シラン(紫蘭)の育て方(栽培)!鉢植えで育てる方法や花言葉など6つのポイント!








野生に咲いている紫蘭は、準絶滅危惧種として知られている事で有名な紫蘭。

ランの中でも丈夫で初心者の方も育てやすいので、貴重な花を是非お庭やベランダで育ててみましょう!

 

 

シランは庭植え・鉢植えどちらでも育てることができます。

管理も難しいものはなく、繁殖力も高いです。

 

ある季節にちょっとだけ注意が必要ですが、対策も書いてありますのでぜひご覧くださいね!

 

今回はシランについてのポイント、

①シランの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)
②シランの剪定ポイントは?
③シランの鉢植えにするポイントは?
④シランの植え替えポイントと時期は?
⑤シランの特徴は?
⑥シランの花言葉は?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずはシラン(紫蘭)の育て方からお伝えします!

 

シラン(紫蘭)の育て方は?

 

シランは、3月~5月に花を咲かせます。

 

年々花が増えてきますので、大切に育ててあげれば綺麗な花を長く楽しむ事ができます。

なのでしっかりと環境や育て方を知り、庭を紫蘭で彩りましょう。

 

紫蘭の注意点の一つとして、春先に新芽やつぼみができると「アブラムシ」が寄ってきます。

そのまま放置してしまうとアブラムシに全てすべて食べられてしまうので、市販の駆除剤を使い早めに駆除するようにして下さい。

 

最初は、シラン(紫蘭)が好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

シラン(紫蘭)の育て方!環境はどうする?

 

シランは、なるべく日当たりの良い場所に置いてあげましょう。

 

日照不足になると花付きが悪くなったり、花自体が伸びなくなりますので注意が必要です。

 

耐熱も強いのですが、日の光を浴びすぎて葉に熱が溜まると葉が茶色く変色し枯れてしまう恐れがあります。

熱を逃がす為に風通しの良い場所に置いてあげると安全です。

 

耐寒性は、凍らない限りは枯れる心配はありません。

寒冷地では、地植えでの越冬は厳しいので、鉢植えで育てることをおすすめします。

 

暑さにも寒さにもある程度、耐えられるので管理場所もそこまで考えなくても問題ないです。

 

次は、シラン(紫蘭)に適した用土についてお伝えします!

 

シラン(紫蘭)を育てる際の適した用土は何?

 

シランの用土は腐葉土などの有機質がたっぷりと入った土がおすすめです。

 

また、鉢植えで育てる場合は赤玉土、腐葉土を6:4で植えると良いでしょう。

地植えにする場合は、水はけの良い土をを選んで植えて下さい。

次は、シラン(紫蘭)に必要な肥料についてお伝えします!

 

シラン(紫蘭)の育て方!肥料はどうする?

 

シランの肥料は、花が咲いたらあげるようにして下さい。

株元に油かすや化成肥料を少量でいいのであげるようにして下さい。

 

次は、シランの種まきについてお伝えします!

 

シラン(紫蘭)の種まき時期とポイントは?

 

シランの種まきは、花が成熟すると弾けるようにして種が飛び散りますので、庭のあちこちにシランが咲くことがあります。

なので、植えていれば自然と種を蒔いているということになるので、心配するとすれば庭がシランだらけにならないように注意すればいいだけですね。

 

では次は、シラン(紫蘭)の水やりポイントについてお伝えします!

 

シラン(紫蘭)を育てる際の水の量はどうする?

 

水は、土の表面が乾いたらたっぷりとあげて下さい。

地植えの場合は、必要ありません。

 

以上で基本的なシラン(紫蘭)の育て方については終わりです。

次はシランの剪定についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

シラン(紫蘭)の剪定ポイントは?

 

シランは花が枯れ終わった後に大きな葉が残ります。

 

この時、葉を切ってしまおうと思いがちですが、葉は光合成の時に大切になりますので葉は切らないようにしましょう。

光合成ができなければ花の寿命自体が縮んでしまうので。

 

 

また、冬に入ると枯れて休眠に入るので、気になる人は枯れた花や葉などを取ってしまっても良いです。

寿命を縮めてしまったら折角の花がもったいないですから、注意しましょう!

 

次は、シランの鉢植えのポイントについてお伝えします。

 

シラン(紫蘭)を鉢植えにするポイントは?

 

シランを鉢植えにするポイントは、上述した用土の配合と夏場の日差しにさえ注意を払えば特に問題なく育てられます。

 

次は、シランの植え替えについてお伝えします!

 

シラン(紫蘭)の植え替えポイントと時期はいつ?

 

シランは、根が伸びるのが早いので2年~3年に一回植え替えをした方が生育が良くなります。

鉢植えは、一回り上の鉢に移し替え、地植えは株分けにも丁度良い時期なので一緒に行う形で、植えると手間が減ります。

 

どちらも植える時に緩効性化成肥料を土に混ぜるとより育ちます。

多少手間が掛かりますが、咲いてくる花の為にも頑張りましょう。

 

次は、シランの花の特徴についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

シラン(紫蘭)の花の特徴は?

 

シランの特徴は、なんといっても育てやすさです。

 

ランの入門とも呼ばれています。

手入れも他のランに比べて簡単で他のランとも見劣りしない美しさなので、庭や公園などで人の手でよく植えれられている事からも分かりますね。

 

 

とても残念なのが、土地の開発などで人の手によって摘み取られ、自生しているシランが少ないという事です。

人の生活と引き換えに野に咲くシランが見られないのは残念ですが、庭やベランダで育てられるのでそこで楽しみましょう。

 

次は、シランの花言葉についてお伝えします!

 

シラン(紫蘭)の花言葉はなに?

 

シランの花言葉は、「互いを忘れないように」です。

 

絶滅に瀕しているシランの自分を忘れないで欲しいという訴えにも思える、感慨深い言葉ですね。

シランを忘れないためにも大切に育てて、綺麗な花を育ててあげましょう!

 

  • オススメ記事

ペチュニアの育て方等はこちらをご覧ください。

グレコマの育て方等はこちらをご覧ください。

チャイブの育て方等はこちらをご覧ください。

 

シランのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①シランの育て方(環境、土、肥料、種まき、水やり)

シランの花は3月~5月に開花します。

日照不足は、花の生育に関係するので注意し、日を当てすぎると枯れてしまう恐れもあるので風通しの良い場所を意識する。

用土は、鉢植えの場合は赤玉土、腐葉土を6:4で植えて下さい。地植えの場合は、水はけの良い土を。

肥料は花が咲いた後に株元に少量、油粕、化成肥料をあげて下さい。

種まきは、何もしなくても種が飛び散るので何もしなくても問題ありません。

水やりは土の表面が乾いたら、たっぷりとあげて下さい。

 

②シランの剪定ポイントは?

花が咲き終わった後は、大きな葉が残るのでそれは切らないようにして下さい。

冬眠時期の枯れた花などは気になるなら切っても構いません。

 

③シランの鉢植えにするポイントは?

鉢植えにするポイントは、用土の配合と陽の当たり具合に注意するだけです。

 

④シランの植え替えポイントと時期は?

鉢植え、地植え共に2年~3年を目安にしてください。

鉢植えの場合は、一回り大きい鉢に移し替え、地植えの場合は株分けと共に行うと手間が省けます。

 

⑤シランの特徴は?

ランの中でも育てやすく、ラン入門と呼ばれるほどす。

 

⑥シランの花言葉は?

シランの花言葉は、「互いを忘れないように」です。

 

野生でも数が少ないシラン。

育てるのも難しくないので、是非お庭やベランダで育ててみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)