モンステラの育て方!剪定のやり方や風水効果など19個のポイント!








ツヤのある大きな葉に、切れ込みが入っているのが特徴のモンステラ。

おしゃれな見た目から、インテリアグリーンとして人気のある観葉植物です。

 

 

丈夫で育てやすいので、はじめて観葉植物を育てる方にもおすすめです!

 

今回はモンステラについてのポイント、

①モンステラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②モンステラの花を咲かせるポイントは?実がなるのはいつ?
③モンステラの剪定(切り戻し)や手入れのやり方は?
④モンステラが徒長したらどうすればいいの?
⑤モンステラの支柱の立て方は?
⑥モンステラを鉢植えで育てるポイントは?
⑦モンステラを地植え(屋外)で育てるポイントは?
⑧モンステラの植え替えの時期はいつ?
⑨モンステラの水耕栽培で育てるポイントは?
⑩モンステラが枯れる原因と対策は?
⑪モンステラがかかりうる病気や害虫には何がある?
⑫モンステラの冬越しのポイントは?
⑬モンステラの増やし方は?
⑭モンステラの株分けのやり方は?
⑮モンステラの挿し木のやり方は?
⑯モンステラの風水効果はなに?
⑰モンステラの値段はどのくらい?
⑱モンステラの花言葉は?
⑲モンステラの種類は何がある?

 

以上19個の点についてお伝えします。

まずはモンステラの育て方からお伝えします!

 

今回は多くの事をお伝えするので、下記の目次からきになる物からみてくださいね。

 

モンステラの育て方は?

 

暑さと寒さに強いので、適した環境であれば、問題なく育てることができます。

 

極端な温度変化には注意しましょう。

乾燥にやや弱いので、季節に合った水やりが必要です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、モンステラが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

モンステラの育て方!環境はどうする?

 

明るい日陰で、風通しのよい環境が適しています。

強い日光は葉焼けの原因になるので、直射日光の当たらない場所で管理しましょう。

 

 

植え付けには次のような用土を使うと、元気に育てることができます。

次は、モンステラに適した用土についてお伝えします!

 

モンステラを育てる際の適した用土は何?

 

モンステラは水はけがよく肥沃な土を好みます。

 

市販の「観葉植物用の土」でもよく育ちます。

配合する場合は「赤玉土7:腐葉土2:堆肥1」がおすすめです。

適した用土が準備できたら、次は肥料を用意しましょう。

次は、モンステラに必要な肥料についてお伝えします!

 

モンステラの育て方!肥料はどうする?

 

春~秋は、2ヵ月に1回を目安に、緩効性固形肥料を置き肥します。

冬は肥料は必要ありません。

室内があたたかく、新芽が出るような場合は、冬も肥料を施しましょう。

 

モンステラは季節によって、水の量を変えましょう。

では次は、モンステラの水やりポイントについてお伝えします!

 

モンステラを育てる際の水の量はどうする?

 

春と秋は土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。

 

夏は水切れになりやすいので、毎日水を与えましょう。

乾燥している時期は「葉水」も行い、葉にも水分を与えてください。

 

冬は、水やりの回数を控えて、やや乾燥気味に管理します。

 

 

葉から水を垂らしているときは、水が多いサインです。

その時は量を減らして、土が乾いてから水やりをしましょう。

 

以上で基本的なモンステラの育て方については終わりです。

次はモンステラの花についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

モンステラの花を咲かせるポイントは?実がなるのはいつ?

 

モンステラの花は、円錐状の黄色い花を、白い葉が包み込むような形をしています。

 

真ん中の花の部分が実になり、食べることもできます。

熟したモンステラの果実は甘く、南国フルーツに例えられる味です。

 

果実には「シュウ酸」が含まれているため、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

花を咲かせるには、環境温度が10~30℃、湿度60%以上を保つこと、明るい日陰で育てることがポイントです。

品種によっては花が咲かないものもあるので、購入する際に確認してみてください。

 

モンステラは成長が早いので、定期的に剪定を行い形を整えてあげましょう。

次はモンステラの剪定についてお伝えします!

 

モンステラの剪定(切り戻し)や手入れのやり方は?

 

モンステラは、5~9月が剪定に適した時期です。

 

葉がこみ合っている部分を、茎の途中から切り落とします。

枯れ葉や傷んでいる葉の場合は、茎の根元から切りましょう。

 

 

モンステラの草の樹液にも「シュウ酸」が含まれています。

触るとかぶれることがあるので、剪定を行うときは手袋をして、樹液に触らないようにしましょう。

モンステラの茎が、異常に伸びてしまうことを「徒長」といいます。

徒長する原因は何でしょうか?

