テーブルヤシの育て方!風水効果や花言葉など16個のポイント!








100円ショップなどでも見かけることが多くなったテーブルヤシ。

丈夫で育てやすく、ガーデニング初心者から上級者まで、幅広く人気の観葉植物です。

 

あまり手がかからない植物ですが、葉の色が変色してしまったり、枯れたりと様々なお悩みをよく耳にします。

 

この記事では、テーブルヤシを育てたことがある方も、はじめて育てる方も、きれいな葉を維持できるように、ポイントをわかりやすくまとめてみました。

どうぞ最後までチェックしてみてくださいね!

 

今回はテーブルヤシについてのポイント、

①テーブルヤシの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②テーブルヤシの画像(写真)!
③テーブルヤシの開花時期はいつ頃なの?
④テーブルヤシの植え付けのポイントは?
⑤テーブルヤシの鉢植えのポイントは?
⑥テーブルヤシをハイドロカルチャーで育てるポイントは?
⑦テーブルヤシの植え替えのポイントは?
⑧テーブルヤシの寄せ植えの仕方!
⑨テーブルヤシの剪定のポイントは?
⑩テーブルヤシの増やし方!
⑪テーブルヤシの株分けのやり方は?
⑫テーブルヤシのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑬テーブルヤシの枯れる原因と対策は?
⑭テーブルヤシの風水効果とは?
⑮テーブルヤシの花言葉はなに?
⑯テーブルヤシの種類や品種は何があるの?

 

以上16個の点についてお伝えします。

まずはテーブルヤシの育て方からお伝えします!

 

テーブルヤシの育て方は?

 

テーブルヤシは強い日差しと低温が苦手なので、鉢植えにして季節にあわせた場所で管理します。

 

枯らさずに育てるためには、「乾燥させないこと」がポイントになります。

適した環境や管理方法をしっかりとチェックして、テーブルヤシのきれいな葉を楽しみましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、テーブルヤシが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

テーブルヤシの育て方!環境はどうする?

 

テーブルヤシは直射日光を避けた、明るい日陰の環境で育てましょう。

 

強い日差しは葉焼けの原因になります。

屋外では遮光ネットを利用したり、木陰での管理がおすすめです。

 

 

室内ではレースカーテン越しの日差しくらいが適しています。

完全な日陰になると葉の色が悪くなり株も弱ってしまうので、明るい場所で育ててください。

 

冬は0℃を下回ると枯れてしまいます。

基本的には5℃以上を保ち、きれいな葉を維持するには10℃以上の温度を保つのがよいでしょう。

 

テーブルヤシを育てる用土は、あまりむずかしく考える必要はありません。

条件はたった1つだけです!

 

次は、テーブルヤシに適した用土についてお伝えします!

 

テーブルヤシを育てる際の適した用土は何?

 

テーブルヤシは、水はけのよい土を好みます。

 

市販の培養土は「観葉植物用の土」を使いましょう。

配合する場合は「赤玉土7:腐葉土2:パーライト1」がおすすめです。

 

葉色を美しく保つためには肥料が必要です。ただし「ある時期」には肥料を止める必要があります。

 

次は、テーブルヤシに必要な肥料についてお伝えします!

 

テーブルヤシの育て方!肥料はどうする?

 

5月と10月に1回ずつ、緩効性固形肥料を置き肥します。

葉の色がきれいになる、観葉植物用の肥料を使うのがおすすめです。

 

冬は肥料を与えずに管理しましょう。

休眠期の肥料は根を傷める原因になるので注意してくださいね。

 

テーブルヤシは「乾燥」がとても苦手です。

乾燥で枯れてしまうことが多いので、水やりのポイントをしっかりとチェックしておきましょう!

 

では次は、テーブルヤシの水やりポイントについてお伝えします!

 

テーブルヤシを育てる際の水の量はどうする?

 

 

春~秋は表土が乾きはじめたら、たっぷり水やりを行います。

ほどよい湿度のある環境を好むので、水やりとあわせて葉水も行い、新芽や葉が乾燥しないように管理してください。

 

冬は水の吸い込みが鈍くなるので、やや乾燥気味に管理しましょう。

 

以上で基本的なテーブルヤシの育て方については終わりです。

次はテーブルヤシの画像をご紹介します!

スポンサーリンク

 

テーブルヤシの画像(写真)!

