【バーバスカムのまとめ!】育て方(苗の植え付けや挿し芽)と花言葉等9個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、バーバスカムについてまとめていきたいと思います。

 

バーバスカムは、ゴマノハグサ科のモウズイカ属の植物です。

日本では野生化しているビロードモウズイカの仲間として知られています。

 

今回は、バーバスカムについてのポイント、

①バーバスカムの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②バーバスカムの画像(写真)!特徴は?
③バーバスカムの開花時期や季節はいつ頃なの?
④バーバスカムの苗の植え付けのポイントは?
⑤バーバスカムの増やし方!挿し芽のポイントは?
⑥バーバスカムの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つ?
⑦バーバスカムの種取りのポイントは?
⑧バーバスカムの花言葉はなに?
⑨バーバスカムの種類や品種は何があるの?サザンチャームやビオレッタ、ホワイトブライドなど

 

以上9個の点についてお伝えします。

まずはバーバスカムの育て方からお伝えします!

 

バーバスカムの育て方は?

 

バーバスカムを育てるには、庭植えか鉢植えがおすすめです。

また、花壇にして寄せ植えをしても良いでしょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、バーバスカムが好む環境についてお伝えします!

 

バーバスカムの育て方!環境はどうする?

 

バーバスカムが好む環境は、日当たりがよく風通しの良い場所です。

真夏の日射しの強い時期は、株が痛まないように半日陰になるように遮光などをしましょう。

 

次は、バーバスカムに適した用土についてお伝えします!

 

バーバスカムを育てる際の適した用土は何?

 

バーバスカムに適した用土は、庭植えなら、腐葉土や堆肥を使いましょう。

鉢植えは、特に種類は選びませんが市販の草花用培養土を使って下さい。

 

次は、バーバスカムに必要な肥料についてお伝えします!

 

バーバスカムの育て方!肥料はどうする?

 

バーバスカムの肥料については、育苗中は月に1回から2回程度、液体肥料を施しましょう。

苗をしっかり育てることで花付きが良くなりますよ。

 

では次は、バーバスカムの水やりポイントについてお伝えします!

 

バーバスカムを育てる際の水の量はどうする?

 

バーバスカムの水やりは、庭植えは根付く前まではしっかりと水を与え、根付いたら与えないようにします。

鉢植えは、多湿に注意して表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

以上で基本的なバーバスカムの育て方については終わりです。

次はバーバスカムの写真をお見せします!

 

バーバスカムの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがバーバスカムの写真です。

 

バーバスカムはゴマノハグサ科の二年草もしくは多年草で、草丈は10cmほどの物から2mほどの大きさまで様々です。

 

背の高い花茎から沢山の蕾を付けて次々に白色や黄色、ピンクや紫の花を咲かせます。

花弁は5枚あり、1つの花が咲き終わるまで短いという特徴があります。

 

次に、バーバスカムの開花時期をお伝えします!

 

バーバスカムの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

バーバスカムの開花時期は、夏頃の6月から7月です。

1つの茎に複数の花が付き、先端の花が咲くまで時間がかかるので、比較的長く楽しめますよ。

 

次は、バーバスカムの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

バーバスカムの苗の植え付けのポイントは?

 

 

バーバスカムの植え付けは、春先なら3月から5月、秋先なら10月から11月に行います。

 

庭植えする場合は、腐葉土と堆肥を庭土と混ぜて植え付けましょう。

草丈が大きく成長するため、間隔を20cmほど空けるようにします。

 

鉢植えする場合は、二年草の品種では市販の草花用培養土を入れて植え付けを行い、多年性の品種では、山野草用の土を使い植えつけを行って下さい。

 

それでは次に、バーバスカムの増やし方をお伝えします!

 

バーバスカムの増やし方!挿し芽のポイントは?

 

バーバスカムは、挿し芽を行うと増やすことができます。

 

挿し芽を行う時期は、秋先の10月から春先の2月の間で、茎を5cmから10cmの長さに切りましょう。

この時先端の葉以外は取り除くようにします。

 

市販の種まき用の土を入れたポットに挿し芽を差し入れ、発芽するまでこまめに水やりを行うようにします。

発芽するまでは3ヶ月から半年ほど時間がかかりますが、発芽したら鉢や庭に植え替えて下さい。

 

次は、バーバスカムの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

バーバスカムの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つ?

