ポットマムの育て方(栽培)!切り戻しや花言葉など12個のポイント!








ポットマムは、鉢植えでも育てやすい大きさに改良された、キクの園芸品種です。

種類によって、咲き方や大きさに違いがあります。

 

鉢植えにしたり、花壇に植えたり、お好みの形でポットマムを育ててみませんか!

 

この記事では、ポットマムの栽培方法をわかりやすくお伝えします。

あわせて花言葉や品種などもご紹介するので、どうぞ最後までご覧くださいね!

 

今回はポットマムについてのポイント、

①ポットマムの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ポットマムの特徴は?
③ポットマムの画像!
④ポットマムの苗の植え方は?
⑤ポットマムの切り戻しの時期はいつ?
⑥ポットマムの植え替えの時期とポイントは?
⑦ポットマムの冬越しのポイントは?
⑧ポットマムの挿し芽のやり方は?
⑨ポットマムの摘心のポイントは?
⑩ポットマムの値段はどのくらい?
⑪ポットマムの花言葉は?
⑫ポットマムの品種や種類は何がある?

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずはポットマムの育て方からお伝えします!

 

ポットマムの育て方(栽培)は?

 

キク科の花は「短日植物」です。

 

夜は明かりが当たらない場所で管理しないと、花が咲きません。

街灯や部屋の明かりが当たらないように、注意してください。

 

水やりや降雨による泥はねを防ぐことで、病気を予防できます。

 

鉢植えは台などに置いて、地面から離れた場所に置きましょう。

地植えは株元にマルチングをして、泥のはね返りを防ぎます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ポットマムが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ポットマムの育て方!環境はどうする?

 

ポットマムは1年を通して、よく日の当たる場所で管理しましょう。

多湿が苦手なので、雨が当たらない、風通しのよい環境が適しています。

 

 

強すぎる日差しは避けた方がよいでしょう。

真夏は午前中は日が当たり、午後から日陰になるような、半日陰の環境で管理します。

 

適した環境が整ったら、次は土です!

ポットマムを元気に育てるために、適した用土に植えてあげましょう。

 

次は、ポットマムに適した用土についてお伝えします!

 

ポットマムを育てる際の適した用土は何?

 

水はけがよく、有機質な酸性土壌を好みます。

市販の菊専用の培養土に、錠剤の防虫剤を加え、よく混ぜて使いましょう。

 

配合する場合は「赤玉土5:腐葉土3:ピートモス2」に元肥を加えたものを使います。

庭土には、苦土石灰を加えて酸度調整をしましょう。

pH値が5.5~6.5になるように調節してください。

 

粘土質な場合は、川砂や軽石などを加えると、水はけがよくなりますよ。

 

肥料は花を咲かせるための、エネルギー源になります。

ただし施す時期や量が合っていないと、逆効果になってしまいますよ!

 

適した肥料の与え方をチェックしておきましょう。

次は、ポットマムに必要な肥料についてお伝えします!

 

ポットマムの育て方!肥料はどうする?

 

元肥には緩効性肥料を使います。

植え付けのときに、用土によく混ぜ込んでおきましょう。

 

追肥は鉢植えの場合、水で薄めて使うタイプの液肥を使います。

3~10月のあいだ、7~10日に1回を目安に与えましょう。

 

地植えの場合は、固形肥料を使います。

3~11月のあいだ、2カ月に1回、株の周りに置き肥してください。

 

追肥は植え付けから1~2カ月後(元肥の効果が切れたころ)から開始してくださいね。

 

ポットマムは水やりの管理がしやすい品種です。

でも、1つだけ注意してほしいポイントがあります!

 

では次は、ポットマムの水やりポイントについてお伝えします。

 

ポットマムを育てる際の水の量はどうする?

 

表土が乾いたら、たっぷり水やりを行いましょう。

受け皿に溜まった水は必ず捨ててください。

 

地植えの場合は、土の乾燥がひどいときのみ、水やりをします。

基本は降雨だけで大丈夫です。

 

注意してほしいポイントとは、「水のあげ方」です。

 

花や葉に直接水がかかると、しおれてしまいます。

ジョウロの先はシャワーになっていないものを使って、株元にそっとあげるようにしてくださいね。

 

以上で基本的なポットマムの育て方については終わりです。

次はポットマムの特徴についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ポットマムの特徴は?