 

 

テーブルヤシはヤシ科チャメドレア属(カマエドレア属)の観葉植物です。

小型のヤシ科植物で樹高は1~2mほど、3m以上になる大型種もあります。

 

 

葉は空気中の有害物質を吸着させる効果があり、室内の空気をきれいにしてくれるんですよ。

主に葉を鑑賞しますが、雄株と雌株があれば花を咲かせることもあります。

 

そんなテーブルヤシの花は、どの季節に見ることができるのでしょうか?

次は、テーブルヤシの開花時期についてお伝えします!

 

テーブルヤシの開花時期はいつ頃なの?

 

テーブルヤシの花は春に咲きます。

長く伸びた花茎に、黄色い小さな花を穂状につけるのが特徴です。

 

 

テーブルヤシには雄株と雌株があります。

それぞれを近くに置いておかないと受粉しないため、一株では花は咲きません。

 

テーブルヤシは園芸店や100円ショップなどでも購入することができます。

簡易的なプラ鉢などに植え付けしてある場合は、一回り大きな鉢に植え付けし直してあげるのがよいでしょう。

 

次は、テーブルヤシの植え付けについてお伝えします!

 

テーブルヤシの植え付けのポイントは?

 

テーブルヤシの植え付けは5~7月頃が適期です。

 

根鉢よりも一回り大きな鉢に、鉢底ネットと鉢底石を敷いて、1/3ほど用土を入れます。

購入してきた株の土をかるく落としてから鉢に入れて、株の周りを埋めるように残りの用土を入れて植え付けしましょう。

 

表土が鉢縁よりも2~3㎝下になるようにしてくださいね。

植え付け後はたっぷり水を与えて、土に根をなじませます。

 

テーブルヤシのような観葉植物は、「水分管理」が大きなポイントになります。

鉢植えの土や葉の状態をよく観察しながら育てましょう。

 

次は、テーブルヤシの鉢植えのポイントについてお伝えします!

 

テーブルヤシの鉢植えのポイントは?

 

テーブルヤシは乾燥に弱いので、生育期の水切れには注意しなければいけません。

冬以外は、土が乾燥し過ぎないように水やりを行いましょう。

 

 

反対に土が常に湿った状態だと「根腐れ」を起こしてしまいます。

水は表土が乾いたら鉢底から流れるくらい、たっぷりあげてください。

 

小型のテーブルヤシはハイドロカルチャーで育てることもできます。

 

ハイドロボールは劣化しませんし、透明の容器で育てれば水やりの管理もしやすいのが特徴です。

見た目もおしゃれで、インテリアグリーンにぴったりなので、ぜひ試してみてくださいね!

 

次は、テーブルヤシをハイドロカルチャーで育てるポイントについてお伝えします!

 

テーブルヤシをハイドロカルチャーで育てるポイントは?

 

ハイドロカルチャーとは、用土の代わりに人工土である「ハイドロボール」を使って育てる方法のことです。

 

土に植えてあるテーブルヤシをハイドロボールへ植え替える場合は、気温が15℃以上になった季節に行いましょう。

 

根を水に浸して、土をきれいに洗い落とします。

底穴のないガラス容器などに、根腐れ防止剤を敷いてから、ハイドロボールを入れて植え付けしてください。

 

ハイドロカルチャーで育てるポイントは「水の量」です。

容器の1/5くらいの水を入れて、完全に水がなくなったらまた同量の水を与えてください。

 

株が大きくなってきたら、根づまりを予防するためにも、植え替えを行いましょう。

次は、テーブルヤシの植え替えについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

テーブルヤシの植え替えのポイントは?

 

テーブルヤシの植え替えは4~6月頃が適期です。

生長スピードはあまり早くないので、2~3年に1回くらいが目安になります。

 

 

一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。

大きすぎる鉢は水分が蒸発しにくく、根腐れしやすくなるので注意してください。

 

大株の場合は、植え替えの1ヵ月前から水やりを止めて、土を乾かしてから行います。

根鉢の1/3ほどを、清潔なナイフやのこぎりなどで切り落として、葉も2~3割ほど間引いいてから、新しい土に植え替えします。

 

植え替え後はたっぷり水をあげてください。

 

ほそくてしっかりとした葉のテーブルヤシは、どんな植物とも合わせることができます。

寄せ植えにする場合は、生育環境の近い植物と一緒に植えると、より管理がしやすくなりますよ。

 

次は、テーブルヤシの寄せ植えについてお伝えします!

 

テーブルヤシの寄せ植えの仕方!