もし徒長してしまったら、次のような方法で、元気な姿に戻してあげましょう。

 

次はモンステラの徒長についてお伝えします!

 

モンステラが徒長したらどうすればいいの?

 

徒長する原因は「日照不足」が考えられます。

日光のよく入る、明るい日陰で管理することで予防できます。

 

生育期である5~9月の時期に「水や肥料が多すぎる」のも徒長の原因です。

水やりや肥料は、量に注意して適量を与えます。

 

 

徒長してしまった茎は、根元近くから切って、新しい葉を育てましょう。

 

モンステラはつる性植物なので、成長してくると、葉が下がって形が崩れてしまいます。

 

支柱を立てて、きれいな形に保ちましょう。

次はモンステラの支柱の立て方についてお伝えします!

 

モンステラの支柱の立て方は?

 

太めの支柱を1本、株の近くに立てます。

 

高さはモンステラのサイズに合わせたものを用意してください。

麻ひもなどで支柱と葉茎をやさしく結んで、茎を誘引しましょう。

 

 

成長したモンステラは支柱を立てても、葉が大きくて鉢が倒れやすくなることがあります。

鉢植えで育てる場合は、次のような鉢を選びましょう。

 

次はモンステラを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

モンステラを鉢植えで育てるポイントは?

 

モンステラは「大きめの鉢」で育てるのがポイントです。

 

鉢底に底石をしっかり敷くことで、倒れるのを防ぎ、水はけをよくすることもできます。

大きめの鉢に植えることで、花も咲きやすくなるのでおすすめです。

 

モンステラの花は、地植えの方が咲きやすいと言われています。

次はモンステラを地植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

モンステラを地植え(屋外)で育てるポイントは?

 

モンステラは凍らない場所で、霜や雪に当たらなければ、地植えで育てることもできます。

あたたかい地域では、むしろ地植えにすることで、大きくよく育ちます。

 

直射日光があたらない場所に植えて、鉢植え同様に、太めの支柱を用意しましょう。

定期的な剪定で、すっきりした形を維持することで、病害虫を防ぐことができます。

 

鉢植えで育てているモンステラは、鉢内のトラブルを防ぐために、次のような時期に植え替えを行いましょう。

次はモンステラの植え替えの時期についてお伝えします!

 

モンステラの植え替えの時期はいつ?

 

モンステラの植え替えに適した時期は、7~9月です。

 

2年に1回を目安に行います。

鉢底から根が出ていたり、土の水はけや水もちが悪くなったら、植え替えのサインです。

 

 

根をやさしくほぐして、古い土を3分の1ほど落とします。

一回り大きな鉢と新しい土へ植え替えして、たっぷり水やりを行いましょう。

 

観葉植物を水耕栽培で育てると、インテリア性があって、とてもおしゃれですよね。

 

モンステラは水耕栽培することができるのでしょうか?

次は、モンステラの水耕栽培で育てるポイントについてお伝えします!

 

モンステラの水耕栽培で育てるポイントは?

 

モンステラの小さな株や、剪定で切り落とした茎を、水耕栽培で育てることができます。

 

小さな株はハイドロカルチャーを使い、水耕栽培用の鉢に植えましょう。

切り落とした茎は、水を入れたガラスの容器に挿しておくと根が出てくるので、ある程度の大きさまで育てることができます。

 

 

水耕栽培のポイントは、水を常にきれいな状態にすることと、水を冷やし過ぎないことです。

ある程度大きくなったら、土植えにすることをおすすめします。

モンステラの葉が元気がないとき、放っておくとそのまま枯れてしまうかもしれません!

枯れる原因を知り、対策と予防を行いましょう。

 

次はモンステラが枯れる原因と対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

モンステラが枯れる原因と対策は?

 

モンステラが枯れる原因で最も多いのが「水切れ」「水のあげ過ぎ」です。

 

夏の時期は土が乾きやすいので水切れに注意しましょう。

土が乾かないうちに水やりを続けると、鉢の中が蒸れて「根腐れ」を起こしてしまいます。

 

定期的な植え替えも、根腐れを防ぐポイントです。

 

 

直射日光で「葉焼け」を起こしてしまいます。

遮光して日光が直接当たらないようにしましょう。

 

「過肥」は株を弱らせてしまいます。

肥料は適した時期に、適した量を施してください。

 

寒い地域では「寒害」に注意が必要です。

冬は室内で管理し、霜や雪が当たらないように注意しましょう。

 

「乾燥」で枯れてしまうこともあります。

エアコンや暖房の風が、直接当たらない場所に置きましょう。

乾燥の強い時期は「葉水」を行って乾燥を防ぎます。

 

上記の他にも、病気や害虫によって枯れてしまうことがあります。

次はモンステラがかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

 

モンステラがかかりうる病気や害虫には何がある?

