キンシバイの育て方!剪定方法や花言葉など10個のポイント!








深い緑色の葉の中に黄色い花を咲かせ、梅雨を彩るキンシバイ。

 

 

枝は枝垂れており、うつむくように花を咲かせます。

中国が原産のオトギリソウ科・オトギリソウ属の半常緑低木です。

 

そんなキンシバイを増やす方法とそのやり方とは・・・?

詳しく書いてありますので、ぜひチェックしてみてください!

 

今回はキンシバイについてのポイント、

①キンシバイの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キンシバイの剪定時期と剪定方法は?
③キンシバイの植え付けのポイントは?
④キンシバイの植え替え時期とポイントは?
⑤キンシバイの増やし方は?
⑥キンシバイの挿し木のやり方は?
⑦キンシバイを生垣にするポイントは?
⑧キンシバイに似た花は何がある?
⑨キンシバイの花言葉はなに?
⑩キンシバイの種類や品種は何がある?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはキンシバイの育て方からお伝えします!

 

キンシバイの育て方は?

 

生長が早いため、鉢植えよりも地植えで育てることをオススメします。

暑さにも寒さにも強いため、比較的育てやすい植物となっています。

 

ぜひ挑戦してみましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キンシバイが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キンシバイの育て方!環境はどうする?

 

キンシバイは日当たりのいい場所から半日陰の環境が適しています。

 

また、キンシバイはグングンと生長するため、スペースを確保しておくことをオススメします。

 

次は、キンシバイに適した用土についてお伝えします!

 

キンシバイを育てる際の適した用土は何?

 

キンシバイは水はけ、保水性がよく、腐植質の土が適しています。

ですので、腐葉土などを3割ほど混ぜておくことをオススメします。

 

自分で作る場合、赤玉土を3、鹿沼土を4、腐葉土を3の割合で混ぜるとよいでしょう。

次は、キンシバイに必要な肥料についてお伝えします!

 

キンシバイの育て方!肥料はどうする?

 

3月と9~10月に緩効性化成肥料を与えましょう。

 

 

また、植え付ける際にも土に混ぜておくことをオススメします。

 

次は、キンシバイの水やりポイントについてお伝えします!

 

キンシバイを育てる際の水の量はどうする?

 

庭植えの場合、ほとんど必要ありません。

しかし、夏の乾燥する時期には朝に水を与えるとよいでしょう。

 

鉢植えの場合、土が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

 

以上で基本的なキンシバイの育て方については終わりです。

次は、キンシバイの剪定についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キンシバイの剪定時期と剪定方法は?

 

キンシバイの剪定は3月に行いましょう。

 

 

花がつかなくなった枝や枯れた枝を基部分から切りましょう。

さらに大きく育てたい場合には形を整える程度に浅く切り、小さくまとめたい場合、地の際から30cmほどの高さで切るとよいでしょう。

 

次は、キンシバイの植え付けについてお伝えします!

 

キンシバイの植え付けのポイントは?

 

キンシバイの植え付けは3~4月と9~10月に行いましょう。

 

鉢に植える場合、植え付ける苗よりも1~2回りほど大きい鉢を準備することをオススメします。

地に植える場合、日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。

 

苗を植え付けた後に水を与えたら棒などでつつき、土と根をなじませます。

 

次は、キンシバイの植え替えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キンシバイの植え替え時期とポイントは?

 

キンシバイの植え替えは3~4月、もしくは、9~10月に行いましょう。

 

根鉢よりも1回りほど大きい穴を掘り、底部分に腐葉土を混合したものを入れた後に植え付けましょう。

その後、根鉢まわりに水を注いだら棒などでつつき、根と土をなじませます。

 

次は、キンシバイの増やし方についてお伝えします!

 

キンシバイの増やし方は?

 

キンシバイを増やす方法には・・・挿し木や株分けなどがあります!

