【ミヤマホタルカズラのまとめ!】育て方(適した環境や挿し木)と花言葉等5個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ミヤマホタルカズラについてまとめていきたいと思います。

 

ミヤマホタルカズラは、ムラサキ科の植物で、フランス北西部から南西部ヨーロッパが原産です。

学名に因んで、別名ではリソドラとも呼ばれ、鮮やかな紫や青などの小さな花がたくさん咲くため人気があります。

 

学名は、「Lithodora diffusa」です。

 

今回は、ミヤマホタルカズラについてのポイント、

①ミヤマホタルカズラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミヤマホタルカズラの画像(写真)!特徴は?
③ミヤマホタルカズラの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミヤマホタルカズラの挿し木のやり方はどうするの?
⑤ミヤマホタルカズラの花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはミヤマホタルカズラの育て方からお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラの育て方は?

 

ミヤマホタルカズラは高温多湿に弱く、管理がしやすい鉢植えの方がオススメです。

 

過湿を嫌うため、雨を避けられるところで管理します。

植え替えは2年に1回の頻度で定期的に行います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミヤマホタルカズラが好む環境についてお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラの育て方!環境はどうする?

 

ミヤマホタルカズラは風通しがよく、日当たりのよいところで管理します。

 

鉢植えの場合、夏の間は日が当たる明るい日陰に置き、北風を避けられる場所で育てます。

庭植えの場合、過湿に弱いため、ロックガーデンなど、水はけが良い乾燥気味の場所で育てます。

 

次は、ミヤマホタルカズラに適した用土についてお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラを育てる際の適した用土は何?

 

ミヤマホタルカズラを育てる際は、水はけのよい用土を使用します。

用土としては、市販の山野草の土、軽石小粒2:硬質鹿沼土小粒4:桐生砂小粒4で混ぜたもの、または等量の割合で混ぜたものを使用します。

 

次は、ミヤマホタルカズラに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラの育て方!肥料はどうする?

 

ミヤマホタルカズラを育てる際は、鉢植えと庭植えで異なります。

 

鉢植えの場合、緩効性化成肥料を5号鉢に対して1つまみ与えます。

4~9月の間は草花用の液体肥料を2000倍に薄めて、月1回与えます。

 

庭植えの場合は肥料は必要ありません。

 

では次は、ミヤマホタルカズラの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラを育てる際の水の量はどうする?

 

ミヤマホタルカズラは過湿を嫌うためやりすぎに注意が必要です。

 

鉢植えの場合は、表面の土が乾いたら水を与えます。

庭植えの場合は、極度に乾燥していない限り水やりは必要ありません。。

 

以上で基本的なミヤマホタルカズラの育て方については終わりです。

次はミヤマホタルカズラの写真をお見せします!

 

ミヤマホタルカズラの画像(写真)!特徴は?

 

  

 

ミヤマホタルカズラの花は、星形で、青色や白色の花を咲かせます。

 

花冠は深く5裂して、それぞれの破片に紫色のラインが入っています。

小型でぱらぱらと咲くため、目立ちにくい花です。

 

葉は細長く濃緑色で、たくさん付けます。

暑さと過湿の環境に弱いため、暖地では一年草として扱われることもあります。

 

次に、ミヤマホタルカズラの開花時期をお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミヤマホタルカズラの花期は春(4~5月)です。

花は分枝した茎の頂部に咲かせ、径1~2㎝程度で小柄です。

 

次は、ミヤマホタルカズラの挿し木のやり方をお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラの挿し木のやり方はどうするの?

 

ミヤマホタルカズラは挿し木で増やします。

適期梅雨後の、8~9月になります。

 

挿し木を実施する前日にたっぷりと水を与えておきます。

 

さし穂には茎の先端を使用して、切り口には植物成長調整剤をつけておきます。

根が出るまでは、乾かさないように注意して管理します。

 

それでは最後に、ミヤマホタルカズラの花言葉をお伝えします!

 

ミヤマホタルカズラの花言葉はなに?

 

ミヤマホタルカズラの花言葉は「一途な」です。

”一途な”は、枝分かれして広がり続けて花を咲かせる様子に由来しているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミヤマホタルカズラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミヤマホタルカズラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミヤマホタルカズラは高温多湿を避け、風通しがよく、日当たりのよいところで管理します。

用土は、水はけのよい用土を選び使用します。

肥料は、鉢植えの場合、緩効性化成肥料を5号鉢に対して1つまみ与え、月に1回液体肥料を与えます。

庭植えの場合は肥料は必要ありません。

水やりは、過湿を嫌うためやりすぎに注意が必要です。

 

②ミヤマホタルカズラの画像(写真)!特徴は?

ミヤマホタルカズラの花は、星形で、青色や白色の花を咲かせます。

花冠は深く5裂して、それぞれの破片に紫色のラインが入っているのが特徴です。

小型でぱらぱらと咲くため、目立ちにくい花です。

 

③ミヤマホタルカズラの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミヤマホタルカズラの花期は春(4~5月)です。

 

④ミヤマホタルカズラの挿し木のやり方はどうするの?

挿し木を実施する前日にたっぷりと水を与えます。

さし穂には茎の先端を使用して、切り口には植物成長調整剤をつけておきます。

 

⑤ミヤマホタルカズラの花言葉はなに?

ミヤマホタルカズラの花言葉は「一途な」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)