【イタドリのまとめ!】育て方や食べ方等10個のポイント!

イタドリ3








 

みなさんこんにちは。

今回は、イタドリについてまとめていきたいと思います。

 

イタドリを英名で表すとJapanese knotweedにで、学名はFallopia japonicaとなります。

では、タデ科ソバカズラ属の多年生草本であるイタドリを紹介していきます。

 

今回は、イタドリについてのポイント、

①イタドリの育て方(環境、土、)
②イタドリの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?
③イタドリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④イタドリの苗や種の値段や販売価格はどれくらい?
⑤イタドリを食べる地域はどこ?
⑥イタドリの食べ方は?味や栄養(効能)はあるの?
⑦イタドリのあく抜きのやり方は?
⑧イタドリの花言葉はなに?
⑨イタドリに似ている植物は何があるの?見分け方は?
⑩イタドリの種類や品種は何があるの?

 

以上10個の点についてお伝えします。

まずはイタドリの育て方からお伝えします!

 

イタドリの育て方(栽培)は?

 

イタドリの栽培方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

1,【殻のままに種まきする(種蒔き床に!)】

2,【発芽し本葉が出たことを確認し、鉢上げして定植する(ポットに!)】

※発芽まで一週間はかかります。

 

以上になりますが、いくつか豆知識として覚えておいてくださいね。

1は、イタドリは地下茎グングンと伸ばして繁殖していきます(土の質は関係なし)。

そして、繁殖の勢いが強いのがイタドリの特徴でもありますので、

付近の植物と重ならないような工夫も必要になってきます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、イタドリが好む環境についてお伝えします!

 

イタドリの育て方!環境はどうする?

 

イタドリはの育て方は特にこだわりは必要ありません。

 

【敵湿環境を準備すること】【日当たりの良い場所】を好みます。

この2点の環境を作ることでイタドリを育てることができます。

 

次は、イタドリに適した用土についてお伝えします!

 

イタドリを育てる際の適した用土は何?

 

イタドリの用土こちらを参考にしてください。

【赤玉土:腐葉土=7:3】となりますので、参考にしてみてください!

 

以上で基本的なイタドリの育て方については終わりです。

次はイタドリの写真をお見せします!

 

イタドリの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?

 

イタドリの画像はこちらになります。

 

イタドリイタドリ2

多くの節を持っているのが特徴的です。

また、太い地下茎をしっかりと伸ばしていくことで繁殖させて育っていきます。

イタドリ3

そして、花序が枝端の葉の脇の部分に姿を見せ、小さな花を咲かせていきます(梅雨~夏)

小花の色は、白や薄紅色であり、見ると心が和んでくるのが分かるでしょう。

 

毒性についてですが、死に至るような危険性はないようです。

ですが、【酸味が強いこと】また、この【酸味がシュウ酸であること】から、

イタドリを食べすぎることで【腹痛】【下痢】の症状を起こすリスクが発生します。

ですので、調理してたべることができますが、食べ過ぎには気をつけるべきです。

 

次に、イタドリの開花時期をお伝えします!

 

イタドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

イタドリの開花は、【7月~10月】になります。

 

紅色の花たちが暑い季節を小さくも大きく桜花してくれることでしょう。

秋になれば、3枚翼の種子が繁殖をするために風とともに飛んでいきます。

 

次は、イタドリの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

それでは次に、イタドリの苗や種の販売価格をお伝えします!

 

イタドリの苗や種の値段や販売価格はどれくらい?

 

イタドリの料金の形態はさまざまです。

例えば、楽天市場でしたら、【イタドリ 9cmポット苗2ポットセット→840円(税込)】になっています。

 

また、ポット数などによって金額も上がっているようです。

 

【イタドリ 9cmポット苗10ポットセット→6341円(税込)】

ご購入を考えている方は、一度、楽天市場などの通信販サイトをご覧下さい。

 

 

次は、イタドリを食べる地域はどこなのかをお伝えします!

 

イタドリを食べる地域はどこ?

 

イタドリは地域によって認知度に差が出ています。

 

東京では、イタドリの存在はあるですが、あまり知られていないようです。

高知県愛知県では知名度は高くなっています。

 

高知県では【スカンポ】、愛知県では【さしぼ】と呼ばれています。

 

売店の山菜コーナーなどで売られるほど地域では知名度があります。

近くに立ち寄ってみたら、買ってみると新たな発見がありそうですね!

 

次に、イタドリの食べ方をお伝えします!

 

イタドリの食べ方は?味や栄養(効能)はあるの?

 

イタドリが【酸味が強いこと】【エグミがあること】で下処理をする必要があります。

 

まずは、食べ方の手順を紹介しますね。

1,皮を剥く

2,イタドリをカット(節に合わせて)

3,お湯で茹でる(約30秒間:塩を一掴み程度入れながら)

4,ザルに乗せ晒(さら)し作業を行う

5,調理をする(一晩置いて)

 

以上がイタドリの食べ方の基本的な手順になります。

続いて、栄養について紹介しますね!

 

イタドリは酸味が強いのが特徴ですが、

これが【肝臓の動きをサポートし、デトックス効果】を生み出します!