 

キクといえば、まっすぐ高く伸びた花茎に、大きな花が印象的ですよね。

「お仏壇の花」というイメージが強いと思います。

 

ポットマムは、キクを育てやすく、小さく可愛らしい形に改良した品種です。

枝の分岐が多く、小さな花がたくさんつくのが特徴。

 

 

鉢植えにすると、こんもりと盛り上がった形になります。

これは特別な剪定をしなくても、このような形になるんですよ。

 

手入れが難しくないのも、育てやすいポイントのひとつです。

 

そんなポットマムの花を画像で見てみましょう!

次はポットマムの画像をご紹介したいと思います。

 

ポットマムの画像!

 

 

剪定が苦手な方でも大丈夫!

こんもりとした山型の花姿は、自然にできあがります。

 

 

花色も豊富なので、アレンジの幅が広がりますね。

 

 

一重咲き、八重咲き、ポンポン咲きと、花の咲き方もさまざま。

 

 

サイズも小さめなので、贈り物にもぴったりです!

鮮やかで可愛らしい花色は、明るい気持ちになりますね。

 

ポットマムの苗は、8月下旬~9月頃に出回りはじめます。

苗を購入したら、鉢植えや花壇に植えてみましょう。

 

次はポットマムの苗の植え方についてお伝えします!

 

ポットマムの苗の植え方は?

 

根鉢の2倍ほどの植穴を掘って、苗を植え付けしましょう。

深植えにならないように注意してください。

 

根がつまっている場合は、かるくほぐしてから植えると、根付きがよくなりますよ。

 

花壇に植える場合は、高畝にして水はけがよくなるようにするのがポイントです。

 

切り戻しは、次のシーズンにむけて行う、大切な準備作業です。

適期に行い翌年も、きれいな花を咲かせましょう。

 

次はポットマムの切り戻しの時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ポットマムの切り戻しの時期はいつ?

 

地植えの場合、11月頃に花がすべて咲き終わったら、切り戻しを行います。

地面から15㎝くらい残して、その上を切ってください。

 

強い切り戻しは、年1回程度にしましょう。

頻繁に行うと花数が減ってしまうので注意が必要です。

 

ポットマムは鉢植えの根づまりを防ぐために、定期的な植え替えが必要になります。

地植えの場合も、植え替えと株分けを行うことで、古い株をまた元気にすることができますよ。

 

次はポットマムの植え替えの時期とポイントについてお伝えします!

 

ポットマムの植え替えの時期とポイントは?

 

植え替えに適した時期は、4月下旬~5月下旬です。

新しい土と一回り大きな鉢に植え替えします。

 

 

株が大きく地植えの場合は、同時に「株分け」も行いましょう。

傷んでいる根や下葉は、取り除いてください。

 

ポットマムはある程度の寒さに耐えることができます。

冬越しは少し手を加えて、手助けをしてあげましょう。

 

次はポットマムの冬越しのポイントについてお伝えします!

 

ポットマムの冬越しのポイントは?

 

花が終わったら「切り戻し」を行います。

凍結すると根が傷んでしまうので、株元に腐葉土やワラを敷いて、防寒対策をしましょう。

 

 

鉢植えは、室内のなるべく涼しい場所で管理してください。

暖房の影響が少なく、通気性のある場所が好ましいです。

しっかりと寒さに当てることで、翌年も元気な花を咲かせてくれますよ!

 

ポットマムは挿し芽で増やすことができます。

挿し芽は次のような方法で行いましょう。

 

次はポットマムの挿し芽のやり方についてお伝えします!

 

ポットマムの挿し芽のやり方は?

 

ポットマムは、5~6月が挿し芽の適期です。

 

元気で太い新芽を選んで、先端から5㎝くらいにカットします。

切り口に発根剤をつけてから、挿し木用の土に挿してください。

 

日陰で土が乾燥しないように管理します。

しっかりと根が張ったら(約2~3週間)、鉢植えや庭に植えましょう。

 

切り戻し作業と少し違うのが「摘心」です。

 

花芽を増やす役目がありますが、頻度や強さには注意が必要です。

次はポットマムの摘心のポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ポットマムの摘心のポイントは?

 

ポットマムの摘心は4~7月のあいだに行います。

 

育ちすぎる前に、分岐点より先端の方を切ります。

こうすることでよく分岐して、花数が増えるんです。

 

 

摘心は次のことに注意してください!

  • 切り過ぎないこと(強い剪定や摘心をしない)
  • 8月を過ぎないこと

 

ここに注意しないと、花芽が減ってしまいます。

摘心は軽めに、時期は早めにを心がけましょう。

 

ポットマムは園芸店やホームセンター、ネット通販で購入することができます。

 

価格を調べてみました!