 

注意する病気に「立枯病」があります。

環境を頻繁に変えたり、風通しの悪い環境でかかりやすい病気です。

通気性がよく、置き場所をあまり変えずに管理しましょう。

 

害虫には「カイガラムシ」「ハダニ」があります。

見つけ次第すぐに駆除しましょう。

剪定を行い、通気性をよくすることが予防になります。

「葉水」を行うことで、ハダニを防虫できます。

 

モンステラは耐寒性があるので、冬も管理がしやすいです。

次はモンステラの冬越しのポイントについてお伝えします!

 

モンステラの冬越しのポイントは?

 

 

土が凍らなければ、屋外でも越冬できます。

 

寒い地域では、冬は室内で管理しましょう。

土の中を冷やさないようにすることがポイントです。

 

冬の水やりは控えめにして、与える場合は常温の水を使いましょう。

 

上手に育てるポイントがわかってきたら、次はモンステラを増やしてみませんか?

次はモンステラの増やし方についてお伝えします!

 

モンステラの増やし方は?

 

モンステラは「茎伏せ」「株分け」「挿し木」で増やすことができます。

 

茎伏せは、剪定で落とした葉茎を、2~3節に切り分けます。

 

浅めの鉢に川砂を入れて、その上に水ゴケを敷きます。

切った茎を横にして、半分埋まる程度に置いて、水ゴケが乾燥しないように管理しましょう。

 

発芽したら埋めたまま、ハサミで1芽ずつ茎を切り分けます。

本葉が出てきたら、鉢に定植させてください。

 

次はモンステラの株分けのやり方についてお伝えします!

 

モンステラの株分けのやり方は?

 

植え替えの時期に合わせて行います。

 

傷んでいる根を取り除き、大きく育った株を分け、それぞれを新しい土に植え替えします。

植え替え後は日陰で落ち着かせて、徐々に明るい場所へ慣らしていきましょう。

 

次はモンステラの挿し木のやり方についてお伝えします!

 

モンステラの挿し木のやり方は?

 

モンステラの挿し木ですが、剪定した際に落とした葉茎を使います。

 

15cmほどの長さに切って、大きな葉は3分の1に切ります。

挿し木用の土に挿して、土が乾燥しないように管理しましょう。

根がしっかり張ったら定植させます。

上記のような方法で増えたモンステラは、運気の上がる場所に置いてみましょう!

次はモンステラの風水効果についてお伝えします!

 

モンステラの風水効果はなに?

 

 

モンステラは昔から「幸運が訪れる木」とされてきました。

次のような場所に置くことで、家の運気を上げることができます。

 

「玄関」

玄関は幸運が入る場所です。

ここに置くことで、更に幸運の気が流れるようになります。

 

「リビング」

部屋の隅に置くことで、悪い気を浄化して、よい気を流すと言われています。

 

「寝室」

寝室は運を吸収する部屋なので、モンステラのよい気を流しましょう。

南の方角に置くことで、金運アップの効果もあります。

 

「トイレ」

健康運を上げてくれます。

モンステラを含めた観葉植物には、空気を浄化する効果もあります。

 

モンステラは、ホームセンターの園芸コーナーや観葉植物専門店、ネット通販などで購入することができます。

次はモンステラの値段についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

モンステラの値段はどのくらい?

 

モンステラの苗木は、5号ポットで500円前後で販売されています。

 

株立ちしているものは、4号鉢で1,000円前後です。

サイズが大きくなるにつれて、値段が上がります。

 

モンステラには「鳳来蕉(ホウライショウ)」という別名があります。

 

では花言葉にはどのようなものが、あるのでしょうか?

次はモンステラの花言葉についてお伝えします!

 

モンステラの花言葉は?

 

 

モンステラの花言葉は「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」です。

過酷な環境でも大きな葉を広げて、たくましく育つ様子から、このような花言葉がつけられたと言われています。

 

モンステラは葉の形が違うものや斑が入るものなど、さまざまな種類があります。

次はモンステラの種類についてお伝えします!

 

モンステラの種類は何がある?

