【ふきのとう(フキノトウ)のまとめ!】育て方や季節や食べ方等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ふきのとう(フキノトウ)についてまとめていきたいと思います。

 

キク科フキ属に属するフキノトウは、多年草の植物となります。

 

野菜のフキノトウは雪が溶け始め春先になるとあちこちでに芽を出します。

環境によって収穫時期が大きく異なってくるフキノトウですが、春の訪れを感じさせる代表的な植物です。

 

今回は、ふきのとう(フキノトウ)についてのポイント、

①ふきのとう(フキノトウ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ふきのとう(フキノトウ)の画像(写真)!苗や種の特徴は?毒性はある?
③ふきのとう(フキノトウ)の食べ頃や季節(開花時期)はいつ頃なの?
④ふきのとう(フキノトウ)の値段や販売価格はいくら位なの?
⑤ふきのとう(フキノトウ)の食べ方は?下処理(あく抜き)は必要なの?
⑥ふきのとう(フキノトウ)の鉢植え(プランター)での育て方は?
⑦ふきのとう(フキノトウ)の増やし方は?
⑧ふきのとう(フキノトウ)の植え替えはどのようにするの?
⑨ふきのとう(フキノトウ)の花言葉はなに?英語や漢字ではどのように表すの?
⑩ふきのとう(フキノトウ)の種類や品種は何があるの?

 

以上10個の点についてお伝えします。

まずはふきのとう(フキノトウ)の育て方からお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の育て方(栽培)は?

 

フキノトウは半日陰で、湿度を多く含む場所ですと、より良い育成に繋がります。

 

乾いた環境で育成を行ってしまうと最悪枯れてしまいますので、乾燥をしないように注意してください。

冬時期になると葉は枯れてしまいますが、根は残っている状態で冬越しをすることができる植物です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ふきのとう(フキノトウ)が好む環境についてお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の育て方!環境はどうする?

 

日本原産のふきのとうは春の代表的な山菜として知っている人も多い植物となります。

 

北海道から九州、沖縄と全国に渡って自生している品種です。

海外では朝鮮半島中国大陸で自生しており、山地や道端の湿度の高い河川の近くで見かけることができます。

 

次は、ふきのとう(フキノトウ)に適した用土についてお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)を育てる際の適した用土は何?

 

 

ふきのとうは野生でも自生する植物ですので、特に用土にこだわらなくても育成できます。

 

市販の用土を選ぶのであれは野菜用の培養土などを選んでも元気な株に成長します。

酸性土壌をふきのとう好むので、石灰を混ぜずにそのままでも育成することが可能です。

 

次は、ふきのとう(フキノトウ)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の育て方!肥料はどうする?

 

フキノトウの肥料は植え付けの時に、粉末タイプの有機肥料をなどを与えてください。

 

冬になり地上の葉が枯れてしまった時期は休眠期であり、地下にある根は冬越しをするので、その時期にお礼肥として液体肥料を施してあげましょう。

また、フキノトウこ収穫後にも同様な肥料をお礼肥として施してください。

 

では次は、ふきのとう(フキノトウ)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)を育てる際の水の量はどうする?

 

ふきのとうは湿度を多く含む環境を好む植物となります。

 

植え付け後には必ず水やりをたっぷりと与えてあげましょう。

乾燥した環境では育成ができませんので、用土の表面が乾いてきたタイミングでこまめに水やりを行うようにしてください。

 

以上で基本的なふきのとう(フキノトウ)の育て方については終わりです。

次はふきのとう(フキノトウ)の写真をお見せします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の画像(写真)!苗や種の特徴は?毒性はある?

 

根茎は短いふきのとうは茎が地上に伸びてこない地下茎となります。

 

地上に地下茎が出てくることがありますが、光合成をして緑色に変色する姿がワサビとよく似ていることで誤食する事件があります。

ふきのとうの地下茎は、有毒であるため中毒症状を引き起こしますので間違われて誤食される例があるが、地下茎は有毒のため口にはしないように注意してください。

 

ふきのとうの画像はこちらになります。

 

次に、ふきのとう(フキノトウ)の開花時期をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の食べ頃や季節(開花時期)はいつ頃なの?