 

観葉植物を使って「グリーンの寄せ植え」をつくってみましょう。

 

一緒に植えるのは「ホヤ」「トラデスカンチア」「ザミオクルカス」「カラテア」「アスプレニウム」などがおすすめ。

やや乾燥気味にして、風通しをよくすることで、寄せ植えをきれいに保つことができます。

 

 

テーブルヤシを剪定する場合は、「切る場所」に注意が必要です。

間違った剪定で、株が枯れてしまうこともあるんです。

 

次は、テーブルヤシの剪定についてお伝えします!

 

テーブルヤシの剪定のポイントは?

 

テーブルヤシは葉の内側から新芽が伸びてきます。

新芽を切ってしまうと生育不良になり、枯れてしまう場合があるんです。

 

 

剪定のポイントは、回数は控えめにして、古い葉茎を切ることです。

 

葉が混みあってきた場合は剪定をするよりも、次のような方法で株を増やすほうが枯れる心配が少ないですよ。

次は、テーブルヤシの増やし方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

テーブルヤシの増やし方!

 

テーブルヤシは「株分け」で増やすことができます。

大きく育った株や複数株がまとめて植えられている場合は、株分けをして風通しをよくしてあげましょう。

 

では株分けの時期ややり方を詳しくみてみましょう。

次は、テーブルヤシの株分けについてお伝えします!

 

テーブルヤシの株分けのやり方は?

 

テーブルヤシの株分けは植え替えの時期にあわせて行います。

 

株分けの2週間ほど前から水やりを控えて、土を乾燥させておきましょう。

古い土をかるく落としてから、3つくらいになるように手で均等に分けます。

 

それぞれを新しい土に植え付けして、たっぷり水をあげてください。

 

テーブルヤシは病気にかかりにくい植物ですが、「害虫」によって病気が発症してしまう場合があります。

 

ではどのような害虫に注意が必要なのでしょうか?

次は、テーブルヤシのかかりうる病気や害虫についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

テーブルヤシのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

注意すべき害虫には「ハダニ」「カイガラムシ」がいます。

ハダニは高温の乾燥時期に発生しやすくなるので、葉水をして防虫しましょう。

発生部分は葉ごと切り取って駆除してください。

 

カイガラムシは風通しをよくすることで防虫できます。

幼虫は殺虫剤で駆除して、成虫はブラシやわりばしを使ってそぎ落としましょう。

 

外で管理していると、鉢底から「ナメクジ」や「ダンゴムシ」が入り込んで、根を食害することがあります。

鉢底ネットを敷くことで鉢内に害虫が入るのを防ぐことができますよ。

 

カイガラムシの排泄物は「スス病」といった「ウイルス病」の原因になります。

害虫をしっかり駆除・防虫することが病気を防ぐポイントです。

 

病害虫の被害がない場合で、テーブルヤシが枯れてしまったり、葉が変色してしまうのは、次のような原因が考えられます。

次は、テーブルヤシの枯れる原因についてお伝えします!

 

テーブルヤシの枯れる原因と対策は?

 

枯れる原因の多くは「水切れ」による乾燥です。

生育期(春~秋)は、土が乾燥しすぎないように水やりを行ってください。

 

強い直射日光に長時間当たっていると「葉焼け」を起こして、葉が変色してしまいます。

葉焼けがひどいと全体が枯れてしまうので、真夏の強い日光は遮光してあげましょう。

 

 

「寒さ」によって枯れてしまうことがあります。

冬は5℃以上の温度を保つようにしてください。

 

「剪定のし過ぎ」で新芽を切ってしまうと、生育不良になり枯れてしまうことがあります。

必要以上の剪定は避けて、葉茎を間引きたい場合は、株分けを中心に行いましょう。

 

部屋に観葉植物を飾るのは、風水的によいとされています。

 

ではテーブルヤシにはどのような風水効果があるのでしょうか?

次は、テーブルヤシの風水効果についてお伝えします!

 

テーブルヤシの風水効果とは?

 

葉が上向きにつくテーブルヤシは「陽の気」をもつ植物で、気持ちを明るくして家によい気を流してくれると言われています。

玄関やリビングなど、気が入る(集まる)場所において運気をアップさせましょう。

 

 

尖った葉の形は「活力を高める」効果があり、オフィスや書斎などにもぴったりです。

 

そんなテーブルヤシには、より愛着が湧くような花言葉があるんですよ。

次は、テーブルヤシの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

テーブルヤシの花言葉はなに?

