【アメリカアジサイのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、アメリカアジサイについてまとめていきたいと思います。

 

アメリカアジサイは、ユキノシタ科の落葉低木で、別名では、アジサイ・アナベルと呼ばれています。

別名は、有名な映画のお姫様の名前の様で可愛らしいですね。

 

今回は、アメリカアジサイについてのポイント、

①アメリカアジサイの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アメリカアジサイの画像(写真)!特徴は?
③アメリカアジサイの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アメリカアジサイの花言葉はなに?
⑤アメリカアジサイの種類や品種は何があるの?アナベルやインクレディボールなど

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはアメリカアジサイの育て方からお伝えします!

 

アメリカアジサイの育て方は?

 

アメリカアジサイは、樹の高さは1mほどですが、枝が良く伸びるので庭植えに適しています。

 

植え付けは、春先なら葉が出る前の3月上旬から4月下旬、秋先なら、成長が止まり気温の下がる10月上旬から11月下旬に行いましょう。

根鉢の2倍の穴を掘ってしっかりと植えつけて下さい。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アメリカアジサイが好む環境についてお伝えします!

 

アメリカアジサイの育て方!環境はどうする?

 

アメリカアジサイの好む環境は、日の当たりやすい場所か、半日陰です。

乾燥に弱いので水はけの良い土壌で、夏の暑さで乾燥しないように注意しながら育てましょう。

 

次は、アメリカアジサイに適した用土についてお伝えします!

 

アメリカアジサイを育てる際の適した用土は何?

 

アメリカアジサイに適した用土には、肥沃の豊かな土壌を好みます。

庭植えには、堆肥や腐葉土を混ぜなから植えつけると良いでしょう。

 

次は、アメリカアジサイに必要な肥料についてお伝えします!

 

アメリカアジサイの育て方!肥料はどうする?

 

アメリカアジサイに適した用土には、植えつけの際の元肥として、

腐葉土と完熟牛ふん堆肥と緩効性化成肥料を混ぜたものを使用しましょう。

 

また追肥については、冬場の1月から2月と開花後の7月中旬から8月下旬に油かすや緩効性化成肥料を施しましょう。

 

では次は、アメリカアジサイの水やりポイントについてお伝えします!

 

アメリカアジサイを育てる際の水の量はどうする?

 

アメリカアジサイの水やりは特に必要ありません。

ただし、乾燥に弱いため夏場の気温が高い時期は朝か夕に水やりを行いましょう。

 

以上で基本的なアメリカアジサイの育て方については終わりです。

次はアメリカアジサイの写真をお見せします!

 

アメリカアジサイの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがアメリカアジサイの写真です。

 

アメリカアジサイは、ユキノシタ科落葉低木で育つと樹高が1mほどになります。

細くきゃしゃな長い枝から、白やピンクの花を咲かせます。

 

花は大きくなると直径25cmほどに育ちます。

クリーム色から純白色に花の色が変わる様子は大変美しいですよ。

 

次に、アメリカアジサイの開花時期をお伝えします!

 

アメリカアジサイの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

アメリカアジサイの開花時期は、初夏の6月から7月です。

梅雨の時期に合わせて、満開に咲くアメリカアジサイを観賞すると気分も爽やかになりますよ。

 

次は、アメリカアジサイの花言葉をお伝えします!

 

アメリカアジサイの花言葉はなに?

 

 

アメリカアジサイの花言葉には、

「ひたむきな愛」

「辛抱強い愛情」

「寛容な女性」

という意味があります。

 

真っ白な花の様子から純粋さが感じられることから意味付けられたようです。

アメリカアジサイを贈り花にすると、純粋な気持ちが伝わるかもしれませんね。

 

それでは最後に、アメリカアジサイの種類や品種をお伝えします!

 

アメリカアジサイの種類や品種は何があるの?アナベルやインクレディボールなど

 

アメリカアジサイの種類は、花の小さなものから大きなものまで複数種あります。

 

代表的な品種として、

白い花をつけるアナベル

ピンク色の花が鮮やかなピンク・アナベル

花がボールの様に大きい、インクレディボール

花がライム色のライム・アナベル

ルビー色の花が特徴の、ルビーアナベル

などがあります。

 

植物園などでアメリカアジサイの品種の違いを探してみましょう。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アメリカアジサイのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アメリカアジサイの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アメリカアジサイは、樹の高さは1mほどですが、枝が良く伸びるので庭植えに適しています。

植え付けは、春先なら3月上旬から4月下旬、秋先なら10月上旬から11月下旬に行いましょう。

アメリカアジサイの好む環境は、日の当たりやすい場所か、半日陰です。

アメリカアジサイに適した用土には、肥沃の豊かな土壌を好みます。庭植えには、堆肥や腐葉土を混ぜなから植えつけると良いでしょう。

アメリカアジサイに適した用土には、植えつけの際の元肥として、腐葉土と完熟牛ふん堆肥と緩効性化成肥料を混ぜたものを使用しましょう。

また追肥については、1月から2月と7月中旬から8月下旬に油かすや緩効性化成肥料を施しましょう。

アメリカアジサイの水やりは特に必要ありません。ただし、乾燥に弱いため夏場の気温が高い時期は朝か夕に水やりを行いましょう。

 

②アメリカアジサイの画像(写真)!特徴は?

アメリカアジサイは、ユキノシタ科の落葉低木で育つと樹高が1mほどになります。

細くきゃしゃな長い枝から、白やピンクの花を咲かせます。

 

③アメリカアジサイの開花時期や季節はいつ頃なの?

アメリカアジサイの開花時期は、初夏の6月から7月です。

 

④アメリカアジサイの花言葉はなに?

アメリカアジサイの花言葉には、「ひたむきな愛」「辛抱強い愛情」「寛容な女性」という意味があります。

 

⑤アメリカアジサイの種類や品種は何があるの?アナベルやインクレディボールなど

アメリカアジサイの種類は、花の小さなものから大きなものまで複数種ありますが、

代表的な品種として、アナベル、ピンク・アナベル、インクレディボール、ライム・アナベル、ルビーアナベルなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)