 

人気のある品種を、一部ご紹介しようと思います。

 

「モンステラ・デリキオサ」

モンステラの代表的な品種です。

成熟すると花を咲かせます。

 

「モンステラ・デリキオサ・ボルシギアナ ❛ バリエガタ ❜」

葉に白い斑が入り、葉の先が紅色を帯びるのが特徴です。

 

「マドカズラ」

窓のような切込みの入った小さな葉が特徴の品種です。

高温多湿を好むので葉水を行って、乾燥しないように管理しましょう。

 

  • オススメ記事

パキラの育て方等はこちらをご覧下さい。

サンセベリアの育て方等はこちらをご覧ください。

ピレアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

モンステラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは19個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①モンステラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

明るい日陰で、風通しのよい環境が適しています。

水はけがよく肥沃な土で育てましょう。

春~秋に2ヵ月に1回、緩効性固形肥料を置き肥します。

春と秋は土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。

冬は、水やりの回数を控えて、やや乾燥気味に管理しましょう。

 

②モンステラの花を咲かせるポイントは?実がなるのはいつ?

花を咲かせるには、環境温度が10~30℃、湿度60%以上を保つこと、明るい日陰で育てることがポイントです。

モンステラの花は、円錐状の黄色い花を、白い葉が包み込むような形をしています。

真ん中の花の部分が、花後に実になります。

 

③モンステラの剪定(切り戻し)や手入れのやり方は?

5~9月に、葉がこみ合っている部分を、茎の途中から切り落とします。

枯れ葉や傷んでいる葉の場合は、茎の根元から切りましょう。

 

④モンステラが徒長したらどうすればいいの?

徒長してしまった茎はもとに戻らないので、根元近くから切って新しい葉を育てましょう。

 

⑤モンステラの支柱の立て方は?

太めの支柱を1本、株の近くに立てます。

支柱と葉茎を麻ひもなどで、やさしく結びましょう。

 

⑥モンステラを鉢植えで育てるポイントは?

モンステラは「大きめの鉢」で育てるのがポイントです。

鉢底に底石をしっかり敷くことで、倒れるのを防ぎ、水はけをよくすることもできます。

 

⑦モンステラを地植え(屋外)で育てるポイントは?

モンステラは凍らない場所で、霜や雪に当たらなければ、地植えで育てることもできます。

定期的な剪定で、すっきりした形を維持することで、病害虫を防ぐことができます。

 

⑧モンステラの植え替えの時期はいつ?

植え替えに適した時期は、7~9月です。

2年に1回を目安に行いましょう。

 

⑨モンステラの水耕栽培で育てるポイントは?

水耕栽培のポイントは、水を常にきれいな状態にすることと、水を冷やし過ぎないことです。

ある程度大きくなってきたら、土植えにすることをおすすめします。

 

⑩モンステラが枯れる原因と対策は?

「水切れ」「水のあげ過ぎ」は適切な水やりで防ぎましょう。

「葉焼け」は遮光して日光が直接当たらないようにします。

「過肥」は株を弱らせてしまうので、肥料は適した時期に、適した量を施してください。

「寒害」を防ぐには、冬は室内で管理し、霜や雪が当たらないようにしましょう。

「乾燥」で枯れてしまうこともあります。

乾燥の強い時期は「葉水」を行って乾燥を防ぎましょう。

 

⑪モンステラがかかりうる病気や害虫には何がある?

注意する病気に「立枯病」があります。

通気性がよく、置き場所をあまり変えずに管理しましょう。

害虫には「カイガラムシ」「ハダニ」があります。

見つけ次第すぐに駆除しましょう。

 

⑫モンステラの冬越しのポイントは?

凍らなければ、屋外でも越冬できます。

土の中を冷やさないようにすることがポイントです。

 

⑬モンステラの増やし方は?

モンステラは「茎伏せ」「株分け」「挿し木」で増やすことができます。

 

⑭モンステラの株分けのやり方は?

植え替えの時期に合わせて行います。

傷んでいる根を取り除き、大きく育った株を分け、それぞれを新しい土に植え替えします。

 

⑮モンステラの挿し木のやり方は?

15cmほどの長さに切って、大きな葉は3分の1に切ります。

挿し木用の土に挿して、土が乾燥しないように管理しましょう。

 

⑯モンステラの風水効果はなに?

モンステラは昔から「幸運が訪れる木」とされてきました。

金運、健康運をあげる効果もあります。

 

⑰モンステラの値段はどのくらい?

モンステラの苗木は、5号ポットで500円前後で販売されています。

 

⑱モンステラの花言葉は?

モンステラの花言葉は「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」です。

 

⑲モンステラの種類は何がある?

人気のある品種に「モンステラ・デリキオサ」「モンステラ・デリキオサ・ボルシギアナ ❛ バリエガタ ❜」「マドカズラ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)