 

 

テーブルヤシの花言葉は「あなたを見守る」です。

テーブルの上でもよく育ち、いつもあなたに寄り添うように生長することから、この花言葉がつけられたと言われています。

 

ヤシの仲間には約100種類以上があり、その中でも小型の観葉植物として改良されたのがテーブルヤシです。

次は、テーブルヤシの種類や品種についてお伝えします!

 

テーブルヤシの種類や品種は何があるの?

 

最も流通している品種に「エレガンス」があります。

小型ヤシとして販売されていることが多いですが、生長すると2mほどまで大きくなります。

 

小型品種には「ヒメテーブルヤシ」があります。

大きいものでも1mまでしか生長しないので、小さな鉢植えや狭いスペースなどでも育てることができます。

 

3m以上に生長する大型種もあるので、ご自宅の環境に合わせて、お好みの品種を選んでみてくださいね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

  • オススメ記事

ルビーネックレスの育て方等はこちらをご覧下さい。

ペペロミアの育て方等はこちらをご覧ください。

ツピタンサスの育て方等はこちらをご覧ください。

 

テーブルヤシのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは16個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①テーブルヤシの育て方(環境、土、肥料、水やり)

直射日光を避けた、明るい日陰の環境で育てましょう。

水はけのよい土を好みます。

肥料は5月と10月に1回ずつ、緩効性固形肥料を置き肥してください。

春~秋は表土が乾きはじめたら、たっぷり水やりを行います。

冬はやや乾燥気味に管理しましょう。

 

②テーブルヤシの画像(写真)!

テーブルヤシの画像をご紹介しました。

爽やかな緑の葉を、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

③テーブルヤシの開花時期はいつ頃なの?

テーブルヤシの花は春に咲きます。

長く伸びた花茎に、黄色い小さな花を穂状につけるのが特徴です。

 

④テーブルヤシの植え付けのポイントは?

植え付けは5~7月頃が適期です。

根鉢よりも一回り大きな鉢に、鉢底ネットと底石を敷いて、適した用土で植え付けしましょう。

 

⑤テーブルヤシの鉢植えのポイントは?

生育期の水切れや乾燥と、水のあげ過ぎによる根腐れに注意することがポイントになります。

 

⑥テーブルヤシをハイドロカルチャーで育てるポイントは?

ハイドロカルチャーで育てるポイントは「水の量」です。

容器の1/5くらいの水を入れて、完全に水がなくなったらまた同量の水を与えてください。

 

⑦テーブルヤシの植え替えのポイントは?

植え替えは4~6月頃が適期です。

生長スピードはあまり早くないので、2~3年に1回くらいが目安になります。

一回り大きな鉢と新しい土に植え替えしましょう。

 

⑧テーブルヤシの寄せ植えの仕方!

一緒に植える植物は「ホヤ」「トラデスカンチア」「ザミオクルカス」「カラテア」「アスプレニウム」などがおすすめです。

やや乾燥気味にして、風通しをよくすることで、寄せ植えをきれいに保つことができます。

 

⑨テーブルヤシの剪定のポイントは?

テーブルヤシは葉の内側から新芽が伸びてきます。

剪定のポイントは、回数は控えめにして、古い葉茎を切ることです。

 

⑩テーブルヤシの増やし方!

テーブルヤシは「株分け」で増やすことができます。

 

⑪テーブルヤシの株分けのやり方は?

株分けは植え替えの時期にあわせて行います。

古い土をかるく落としてから、3つくらいになるように手で均等に分けます。

 

⑫テーブルヤシのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

注意すべき害虫には「ハダニ」「カイガラムシ」がいます。

ハダニは葉水で防虫しましょう。

カイガラムシは風通しをよくすることで防虫できます。

「ナメクジ」「ダンゴムシ」は鉢底ネットを敷くことで鉢内への侵入を防ぐことができますよ。

カイガラムシの排泄物は「スス病」といった「ウイルス病」の原因になります。

害虫をしっかり駆除・防虫することが病気を防ぐポイントです。

 

⑬テーブルヤシの枯れる原因と対策は?

枯れる原因には「水切れ」「葉焼け」「寒さ」「剪定のし過ぎ」などが考えられます。

適した環境と管理で、葉の変色や枯れるのを防ぎましょう。

 

⑭テーブルヤシの風水効果とは?

テーブルヤシには「陽の気」があり、「活力を高める」効果があると言われています。

 

⑮テーブルヤシの花言葉はなに?

花言葉は「あなたを見守る」です。

 

⑯テーブルヤシの種類や品種は何があるの?

品種には「エレガンス」「ヒメテーブルヤシ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)