オキザリスの育て方!花の特徴や開花時期など5つのポイント!








日が当たるとご機嫌よく花を咲かせ、曇ると閉じてしまうオキザリス。

繁殖力があることから、グランドカバーとしても人気があります。

 

 

オキザリスはカタバミ属でとても多くの品種があります。

育て方の難しさは、品種によって違いますが、比較的育てやすいのでぜひ挑戦してみてください!

 

今回はオキザリスについてのポイント、

①オキザリスの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②オキザリスの球根の増やし方とは?
③オキザリス地植えと寄せ植えのポイントは?
④オキザリスの開花時期はいつ?
⑤オキザリスの特徴は花がキレイ!?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはオキザリスの育て方からお伝えします!

 

オキザリスの育て方は?

 

オキザリスは、夏・秋植え品種と、春植え品種があります。

 

植え付けの敵期は、夏・秋品種は8〜10月、春植え品種は3〜4月です。

 

鉢植えの場合、鉢底から¼の高さまですが軽石を入れたら、その上に用土を入れ、球根を深さ1cmのところに植え付けます。

直径が15cmほどの鉢に、3球くらい植えるのがちょうどよいですよ。

 

地植えの場合は、深さ2cmのところに、球根同士の間を15cmほど離して植え付けます。

発芽してから1ヶ月は根の張る期間なので、鉢植え、地植えともにしっかり水を与えましょう。

 

その後は水は控えめにしてくださいね。

 

また、オキザリスは病害虫の被害はほとんどありませんが、気温が高い時期に葉の裏に赤ダニがつくことがあります。

見つけたら水をかけて洗い流してくださいね。

 

では、ここからはさらに詳しく。

最初は、オキザリスが好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

オキザリスの育て方!環境はどうする?

 

オキザリスは、日当たりと水はけのよい場所を好みます。

温度も重要で、日当たりがよくても気温が低いと、蕾が開かないことがあります。

 

 

耐寒性の弱い品種や、寒い地域でオキザリスを育てる場合は、室内などへ移動可能な鉢植えをオススメします。

 

次は、オキザリスに適した用土についてお伝えします!

 

オキザリスを育てる際の適した用土は何?

 

オキザリスは、水はけがよければ土壌は特に選ばずよく育ちます。

鉢植えする場合の用土は、赤玉土:腐葉土を7:3の割合で混ぜたものか、市販の草花用の培養土を使うとよいですよ。

次は、オキザリスに必要な肥料についてお伝えします!

 

オキザリスの育て方!肥料はどうする?

 

オキザリスは肥料をあまり必要としません。

 

多く与えすぎると、逆に花付きが悪くなり、葉ばかりが茂ってしまいます。

 

鉢植えの場合は、植え付けの際に、効き目が緩やかなタイプの化成肥料を土に混ぜ込めば十分です。

もし苗が弱ってきたなどの気になる点があれば、生育期に、液体肥料を月に1〜2回施しましょう。

 

地植えは、ひどい痩せ地でない限りは肥料は必要ありませんよ。

 

では次は、オキザリスの水やりポイントについてお伝えします!

 

オキザリスを育てる際の水の量はどうする?

 

オキザリスは乾燥に強い植物です。

鉢植えの場合、生育期と開花期の間は、土の表面が乾いてから1〜2日あけて、鉢の底から水が滲み出るくらいたっぷり水やりをしましょう。

 

オキザリスは、花が咲き終わった後に茎や葉が枯れ、球根の状態で休眠に入ります。

休眠に入っている間は、加湿になってしまうと根腐れを起こしてしまうので水やりは控えましょうね。

地植えは、水やりは必要ありませんよ。

 

以上で基本的なオキザリスの育て方については終わりです。

次はオキザリスの球根の増やし方についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

オキザリスの球根の増やし方は?

 

オキザリスは、土の中で自然と分球して増えます。

 

鉢植えは限られたスペースの中で育てるので、球根が増えることによって窮屈になってしまいます。

1〜2年に1度、球根を掘り上げて植え替えをしてあげましょう。

 

地植えはそのままにしておいても問題はありませんが、霜の害や、高温多湿が心配な場合は掘りあげるようにしてくださいね。

 

球根を掘り上げるのは、オキザリスが休眠期に入ってからにしましょう。

掘り上げた球根は手で分け、みかんネットなどに入れて日陰に吊るして管理しておいてください。

 

自然と増えていくオキザリス。

地植えをするときに注意する点はあるのでしょうか?

また、寄せ植えするときにおさえておくべきことは何でしょうか?

 

次は、オキザリス の地植えと寄せ植えのポイントについてお伝えします!

 

オキザリスの地植えと寄せ植えのポイントは?