 

 

摘みたてのふきのとうは鮮度が高く香りも清々しいので美味しくいただくことができます。

 

時間が経つと灰汁がつよくなりますので、苦味がでてきて美味しさがなくなりますので、切り口が黒くなっていない新鮮なものを選びましょう。

ふきのとうの開花時期は冬時期の2月から春先の3月頃となりますが、開花時期よりも前の蕾時期に収穫を行わないと苦味が多くなってしまいます。

 

次は、ふきのとう(フキノトウ)の販売価格をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の値段や販売価格はいくら位なの?

 

 

寒い冬時期から春の訪れを感じ始める季節になるとふきのとうは地面からひょっこりと現れます。

 

フキの花をふきのとうと呼びますが、フキよりも栄養価が非常に高く、フキと比べても希少な食材とされています。

ふきのとうの価格は安いものでは700円程となりますが、1650円と倍以上の価格のものもあります。

 

それでは次に、ふきのとう(フキノトウ)の食べ方をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の食べ方は?下処理(あく抜き)は必要なの?

 

 

ふきのとうは春の日本料理に使用する食材として人気のある山菜となります。

 

主にてんぷらや和え物として調理されることが多く、特徴的な香りと独特の苦味が魅力となります。

和え物の時はあく抜きが必要となり、茹でる時は3分程度行いその時に塩を入れてください。

 

次は、ふきのとう(フキノトウ)の鉢植え(プランター)での育て方をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の鉢植え(プランター)での育て方は?

 

ふきのとうはプランターなどの鉢植えでも育成ができますが、半日陰で湿度の高い環境にしてください。

 

地下茎であるふきのとうをプランターで育成する場合は、できるだけ深めなものを選んでください。

ふきのとうをプランターに植え付けを行う時は株を横向きにして植え付けてあげましょう。

 

次に、ふきのとう(フキノトウ)の増やし方をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の増やし方は?

 

地下茎であるふきのとうは横方向に長く這っていき増殖していく植物となります。

 

ふきのとうの開花時期である3月頃に掘り起こし、根がでているところを二株ずつ切り分けてください。

切り分けた株をそれぞれ植え付けると地下茎は成長し10倍以上へと増やしていくことが可能となります。

 

それでは次に、ふきのとう(フキノトウ)の植え替えのやり方をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の植え替えはどのようにするの?

 

 

ふきのとうは植え付けてから5年以上収穫することができる植物となりますが、年を重ねるにつれて質が落ちてきます。

 

ですので3年に一度はふきのとうの植え替えが必要となります。

地下茎であるふきのとうを植え付ける時は春時期か秋時期に行ってあげましょう。

 

植え替えを行う場合には子株は間引いてください。

 

次は、ふきのとう(フキノトウ)の花言葉をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の花言葉はなに?英語や漢字ではどのように表すの?

 

 

春の山菜として代表的なふきのとうは漢字で「蕗の薹」となりますが、英語では「Butterbur scape」となります。

 

ふきのとうの可愛らしい花姿から花言葉として愛嬌と付けられています。

また、地下茎であるふきのとうはどんどん増えていく様子から仲間という花言葉も付けられています。

 

最後に、ふきのとう(フキノトウ)の種類をお伝えします!

 

ふきのとう(フキノトウ)の種類や品種は何があるの?

 

ふきのとうはフキと別の品種のようにみえますが、実はフキの花のことをふきのとうと呼びます。

 

愛知早生フキ

店舗でもよく見かけるフキの大半が愛知早生フキとなります。

野生のフキよりも香りが強くないので癖がなく食べやすい品種となります。

 

ヤマブキ

他の品種と比べて葉色が淡いのが特徴となります。

自生をしているヤマブキは強い香りで苦手な方もいますが、佃煮として利用されています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ふきのとう(フキノトウ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ふきのとう(フキノトウ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

フキノトウは半日陰で、湿度を多く含む場所ですと、より良い育成に繋がります。

乾いた環境で育成を行ってしまうと最悪枯れてしまいますので、乾燥をしないように注意してください。

冬時期になると葉は枯れてしまいますが、根は残っている状態で冬越しをすることができる植物です。

 

②ふきのとう(フキノトウ)の画像(写真)!苗や種の特徴は?毒性はある?