 

また、【利尿作用の促進】にも効果を発揮しますので、健康に役立ちます。

今度は、根っこの部分には【便秘改善】【月経不順改善】【膀胱炎の改善】にも効果を発揮します。

この根っこは、大昔かた漢方薬としても使われて健康に大切なものと大切にされてきました。

 

そして、【甘草】と組み合わせることで【咳止め効果】にも役に立つとされていました。

さらに、葉っぱの効果として、【止血作用】で傷を癒や効能もあります。

 

【漢方薬=イタドリ】としても過言ではないでしょう。

【痛みを取ること】から【イタドリ】とネーミングされたとも言われていますよ。

 

それでは次に、イタドリのあく抜きのやり方をお伝えします!

 

イタドリのあく抜きのやり方は?

 

イタドリは酸味が強いことが特徴ですので、アク抜きが必要になってきます(下処理)。

ですので、アク抜きの手順を紹介いますので、参考にしてみてください!

 

1,【皮を剥いでおく】

①剥けにくい場合には、温かいお湯を用意して、皮にさらして剥いでいく

 

2,【湯がいていく】

①お湯の温度は70~80度

②色が変わるまで湯がく

※お湯の温度が低すぎると酸味が残ってしまう

※お湯の温度が高すぎるとイタドリがドロドロになってしまう

 

3,一晩かけて晒(さら)して放置する

 

以上が手順になりますが、お湯の温度調整が難しい部分もありますが、実践してみてくださいね。

 

次は、イタドリの花言葉をお伝えします!

 

イタドリの花言葉はなに?

 

イタドリの花言葉は【回復】【見かけによらない】になります。

 

イタドリには薬効として【健胃】【利尿】【婦人病】などがあります。

また、切り傷や打撲にも効くという側面からも花言葉の【回復】という意味にゆらいするとされています。

 

そして、次に【見かけによらない】という意味ですが、

これは、【イタドリの実が花と同等にきれいで美しい】ということからつけられた花言葉になります。

 

非常に健康的で素敵なイタドリだということがわかります。

 

次に、イタドリに似た花をお伝えします!

 

イタドリに似ている植物は何があるの?見分け方は?

 

イタドリに似ている代表的な植物は【オオイタドリ(タデ科)】になります。

 

イタドリの高さは【1~1.5m】で、オオイタドリは【1~3m】でイタドリに比べて大きいのが特徴になります。

また、葉っぱの長さがイタドリの場合、【6~15cm】になります。

 

それに比べてオオイタドリは【16~40cm】とやはり大きいのが特徴です。

 

それだけでなく、イタドリの葉っぱの裏側は【緑色】であり、オオイタドリは【白色】になっていることも特徴になります。

さらに、イタドリの葉っぱの基部を見ると【切形】になっており、オオイタドリは【ハート型】になっていることも区別するポイントになります。

 

最後に、イタドリの種類をお伝えします!

 

イタドリの種類や品種は何があるの?

 

イタドリの種類は【オオイタドリ】、【メイゲツソウ】、【ハチジョウイタドリ】になります。

 

オオイタドリは山野で成長している品種で、日本海側の山で見られる植物になります。

葉っぱの表がなめらかな感じが特徴です。

また、葉っぱの裏が白っぽくなっている植物です。

 

メイゲツソウは、紅色の花が特徴です。主に高地で成長し続ける品種となります。

 

ハチジョウイタドリに関しては、高さが低く、葉っぱ大きいのが特徴的で、伊豆諸島でよく見られる植物になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

イタドリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①イタドリの育て方(環境、土)

1,【種まき床の上に殻のままに種まきする】

2,【発芽し本葉が出たことを確認して、ポットを用意した後、鉢上げして定植する】

 

②イタドリの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?

1,イタドリは梅雨~夏にかけて花を咲かせること

2,白や薄紅色の小花を咲かせること

3,太い地下茎を伸ばしていくこと(繁殖力が高い)

 

③イタドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

イタドリは、7月~10月の季節的に暑い時期に開花します。

 

④イタドリの苗や種の値段や販売価格はどれくらい?

楽天市場などの通信販売サイトをご覧下さい。

例としては上記にある通りです。

 

⑤イタドリを食べる地域はどこ?

高知県や愛知県では知名度がある(イタドリの呼び方:高知県→スカンポ 愛知県→さしぼ)

 

⑥イタドリの食べ方は?味や栄養(効能)はあるの?

1,皮を剥く

2,イタドリをカット(節に合わせて)

3,お湯で茹でる(約30秒間:塩を一掴み程度入れながら)

4,ザルに乗せ晒(さら)し作業を行う

5,調理をする(一晩置いて)

この5つを参考にしてみてください。

 

⑦イタドリのあく抜きのやり方は?

1,【皮を剥く】2,【湯がく】3,【一晩晒して放置する】

この3つを参考にしてみてください。

 

⑧イタドリの花言葉はなに?

イタドリの花言葉は【回復】【見かけによらない】の2つの花言葉になります。

 

⑨イタドリに似ている植物は何があるの?見分け方は?

【オオイタドリ(タデ科)】がイタドリに似ている代表例です。

イタドリの葉っぱの裏は【緑】であり、オオイタドリは【白】になります。

 

⑩イタドリの種類や品種は何があるの?

【オオイタドリ】、【メイゲツソウ】、【ハチジョウイタドリ】の3つになります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)