【ダイコンソウのまとめ!】育て方や似た花等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ダイコンソウについてまとめていきたいと思います。

 

ダイコンソウは園芸や観賞用としてだけでなく、食用としても利用されています。

花名にダイコンと付けられており、葉がよく似ていますが大根とは異なる品種となります。

 

耐寒性の多年草であるダイコンソウは、草漢方としても用いられる品種であります。

下葉は羽状で深い切れ込みがありますが、上葉は倒卵形となります。

 

今回は、ダイコンソウについてのポイント、

①ダイコンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ダイコンソウの花や葉の画像(写真)!紫や赤の種類はなに?
③ダイコンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ダイコンソウの苗の植え付けのポイントは?
⑤ダイコンソウに似た花は何がある?
⑥ダイコンソウとオオダイコンソウの違いはなに?
⑦ベニバナとダイコンソウの違いはなに?
⑧ダイコンソウの花言葉はなに?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはダイコンソウの育て方からお伝えします!

 

ダイコンソウの育て方は?

 

 

ダイコンソウはこぼれ種からでも増えることのできるたくましい植物となります。

 

ダイコンソウの花芽は冬の寒さに当たり形成されていきますので、秋まきを行うことをオススメします。

茎葉が腐ってしまい灰色のカビが全体に行き渡っていく灰色かび病などの病気にかかりやすい植物となりますので注意してください。

 

ダイコンソウは夏の暑い時期が苦手な植物ですので、夏越しを行う場合は風通しの良い半日陰に移動してあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ダイコンソウが好む環境についてお伝えします!

 

ダイコンソウの育て方!環境はどうする?

 

原産地がユーラシア大陸や南北アメリカであるダイコンソウは国内では北海道や中部以北の本州に分布していますが、

近年では四国や九州地方でも野性のダイコンソウの生存が確認されています。

 

ダイコンソウの生育環境は山野の草原地帯や森林などで見かけることできる品種となります。

日当たりと水ハケが良い環境を好む植物ですが、夏場の西日には弱いので、涼しい場所に移動してあげましょう。

 

次は、ダイコンソウに適した用土についてお伝えします!

 

ダイコンソウを育てる際の適した用土は何?

 

ダイコンソウは痩せ地での環境でもじゅうぶんに育成ができる植物ですので、特に土質にこだわる必要がございません。

 

ダイコンソウの用土として市販の培養土がご使用できますが、水ハケが良いものを選んであげましょう。

庭植えでの育成を行う場合には、用土に腐葉土を混合させて水ハケを良くしてあげましょう。

 

次は、ダイコンソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ダイコンソウの育て方!肥料はどうする?

 

ダイコンソウはやせ地でも育つ品種となり、通常ですとほとんど肥料は必要ございません。

 

緩効性肥料を春と秋の成長時期に施してあげるとより良い育成に繋がります。

多肥な状態にしておくと、徒長してしまうことで花付きが悪くなってしまいますので注意してください。

 

では次は、ダイコンソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ダイコンソウを育てる際の水の量はどうする?

 

 

ダイコンソウは乾燥している環境を嫌う植物となります。

発芽までの間に乾いた環境のままですと芽を出しませんのでとくに乾燥しないように注意してください。

 

水やりを行う時は鉢植えの場合ですと用土の表面が乾燥してきてからたっぷりと与えてください。

 

用土が濡れている状態で水を与えすぎてしまうと根腐れを起こしますのできおつけましょう。

 

以上で基本的なダイコンソウの育て方については終わりです。

次はダイコンソウの写真をお見せします!

 

ダイコンソウの花や葉の画像(写真)!紫色の種類はなに?

 

ダイコンソウの紫色の品種ではムラサキハナナがあります。

 

名前の由来は花が菜の花とよく似ているので、黄色い花色をした菜の花をハナナとして、紫色をしていることからその名がつけられています。

紅色の品種には原産地が欧州のベニバナダイコンソウがございます。

 

どちらの品種もダイコンソウ同様に花壇や鉢植えでの栽培がしやすい植物となります。

 

ダイコンソウの写真はこちらになります。

 

次に、ダイコンソウの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

ダイコンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

温帯から亜寒帯地域に生息しており、春の代表的な花となるダイコンソウは、2月の中旬になると園芸コーナーに並び始めます。

 

ダイコンソウの花は分枝して成長した茎の先端に総状花序をだしていきます。

開花時期は夏時期である5月~6月頃となり、赤や黄、橙色などアプリコットカラーの可愛らしい5弁や八重咲きの花を咲かせます。

 

次は、ダイコンソウの苗の植え付けのポイントをお伝えします。

 

ダイコンソウの苗の植え付けのポイントは?

 

ダイコンソウはコガネムシが付きやすい植物となりますので対策として植え付け時は腐葉土はあえて使用せず、赤玉土のみを使用することをオススメします。

植え付けの適時期は、春時期の3月もしくは秋時期の10月頃に行ってあげましょう。

 

庭に植え付けを行う場合は土は崩さずにそのまま植え付けを行ってください。

鉢に植え付けを行う場合は、鉢底にはゴロ石を入れてあげて水ハケを良くしてあげましょう。

 

次に、ダイコンソウに似た花は何があるのかをお伝えします。

 

ダイコンソウに似た花は何がある?

 

 

大根の葉によく似ているダイコンソウの仲間は、約50種類ございます。

ダイコンソウとよく似ている品種の中にキンポウゲという植物がございます。

 

キンポウゲは双子葉植物のキンポウゲ目に属しており、春時期になると毬のような可愛らしい花をつけます。

 

キンポウゲとダイコンソウはよく似ておりますが葉が大根に似ていないところが特徴となります。

 

次は、ダイコンソウとオオダイコンソウをお伝えします。

 

ダイコンソウとオオダイコンソウの違いはなに?