これから購入される方は参考にしてみてください。

 

次はポットマムの値段についてお伝えします!

 

ポットマムの値段はどのくらい?

 

3.5号ポットで500円~販売されています。

 

8月下旬から販売されますが、時期が遅くなるにつれて割安になるようです。

また、株が大きいものは値段が上がります。

ポットマムは英語で「pot mum」と呼びます。

 

「mum」はキクの英名の略で、「ポット(鉢)」で育てる「マム(キク)」という意味があるんです。

では花言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

次はポットマムの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ポットマムの花言葉は?

 

 

ポットマムの花言葉は「高潔」「清らかな愛」「気持ちの探りあい」です。

 

「高潔」はキクの花言葉でもあります。

気品あるキクの花姿から、この花言葉がつけられました。

 

ポットマムは「洋菊」に分けられます。

洋菊は花の大きさや咲き方など、種類が豊富なんですよ。

 

次はポットマム(洋菊)の品種や種類についてお伝えします!

 

ポットマムの品種や種類は何がある?

 

ポットマムを含めた洋菊には、次のような種類があります。

 

 

「ポットマム」

鉢植え用に改良された品種で、草丈が低く花付きがよいのが特徴です。

 

「スプレーマム」

茎がしっかりしているので、切り花に適しています。

 

「ガーデンマム」

雨に強く、庭植えに適した品種です。

 

この3つは花が別でも、同じ商品名で販売されていることが多くあります。

はっきりと「ここが違う!」といった、決まりはないようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

  • オススメ記事

グラジオラスの育て方等はこちらをご覧下さい。

カルーナの育て方等はこちらをご覧ください。

キバナコスモスの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ポットマムのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ポットマムの育て方(環境、土、肥料、水やり)

1年を通して、よく日の当たる場所で管理しましょう。

水はけがよく、有機質な酸性土壌を好みます。

元肥には緩効性肥料を使います。

追肥は鉢植えの場合、水で薄めて使うタイプの液肥を使います。

3~10月のあいだ、7~10日に1回を目安に与えましょう。

地植えの場合は、固形肥料を使います。

3~11月のあいだ、2カ月に1回、株の周りに置き肥してください。

表土が乾いたらたっぷり水やりを行いましょう。

 

②ポットマムの特徴は?

ポットマムは、キクを育てやすく、小さく可愛らしい形に改良した品種です。

枝の分岐が多く、小さな花がたくさんつくのが特徴です。

 

③ポットマムの画像!

ポットマムの花を画像でご紹介しました。

ぜひもう一度チェックしてみてくださいね!

 

➃ポットマムの苗の植え方は?

根鉢の2倍ほどの植穴を掘って、苗を植え付けしましょう。

根がつまっている場合は、かるくほぐしてから植えると、根付きがよくなりますよ。

 

⑤ポットマムの切り戻しの時期はいつ?

地植えの場合、11月頃に花がすべて咲き終わったら、切り戻しを行います。

地面から15㎝くらい残して、その上を切ってください。

 

⑥ポットマムの植え替えの時期とポイントは?

植え替えに適した時期は、4月下旬~5月下旬です。

新しい土と一回り大きな鉢に植え替えします。

 

⑦ポットマムの冬越しのポイントは?

花が終わったら「切り戻し」を行います。

凍結すると根が傷んでしまうので、株元に腐葉土やワラを敷いて、防寒対策をしましょう。

鉢植えは、室内のなるべく涼しい場所で管理してください。

 

⑧ポットマムの挿し芽のやり方は?

5~6月が挿し芽の適期です。

元気で太い新芽を選んで、先端から5㎝くらいにカットします。

切り口に発根剤をつけてから、挿し木用の土に挿してください。

 

⑨ポットマムの摘心のポイントは?

摘心は4~7月のあいだに行います。

摘心は次のことに注意してください!

・切り過ぎないこと(強い剪定や摘心をしない)

・8月を過ぎないこと

摘心は軽めに、時期は早めにを心がけましょう。

 

⑩ポットマムの値段はどのくらい?

3.5号ポットで500円~販売されています。

 

⑪ポットマムの花言葉は?

ポットマムの花言葉は「高潔」「清らかな愛」「気持ちの探りあい」です。

 

⑫ポットマムの品種や種類は何がある?

ポットマムを含めた洋菊には、「ポットマム」「スプレーマム」「ガーデンマム」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)