりをしても根腐れを起こす原因に根詰まりが挙げられます。

 

長い期間、ずっと同じ土で育てていると土が細かく砕けて水はけも悪くなり、成長した根に土が押し出されて土が足りない状況になることもあります。

 

もし長い間同じ鉢、同じ土で育てているなら植え替えも考えてください。

春か秋が最適です。

 

次はハオルチアの増やし方についてお伝えします!

 

ハオルチアの増やし方は?

 

ハオルチアは、「株分け」「葉挿し」「根挿し」「種まき」と、4つの繁殖方法で増やせる植物です。

 

「株分け」の方法は、ハオルチアをいくつかに分割します。

そして、それぞれを苗として育てる増やし方です。

 

「葉挿し」は葉っぱ、「根挿し」は根から新しい苗を作る方法です。

次にお知らせする寄せ植えポイントのやり方を参考にしてください。

「種まき」は、花が咲いて実になってできた種をまいて育てる方法です。

ハオルチアは春か秋が増やすのに適した時期です。

 

3月〜5月であればどの繁殖方法でも成功率が高いですよ。

 

次はハオルチアの寄せ植えポイントについてお伝えします!

 

ハオルチアの寄せ植えポイントは?

 

寄せ植えはとっても簡単です。

 

 

寄せ植えしたい葉をもぎとってから切り口を乾燥させます。

根が生えて来たら土の上に寝かせておくとそこから新たにハオルチアやほかの多肉植物が生えてきます。

 

次はハオルチアの値段についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ハオルチアの値段っていくらぐらいするの?

 

百円単位の物から数万円するものまでさまざまです。

町のお花屋さんの相場では、価格は500円~2000円くらいで売っています。

 

 

次はハオルチアの花言葉についてお伝えします!

 

ハオルチアの花言葉はなに?

 

ハオルチアの花言葉は「小さな愛」です。

恋人に花言葉を添えて、プレゼントするのも良いですね。

 

次はハオルチアの種類や品種についてお伝えします!

 

ハオルチアの種類や品種は何がある?

 

ハオルチアは実にたくさんの種類があり、約500種の種類が存在すると言われています。 

代表的な品種には、マンゾウ、ベヌスタ、ピリフェラ、ボルシーなどがあります。

 

  • オススメ記事

アロエベラの育て方等はこちらをご覧ください。

アガベの育て方等はこちらをご覧ください。

アエオニウムの育て方等はこちらをご覧ください。

それでは、今回お伝えした事をまとめていきましょう!

 

ハオルチアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ハオルチアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

午前中日光が当たる15℃~20℃の場所で育てる。

水はけの良い土を使う。

肥料はあげなくても育つ。

水やりのし過ぎに注意する。

 

②ハオルチアの水耕栽培のやり方

一番のポイントは、消毒したハサミで根を切ること。

 

③ハオルチアの植え替えポイント

2~3年に1回。春か秋に植え替え。

 

④ハオルチアの根腐れを防ぐには

適切な水やりが大切。

 

⑤ハオルチアの増やし方

「株分け」「葉挿し」「根挿し」「種まき」の4つの方法がある。

 

⑥ハオルチアの寄せ植えポイント

寄せ植えしたい葉をもぎとってから切り口を乾燥。

根が生えて来たら土の上に寝かせておく。

 

⑦ハオルチアの値段

500円~2000円くらいが相場。

 

⑧ハオルチアの花言葉

ハオルチアの花言葉は、「小さな愛」です。

 

⑨ハオルチアの種類や品種

約500種の種類ある。

マンゾウ、ベヌスタ、ピリフェラ、ボルシーなど

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)