 

 

オオダイコンソウはダイコンソウ同様にバラ科ダイコンソウ属である植物です。

オオダイコンソウの花色は黄色となり、根元の葉は大根に似ています。

 

ダイコンソウとの違いは草丈がオオダイコンソウは1mとなりますが、ダイコンソウは高くても50cmとなります。

また、開花時期はオオダイコンソウは、夏時期の6月~秋時期の9月となりますので、ダイコンソウと少しずれています。

 

次は、ベニバナとダイコンソウの違いをお伝えします。

 

ベニバナとダイコンソウの違いはなに?

 

ベニバナ下葉から伸びた葉がダイコンソウ同様にダイコンの葉とよく似ている品種となります。

 

朱赤色の花色をしているので、開花時期であればダイコンソウと見分けやすい植物となります。

複数の原種を交配したベニバナは、5枚の丸い花弁が可愛らしく梅のような花形をしています。

 

最後に、ダイコンソウの花言葉をお伝えします。

 

ダイコンソウの花言葉はなに?

 

 

英名ではAsianherbbennetとなるダイコンソウは9月4日の誕生花となる植物です。

ハナダイコンは大根と葉姿が似ていることからその名が付けられています。

 

山野を華やかにさせるダイコンソウなどの品種の花言葉は「希望」や「夢」、「幸福」や「幸せ」、「感謝」の意味を持つものがあります。

 

可能性のある明るい未来へ向けた花言葉となり、「満ちた希望」「将来有望」「前途洋々」といってダイコンソウには3つの花言葉があります。

どれもとても素敵な花言葉となり、根生葉がロゼット状に大きく広がる姿や、花色も鮮やかな黄色や赤や橙色といった明るいことが花言葉の由来となります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ダイコンソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ダイコンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ダイコンソウはこぼれ種からでも増えることのできるたくましい植物となります。

ダイコンソウの花芽は冬の寒さに当たり形成されていきますので、秋まきを行うことをオススメします。

茎葉が腐ってしまい灰色のカビが全体に行き渡っていく灰色かび病などの病気にかかりやすい植物となりますので注意してください。

ダイコンソウは夏の暑い時期が苦手な植物ですので、夏越しを行う場合は風通しの良い半日陰に移動してあげましょう。

 

②ダイコンソウの花や葉の画像(写真)!紫や赤の種類はなに?

ダイコンソウの紫色の品種ではムラサキハナナがあります。

名前の由来は花が菜の花とよく似ているので、黄色い花色をした菜の花をハナナとして、紫色をしていることからその名がつけられています。

紅色の品種には原産地が欧州のベニバナダイコンソウがございます。

どちらの品種もダイコンソウ同様に花壇や鉢植えでの栽培がしやすい植物となります。

 

③ダイコンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

温帯から亜寒帯地域に生息しており、春の代表的な花となるダイコンソウは、2月の中旬になると園芸コーナーに並び始めます。

ダイコンソウの花は分枝して成長した茎の先端に総状花序をだしていきます。

開花時期は夏時期である5月~6月頃となり、赤や黄、橙色などアプリコットカラーの可愛らしい5弁や八重咲きの花を咲かせます。

 

④ダイコンソウの苗の植え付けのポイントは?

ダイコンソウはコガネムシが付きやすい植物となりますので対策として植え付け時は腐葉土はあえて使用せず、赤玉土のみを使用することをオススメします。

植え付けの適時期は、春時期の3月もしくは秋時期の10月頃に行ってあげましょう。

庭に植え付けを行う場合は土は崩さずにそのまま植え付けを行ってください。

鉢に植え付けを行う場合は、鉢底にはゴロ石を入れてあげて水ハケを良くしてあげましょう。

 

⑤ダイコンソウに似た花は何がある?

大根の葉によく似ているダイコンソウの仲間は、約50種類ございます。

ダイコンソウとよく似ている品種の中にキンポウゲという植物がございます。

キンポウゲは双子葉植物のキンポウゲ目に属しており、春時期になると毬のような可愛らしい花をつけます。

キンポウゲとダイコンソウはよく似ておりますが葉が大根に似ていないところが特徴となります。

 

⑥ダイコンソウとオオダイコンソウの違いはなに?

オオダイコンソウはダイコンソウ同様にバラ科ダイコンソウ属である植物です。

オオダイコンソウの花色は黄色となり、根元の葉は大根に似ています。

ダイコンソウとの違いは草丈がオオダイコンソウは1mとなりますが、ダイコンソウは高くても50cmとなります。

また、開花時期はオオダイコンソウは、夏時期の6月~秋時期の9月となりますので、ダイコンソウと少しずれています。

 

⑦ベニバナとダイコンソウの違いはなに?

ベニバナ下葉から伸びた葉がダイコンソウ同様にダイコンの葉とよく似ている品種となります。

朱赤色の花色をしているので、開花時期であればダイコンソウと見分けやすい植物となります。

複数の原種を交配したベニバナは、5枚の丸い花弁が可愛らしく梅のような花形をしています。

 

⑧ダイコンソウの花言葉はなに?

英名ではAsianherbbennetとなるダイコンソウは9月4日の誕生花となる植物です。

ハナダイコンは大根と葉姿が似ていることからその名が付けられています。

山野を華やかにさせるダイコンソウなどの品種の花言葉は「希望」や「夢」、「幸福」や「幸せ」、「感謝」の意味を持つものがあります。

可能性のある明るい未来へ向けた花言葉となり、「満ちた希望」「将来有望」「前途洋々」といってダイコンソウには3つの花言葉があります。

どれもとても素敵な花言葉となり、根生葉がロゼット状に大きく広がる姿や、花色も鮮やかな黄色や赤や橙色といった明るいことが花言葉の由来となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)