【サラサウツギ(更紗ウツギ)のまとめ!】育て方(剪定や挿し木)や花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、サラサウツギについてまとめていきたいと思います。

 

アジサイ科ウツギ属に属するサラサウツギは、落葉中木の植物となります。

 

八重咲きの種で、外側の花弁は紅色をしているサラサウツギは、鐘形の白色の花が下を向いて開花します。

サラサウツギはたくさんの蕾をつけ花が一斉に咲く品種となりますので、満開になると見応えがあります。

 

今回は、サラサウツギについてのポイント、

①サラサウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サラサウツギの画像(写真)!
③サラサウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?
④サラサウツギを庭で育てる際のポイントは?
⑤サラサウツギの剪定のポイントは?
⑥サラサウツギの増やし方!挿し木のやり方は?
⑦サラサウツギの花言葉はなに?
⑧サラサウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはサラサウツギの育て方からお伝えします!

 

サラサウツギの育て方は?

 

 

サラサウツギは春から初夏の暖かくなる季節になると、茎や葉に白い粉状のカビが生えてきてウドンコ病を発症することがあります。

 

発症しないようにするためには風通しの良い場所で育成を行い、窒素分を多く含んだ肥料は使用しないようにしてあげましょう。

サラサウツギの樹木は1mを超える高さまで成長する品種となりますので、挿し木で繁殖させる場合には、大型の鉢での育成をオススメします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サラサウツギが好む環境についてお伝えします!

 

サラサウツギの育て方!環境はどうする?

 

サラサウツギは北海道から九州までの日本各地に分布している植物となります。

 

土質はどのようなものでも育成することは可能ですが、半日でも日が当たる環境である必要があります。

暑さや寒さに強い品種となりますので、北海道や沖縄でも植裁することが可能となります。

 

次は、サラサウツギに適した用土についてお伝えします!

 

サラサウツギを育てる際の適した用土は何?

 

 

ウツギは湿り気のある土を好みますが、庭に直接地植えをしている場合は、土が乾きやすい時期を覗いてほとんど水やりの必要はありません。

 

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2~3倍の植え穴を掘って、腐葉土若しくはバーク堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

腐植質の土を好むので庭植えにする場合は、あらかじめ庭土に5割ほど腐葉土を混ぜ込んでおきましょう。

 

次は、サラサウツギに必要な肥料についてお伝えします!

 

サラサウツギの育て方!肥料はどうする?

 

サラサウツギの肥料はやせ地の場合は与える必要がありますが、通常は肥料がほぼ与える必要はございません。

 

開花時期を終えてからの樹木を元気にするためにお礼肥を与えると次の開花時期にまた元気な花を咲かせることができます。

ウドンコ病が発生してしまった時は、窒素分を多く含んだ肥料を控えて予防をしてあげましょう。

 

では次は、サラサウツギの水やりポイントについてお伝えします!

 

サラサウツギを育てる際の水の量はどうする?

 

 

サラサウツギは乾燥した環境では育成が難しい植物となりますので、湿気を多く含んだ環境で育成をしてあげる必要があります。

 

地植えでの育成を行う場合には、乾燥している環境でなければ、根付いた後は夏の暑い時期を除いてですと特に水やりは必要ないです。

鉢植えでの育成を行う場合では、暖かい春から秋の生育時期の間は用土が乾燥してきたらたっぷりと水を与えてあげましょう。

 

以上でサラサウツギの基本的なの育て方については終わりです。

次はサラサウツギの写真をお見せします!

 

サラサウツギの画像(写真)!

 

アジサイ科ウツギ属に属するサラサウツギは、落葉中木の植物となります。

 

八重咲きの種で、外側の花弁は紅色をしているサラサウツギは、鐘形の白色の花が下を向いて開花します。

サラサウツギはたくさんの蕾をつけ花が一斉に咲く品種となりますので、満開になると見応えがあります。

 

 

次に、サラサウツギの開花時期をお伝えします。

 

サラサウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

サラサウツギはウツギの品種の中でも最も美しいといわれています。

 

古い時代から植栽される歴史ある植物で、紅紫色と白色の花色をしており、一度に花が開花する姿はとても魅力的です。

サラサウツギの開花時期は夏時期の5月~6月頃となり、芳香のある花を開花させます。

 

次は、サラサウツギを庭で育てる際のポイントをお伝えします。

 

サラサウツギを庭で育てる際のポイントは?

 

サラサウツギは落葉低木となり、公園などの庭木に利用されている植物となります。

 

挿し木から庭植えを行う場合には挿し木後約1ヶ月半で根が安定してきますので、庭への植え付けが可能となります。

湿り気のある土をサラサウツギは好みますので、湿度のある環境に庭植えを行いましょう。

 

直接地植えを行う場合は、真夏や真冬の乾燥しやすい時期以外は水やりはほぼ必要ございません。

 

次は、サラサウツギの剪定のポイントをお伝えします。

 

サラサウツギの剪定のポイントは?