 

オキザリスを地植えで綺麗に咲かせるポイントは、日当たりと水はけよい場所を選ぶことです。

 

 

※写真はサクラソウとオキザリスの寄せ植えです。

サクラソウの育て方や特徴等はこちらをご覧ください。

 

日当たり悪い場所で育てると、花が蕾のままで、いつまでも咲かない状態になってしまいます。

 

ただ、オキザリスにとってあまりにも居心地のよい環境だと、繁殖力が強いため手に負えないほど増えてしまうこともありますよ。

痩せ地でない限りは肥料は与えず、増えて困るときは休眠期に球根を掘り上げ、鉢などに植え替えてくださいね。

 

このとき、1つでも球根が残っていると、そこからまたどんどんと増えていきます。

 

寄せ植えのポイントですが、1つは、オキザリスの繁殖力を考慮に入れ、鉢やプランターなどは大きいものを用意することです。

もう1つは、オキザリスは同じ品種でも花の色や葉の色が違うものがあるので、そのようなものを選んで寄せ植えすることです。

 

そうすると、背丈も合い見栄えもよくなりますよ。

 

例えば、レグネリーは葉が紫色のものと緑色のものがあり、花の色もピンクと白があります。

スプリングチャームは、淡いピンク、濃いピンク、オレンジ、黄色と花色が豊富なので、自分好みに組み合わせてみると楽しいですよ。

 

ところで、オキザリスは、夏・秋植え品種と春植え品種がありますが、開花時期がいつになるのか気になりませんか?

次は、オキザリスの開花時期についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

オキザリスの開花時期はいつ?

 

オキザリスは、世界中の色々な地域に分布しており、その品種は800種以上あると言われています。

そして、品種によって開花時期が異なります。

 

数多くある中からいくつか、品種と開花時期を合わせてご紹介しますね。

 

・スプリングチャーム(春)

・プルプレア(春〜夏)

・トリアングラリス(初夏〜夏)

・デッペイ(夏〜秋)

・ロバータ(秋)

・フラバ(秋〜冬)

・ボーウィー(秋〜冬)

・ヒルタ(秋〜冬)

・オマー(冬)

・バーシーカラー(冬〜春)

・セルヌア(冬〜春)

 

オキザリスだけで、1年を楽しむことができそうですね。

 

とても品種が多く、開花時期も異なるオキザリスですが、ではどのような花を咲かせるのでしょうか?

次は、オキザリスの特徴についてお伝えします!

 

オキザリスの特徴は花がキレイ!?

 

オキザリスは世界に広く分布していることからその性質は、一年草や多年草、地中に球根をもつものや多肉植物に近いものなど様々です。

 

そして、花の色や大きさ、葉の形などもバラエティに富んでいます。

 

 

白地に赤のら旋模様が可愛らしい「バーシーカラー」

濃いピンク色がチャーミングな「ヒルタ」

紫色の特徴的な葉と控えめに咲く小さな白い花が目を引く「トライアングリス」

四つ葉のクローバーに似た葉と真っ赤な花が印象的な「デッペイ」

 

どの品種も、私たちをとりこにする魅力をもっていますよ!

 

  • オススメ記事

ラナンキュラスの育て方等はこちらをご覧ください。

クルクマの育て方等はこちらをご覧ください。

ジニアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

オキザリスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①オキザリスの育て方(環境、土、肥料、水やり)

オキザリスは、夏・秋植え品種と、春植え品種があります。

植え付けの敵期は、夏・秋品種は8〜10月、春植え品種は3〜4月です。

日当たりと水はけのよい場所を好みます。

温度も重要で、日当たりがよくても気温が低いと、蕾が開かないことがあります。

土は、水はけがよければ特に選ばずよく育ちます。

肥料は、ほとんど必要ありません。

鉢植えであれば植え付けの際に緩効性の化成肥料を与えましょう。

オキザリスは乾燥に強いので、鉢植えの場合、生育期と開花期の間は土の表面が乾いてから1〜2日あけて、鉢の底から水が滲み出るくらいたっぷり水やりをしましょう。

休眠に入っているときは特に加湿にならないよう注意してくださいね。

 

②オキザリスの球根の増やし方は?

オキザリス は、土の中で自然と分球して増えます。

球根を掘り上げは、オキザリスが休眠期に入ってからにしましょう。

掘り上げた球根は手で分け、みかんネットなどに入れて日陰に吊るして管理しておきます。

 

③オキザリス地植えと寄せ植えのポイントとは?

オキザリスを地植えで綺麗に咲かせるポイントは、日当たりと水はけよい場所を選ぶことです。

ただ、オキザリス にとってあまりにも居心地のよい環境だと、繁殖力が強いため手に負えないほど増えてしまうこともあるので注意しましょう。

寄せ植えのポイントは、1つは、オキザリスの繁殖力を考慮に入れ、鉢やプランターなどは大きいものを用意すること。

もう1つは、オキザリスは同じ品種でも花の色や葉の色が違うものがあるので、そのようなものを選んで寄せ植えすることです。

 

④オキザリスの開花時期はいつ?

オキザリスは、世界中の色々な地域に分布しており、その品種は800種以上あると言われています。

そして、品種によって開花時期が異なります。

 

⑤オキザリスの特徴は花がキレイ!?

オキザリスはその品種の多さけら、花の色や大きさ、葉の形などバラエティに富んでいます。

白地に赤のら旋模様が入ったバーシーカラー、濃いピンク色のヒルタなど、どれをとっても綺麗なものばかりです。

お気に入りのオキザリスを見つけたら、ぜひご自宅に迎えて、その可愛らしい姿を楽しんでくださいね。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)