 

 

バーバスカムは種からも育てることができます。

 

種まきは、春か秋に行い、種まき用の土を育苗箱に入れて薄めに撒くようにします。

水は苗箱の底から吸収させるようにして、本葉が3枚ほどになったら植え替えて下さい。

 

また、こぼれ種でも増える場合があります。

 

次に、バーバスカムの種取りのポイントをお伝えします!

 

バーバスカムの種取りのポイントは?

 

バーバスカムの種取りをする場合は、花後の花がら摘みの際に、種取りをする分だけを残すようにします。

残した花がらが枯れた後に種取りを行うと良いでしょう。

 

次は、バーバスカムの花言葉をお伝えします!

 

バーバスカムの花言葉はなに?

 

 

バーバスカムの花言葉には、

「臨機応変な態度」

という意味があります。

 

次々と花が咲く様子から、状況に応じた態度で接することができるということでしょうか。

気配り上手な人にバーバスカムを贈ると喜ばれると思います。

 

それでは最後に、バーバスカムの種類や品種をお伝えします!

 

バーバスカムの種類や品種は何があるの?サザンチャームやビオレッタ、ホワイトブライドなど

 

バーバスカムには300種類の数多い品種があり、代表的な品種にはサザンチャームビオレッタホワイトブライドがあります。

 

サザンチャームは、草丈が60cmほどの混合種でアプリコット、ベージュピンク、クリームイエローなどのパステルな花を咲かせます。

ビオレッタは、草丈が90cmほどあり細長い茎から色鮮やかなバイオレットカラーの花を沢山付けることが特徴です。

ホワイトブライドは耐寒性に優れた品種で草丈は1mほどあり、純白色のきれいな花が咲きます。

 

どの品種も苗から育てることができるので、色違いのバーバスカムを楽しんでみてくださいね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

バーバスカムのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①バーバスカムの育て方(環境、土、肥料、水やり)

バーバスカムを育てるには、庭植えか鉢植えがおすすめです。

好む環境は、日当たりがよく風通しの良い場所です。

適した用土は、庭植えなら腐葉土や堆肥を使いましょう。鉢植えは、特に種類は選びませんが市販の草花用培養土を使って下さい。

肥料については、育苗中は月に1回から2回程度、液体肥料を施しましょう。

水やりは、庭植えは根付く前まではしっかりと水を与え、根付いたら与えないようにします。

鉢植えは、多湿に注意して表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

②バーバスカムの画像(写真)!特徴は?

バーバスカムはゴマノハグサ科の二年草もしくは多年草で、背の高い花茎から沢山の蕾を付けて次々に白色や黄色、ピンクや紫の花を咲かせます。

花弁は5枚あり、1つの花が咲き終わるまで短いという特徴があります。

 

③バーバスカムの開花時期や季節はいつ頃なの?

バーバスカムの開花時期は、夏頃の6月から7月です。

 

④バーバスカムの苗の植え付けのポイントは?

バーバスカムの植え付けは、春先なら3月から5月、秋先なら10月から11月に行います。

庭植えする場合は、腐葉土と堆肥を庭土と混ぜて植え付けましょう。

鉢植えする場合は、二年草の品種では市販の草花用培養土を入れ、多年性の品種では、山野草用の土を使い植えつけを行って下さい。

 

⑤バーバスカムの増やし方!挿し芽のポイントは?

挿し芽を行う時期は、秋先の10月から春先の2月の間で、茎を5cmから10cmの長さに切りましょう。

市販の種まき用の土を入れたポットに挿し芽を差し入れ、発芽するまでこまめに水やりを行うようにします。

発芽するまでは3ヶ月から半年ほど時間がかかりますが、発芽したら鉢や庭に植え替えて下さい。

 

⑥バーバスカムの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つ?

種まきは、春か秋に行い、種まき用の土を育苗箱に入れて薄めに撒くようにします。

水は苗箱の底から吸収させるようにして、本葉が3枚ほどになったら植え替えて下さい。

 

⑦バーバスカムの種取りのポイントは?

種取りをする場合は、花後の花がら摘みの際に、種取りをする分だけを残すようにします。

 

⑧バーバスカムの花言葉はなに?

バーバスカムの花言葉には、「臨機応変な態度」という意味があります。

 

⑨バーバスカムの種類や品種は何があるの?サザンチャームやビオレッタ、ホワイトブライドなど

バーバスカムには300種類の数多い品種があり、代表的な品種にはサザンチャーム、ビオレッタ、ホワイトブライドがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)