 

 

サラサウツギは枝の成長が早い品種となりますので、開花時期を終えてから剪定を行う必要があります。

 

花芽が8月には付いてきますので剪定は7月に行うのが適時期となります。

 

枝と枝の間が混み合っていて冬時期に剪定を行いたい場合には、花芽がついている枝は切らないように注意して、

伸びすぎている枝のみ軽めに剪定をしてください。

 

次は、サラサウツギの挿し木での増やし方をお伝えします。

 

サラサウツギの増やし方!挿し木のやり方は?

 

 

サラサウツギは挿し木で増やすことが可能な植物となります。

 

サラサウツギの挿し木を行う適時期は春時期の3月頃または、夏時期の6月~7月頃に行ってください。

春時期に挿し木を行う時の枝は前の年に切り取ったものを使用してください。

 

夏時期の場合は同年に成長した枝を使用してあげましょう。

 

次は、サラサウツギの花言葉をお伝えします。

 

サラサウツギの花言葉はなに?

 

 

サラサウツギの「更紗」は上質なインドの布である「sarsa」からきており、

木綿地の布に人物や鳥獣などをカラフルな色を使用した模様を染めだしている布となります。

 

サラサウツギは別名ツカサウツギとも呼ばれておりますが、「司」はお役所という意味です。

サラサウツギの花言葉は「気品」「品格」「古風」「風情」などがありますが、どれも品のある控えめで古風な花姿からつけられています。

 

最後に、サラサウツギの販売価格をお伝えします。

 

サラサウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

 

サラサウツギは外側が美しい紅紫色をしている八重咲きの花となり、横や下向きに開花させます。

 

夏時期の間に花をつけるサラサウツギは、とても育てやすい品種となりますので初心者の方にもオススメです。

サラサウツギの価格は0.2mですと約500円となり、1.0mでは約1,200円となります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

サラサウツギのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サラサウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サラサウツギは春から初夏の暖かくなる季節になると、茎や葉に白い粉状のカビが生えてきてウドンコ病を発症することがあります。

発症しないようにするためには風通しの良い場所で育成を行い、窒素分を多く含んだ肥料は使用しないようにしてあげましょう。

サラサウツギの樹木は1mを超える高さまで成長する品種となりますので、挿し木で繁殖させる場合には、大型の鉢での育成をオススメします。

 

②サラサウツギの画像(写真)!

アジサイ科ウツギ属に属するサラサウツギは、落葉中木の植物となります。

八重咲きの種で、外側の花弁は紅色をしているサラサウツギは、鐘形の白色の花が下を向いて開花します。

サラサウツギはたくさんの蕾をつけ花が一斉に咲く品種となりますので、満開になると見応えがあります。

 

③サラサウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?

サラサウツギはウツギの品種の中でも最も美しいといわれています。

古い時代から植栽される歴史ある植物で、紅紫色と白色の花色をしており、一度に花が開花する姿はとても魅力的です。

サラサウツギの開花時期は夏時期の5月~6月頃となり、芳香のある花を開花させます。

 

④サラサウツギを庭で育てる際のポイントは?

サラサウツギは落葉低木となり、公園などの庭木に利用されている植物となります。

挿し木から庭植えを行う場合には挿し木後約1ヶ月半で根が安定してきますので、庭への植え付けが可能となります。

湿り気のある土をサラサウツギは好みますので、湿度のある環境に庭植えを行いましょう。

 

⑤サラサウツギの剪定のポイントは?

サラサウツギは枝の成長が早い品種となりますので、開花時期を終えてから剪定を行う必要があります。

花芽が8月には付いてきますので剪定は7月に行うのが適時期となります。

枝と枝の間が混み合っていて冬時期に剪定を行いたい場合には、花芽がついている枝は切らないように注意して、

伸びすぎている枝のみ軽めに剪定をしてください。

 

⑥サラサウツギの増やし方!挿し木のやり方は?

サラサウツギは挿し木で増やすことが可能な植物となります。

サラサウツギの挿し木を行う適時期は春時期の3月頃または、夏時期の6月~7月頃に行ってください。

春時期に挿し木を行う時の枝は前の年に切り取ったものを使用してください。

夏時期の場合は同年に成長した枝を使用してあげましょう。

 

⑦サラサウツギの花言葉はなに?

サラサウツギの「更紗」は上質なインドの布である「sarsa」からきており、木綿地の布に人物や鳥獣などをカラフルな色を使用した模様を染めだしている布となります。

サラサウツギは別名ツカサウツギとも呼ばれておりますが、「司」はお役所という意味です。

サラサウツギの花言葉は「気品」「品格」「古風」「風情」などがありますが、どれも品のある控えめで古風な花姿からつけられています。

 

⑧サラサウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

サラサウツギは外側が美しい紅紫色をしている八重咲きの花となり、横や下向きに開花させます。

夏時期の間に花をつけるサラサウツギは、とても育てやすい品種となりますので初心者の方にもオススメです。

サラサウツギの価格は0.2mですと約500円となり、1.0mでは約1,200円となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)