【ハマボウのまとめ!】開花時期や花言葉など8個のポイント!






黄色い色鮮やかな花を咲かせるハマボウ。

 

 

アオイ科ヨウ属、落葉低木です。

日本が原産のハイビスカスであり、防風林としても活躍しています。

 

そんなハマボウが好む環境や育て方について詳しく紹介しています。

最初から最後まで、チェックしてみてくださいね。

 

今回はハマボウについてのポイント、

①ハマボウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハマボウの開花時期はいつ頃?
③ハマボウを発芽させる際のポイントは?
④ハマボウの植え替えのポイントは?
⑤ハマボウの花が咲かない原因は?
⑥ハマボウの増やし方は?
⑦ハマボウの挿し木のやり方は?
⑧ハマボウの花言葉はなに?

 

以上の8個についてお伝えします。

まずはハマボウの育て方からお伝えします!

 

ハマボウの育て方は?

 

ハマボウは暖かい地域に生息する植物です。

日の光を好むため、日当たりに気をつけましょう。

 

病気にもかかりにくく、比較的育てやすい植物です。

寄せ植えとしても楽しむことができます。

 

ぜひ育ててみてくださいね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ハマボウが好む環境についてお伝えします!

 

ハマボウの育て方!環境はどうする?

 

ハマボウは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

日によく当てることで、花つきがよくなります。

 

また、風通しのいい場所も好みます。

夏には、半日陰がちょうどいいでしょう。

 

冬には霜に当たらない場所で管理します。

 

次は、ハマボウに適した用土についてお伝えします!

 

ハマボウを育てる際の適した用土は何?

 

ハマボウは湿地の植物なため、水もちのいい土がオススメです。

赤玉土などを単用するよりも、混合用土の方がいいでしょう。

 

自分で作る場合には、鹿沼土を混ぜ込むことをオススメします

庭植えの場合、腐葉土を3割ほど混ぜ込んでおきましょう。

次は、ハマボウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ハマボウの育て方!肥料はどうする?

 

ハマボウがまだ幼木の頃に肥料を与えます。

 

 

具体的には2月に、化成肥料を株元に与えていきましょう。

 

ある程度生長したら、特に与える必要はありません。

生長を促したい場合や弱っていると感じたら、与えるようにしましょう。

与えすぎないように、量には注意しましょう。

 

次は、ハマボウの種まきについてお伝えします!

 

ハマボウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ハマボウの種まきは5月頃に行います。

 

ハマボウの種は硬いので、一晩水に浸けてからまくとよいでしょう。

水につけると種が膨らむので、膨らんだものをまいていきます。

 

膨らまなかった種は、60℃ほどのお湯に浸けると膨らむこともあります。

参考にしてみてください。

 

次は、ハマボウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ハマボウを育てる際の水の量はどうする?

 

ハマボウは、鉢植えの場合には土の表面が乾燥していたら水を与えましょう。

 

庭植えの場合には特に水を与える必要はありません。

夏などの乾燥しやすい時期には、状況に応じて与えましょう。

 

乾燥しているようであれば、たっぷりと水を与えます。

 

水を与えすぎてしまうと悪影響なので、注意しましょう。

 

以上で基本的なハマボウの育て方については終わりです。

次はハマボウの開花時期についてお伝えします!

 

ハマボウの開花時期はいつ頃?

 

ハマボウは7~8月に花を咲かせます。

 

 

夏に黄色い花を咲かせてくれます。

1日花ですが、次々と花を咲かせ、楽しませてくれます。

 

日本原産のハイビスカスであり、夏との相性が抜群の花です。

注目してみてくださいね。

 

次は、ハマボウを発芽させるポイントについてお伝えします!

 

ハマボウを発芽させる際のポイントは?

 

ハマボウは、種から育てる場合には水に浸けて膨らませてから植えるようにします。

植え付けは春頃に行います。

できるだけ日当たりのいい場所に植え付けましょう。

 

また、植え付け後には水を与えて乾燥させないようにしましょう。

植え付け時に、堆肥を混ぜておくこともオススメします。

 

次は、ハマボウの植え替えについてお伝えします!

 

ハマボウの植え替えのポイントは?

 

ハマボウは根がそこまで多くありません。

 

ですので、ハマボウの植え替えは3年に1度ほどで構いません。

 

水はけが悪くなったと感じたら、植え替えるようにしましょう。

土を新しくすることで、生育がよくなります。

 

次は、ハマボウの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

ハマボウの花が咲かない原因は?

 

ハマボウは日の光を好むため、日当たりの悪い場所では花を咲かせないこともあるでしょう。

 

 

植物にとって非常に大切な水が足りない場合にも枯れてしまうこともあります。

日当たりと水やりには注意してくださいね。

 

また、ハマボウは1日花です。

開花した花は次の日には花を咲かせません。

 

ですが、次々に花を咲かせていくので、安心してください。

 

次は、ハマボウの増やし方についてお伝えします!

 

ハマボウの増やし方は?

 

ハマボウの増やし方には、挿し木があります。

簡単にできますので挑戦してみてください。

 

ハマボウは比較的大きくなる植物なので、庭植えで育てる場合が多いです。

 

ですが、盆栽としても楽しむことができます。

様々な楽しみ方ができるハマボウの挿し木については次で詳しく紹介します。

 

次は、ハマボウの挿し木についてお伝えします!

 

ハマボウの挿し木のやり方は?

 

ハマボウの挿し木は、剪定時に切ったものを使うとよいでしょう。

 

 

切った枝を挿し木用土に挿せば、発根します。

手順としてはこれだけなので、ぜひ挑戦してみてください。

挿し木後は乾燥させないように管理しましょう。

ある程度育ったら、日当たりのいい場所へと移してくださいね。

 

次は、ハマボウの花言葉についてお伝えします!

 

ハマボウの花言葉はなに?

 

ハマボウの花言葉には「楽しい思い出」などがあります。

 

 

ハマボウは夏に花を咲かせ、岸辺でも育てることができます。

ですので、夏休みの時期に海の近くで花を咲かせる様子をから、ついたといわれています。

 

また、ハマボウは7月30日の誕生花です。

プレゼントにするときに参考にしてみてください。

 

それでは、最後に今回お伝えした事をまとめたいと思います。

 

  • オススメ記事

オミナエシの育て方等はこちらをご覧下さい。

エニシダの育て方等はこちらをご覧ください。

ヒイラギナンテンの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ハマボウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ハマボウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所が適しています。

土は、水もちのいいものがオススメです。

肥料は、幼木の頃、2月くらいに化成肥料を株元に与えていきましょう。

種まきは、5月頃に行います。

水は、鉢植えの場合には土の表面が乾燥していたら与えましょう。

庭植えの場合には特に与える必要はありません。

 

②ハマボウの開花時期はいつ頃?

ハマボウは7~8月に花を咲かせます。

 

③ハマボウを発芽させる際のポイントは?

種から育てる場合には水に浸けて膨らませてから植えるようにします。

日当たりのいい場所に植え、乾燥させないようにしましょう。

 

④ハマボウの植え替えのポイントは?

ハマボウの植え替えは3年に1度ほどで構いません。

 

⑤ハマボウの花が咲かない原因は?

日当たりの悪い場所では花を咲かせないこともあるでしょう。

 

⑥ハマボウの増やし方は?

ハマボウの増やし方には、挿し木があります。

 

⑦ハマボウの挿し木のやり方は?

切った枝を挿し木用土に挿せば、発根します。

 

⑧ハマボウの花言葉はなに?

ハマボウの花言葉には「楽しい思い出」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)