 

株分けの場合、3~4月、もしくは、9~10月に植え替えと同時に行うとよいでしょう。

土から株を掘り上げ、適当な大きさに分けてから、育てたい場所へと植え付ければ完了です。

 

では、挿し木は一体どうやればいいのでしょうか?

詳しくは次で紹介したいと思います。

 

次は、そんなキンシバイの挿し木についてお伝えします!

 

キンシバイの挿し木のやり方は?

 

キンシバイの挿し木は5月~6月に行いましょう。

 

枝を10cmほどの長さで切り、挿し木用の土に挿しましょう。

このとき、葉は先端部分に5枚ほど残し、他の葉や蕾は切ってしまいましょう。

挿した後は水を与え、日陰で管理しましょう。

 

次は、キンシバイを生垣にするポイントについてお伝えします!

 

キンシバイを生垣にするポイントは?

 

キンシバイは半常緑であるため、生垣として使うのに適しています。

樹高は1mほどの低木なので、玄関付近などに植えるとよいかもしれませんね。

 

 

また、定期的に剪定を行いましょう。

次は、キンシバイに似た花についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

キンシバイに似た花は何がある?

 

キンシバイに似た花には、ビョウヤナギがあります。

 

判別するときには、雄しべをチェックしましょう。

ビヨウヤナギはキンシバイに比べて、雄しべが長いです。

 

また、雄しべの数が非常に多いです。

 

次は、キンシバイの花言葉についてお伝えします!

 

キンシバイの花言葉はなに?

 

キンシバイの花言葉には「きらめき」「太陽の輝き」などがあります。

 

 

それらは、花が太陽のように輝いて見えることからつけられたといわれています。

 

次は、キンシバイの種類や品種についてお伝えします!

 

キンシバイの種類や品種は何がある?

 

キンシバイはオトギリソウ属ですが、日本が原産の種類は20種ほど確認されています。

 

品種には、葉に斑が入るヒペリカム・モセリアナム‘トリカラー’や、開花期の長いヒペリカム‘ヒドコート’などがあります。

 

  • オススメ記事

トサミズキの育て方等はこちらをご覧下さい。

オミエナシの育て方等はこちらをご覧ください。

ハマボウの育て方等はこちらをご覧ください。

 

キンシバイのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①キンシバイの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所から半日陰の環境が適しています。

土は、水はけ、保水性がよく、腐植質のものが適しています。

肥料は、3月と9~10月に緩効性化成肥料を与えましょう。

水は、庭植えの場合はほとんど必要ありません。

鉢植えの場合は土が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。

 

②キンシバイの剪定時期と剪定方法は?

キンシバイの剪定は3月に行いましょう。

花がつかなくなった枝や枯れた枝を基部分から切りましょう。

 

③キンシバイの植え付けのポイントは?

キンシバイの植え替えは3~4月、もしくは、9~10月に行いましょう。

 

④キンシバイの植え替え時期とポイントは?

キンシバイの植え付けは3~4月と9~10月に行いましょう。

鉢に植える場合、植え付ける苗よりも1~2回りほど大きい鉢を準備することをオススメします。

地に植える場合、日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。

 

⑤キンシバイの増やし方は?

キンシバイの増やし方には挿し木や株分けなどがあります。

 

⑥キンシバイの挿し木のやり方は?

キンシバイの挿し木は5月~6月に行いましょう。

枝を10cmほどの長さで切り、挿し木用の土に挿しましょう。

 

⑦キンシバイを生垣にするポイントは?

キンシバイは樹高は1mほどの低木なので、玄関付近などに植えるとよいかもしれません。

 

⑧キンシバイに似た花は何がある?

キンシバイに似た花には、ビョウヤナギがあります。

 

⑨キンシバイの花言葉はなに?

キンシバイの花言葉には「きらめき」「太陽の輝き」などがあります。

 

⑩キンシバイの種類や品種は何がある?

日本が原産の種類は20種ほど確認されています。

品種には、葉に斑が入るヒペリカム・モセリアナム‘トリカラー’や、開花期の長いヒペリカム‘ヒドコート’などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)