根茎は短いふきのとうは茎が地上に伸びてこない地下茎となります。

地上に地下茎が出てくることがありますが、光合成をして緑色に変色する姿がワサビとよく似ていることで誤食する事件があります。

ふきのとうの地下茎は、有毒であるため中毒症状を引き起こしますので間違われて誤食される例があるが、地下茎は有毒のため口にはしないように注意してください。

 

③ふきのとう(フキノトウ)の食べ頃や季節(開花時期)はいつ頃なの?

摘みたてのふきのとうは鮮度が高く香りも清々しいので美味しくいただくことができます。

時間が経つと灰汁がつよくなりますので、苦味がでてきて美味しさがなくなりますので、切り口が黒くなっていない新鮮なものを選びましょう。

ふきのとうの開花時期は冬時期の2月から春先の3月頃となりますが、開花時期よりも前の蕾時期に収穫を行わないと苦味が多くなってしまいます。

 

④ふきのとう(フキノトウ)の値段や販売価格はいくら位なの?

寒い冬時期から春の訪れを感じ始める季節になるとふきのとうは地面からひょっこりと現れます。

フキの花をふきのとうと呼びますが、フキよりも栄養価が非常に高く、フキと比べても希少な食材とされています。

ふきのとうの価格は安いものでは700円程となりますが、1,650円と倍以上の価格のものもあります。

 

⑤ふきのとう(フキノトウ)の食べ方は?下処理(あく抜き)は必要なの?

ふきのとうは春の日本料理に使用する食材として人気のある山菜となります。

主にてんぷらや和え物として調理されることが多く、特徴的な香りと独特の苦味が魅力となります。

和え物の時はあく抜きが必要となり、茹でる時は3分程度行いその時に塩を入れてください。

 

⑥ふきのとう(フキノトウ)の鉢植え(プランター)での育て方は?

ふきのとうはプランターなどの鉢植えでも育成ができますが、半日陰で湿度の高い環境にしてください。

地下茎であるふきのとうをプランターで育成する場合は、できるだけ深めなものを選んでください。

ふきのとうをプランターに植え付けを行う時は株を横向きにして植え付けてあげましょう。

 

⑦ふきのとう(フキノトウ)の増やし方は?

地下茎であるふきのとうは横方向に長く這っていき増殖していく植物となります。

ふきのとうの開花時期である3月頃に掘り起こし、根がでているところを二株ずつ切り分けてください。

切り分けた株をそれぞれ植え付けると地下茎は成長し10倍以上へと増やしていくことが可能となります。

 

⑧ふきのとう(フキノトウ)の植え替えはどのようにするの?

ふきのとうは植え付けてから5年以上収穫することができる植物となりますが、年を重ねるにつれて質が落ちてきます。

ですので3年に一度はふきのとうの植え替えが必要となります。

地下茎であるふきのとうを植え付ける時は春時期か秋時期に行ってあげましょう。

植え替えを行う場合には子株は間引いてください。

 

⑨ふきのとう(フキノトウ)の花言葉はなに?英語や漢字ではどのように表すの?

春の山菜として代表的なふきのとうは漢字で蕗の薹となりますが、英語ではButterbur scapeとなります。

ふきのとうの可愛らしい花姿から花言葉として愛嬌と付けられています。

また、地下茎であるふきのとうはどんどん増えていく様子から仲間という花言葉も付けられています。

 

⑩ふきのとう(フキノトウ)の種類や品種は何があるの?

ふきのとうはフキと別の品種のようにみえますが、実はフキの花のことをふきのとうと呼びます。

愛知早生フキ

店舗でもよく見かけるフキの大半が愛知早生フキとなります。

野生のフキよりも香りが強くないので癖がなく食べやすい品種となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)